Excel 用語集

3-D

A

B

C

D

E

F

G

H

J

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

3-D

ページの先頭へ

3-D リファレンス

ブック内の複数のワークシートにまたがる範囲への参照。

3-D の壁と床

グラフにディメンションと境界を与える多くの 3-D グラフの種類を囲む領域。 プロット領域内には、2 つの壁と 1 つのフロアが表示されます。

A

ページの先頭へ

ctivate

グラフ シートまたはワークシートをアクティブまたは選択したシートにする。 アクティブ化するシートによって、表示されるタブが決されます。 シートをアクティブ化するには、ブック内のシートのタブをクリックします。

ctiveセル

入力を開始するときにデータを入力する選択したセル。 一度にアクティブなセルは 1 つのみです。 アクティブ セルは、重い罫線で境界付けされます。

Ctiveシート

ブックで作業しているシート。 アクティブなシートのタブの名前は太字です。

ddress

オブジェクト、ドキュメント、ファイル、ページ、その他の宛先へのパス。 アドレスには、URL (Web アドレス) または UNC パス (ネットワーク アドレス) を指定できます。また、ファイル内の特定の場所 (Word ブックマークや Excel セル範囲など) を含めることができるようになりました。

lternateスタートアップ フォルダー

新しいブックを作成するときに使用できる Excel とテンプレートを起動すると、自動的に開くブックや他のファイルを含む XLStart フォルダーに加えてフォルダー。

lternateスタートアップ フォルダー

新しいブックを作成するときに使用できる Excel とテンプレートを起動すると、自動的に開くブックや他のファイルを含む XLStart フォルダーに加えてフォルダー。

rgument

関数が操作または計算を実行するために使用する値。 関数が使用する引数の種類は、関数に固有です。 関数内で使用される一般的な引数には、数値、テキスト、セル参照、および名前が含まれます。

rray

複数の結果を生成する、または行と列に配置された引数のグループに対して動作する単一の数式を作成するために使用します。 配列範囲は、共通の数式を共有します。配列定数は、引数として使用される定数のグループです。

rray数式

1 つ以上の値セットに対して複数の計算を実行し、1 つの結果または複数の結果を返す数式。 配列数式は中かっこ { } で囲み、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押して入力します。

関連付けされたピボットテーブル

ソース データをテーブルに提供するピボットテーブルピボットグラフ。 新しいテンプレートを作成すると、自動的に作成ピボットグラフ。 いずれかのレポートのレイアウトを変更すると、他のレポートも変更されます。

utoformat

データの範囲に適用できる、組み込みのセル形式 (フォント サイズ、パターン、配置など) のコレクション。 Excel、選択した範囲の概要と詳細のレベルを決定し、適切な形式を適用します。

xis

測定の参照フレームとして使用されるグラフ プロット領域の境界を示す線。 通常、y 軸は縦軸であり、データが含まれている。 x 軸は通常、横軸であり、カテゴリが含まれます。

B

ページの先頭へ

Base アドレス

ハイパーリンクを挿入Excelアドレスに使用される相対パス。 インターネット アドレス (URL)、ハード ドライブ上のフォルダーへのパス、ネットワーク上のフォルダーへのパスを指定できます。

Bの注文

グラフ、画像、テキスト ボックスなど、ワークシートのセルまたはオブジェクトに適用できる装飾的な線。 罫線はアイテムを区別、強調、またはグループ化します。

C

ページの先頭へ

Cculated

テーブルExcel、集計列では、行ごとに調整される 1 つの数式が使用されます。 数式がそれらの行にすぐに拡張され、追加の行が含まれるまで自動的に拡張されます。

Cculatedフィールド (データベース)

データベースからのデータではなく、式の結果を表示するクエリの結果セット内のフィールド。

[Cculated]フィールド (ピボットテーブル)

作成した数式を使用ピボットグラフピボットテーブルまたはピボットテーブル内のフィールド。 集計フィールドは、ピボットテーブルまたはピボットテーブル内の他のフィールドの内容を使用してピボットグラフ。

Cculateditem

作成した数式を使用するピボットピボットグラフ内のアイテム。 集計アイテムは、ピボットテーブルまたはピボットテーブルの同じフィールド内の他のアイテムの内容を使用してピボットグラフ。

Cの ategory 軸

各データ ポイントのカテゴリを表すグラフ軸。 Qtr1、Qtr2、Qtr3 のような任意のテキスト値が表示されます。スケーリングされた数値を表示することはできません。

Category フィールド

フィールドのカテゴリ領域に表示されるフィールドピボットグラフ。 カテゴリ フィールドのアイテムは、分類軸のラベルとして表示されます。

Cell

ワークシートまたはテーブルの行と列の共通部分で形成されたボックスで、情報を入力します。

Cell リファレンス

セルがワークシート上で占有する座標のセット。 たとえば、列 B と行 3 の共通部分に表示されるセルの参照は B3 です。

C認定機関

Microsoft Certificate Server などのツールを使用して、ソフトウェア開発者がマクロの署名に使用できるデジタル証明書を提供し、ユーザーがドキュメントに署名するために使用できる企業、または会社内のグループ。

