FIELDVALUE 関数を使用して、株式や地理のデータの種類のようにリンクされたデータの種類からフィールド データを取得することができます。 データの種類を参照する数式を作成するにはより簡単な方法があるので、FIELDVALUE 関数は、主にリンクされたデータの種類に基づいて条件付きの計算を作成する場合に使用することをお勧めします。

注: 2019 年 3 月 28 日: データ型は、すべてのサブスクライバーにWindows Microsoft 365されました。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office があることをご確認ください

技術的な詳細

構文

=FIELDVALUE(値, フィールド名)

FIELDVALUE 関数の書式には、次の引数があります。

引数

説明

関数は、value 引数に指定したリンクされたデータの種類から、一致するすべてのフィールドを返します。

field_name

リンクされたデータの種類から抽出するフィールドの 1 つ以上の名前。

説明

  • FIELDVALUE 関数は、value 引数に指定したリンクされたデータの種類から、一致するすべてのフィールドを返します。

  • FIELDVALUE 関数は、関数の検索/行列ファミリに属します。

次の基本的な例で、数式 =FIELDVALUE(A2,"Price") は JM Smucker Co の株価のデータの種類から Price フィールドを抽出します。

=FIELDVALUE(A2,"Price") を使用して会社の株価を取得します

より一般的な FIELDVALUE 関数の例を次に示します。 ここでは、IFERROR 関数を使用してエラーを確認しています。 セル A2 に会社名がない場合、FIELDVALUE 式はエラーを返します。このような場合は何も表示されない ("") ようにします。 ただし、会社名がある場合は、=IFERROR(FIELDVALUE($A2,B$1),"") を使用して A2 のデータの種類から Price を取得します。

会社の株価を取得し、=IFERROR(FIELDVALUE($A2,B$1),"") を使用してエラーを無視します

FIELDVALUE 関数を使用すると field_name 引数のワークシート セルを参照できるので、前述の数式では、Price については、数式に「Price」と手動で入力する代わりにセル B1 を参照します。 

解説

存在しないデータの種類フィールドからデータを取得しようとすると、FIELDVALUE 関数は #FIELD! エラー. たとえば、実際のデータの種類フィールドの名前が "Price" のときに、「Prices」と入力した場合などです。 数式を再確認して、有効なフィールド名を使用していることを確認してください。 レコードのフィールド名の一覧を表示するには、レコードのセルを選択し、Alt キーと Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

株価と地理のデータの種類

データの種類を参照する数式を作成する方法

#FIELD! エラー

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×