ここでは、Microsoft Excel の HYPERLINK 関数の書式および使用法について説明します。

説明

HYPERLINK 関数では、現在のブックの別の場所にジャンプするか、ネットワーク サーバー、イントラネット、またはインターネットに保存されているドキュメントを開くショートカットを作成します。 HYPERLINK 関数を含むセルをクリックすると、Excel で一覧された場所にジャンプするか、指定したドキュメントが開きます。

書式

HYPERLINK(リンク先, [別名])

HYPERLINK 関数の書式には、次の引数があります。

  • リンク先    必ず指定します。 開くドキュメントのパスとファイル名。 リンク先には、ドキュメント内の特定の位置 (Excel のワークシートまたはブックの特定のセルや名前付き範囲など) や、Microsoft Word 文書のブックマークを指定することができます。 パスは、ハード ディスク ドライブに格納されているファイルに対して指定できます。 パスには、サーバー上の汎用名前付け規則 (UNC) パス (Windows の場合は Microsoft Excel) またはインターネットまたはイントラネット上の統一リソース ロケーター (URL) パスを指定することもできます。

    ハイパーリンク   Web 用 Excel Web アドレス (URL) にのみ有効である点に注意してください。 Link_locationは、引用符で囲まれたテキスト文字列、またはリンクをテキスト文字列として含むセルへの参照を指定できます。

    フィールドに指定されたジャンプlink_location存在しないか、移動できない場合は、セルをクリックするとエラーが表示されます。

  • 別名    省略可能です。 セルに表示する文字列または数値を指定します。 別名が青で表示され、下線が引かれています。 別名を省略すると、セルには "リンク先" で指定した文字列が表示されます。

    Friendly_name、テキスト文字列、名前、またはジャンプ テキストまたは値を含むセルを指定できます。

    エラー friendly_name値 (たとえば、#VALUE!) が返された場合、セルにはジャンプ テキストではなくエラーが表示されます。

解説

Excel デスクトップ アプリケーションで、ハイパーリンクのリンク先にジャンプせずにハイパーリンクを含むセルを選択するには、セルをクリックし、ポインターがクロス Excel の選択カーソルになるまでマウス ボタンを押し続け、マウス ボタンを離します。 [ Web 用 Excel] で、ポインターが矢印のときにセルをクリックしてセルを選択します。ポインターが指し示す手のときにクリックして、ハイパーリンクのリンク先に移動します。

使用例

結果

=HYPERLINK("http://example.microsoft.com/report/budget report.xlsx", "予算報告書を表示するには、ここをクリックしてください。")

次のページに保存されているブックを http://example.microsoft.com/report。 セルには、ジャンプ テキストとして "Click for report" と表示されます。

=HYPERLINK("[http://example.microsoft.com/report/budget report.xlsx]Annual!F10", D1)

http://example.microsoft.com/report に保存されているブックの中の Annual ワークシート上のセル F10 へのハイパーリンクが作成されます。 ハイパーリンクを格納するワークシート上のセルには、セル D1 の内容がリンク文字列として表示されます。

=HYPERLINK("[http://example.microsoft.com/report/budget report.xlsx]'First Quarter'!DeptTotal", "クリックして First Quarter Department Total を見る")

[第 1 四半期] ワークシートのDeptTotalという名前の範囲へのハイパーリンクを作成します。この範囲に保存されたブック http://example.microsoft.com/report。 ハイパーリンクを含むワークシート上のセルには、ジャンプ テキストとして "クリックすると、第 1 四半期の部門合計が表示されます" と表示されます。

=HYPERLINK("http://example.microsoft.com/Annual Report.docx]QrtlyProfits", "四半期収益報告書")

Word ファイルの特定の位置にジャンプするには、あらかじめその位置にブックマークを定義しておく必要があります。 この例では、http://example.microsoft.com に保存された Annual Report.doc というファイル内の QrtlyProfits というブックマークにジャンプするハイパーリンクを作成します。

=HYPERLINK("\\FINANCE\Statements\1stqtr.xlsx", D5)

セル D5 の内容をセルのジャンプ テキストとして表示し、ステートメント共有の FINANCE サーバーに保存されているブック を開 きます。 この例では、UNC パスを使用します。

=HYPERLINK("D:\FINANCE\1stqtr.xlsx", H10)

D ドライブの Finance フォルダーに格納されている 1stqtr.xlsx というブックにジャンプするハイパーリンクをアクティブ セルに設定します。アクティブ セルには、セル H10 の内容が表示されます。

=HYPERLINK("[C:\My Documents\Mybook.xlsx]Totals")

Mybook.xlsx という別の (外部の) ブックの Totals というセル範囲にジャンプするハイパーリンクを作成します。

=HYPERLINK("[Book1.xlsx]Sheet1!A10","Go to Sheet1 > A10")

現在のワークシートの別の場所にジャンプするには、Sheet1 が現在のワークシートの場合、このようにブックの名前とワークシートの名前の両方を含めます。

=HYPERLINK("[Book1.xlsx]January!A10","Go to January > A10")

現在のワークシートの別の場所にジャンプするには、January がブックの別のワークシートの場合、このようにブックの名前とワークシートの名前の両方を含めます。

=HYPERLINK(CELL("address",January!A1),"Go to January > A1")

完全修飾ワークシート参照 ([Book1.xlsx]) を使用することなく、現在のワークシートの別の場所にジャンプするには、CELL("address") が現在のブック名を返す場合、この書式を使用できます。

=HYPERLINK($Z$1)

HYPERLINK 関数を使用するワークシート内のすべての数式を、同じ引数を使用してすばやく更新するには、同じワークシート上または別のワークシート上の別のセルにリンク ターゲットを配置し、HYPERLINK 数式でリンク先として、そのセルへの絶対参照を使用します。 リンク ターゲットに対して行った変更は、HYPERLINK 数式に直ちに反映されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×