Cハング履歴

共有ブックでは、過去の編集セッションで行われた変更に関する情報が保持されます。 情報には、各変更を行ったユーザーの名前、変更が行われた時間、変更されたデータが含まれます。

Cハート領域

グラフ全体とそのすべての要素。

Cハート シート

グラフのみを含むブック内のシート。 グラフ シートは、ワークシート データまたはピボットテーブルとは別にグラフピボットグラフグラフを表示する場合に便利です。

Column フィールド

ピボットテーブルで列の向きが割り当てられているフィールド。 列フィールドに関連付けられているアイテムは、列ラベルとして表示されます。

Column 見出し

フィールド名を含む各データ ウィンドウ列の上部にある網掛け領域。

Column 見出し

各列の上部にある文字付きまたは番号付きの灰色の領域。 列見出しをクリックして、列全体を選択します。 列の幅を増減するには、列見出しの右側に線をドラッグします。

Comparison 条件

データの検索に使用される検索条件のセット。 比較条件には、一致する一連の文字 ("Northwind Traders" など) や式 ("300" など) を指定>があります。

Comparison 演算子

比較条件で 2 つの値を比較するために使用される符号。 6 つの標準は=等しい、> より大きい、< より小さい、>= 以上、<= 以下、 <> 等しくないです。

Conditional 形式

セルの網かけやフォントの色など、指定した条件が満たExcelセルに自動的に適用される書式。

Consolidation table

リンク先領域に表示される結合結果の表。 Excel指定したソース領域の値に選択した集計関数を適用して、統合テーブルを作成します。

Constant

計算されない値。 たとえば、数値 210 とテキスト "四半期の収益" は定数です。 式、または式の結果の値は定数ではありません。

Constraints

ソルバーの問題に関する制限事項。 調整可能なセル、ターゲット セル、またはターゲット セルに直接または間接的に関連するその他のセルに制約を適用できます。

Cおいエリア

データを別の場所に貼り付けるときにコピーするセル。 セルをコピーすると、セルの周囲に移動する罫線が表示され、セルがコピーされたと示されます。

Criteria

クエリの結果セットに含めるレコードを制限するために指定する条件。 たとえば、次の条件では、[受注金額] フィールドの値が 30,000 より大きいレコードを選択します。[受注金額] > 30000)。

[Criteria]ウィンドウ

クエリの結果セットに含まれるレコードを制限するために使用される条件を表示するウィンドウの領域。

Current リージョン

現在選択されているセルまたはセルを含む入力セルのブロック。 領域は、最初の空の行または列まですべての方向に拡張されます。

Custom 計算

データ領域内の他のセルの値を使用してピボットテーブルのデータ領域の値を集計する方法。 ユーザー設定の計算を作成するには、データ フィールドの [ピボットテーブル フィールド] ダイアログで [データをピボットテーブル フィールドとして表示] リストを使用します。

D

ページの先頭へ

Data フォーム

一度に 1 つの完全なレコードが表示されるダイアログ ボックス。 データ フォームを使用して、レコードの追加、変更、検索、削除を行います。

Data label

データシート セルから取得された 1 つのデータ ポイントまたは値を表す、データ マーカーに関する追加情報を提供するラベル。

Data marker

データシート セルから取得された 1 つのデータ ポイントまたは値を表すグラフ内の棒、領域、ドット、スライス、その他の記号。 グラフ内の関連するデータ マーカーは、データ系列を構成します。

Data ウィンドウ

クエリの結果セットを表示するウィンドウの領域。

Data points

グラフにプロットされる個々の値。 関連するデータ ポイントは、データ系列を作成します。 データ ポイントは、バー、列、線、スライス、ドット、その他の図形で表されます。 これらの図形はデータ マーカーと呼ばれる。

Data リージョン

データを含み、空のセルまたはデータシートの罫線で境界付けされたセルの範囲。

Data シリーズ

グラフにプロットされ、データシートの行または列から取得される関連データ ポイント。 グラフ内の各データ系列には、一意の色またはパターンがあります。 1 つ以上のデータ系列をグラフにプロットできます。 円グラフのデータ系列は 1 つのみです。

Data source

データベースへの接続に使用される "ソース" 情報の格納されたセット。 データ ソースには、データベース サーバーの名前と場所、データベース ドライバーの名前、ログオン時にデータベースに必要な情報を含めできます。

Data source driver

特定のデータベースへの接続に使用されるプログラム ファイル。 各データベース プログラムまたは管理システムには、異なるドライバーが必要です。

Data テーブル

1 つ以上の数式で異なる値を代入した結果を示すセル範囲。 データ テーブルには、1 つの入力テーブルと 2 つの入力テーブルの 2 種類があります。

グラフの D ata テーブル

一部のグラフに追加できるグリッドで、グラフの作成に使用される数値データが含まれています。 通常、データ テーブルはグラフの横軸に関連付け、横軸の目盛ラベルを置き換える。

Data validation

セルExcel入力できるデータまたは入力するデータに関する制限を定義したり、正しいエントリをユーザーに求めるメッセージを表示したり、正しくないエントリについてユーザーに通知したりするために使用できる機能です。

