ここでは、Microsoft Excel の INFO 関数の書式および使用法について説明します。

注: INFO 関数は Excel Online では利用できません。

説明

現在の操作環境についての情報を返します。

書式

INFO(検査の種類)

INFO 関数の書式には、次の引数があります。

  • 検査の種類    必ず指定します。 情報の種類を文字列で指定します。

検査の種類

戻り値

"directory"

カレント ディレクトリ (フォルダー) のパス名

"numfile"

開いているブック内のワークシートの数。

"origin"

現在ウィンドウに表示されている範囲の左上隅の絶対セル参照が "$A:" で始まる文字列として返されます。 この値は、Lotus 1-2-3 R3.x との互換性を保つためのものです。 実際に返される値は、現在の参照形式の設定により決まります。 たとえば、D9 を使用する場合、戻り値は次のようになります。

  • A1 参照形式     "$A:$D$9".

  • R1C1 参照形式    "$A:R9C4"

"osversion"

現在使用されているオペレーティング システムのバージョン

"recalc"

現在設定されている再計算のモード ("自動" または "手動")

"release"

Excel のバージョン

"system"

オペレーティング環境の名前:
Macintosh = "mac"
Windows = "pcdos"

重要: 以前のバージョンの Microsoft Excel では、検査の種類の値が "memavail"、"memused"、および "totmem" の場合は、メモリ情報が返されました。 これらの検査の種類の値は現在ではサポートされておらず、エラー値 #N/A が返されます。

使用例

次の表の数式の例をコピーし、新しいワークシートに貼りExcelします。 

数式

説明

結果

=INFO("numfile")

開いているブック内のワークシートの数

現在開いているブックのシート数を示す数値

=INFO("recalc")

現在設定されているブックの再計算モードを調べます。

計算オプションの現在の状態に応じて "自動" または "手動"。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×