GETPIVOTDATA 関数はピボットテーブルから表示データを返します。

この例では、=GETPIVOTDATA("Sales",A3) はピボットテーブルから合計売上金額を返します。

GETPIVOTDATA 関数を使用してピボットテーブルからデータを返す例。

書式

GETPIVOTDATA(data_field, pivot_table, [field1, item1, field2, item2], ...)

GETPIVOTDATA 関数の書式には、次の引数があります。

引数

説明

データ フィールド

必須

取得するデータを含むピボットテーブル フィールドの名前です。 これは引用符で囲む必要があります。

ピボットテーブル

必須

ピボットテーブル内のセル、セル範囲、または名前付きセル範囲を参照します。 この情報は取り出すデータを含むピボットテーブルを確定するために使用されます。

field1, item1, field2, item2...

任意

取得するデータを示す、1 ~ 126 個のフィールド名とアイテム名のペア。 ペアは任意の順序で指定できます。 フィールド名と、日付と数値を除くアイテム名は引用符で囲む必要があります。

OLAP ピボットテーブルでは、ディメンションのソース名とアイテムのソース名をアイテムに含めることができます。 OLAP ピボットテーブル用のフィールドとアイテムのペアは次のようになります。

"[品目]","[品目].[すべての品目].[食品].[調理済み]"

注: 

  • 値を返すセルに「=」(等号) を入力し、返したいデータを含むピボットテーブル のセルをクリックすると、簡単な GETPIVOTDATA の数式をすばやく入力できます。

  • この機能をオフにするには、既存のピボットテーブル内の任意のセルを選択し、[ピボットテーブルの分析] タブ > [ピボットテーブル] > [オプション] の順に移動して、[GetPivotData の生成] オプションをオフにします。

  • 集計フィールドや集計アイテム、またはユーザー設定の計算は、GETPIVOTDATA の計算に含めることができます。

  • 複数のピボットテーブルを含む pivot_table 引数の範囲の場合、最後に作成されたピボットテーブルからデータが取得されます。

  • フィールドとアイテムの引数が単一セルを表す場合、それが文字列、数値、エラー、空白セルかに関係なく、そのセルに入力されている値が返されます。

  • アイテムに日付が含まれる場合、別のロケールでワークシートを開いた場合でも値が保持されるように、シリアル番号でその値を表現するか、DATE 関数を使用して値を入力する必要があります。 たとえば、1999 年 3 月 5 日を参照するアイテムは「36224」または「DATE(1999,3,5)」と入力できます。 時刻は、10 進数値で入力するか、TIME 関数を使用して入力できます。

  • ピボットテーブルが見つかった範囲に pivot_table 引数が存在しない場合、GETPIVOTDATA は #REF! を返します。

  • 引数に指定したフィールドが表示されていない場合や、引数に指定したレポート フィルターにフィルターされたデータが表示されない場合は、エラー値 #REF! が返されます。

使用例

次の例の数式は、ピボットテーブルからデータを取得するためのさまざまな方法を示しています。

GETPIVOTDATA 関数を使用してデータを取得するためのピボットテーブルの例。

ページの先頭へ

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×