Database

特定の主題または目的に関連するデータのコレクション。 データベース内では、従業員や注文などの特定のエンティティに関する情報は、テーブル、レコード、フィールドに分類されます。

DDE 会話

動的データ交換 (DDE) と呼ばれる特殊な関数とコードを使用してデータを通信および交換する 2 つのアプリケーション間のやり取り。

Default スタートアップ ブック

新しい保存されていないブックが、新しいブックの作成を開始Excel。 XLStart フォルダーに他のブックを含めなかった場合にのみ、既定のスタートアップ ブックが表示されます。

Default ブック テンプレート

新しいブックの既定の形式を変更するために作成する Book.xlt テンプレート。 Excelテンプレートを使用して、テンプレートを指定せずに新しいブックExcelまたは新しいブックを作成するときに、空白のブックを作成します。

Default ワークシート テンプレート

新しいワークシートの既定の形式を変更するために作成する Sheet.xlt テンプレート。 Excelブックに新しいワークシートを追加するときに、テンプレートを使用して空白のワークシートを作成します。

DEpendents

他のセルを参照する数式を含むセル。 たとえば、セル D10 に数式 =B5 が保持されている場合、セル D10 はセル B5 の参照先セルになります。

D行の領域

統合で集計データを保持するために選択するセルの範囲。 コピー先の領域は、ソース データと同じワークシートに、または別のワークシート上に表示できます。 ワークシートに含まれる統合は 1 つのみです。

Detail data

自動小計とワークシートのアウトラインの場合、集計データで集計される小計の行または列。 詳細データは、通常、サマリー データの上または左側に隣接しています。

Dの rop の線

線グラフと横棒グラフでは、データポイントからカテゴリ (x) 軸まで伸びる線。 1 つのデータ マーカーがどこで終了し、次のデータ マーカーが開始されるのか明確にするために、エリア チャートで役立ちます。

[Drop-down] リスト ボックス

リスト ボックスの横にある小さい矢印をクリックすると、オプションの一覧が表示されるメニュー、ツール バー、またはダイアログ ボックスのコントロール。

E

ページの先頭へ

Embedded グラフ

別のグラフ シートではなく、ワークシートに配置されたグラフ。 埋め込みグラフは、ワークシート内のソース データや他の情報をピボットグラフグラフやグラフを表示または印刷する場合に便利です。

Eの横棒

通常、統計データまたは科学データで使用される誤差バーは、系列内の各データ マーカーに対する潜在的な誤差または程度の不確定性を示します。

Excel アドイン

コンピューターにインストールして、コマンドと関数を追加できるコンポーネントExcel。 これらのアドイン プログラムは、アプリケーションに固有Excel。 その他のアドイン プログラムは、ExcelまたはOffice コンポーネント オブジェクト モデル (COM) アドインです。

Excel テーブル

以前はリストリストExcel、ワークシート上のデータを整理するために、Excel テーブルを作成、書式設定、展開できます。

Expression

1 つの値に評価される演算子、フィールド名、関数、リテラル、定数の組み合わせ。 式では、条件 ([受注金額]>10000 など) を指定したり、フィールド値 (Price*Quantity など) に対して計算を実行できます。

External データ

Access、dBASE、SQL Server などのデータベースに格納されるデータは、クエリとクエリを開始したプログラムとは別です。

External データ

データの外部に格納Excel。 たとえば、Access、dBASE、SQL Server、または Web サーバーで作成されたデータベースが含まれます。

External データ範囲

ワークシートに取り込まれたが、データベースやテキスト ファイルなど、Excel外部から送信されるデータの範囲。 このExcel、他のデータと同様に、データを書式設定したり、計算で使用したりすることができます。

External リファレンス

別のブック内のシート上のセルまたは範囲Excel、または別のブックの定義された名前への参照。

F

ページの先頭へ

Field (データベース)

テーブルに格納される情報のカテゴリ (名や注文金額など)。 クエリが [データ] ウィンドウに結果セットを表示すると、フィールドは列として表されます。

Field(ピボットテーブル)

ピボットテーブルまたはピボットグラフ、ソース データのフィールドから派生したデータのカテゴリ。 ピボットテーブルには、行、列、ページ、およびデータ フィールドがあります。 ピボットグラフには、系列、カテゴリ、ページ、データのフィールドがあります。

Fの不正なハンドル

選択範囲の右下隅にある小さな黒い四角形。 フィル ハンドルをポイントすると、ポインターが黒い十字型に変わります。

Filter

指定した条件を満たすリスト内の行のみを表示します。 オートフィルター コマンドを使用して、1 つ以上の特定の値、計算値、または条件に一致する行を表示します。

Font

すべての数字、記号、およびアルファベット文字に適用されるグラフィック デザイン。 type または typeface とも呼ばれる。 Arial と Courier New はフォントの例です。 フォントは通常、10 ポイントや太字などのさまざまなスタイルなど、さまざまなサイズで提供されます。

Formula

新しい値を生成するセル内の一連の値、セル参照、名前、関数、または演算子。 数式は、常に等号 (=) で開始します。

Formula bar

セルまたはグラフの値または数式Excel入力または編集するために使用する、グラフ ウィンドウの上部にあるバー。 アクティブ セルに格納されている定数値または数式を表示します。

