Excel for web でグラフを作成する

Web 用 Excelで、データのグラフを作成できます。 使用しているデータに応じて、縦棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、横棒グラフ、面グラフ、散布図、またはレーダーチャートを作成できます。 データに対応しているグラフの種類の詳細については、「利用可能なグラフの種類」を参照してください。

  1. グラフを作成するデータ内の任意の場所をクリックします。

    特定のデータをグラフにプロットするには、データを選ぶこともできます。

  2. [挿入] をクリックして、目的のグラフの矢印 >します。 たとえば、縦棒または横棒を選びます。

    [挿入] タブの [グラフ]

  3. グラフの種類を選びます。

    縦棒グラフの種類

  4. タイトルやデータラベルなどのグラフ要素を追加する場合は、グラフ内の任意の場所をクリックして、リボンに [グラフツール] を表示します。

    [グラフ ツール] の [グラフ] タブ

  5. [グラフ] タブで、必要なオプションを選びます。

グラフの使用に関する詳細情報

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×