スクリプトを使用して繰り返しOfficeを自動化Excel for the web。 操作を記録し、必要なときにいつでも再生します。 ワークフローの変更時にスクリプトを編集することもできます。 Officeスクリプトはクラウドに保存され、必要に応じてブックを更新できます。 

注: スクリプトを使用する前Office、管理者がスクリプトを有効にする必要があります

アクション レコーダーでアクションを記録すると、スクリプトが作成されます。 これらの操作には、テキストまたは数値の入力、リボンまたはメニュー上のセルまたはコマンドのクリック、セル、行、列の書式設定、Excel テーブルとしてのデータの書式設定などです。 完了すると表示される作業ウィンドウは、先に実行したすべての手順の説明的な一覧を表示するクリーンな作業ウィンドウです。 スクリプトを記録して実行するためのコーディング エクスペリエンスはOfficeされません。 アクションを編集する場合は、スクリプトの TypeScript コードを編集できるコード エディターから編集できます。 コード エディターを使用してスクリプトを記述する方法については、「スクリプトの記録、編集、および作成」を参照Officeを参照Excel on the web。 

  • デスクトップ アプリ Microsoft 365 アクセスできる商用または教育機関向 Microsoft 365ライセンスを持つアクティブな Microsoft 365Officeアカウント。 これには、次のサービスが含まれます。

    • Microsoft 365 Apps for business 

    • Microsoft 365 Business Standard

    • Microsoft 365 Apps for enterprise

    • Office 365 ProPlusの設定

    • Office 365 Enterprise E3

    • Office 365 Enterprise E5

    • Office 365 A3

    • Office 365 A5

  • OneDrivefor Business] を選択します。

  • サーバー認証 - スクリプト レコーダーまたはコード エディターを初めて実行する場合は、スクリプトをクラウドに保存できるよう、サーバーで認証する必要があります。 通常どおり Microsoft アカウントにサインインし、[アクセス許可の要求]プロンプトが表示されたら、[承諾] を選択して続行します

    注: 管理センターで正しい設定を切り替えれば、適切なライセンスを持つエンド ユーザーが機能にアクセスできます。 この機能は、米国政府および新しい Microsoft 365 データセンター geo の 1 つにあるデータ常駐を持つお客様向けサービス では、まだご利用になっていません

はじめに

  1. 最初に、リボンの [自動化] タブを選択します。 これにより、[スクリプト ツール] グループの[レコード アクション] と [新しいスクリプト] の 2つの主なオプションが公開されます

    スクリプト ツール
  2. スクリプトで新しいOfficeするには、[レコード アクション]ボタンを押して、自動化する手順を開始します。 この例では、単純なデータ範囲を取得し、Excel テーブルに変換し、合計列と合計行を追加し、値を通貨として書式設定して終了します。

    Office スクリプトの作成に使用されるデータの 5x3 グリッドの画像の前と後に、合計行と列を含む Excel テーブルに変換し、データを通貨として書式設定します。
  3. 新しいスクリプトの記録Office、右側に [レコード アクション] 作業ウィンドウが開きます。 ここでは、実行しているアクションの簡単な説明が順番に表示されます。 すべての手順が完了したら、[停止] ボタンを します。

    スクリプトを記録するとOffice各手順の説明が表示されます。
  4. [停止] ボタンを押 すと 、[コード エディター] ウィンドウ が表示され、新しいスクリプトが選択されます。

    コード エディター
  5. 既定では、Excelスクリプトに "Script 1"、"Script 2" などという名前が付けされます。 ただし、スクリプトにわかりやすい名前を付けしたいと思います。それ以外の場合は、各ファイルを掘り下げ、必要な情報を見つける必要があります。 スクリプトに新しい名前を付けするには、3 つの点をクリックし、ポップアップ メニューから [名前 の変更] を選択します。 

    Officeスクリプトコンテキスト メニュー

スクリプトのOffice再生

  1. [スクリプト] Officeギャラリーが表示されていない場合は、[スクリプト ツールの自動化] >表示できます。

    スクリプト リボン
  2. 実行するスクリプトをクリックします。 コード エディター に 表示されます。 [実行] ボタンを クリックしてスクリプトを開始します。 スクリプトが実行されているという簡単な通知が表示され、スクリプトが完了すると消えます。

    スクリプトを実行する

    注: このトピックでは、独自の TypeScript コードの編集や書き込みについては説明しますが、Office Scripts の技術ドキュメントを確認できます。

  3. その他 のオプション - [コード エディター] ウィンドウの右側にある省略記号 (...) を クリックすると、 コンテキスト メニューが表示されます。 ここでは、次のオプションを使用できます。

    その他のオプション

    • スクリプトの名前 を変更する

    • スクリプトのコピー を作成する

    • スクリプトを共有する

    • Create Flow を使用してスクリプトを自動化する

    • スクリプト を削除する

潜在的なエラー

  • Office スクリプトを記録すると、スクリプト レコーダーは、サポートされているほぼすべてのアクションをキャプチャします。 そのため、クリックしないボタンをクリックする場合など、シーケンスを間違えた場合は、スクリプト レコーダーによって記録されます。 解決方法は、シーケンス全体を再記録するか、TypeScript コード自体を変更します。 そのため、マクロを記録するときは、自分が使い慣れているプロセスを記録することが最善となります。 シーケンスをスムーズに記録する場合は、再生時に効率的に実行されます。

  • スクリプトを初めて記録する場合、特定のアクションは問題ありませんが、再生しようとして失敗します。 たとえば、前の例では、一部のサンプル データをテーブルとして書式設定しました。Excel ではテーブルが重複しないので、更新されたテーブルで実行しようとした場合、コードは失敗します。 この時点で、コード エディターにエラー メッセージが表示されます。

    スクリプトがエラーで実行されたことを示すコード エディターのエラー メッセージ。 詳細については、[ログ] ボタンを押します。

    [ログの 表示] ボタンを クリックすると、[コード エディター] ウィンドウの下部にエラーの簡単な説明が表示されます。

    スクリプト エラー
  • サポートされていない機能 - 今後もサポートを追加する取り組みですが、現時点ではすべてがサポートされているというのではありません。 この場合、[レコード操作] ウィンドウにメモが表示されます。 コードを再生できます。記録できなかった手順は無視されます。

    特定のステップを記録できない場合を示す Racord Actions ダイアログ。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

Officeスクリプトの技術ドキュメント

スクリプトを記録、編集、作成Officeスクリプトを作成Excel on the web

スクリプトのOfficeトラブルシューティング

Excel on the web でのスクリプトのOfficeスクリプトの例

スクリプトを実行するボタンをOfficeする

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×