Excel for Mac 2011 ヘルプ

Office 2011 for Mac のサポートは終了しました

Microsoft 365 にアップグレードすると、あらゆるデバイスでどこでも作業を行うことができ、サポートを引き続き受けることができます。

今すぐアップグレード

2017年10月終了 Office for Mac 2011 のカスタマーサポートとトラブルシューティング 最新の機能をすべて取得するには、 Office 2016 for Macにアップグレードしてください。 1回限りの購入を行うか、 Microsoft 365 サブスクリプションを購入 して最新の状態を保つことができます。

シートとデータを操作する

タイトル

説明

Excel 2016 for Mac で 1 つ以上の行、列、またはセルを挿入する

セル、行、列を操作する。

セルをコピーして特定のセル内容をペーストする

[形式を選択して貼り付け] を使用して、特殊なセルの内容または属性をコピーして貼り付けます。

ウィンドウ枠を固定して行と列をロックする

スクロール中も列見出しが表示されたままにします。

列幅を調整して内容をすべて表示する

列の幅を変更して、セル内のすべてのデータを表示できるようにします。

シートを保護する

重要なデータの許可されていない変更、移動、または削除されないようにします。

条件付き書式を使用してパターンおよび傾向を強調表示する

特定の条件に基づいてセルの外観を変更します。たとえば、範囲の上位10% のセルの値をすべて表示します。

関数、数式、リストを操作する

タイトル

説明

数式を入力する

数式の要素、およびシートに数式を入力する方法について説明します。

演算子と演算の順序

さまざまな種類の演算子 (+、-、/、* など) と、それらの演算子の適用順序について説明します。

相対参照と絶対参照を切り替える

セル参照の相対参照と絶対参照の違い、およびその間の切り替え方法について説明します。

グラフとグラフィックを操作する

タイトル

説明

グラフを作成する

グラフの要素、データに適したグラフ、グラフのレイアウトとスタイルの適用方法など、グラフの基礎について説明します。

既存のグラフのデータを更新する

グラフタイトルや軸ラベルの追加、軸目盛の変更、データラベルの追加などを行います。

グラフの誤差範囲を追加、変更、または削除する

誤差範囲を使って、各データポイントに関連する潜在的なエラー量を示します。

Office for Mac で画像を挿入する

メディアブラウザーを使用して、画像やクリップアートをワークシートに追加します。

分析、共有、共同作業

タイトル

説明

ピボットテーブルを作成する

ピボットテーブルを作成する2つの方法、およびピボットテーブルのフィールドリストを使用してフィールドを追加、移動、配置する方法について説明します。

データの傾向を予測する

既存の一連のデータに基づいて予測を作成します。

Office for Mac でファイルを保存する

Excel for Mac 2011 を使用して SharePoint ファイルをチェックアウトし、自分だけが変更できるようにします。

その他の役に立つリソースを調べる

タイトル

説明

Excel のキーボード ショートカット

論理カテゴリに分類されたすべてのキーボード ショートカットの一覧です。

リボンとツールバーをカスタマイズする

リボンのタブの配置変更、表示、非表示を行います。

最近の Excel for Mac の問題に関する修正プログラムと回避策

既知の問題とその回避策です。

ヘルプを表示

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×