Formula Palette

数式を作成または編集したり、関数とその引数に関する情報を提供したりするのに役立つツール。

Function (Microsoft Query)

計算結果に基づいて値を返す式。 クエリは、データ ソースが Avg、Count、Max、Min、Sum の各関数をサポートすると想定しています。 一部のデータ ソースでは、これらすべてがサポートされていない場合や、追加の機能がサポートされている場合があります。

Function (Office Excel)

値または値を受け取り、操作を実行し、値または値を返す、事前に記述された数式。 関数を使用して、ワークシートの数式 (特に長い計算や複雑な計算を実行する関数) を簡略化および短縮します。

G

ページの先頭へ

Goal seek

他の 1 つのセルの値を調整して、セルの特定の値を検索するメソッド。 ゴール シーク時Excel、指定したセルの値が、そのセルに依存する数式が目的の結果を返すまで変化します。

Grid

オブジェクトの配置に使用される交差する線のセット。

グラフの G の線

グラフに追加できる線を使用すると、データの表示と評価が容易になります。 目盛線は、軸の目盛からプロット領域をまたがって拡張されます。

Group

アウトラインまたはピボットテーブルでは、サマリーの行または列に隣接し、下位にある 1 つ以上の詳細な行または列。

H

ページの先頭へ

High-low 行

2-D の線グラフでは、各カテゴリの最も高い値から最も低い値まで伸びる線。 株価チャートでは、高低線がよく使用されます。

History ワークシート

変更を行ったユーザーの名前、変更を行った時間と場所、削除または置換されたデータ、競合の解決方法など、共有ブックで追跡されている変更を一覧表示する別のワークシート。

I

ページの先頭へ

Identifier

式で使用されるフィールド名。 たとえば、[受注金額] は、注文金額を含むフィールドの識別子 (フィールド名) です。 識別子の代えに式 (Price*Quantity など) を使用できます。

Implicit intersection

1 つのセルではなく、1 つのセルと同様に計算されるセル範囲への参照。 セル C10 に数式 =B5:B15*5 が含まれている場合、セル B10 とセル C10 が同じ行にあるため、Excel はセル B10 の値を 5 で乗算します。

Index

データの検索を高速化するデータベース コンポーネント。 テーブルにインデックスがある場合、テーブル内のデータはインデックス内で検索することで見つかる可能性があります。

参加する

[クエリ] では、結合フィールドで同じ値を持つレコードだけが選択されている、2 つのテーブル間の結合の既定の種類。 各テーブルの一致する 2 つのレコードが結合され、結果セットに 1 つのレコードとして表示されます。

Input セル

データ テーブルの各入力値が代入されるセル。 ワークシート上の任意のセルを入力セルにできます。 入力セルはデータ テーブルの一部である必要はなくとも、データ テーブル内の数式は入力セルを参照する必要があります。

Insert 行

テーブル内Excel、データ入力を容易にする特別な行です。 [挿入] 行はアスタリスクで示されます。

Internet Explorer

HTML ファイルを解釈し、Web ページに書式設定してユーザーに表示する Web ブラウザー。 Microsoft Web サイトInternet Explorerからダウンロードできます (http://www.microsoft.com)。

Item

ピボットテーブルとピボットグラフ内のフィールドのサブカテゴリ。 たとえば、"Month" フィールドには、"January"、"February" などのアイテムを含めできます。

Iteration

特定の数値条件が満たされるまでワークシートの計算を繰り返します。

J

ページの先頭へ

Join

一致する関連フィールドのレコードが結合され、1 つのレコードとして表示される複数のテーブル間の接続。 結合の種類によっては、一致しないレコードが含まれるか除外される場合があります。

Join 行

[クエリ] で、2 つのテーブル間でフィールドを接続し、データの関連付け方法をクエリで表示する行。 結合の種類は、クエリの結果セットに対して選択されるレコードを示します。

Join 行

クエリでは、2 つのテーブル間でフィールドを接続し、データの関連付けを示す行。 結合の種類は、クエリの結果セットに対して選択されるレコードを示します。

Justify

左右の余白に沿ってテキストが揃う水平間隔を調整します。 テキストを位置合いすると、両側に滑らかなエッジが作成されます。

L

ページの先頭へ

Legend

グラフのデータ系列またはカテゴリに割り当てられているパターンまたは色を識別するボックス。

Legend キー

グラフのデータ系列 (またはカテゴリ) に割り当てられているパターンと色を示す凡例の記号。 凡例キーは、凡例エントリの左側に表示されます。 凡例キーを書式設定すると、関連付けられているデータ マーカーも書式設定されます。

Lの ocked フィールドまたはレコード

データベース内のレコード、フィールド、または他のオブジェクトの条件。クエリでの表示は許可されますが、変更 (読み取り専用) は許可されません。

M

ページの先頭へ

Mアプリの範囲

XML マップ内の要素にリンクされている XML リスト内の範囲。

Matrix

値の四角形の配列、または他の配列または範囲と組み合わされ、複数の合計または製品を生成するセル範囲。 Excelには、合計または製品を生成できる定義済みのマトリックス関数があります。

