FVSCHEDULE 関数

ここでは、Microsoft Excel の FVSCHEDULE 関数の書式および使用法について説明します。

説明

投資期間内の一連の金利を複利計算することにより、初期投資の元金の将来価値を返します。 FVSCHEDULE 関数を使用して、変動または調整可能な利率による投資の将来価値を計算します。

書式

FVSCHEDULE(元金, 利率配列)

FVSCHEDULE 関数の書式には、次の引数があります。

  • 元金    必ず指定します。 現在の貸付額、つまり将来行われる一連の支払いを、現時点で一括支払いした場合の合計金額を指定します。

  • スケジュール    必ず指定します。 投資期間内の変動金利を配列として指定します。

解説

スケジュールの値には、数値または空白セルを使用できます。それ以外の値を指定すると、#VALUE が生成されます。 FVSCHEDULE のエラー値。 空白セルは、0 (不要) として計算されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

数式

説明

=FVSCHEDULE(1,{0.09,0.11,0.1})

複利の年利が 9%、11%、10% である 1 の将来価値を計算します。

1.3309

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×