Excel for Mac を使用してワークシートに手動で改ページを作成する

印刷すると、改ページが自動的に表示されます。ここでは、[改ページ] シート のコンテンツを表示するか、次のページに進みます。 標準表示モードでは、点線の横と縦の線が表示されます。[改ページプレビュー ] ビューでは、中央に配置されたページ番号を持つページ間で太字の実線として表示されます。 自動改ページが行われる場所を調整して、手動で改ページを追加することができます。 手動改ページは削除できますが、自動改ページは削除できません。 ただし、列の幅または余白を調整したり、ページ数が少ないコンテンツに合わせてシートのサイズを変更したりすることはできます。

改ページ プレビュー 表示に表示された改ページ:

8ページを表示する改ページのプレビュー

改ページを表示する

リボンの [ 表示 ] タブをクリックし、[改 ページプレビュー] を選択します。

/

[ ファイル > プリント ( コマンド P)] をクリックします。

  1. [ 印刷 ] ダイアログボックスでは、ページがどのように印刷されるかをプレビューで確認したり、左または右のボタンを使って各ページを表示したりすることができます。

  2. [キャンセル] をクリックして [印刷] ダイアログ ボックスを閉じます。

    [印刷] ダイアログボックスを閉じると、ページが改ページされる場所を示す破線がシート上に表示されます。

    注: 破線を非表示にするには、[ Excel > 環境設定 > 表示] をクリックし、[ ブックに表示] で [改 ページ ] チェックボックスをオフにします。

水平または垂直の手動改ページを挿入する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    設定するインデント

    操作

    水平の改ページ

    改ページを挿入する行の下の行を選択します。

    垂直の改ページ

    改ページを追加する列の右の列を選択します。

  2. [ ページレイアウト ] タブで、[ 区切り] をクリックし、[改 ページの挿入] をクリックします。

    [ページ レイアウト] タブで [区切り] を選ぶ

改ページを移動する

  1. [ 表示 ] タブで、[改 ページプレビュー] をクリックします。

  2. ポインターが 水平の改ページ ハンドル に変わるまでポインターを改ページの線の上に置き、改ページの線を新しい場所にドラッグします。

    注: 自動改ページを移動すると、手動改ページに変更されます。 手動改ページは自動的に調整されません。

手動改ページを削除する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    移動する改ページ

    操作

    水平の改ページ

    改ページの下にある行を選びます。

    垂直の改ページ

    改ページの右にある列を選びます。

  2. [ページ レイアウト] タブで [改ページ]、[改ページの解除] の順にクリックします。

    [ページ レイアウト] タブで [区切り] を選ぶ

すべての手動改ページを解除する

  • [ページ レイアウト] タブで [改ページ]、[すべての改ページを解除] の順にクリックします。

    [ページ レイアウト] タブで [区切り] を選ぶ

関連トピック

プリント時のシートのサイズを調整する

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×