Mセルが作成されました

選択した複数のセルを結合して作成される 1 つのセル。 結合セルのセル参照は、元の選択した範囲内の左上のセルです。

Microsoft Excel コントロール

ネイティブ コントロールExcelコントロール以外のActiveXコントロール。

Microsoft Visual Basic ヘルプ

Excel の Visual Basic のヘルプを表示するには、[開発]タブの [コード] グループで [Visual Basic] をクリックし、[ヘルプ] メニューの [Microsoft Visual Basic ヘルプ]をクリックします。

Moving average

データ系列の一部から計算された一連の平均。 グラフでは、移動平均によってデータの変動が滑らかになり、パターンや傾向が明確に示されます。

Moving border

切り取りまたはコピーされたワークシート範囲の周囲に表示されるアニメーションの枠線。 罫線の移動を取り消す場合は、Esc キーを押します。

Multiple レベルのカテゴリ ラベル

ワークシート データに基づいて、階層内の複数の線に自動的に表示されるグラフのカテゴリ ラベル。 たとえば、"農産物" という見出しが、Tofu、Apple、Pears という見出しを含む行の上に表示される場合があります。

N

ページの先頭へ

Name

セル、セル範囲、数式、または定数値を表す文字の単語または文字列。 製品などのわかりやすい名前を使用して、Sales!C20:C30。

N ame ボックス

選択したセル、グラフ アイテム、または描画オブジェクトを識別する数式バーの左側にあるボックス。 セルまたはセル範囲に名前を付け、[名前] ボックスに名前を入力し、Enter キーを押します。 名前付きセルに移動して選択するには、[名前] ボックスで名前をクリックします。

nonadjacent selection

互いにタッチしない 2 つ以上のセルまたは範囲の選択。 グラフに非結合選択をプロットする場合は、組み合わされた選択が四角形を形成します。

Nオン OLAP ソース データ

OLAP データベース以外のソースピボットグラフピボットテーブルまたはピボットテーブルの基になるデータ。 これらのソースには、リレーショナル データベース、ワークシート上のExcel、テキスト ファイル データベースが含まれます。

O

ページの先頭へ

ObjectLink

オブジェクトのクラス、ドキュメント名、名前を識別する、リンクされたオブジェクトを記述する OLE データ形式。 これらの各データ項目は、null 終端文字列です。

Offline キューブ ファイル

ピボットテーブルまたはピボットテーブルの OLAP ソース データを格納するハード ディスクまたはネットワーク共有に作成ピボットグラフ。 オフライン キューブ ファイルを使用すると、OLAP サーバーに接続していないときに作業を続けることもできます。

OLAP

トランザクションを処理するのではなく、クエリとレポート用に最適化されたデータベース テクノロジ。 OLAP データは階層的に整理され、テーブルではなくキューブに格納されます。

OLAP プロバイダー

特定の種類の OLAP データベースへのアクセスを提供するソフトウェアのセット。 このソフトウェアには、データ ソース ドライバーと、データベースに接続するために必要なその他のクライアント ソフトウェアを含めできます。

Operand

数式内の演算子のどちら側にある項目。 このExcel、オペランドには、値、セル参照、名前、ラベル、関数を指定できます。

Oペレーター

式内で実行する計算の種類を指定する記号または記号。 算術、比較、論理、参照の各演算子があります。

Outer join

クエリでは、別のテーブルに一致するレコードがない場合でも、1 つのテーブルのすべてのレコードが選択される結合。 一致するレコードが結合され、1 として表示されます。 他のテーブルに一致しないレコードは空で表示されます。

Outer join

別のテーブルに一致するレコードがない場合でも、1 つのテーブルのすべてのレコードが選択される結合。 一致するレコードが結合され、1 として表示されます。 他のテーブルに一致しないレコードは空として表示されます。

Outline

集計レポートを作成するために、詳細データの行または列がグループ化されるワークシート データ。 アウトラインは、ワークシート全体またはワークシートの選択した部分の概要を示します。

Outline データ

ワークシートのアウトラインに含まれるデータ。 アウトライン データには、アウトラインの概要と詳細の行または列の両方が含まれます。

Outline 記号

アウトライン付きワークシートの表示を変更するために使用する記号。 プラス記号、マイナス記号、およびアウトライン レベルを示す数値 1、2、3、または 4 を押すと、詳細データを表示または非表示にできます。

OwnerLink

オブジェクトのクラス、ドキュメント名、名前を識別する埋め込みオブジェクトを記述する OLE データ形式。 これらの各データ項目は、null 終端文字列です。

P

ページの先頭へ

Pの年齢の休憩

ワークシートを別のページに分割して印刷する区切り線。 Excel、余白の設定、拡大縮小オプション、挿入する手動改ページの位置に基づいて、自動改ページを挿入します。

PAge Break Preview

印刷する領域と改ページの場所を表示するワークシート ビュー。 印刷する領域は白で表示され、自動改ページは破線で表示され、手動改ページは実線で表示されます。

Parameter

このExcel、パラメーターを追加、変更、または削除して、データの表示可能なワークシート データで編集可能なセルExcel Services。 ブックを保存すると、変更内容がサーバーに自動的に反映されます。

