FORECAST.ETS.SEASONALITY 関数

Excel が指定の時系列に対して検出する繰り返しパターンの長さを返します。 FORECAST.ETS に続けて FORECAST.ETS.Seasonality を使用すると、FORECAST.ETS で検出および使用された自動季節性を特定できます。 FORECAST.ETS と切り離して使用することもできますが、FORECAST.ETS.Seasonality 関数で検出される季節性は FORECAST.ETS で使用される季節性と同一であるため、データ コンプリートに影響する同じ入力パラメーターであることを考えるなら、この 2 つの関数を関連付けます。

構文

FORECAST.ETS.SEASONALITY(値, タイムライン, [データ コンプリート], [集計])

FORECAST.ETS.SEASONALITY 関数の構文では、次の引数を指定します。

  •     必ず指定します。 [値] は、次のポイントを予測する履歴の値です。

  • タイムライン   必ず指定します。 数値データの独立した配列または範囲を指定します。 タイムラインの日付には、ゼロ以外の一定の間隔が必要です。 タイムラインの並べ替えは不要です。 FORECAST.ETS.SEASONALITY が計算用にタイムラインを暗黙的に並べ替えます。 提供されたタイムラインで一定の間隔を特定できない場合、FORECAST.ETS.SEASONALITY は #NUM! エラーを返します。 タイムラインに重複する値が含まれる場合、FORECAST.ETS.SEASONALITY は #VALUE! エラーを返します。 タイムラインおよび値の範囲が同じ大きさでない場合、FORECAST.ETS.SEASONALITY は #N/A エラーを返します。

  • データの入力候補    省略可能です。 タイムラインには、データポイントと予測の間の一定のステップが必要です。ETS.季節は、最大30% の欠損データをサポートし、それに合わせて自動的に調整されます。 0は、欠落している点が0であることを示すアルゴリズムを示します。 既定値の1では、ポイントがない場合は、隣接する点の平均になるように設定します。

  • 集計   省略可能です。 タイムラインはデータ要素間で一定の間隔を必要としますが、FORECAST.ETS.SEASONALITY は同じタイム スタンプを持つ複数のポイントを集計します。 集計パラメーターは、同じタイム スタンプを持つ複数の値を集計するためにメソッドが使用されることを示す数値です。 既定値の 0 は AVERAGE を使用します。 その他のオプションは SUM、COUNT、COUNTA、MIN、MAX、MEDIAN です。

サンプル ブックをダウンロードする

Excel の予測を含むブックをダウンロードするには、このリンクをクリックします。関数の例

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

Forecasting 関数 (リファレンス)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×