iOS のファイルアプリにサード パーティのアプリを追加する

OneDrive、Dropbox、Box、Google Drive、Adobe Creative Cloud などのサードパーティ製アプリを含む、iOS デバイスの Files アプリからすべてのファイルを追加してアクセスします。 iOS デバイスの Files アプリに保存したファイルは自動的に表示されますが、他のサード パーティのクラウド ストレージ サービスをセットアップしてファイルにアクセスする必要があります。 

iOS でサードパーティ製アプリを追加する

  1. iOS App Store からアプリをダウンロードし、ログインします。

  2. ファイル アプリ を開 きます。

  3. [参照] (右下隅) をタップします。

  4. 右上隅の [その他] をタップMicrosoft Teams の [その他のオプション] アイコン。 >編集します

  5. 切り替えスイッチを右にスワイプして、サード パーティ製アプリを有効にします。

  6. [完了] をタップします

注:  iOS 13 以降の手順は次のとおりです。 iOS 12 以前で実行されているデバイスの場合は、ファイル アプリを開き、[場所] >編集] をタップしてサード パーティ製アプリを追加します。

iOS デバイスから Teams にファイルをアップロードすると、サード パーティ製のアプリからファイルにアクセスできます。

詳細情報

Teams アプリにクラウド ストレージ サービスを追加

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×