Parameter クエリ

実行するときに、同じクエリを使用して異なる結果セットを取得できるよう、結果セットのレコードを選択するために使用する値 (条件) を求めるクエリの種類。

Password

ワークシートまたはブックを保護する方法。 ワークシートまたはブックの要素をパスワードで保護する場合は、そのパスワードを覚えておく必要があります。 この設定がない場合、ブックまたはワークシートの保護を解除する方法はありません。 大文字と小文字、数字、記号を組み合わせた強力なパスワードを常に使用する必要があります。 これらの文字を混在させていないパスワードは強固とはいえません。 たとえば、Y6dh!et5 は安全性の高いパスワードです。 House27 は推測されやすいパスワードです。 覚えのできる強力なパスワードを使用して、書き込む必要はありません。

[Paste] 領域

コピー先のクリップボードを使用して切り取りまたはコピーされたデータOffice。

Pivot 領域

ピボットテーブルまたはフィールドをドラッグするワークシートピボットグラフ、レポートのレイアウトを変更します。 新しいレポートでは、破線付きの青いアウトラインがワークシートのピボット領域を示します。

PivotChart カテゴリ フィールド

フィールドにカテゴリの向きが割り当てられているピボットグラフ。 グラフでは、カテゴリは通常、グラフの x 軸 (横軸) に表示されます。

PivotChart

ピボットテーブルなど、データの対話型分析を提供するグラフ。 フィールドをドラッグし、フィールドのアイテムを表示または非表示にすることで、データのビューの変更、詳細レベルの表示、グラフ レイアウトの再構成を行えます。

PivotChart 系列フィールド

1 つのフィールドに系列の向きが割り当ピボットグラフ。 グラフでは、系列は凡例で表されます。

PivotTable データ

ピボットテーブルでは、ソース リストまたはテーブルのデータ フィールドから計算される集計データ。

PivotTable 総計

ピボットテーブルの列内の行またはすべてのセルのすべてのセルの合計値。 総計の行または列の値は、ピボットテーブルのデータ領域で使用されるのと同じ集計関数を使用して計算されます。

PivotTable list

ピボットMicrosoft Officeのような構造を作成できる Web Excelです。 ユーザーは、Web ブラウザーでピボットテーブル リストを表示し、ピボットテーブルのレイアウトをピボットテーブルと同様Excelできます。

PivotTable

相互にタブ化された対話型の Excel レポートで、データベース レコードなどのデータを集計して分析します。このレポートには、Excel の外部ソースを含むさまざまなソースが含まれます。

PivotTable 小計

集計関数を使用してピボットテーブル フィールドの詳細アイテムの合計を表示する行または列。

Plot area

2-D グラフでは、軸で境界付けされた領域 (すべてのデータ系列を含む) が表示されます。 3-D グラフでは、データ系列、カテゴリ名、目盛ラベル、軸ラベルなど、軸で境界付けされた領域。

Point

1 インチの 1/72 に等しい単位。

り下がり値

別のセルの数式によって参照されるセル。 たとえば、セル D10 に数式 =B5 が保持されている場合、セル B5 はセル D10 の参照元セルになります。

Pリマーキー

テーブル内の各レコードを一意に識別する 1 つ以上のフィールド。 ナンバー プレート番号が車を識別するのと同じように、主キーはレコードを一意に識別します。

Print 領域

ワークシート全体を印刷しない場合に印刷するセル範囲を 1 つ以上指定します。 ワークシートに印刷領域が含まれる場合は、印刷領域だけが印刷されます。

Print タイトル

印刷されたワークシートのすべてのページの上部または左側に印刷される行ラベルまたは列ラベル。

Pのy フィールド

OLAP キューブ内の項目 (メンバー) に関連付けられた独立した属性。 たとえば、都市アイテムのサイズと人口プロパティがサーバー キューブに格納されている場合、ピボットテーブルは各都市のサイズと人口を表示できます。

Protect

ユーザーが指定したワークシートまたはブックの要素を表示したり、アクセスしたりしないワークシートまたはブックの設定を行います。

Q

ページの先頭へ

Query

クエリまたは Access では、データベースに格納されているデータについて質問する特定の質問に回答するレコードを検索する手段です。

Query チャネル

コピー先アプリケーションと Query の特定のクエリ (Query1 など) の間の DDE 会話でクエリ チャネルを使用します。 クエリ チャネルを使用するには、システム チャネルを使用してクエリ ウィンドウを既に開いている必要があります。

Query の設計

テーブル、条件、フィールドの配置順序など、クエリ ウィンドウに含まれるすべての要素。 また、デザインでは、自動クエリを有効にするかどうか、およびソース データを編集できるかどうかも指定します。

R

ページの先頭へ

Range

シート上の 2 つ以上のセル。 範囲内のセルは隣接するセルでも隣接しないセルでも可能です。

Read-only

ファイルの読み取りまたはコピーを許可するが、変更または保存を許可する設定。

Record

特定の人物、場所、イベント、または物に関する情報のコレクション。 クエリが [データ] ウィンドウに結果セットを表示すると、レコードは行として表されます。

Refresh (外部データ範囲)

