INDEX/MATCH 関数の #VALUE! エラーを修正する方法

このトピックでは、数式で INDEX と MATCH 関数を組み合わせて使用したときに #VALUE! エラーが発生する一般的なシナリオについて説明します。 INDEX と MATCH を組み合わせて使用する最も一般的な理由の 1 つは、検索値が 255 文字を超える場合など、VLOOKUP が自動的に機能しないシナリオで値を検索するためです。

問題:数式が配列として入力されていない

配列数式としてインデックスを使用していて、値を取得できるようにするためには、数式を配列数式に変換する必要があります。そうでないと、#VALUE が表示されます。 エラーが表示されます。

ソリューション INDEX と MATCH は配列数式として使用する必要があります。これは、CTRL + SHIFT + ENTER キーを押す必要があることを意味します。 これにより、数式は中かっこ {} で自動的に折り返されます。 自分で入力しようとすると、 Excel は数式をテキストとして表示します。

255 文字よりも大きい参照値がある場合に INDEX/MATCH を使用する場合は、これを配列数式として入力する必要があります。  セル F3 の式は =INDEX(B2:B4,MATCH(TRUE,A2:A4=F2,0),0) で、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押して入力します。

注: Microsoft 365の最新バージョンを使用している場合は、出力セルに式を入力し、 enterキーを押して、数式を動的配列数式として確認します。 それ以外の場合、数式は、従来の配列数式として入力する必要があります。まず、出力セルを選び、出力セルに数式を入力して、CTRL キーと SHIFT キー を押しながら enter キーを押して確認します。 Excel によって、数式の先頭と末尾に中かっこが挿入されます。 配列数式の詳細については、「配列数式のガイドラインと例」を参照してください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

エラー値 #VALUE! を修正する

INDEX 関数

MATCH 関数

VLOOKUP、INDEX、または MATCH を使って値を検索する

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式のエラーを検出する

すべての Excel 関数 (アルファベット順)

全 Excel 関数 (機能別)

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×