F.DIST 関数

ここでは、Microsoft Excel の F.DIST 関数の書式および使用法について説明します。

説明

F 分布の確率関数の値を返します。 この関数を使用すると、2 組のデータを比較してばらつきに差異があるかどうかを判断できます。 たとえば、高校のテスト点数と高校を入力する女性を調べて、女性の可変性が男性で見つかったものと異なるかどうかを判断できます。

書式

F.DIST(X,自由度 1,自由度 2,関数形式)

F.DIST 関数の書式には、次の引数があります。

  • X     必ず指定します。 関数に代入する値を指定します。

  • 自由度 1     必ず指定します。 自由度の分子を指定します。

  • 自由度 2     必ず指定します。 自由度の分母を指定します。

  •      必ず指定します。 計算に使用する関数の形式を論理値で指定します。 関数形式が TRUE の場合は、累積分布関数の値を返します。FALSE の場合は、確率密度関数の値を返します。

解説

  • 引数に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • x に負の数を指定すると、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 自由度 1 または自由度 2 に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

  • 自由度 1 < 1 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 自由度 2 < 1 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選んで、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

説明

15.2069

関数に代入する値

6

自由度の分子

4

自由度の分母

数式

説明

計算結果

=F.DIST(A2,A3,A4,TRUE)

累積分布関数を使った F の確率 (TRUE 累積引数)

0.99

=F.DIST(A2,A3,A4,FALSE)

確率密度関数を使った F の確率 (FALSE 累積引数)

0.0012238

ページの先頭へ

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×