外部データ ソースからデータを更新する。 データを更新する度に、データベース内の情報の最新バージョン (データに加えた変更を含む) が表示されます。

Refresh (ピボットテーブル)

ピボットテーブルまたはピボットテーブルの内容を更新するにはピボットグラフソース データの変更を反映するように設定します。 レポートが外部データに基づく場合は、更新によって基になるクエリが実行され、新規または変更されたデータが取得されます。

Rエグレス分析

予測に使用される統計分析の形式。 回帰分析は、特定の変数を他の 1 つ以上の変数から予測できるよう、変数間の関係を推定します。

R参照

数式では、数式と参照するセルを含むセルの相対位置に基づくセルのアドレス。 数式をコピーすると、参照が自動的に調整されます。 相対参照は、形式 A1 を受け取る。

Remote リファレンス

別のプログラムからドキュメントに格納されているデータへの参照。

Report フィルター

ピボットテーブルまたはピボットテーブル内のデータのサブセットをフィルター処理するために使用ピボットグラフ、さらにレイアウトと分析を行う場合に 1 ページに分割します。 レポート フィルター内のすべてのアイテムの概要を表示するか、一度に 1 つのアイテムを表示して、他のすべてのアイテムのデータをフィルター処理できます。

Report テンプレート

外部Excel基づく 1 つ以上のクエリまたはピボットテーブルを含むテンプレート (.xlt ファイル)。 レポート テンプレートを保存するとExcel定義は保存されますが、クエリされたデータはテンプレートに保存されません。

Result セット

クエリの実行時に返されるレコードのセット。 クエリの結果セットはクエリで確認できます。または、結果セットをワークシートにExcelして詳細な分析を行います。

Row の見出し

各行の左側にある番号付きの灰色の領域。 行見出しをクリックして、行全体を選択します。 行の高さを増減するには、行見出しの下に線をドラッグします。

Row ラベル

ピボットテーブルで行の向きが割り当てられているフィールド。

R-2 乗値

傾向線の推定値が実際のデータにどれだけ近い値を示す 0 ~ 1 の数値。 R-2 乗値が 1 付近にある場合、最も信頼性が高い傾向線です。 決定係数とも呼ばれる。

S

ページの先頭へ

Scenario

ワークシート モデルで置き換える入力値の名前付きセット。

Scroll lock

スクロール ロックが有効になっている場合、方向キーを押して、別のセルをアクティブにするのではなく、アクティブなシートをスクロールします。 スクロール ロックをオフまたはオンにする場合は、SCROLL LOCK キーを押します。

Sセクション

レポートを作成するときに選択するワークシート、ビュー、シナリオの任意の組み合わせ。 レポートには複数のセクションを含めできます。

Select

ワークシート上のセルまたはセル範囲を強調表示するには 選択したセルは、次のコマンドまたはアクションの影響を受ける。

[すべて選択] ボタン

行見出しと列見出しが対応するデータシートの左上隅の灰色の四角形。 データシート上のすべてのセルを選択するには、このボタンをクリックします。

Series 軸

真の 3-D グラフの奥行きを表すグラフ軸。 任意のテキスト値として系列名が表示されます。スケーリングされた数値を表示することはできません。

[リース] フィールド

フィールドの系列領域に表示されるフィールドピボットグラフ。 系列フィールドの項目は凡例に一覧表示され、個々のデータ系列の名前が提供されます。

Series の線

2-D 積み上げ棒グラフと棒グラフでは、各系列間の測定の違いを強調するために使用される各データ系列のデータ マーカーを接続する線。

Shared ブック

ネットワーク上の複数のユーザーが同時に表示および変更を行えるブックを設定します。 ブックを保存する各ユーザーには、他のユーザーによって行われた変更が表示されます。

Single-mapped cell

XML マップ内の繰り返しではない要素にリンクされているセル。

Sort order

値またはデータ型に基づいてデータを配置する方法。 データは、アルファベット順、数値順、または日付順に並べ替えできます。 並べ替え順序では、昇順 (1 から 9、A から Z) または降順 (9 から 1、Z から A) の順序が使用されます。

Source 領域

指定したリンク先領域に統合するセル範囲。 ソース領域は、ブック内の任意のワークシート、他の開いているブックまたは閉じたブック、または Lotus 1-2-3 ワークシート上に表示できます。

Source データ

ピボットテーブルまたはピボットテーブルの作成に使用されるリストまたはピボットグラフ。 ソース データは、テーブルまたはExcel、外部データベースまたはキューブ、または別のピボットテーブルから取得できます。

SQL

データの取得、更新、管理に使用される言語。 クエリを作成すると、クエリはクエリSQL SELECT ステートメントをSQLします。 この方法がわかSQL SELECT ステートメントを表示または変更SQLできます。

Standard フォント

ワークシートの既定のテキスト フォント。 標準フォントは、標準セル スタイルの既定のフォントを決定します。

Sの ummary データ

自動小計とワークシートのアウトラインの場合、詳細データを集計する行または列はすべて表示されます。 通常、集計データは詳細データの隣と下に配置されます。

Summary 関数

ピボットテーブルまたは統合テーブルのソース データを結合する計算の種類。またはリストまたはデータベースに自動小計を挿入する場合。 集計関数の例には、Sum、Count、Average があります。

System チャネル

アプリケーション間の DDE 会話で使用され、現在の接続、開いているクエリ、宛先アプリケーションの状態など、システムに関する情報を取得します。

T

ページの先頭へ

[使用できない] ウィンドウ

クエリ内のテーブルを表示する [クエリ] ウィンドウの領域。 各テーブルには、データを取得できるフィールドが表示されます。

Template

他の同様のブックの基礎として作成して使用するブック。 ブックとワークシートのテンプレートを作成できます。 ブックの既定のテンプレートは Book.xlt と呼ばれる名前です。 ワークシートの既定のテンプレートは Sheet.xlt と呼ばれる名前です。

Text ボックス

ワークシートまたはグラフ上の四角形のオブジェクトで、テキストを入力できます。

Tick マークと目盛ラベル

目盛は、ルーラー上の分割と同様に、軸と交差する小さな測定線です。 目盛ラベルは、グラフ内のカテゴリ、値、または系列を識別します。

グラフ内の T itles

軸に自動的に配置される、またはグラフの上部の中央に配置される説明テキスト。

計行

数値データの操作にExcel集計関数の選択を提供する、テーブル内の特殊な行。

Totals

クエリで定義されている 5 種類の計算の 1 つ (Sum、Avg、Count、Min、Max)。

T方向矢印

アクティブ セルとその関連セルの関係を示す矢印。 トレース矢印は、データを提供するセルから別のセルをポイントすると青、セルにエラー値 (#DIV/0! など) が含まれている場合は赤になります。

T表示

データ系列の傾向をグラフィックで表現します。この例では、数か月の売上増加を表す上向きの線などです。 傾向線は、回帰分析とも呼ばれる予測の問題の研究に使用されます。

T表示ラベル

回帰式または R-2 乗値、または両方を含む、傾向線の省略可能なテキスト。 傾向線ラベルは、書式を設定して移動できます。サイズを設定することはできません。

U

ページの先頭へ

Up-down バー

複数のデータ系列を持つ線グラフでは、最初の系列と最後の系列のデータ ポイントの差を示す棒。

V

ページの先頭へ

Value

検索またはフィルター処理のためにフィールドが満たす必要がある条件を満たすテキスト、日付、数値、または論理入力。 たとえば、条件 <b>が</b> の作成者フィールドには、完了するには、<b>John</b> などの値を含める必要があります。

Value 軸

スケールされた数値を表示するグラフ軸。

[Value] フィールド

ピボットテーブルまたはピボットテーブルに集計されたデータを含むソース リスト、テーブル、またはデータベースピボットグラフ。 値フィールドには通常、統計や売上金額などの数値データが含まれます。

Values 領域

集計データを含むピボットテーブルの部分。 値領域の各セルの値は、ソース レコードまたは行からのデータの概要を表します。

Vアーテクス

オートShape上のポイントを編集するときに、特定のオートShapes (フリーフォーム、フリーフリーブル、曲線など) の線または曲線の端と交点に表示される黒、正方形、ドラッグ可能なポイント。

Vアーテクス

フリーフォーム、フリーバブル、曲線など、特定のオートShapesの線または曲線の端点と交点に表示される黒、正方形、ドラッグ可能なポイント。

View

ブックに名前を付け、ブックに適用できる一連の表示設定と印刷設定。 ブックの個別のコピーを保存せずに、同じブックの複数のビューを作成できます。

W

ページの先頭へ

Web query

イントラネットまたはインターネットに格納されているデータを取得するクエリ。

What-if 分析

セル内の値を変更して、それらの変更がワークシート上の数式の結果に与える影響を確認するプロセス。 たとえば、償却表で使用される利率を変え、支払額を決定します。

Workbook

このドキュメントで作成するスプレッドシート プログラム ファイルExcel。 ブックには、データを入力して計算できる行と列のワークシートが含まれています。

Worksheet

データの保存と処理にExcelで使用する主なドキュメント。 スプレッドシートとも呼ばれる。 ワークシートは、列と行に整理されたセルで構成されます。ワークシートは常にブックに保存されます。

Workspace ファイル

開いているブックに関する表示情報を保存するファイル。後で同じウィンドウ サイズ、印刷領域、画面拡大、表示設定で作業を再開できます。 ワークスペース ファイルには、ブック自体が含まれています。

World Wide Web

インターネットを移動したり、ハイパーリンクで接続され、ネットワーク共有、会社のイントラネット、またはインターネット上にあるブックや他の Office ドキュメントのコレクションを介して移動するためのシステム。 Web ブラウザーを使用すると、Web はテキスト、画像、サウンド、デジタル ムービーのコレクションとして表示されます。

Wrap

テキスト内で、余白またはオブジェクトに到達すると自動的にテキスト行を折りたたみ、新しい行でテキストを続行します。

X

ページの先頭へ

XML

拡張マークアップ言語 (XML): 標準の一般化マークアップ言語 (SGML) の要約形式で、開発者は情報を柔軟に整理して表示できるカスタマイズされたタグを作成できます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×