目次
×

データを取得するには、次の 2 Office方法iPhone。

次のボタンをタップして、Word、Excel、PowerPoint を組み合わせた新しい Office アプリ for iOS を 1 つのアプリにインストールします。このアプリでは、複数のアプリを切り替える必要なく、ファイルを表示、編集、共有する新しいモバイル中心の機能が導入されています。 詳細情報

モバイル デバイスからタップして、アプリをダウンロードOffice アプリ

または、以下のボタンをタップして、アプリまたはアプリにOfficeアプリiPhoneインストールiPad。 

モバイル デバイスからタップして Word をダウンロードする
モバイル デバイスからタップして Excel をダウンロードする
モバイル デバイスからタップして PowerPoint をダウンロードする
モバイル デバイスからタップして OneNote をダウンロードする

ヒント: MacBook または Mac をお使いの場合は、 デスクトップ バージョンの Office をインストールします

モバイル アプリを使用Officeどこからでも作業できます。 無料の Microsoft アカウントまたは学校アカウントMicrosoft 365サインインしてください。 サブスクリプションの対象Microsoft 365、Premium機能にもアクセスできます。

アプリまたはアプリでOfficeアプリをiPhone設定iPad


手順 1:

自分のiPhoneまたはiPadで、スタンドアロンモバイル デバイス (Office アプリ など) を開Excel。 

を使用してサインインするか、[ Microsoft アカウント] を Office 365 の職場または学校アカウント 、[次へ] をタップします

注: 21Vianet Office 365を使用している場合は、21Vianet サブスクリプションによって運用されているアカウントに関連付 Microsoft 365 サインインします。

Microsoft アカウントをお持ちでない場合は、無料 で作成できます

手順 2:

Office 2016 または Office 2019 に関連付けられている Microsoft アカウントでサインインした場合は、 Microsoft 365にアップグレードするオプションが表示される場合があります。

サブスクリプションなしでモバイル アプリを使用する場合は、プランを購入するか、[後で使用する] をタップします。

サブスクリプションを使用している場合は、Premium 機能に Microsoft 365 注意してください。


手順 3:

モバイル エクスペリエンスの向上を促すメッセージが表示Office、オプトインするには [はい] をタップし、オプトアウトするには[いいえ] をタップします。

[通知を有効にする] を タップして通知を有効にするか、[今すぐ設定しない] タップして後で設定します。


手順 4:

サインインすると、アカウントは現在のアプリだけでなく、iPhone または iPad にインストールされている他の Office アプリにも自動的に追加されます。 


手順 5:

別のアカウントまたはクラウド サービス (OneDrive やクラウド サービスなど) をDropbox、[開く] > [場所の追加] をタップします

iPhone または iPad で OneNoteを使用している場合は、左上隅にあるプロフィール画像をタップし、[アカウント] をタップStorageします。 


手順 6:

追加するクラウド サービスを選択します。 

メール アドレスとパスワードを入力して、優先サービスにサインインします。 

準備完了です。 

iOS デバイスに Office アプリを設定し、使用する方法についてサポートが必要ですか。

モバイル アプリでモバイル アプリを使用するOffice、モバイル アプリのMicrosoft Office参照してください

  1. ファイルが存在するサービスをタップします。 たとえば、[開く]、[OneDrive - 個人用] の順にタップするか、[開く]、[OneDrive - ビジネス名] の順にタップします。

  2. 保存されたファイルが表示されます。 表示されるファイルは、起動したアプリによって異なります。 たとえば、Word アプリを起動した場合は Word 文書のみが表示されます。

    OneDrive または 職場または学校の OneDrive に保存した OneNote ノートブックを表示するには、[+ 既存を開く] をタップします。

アプリで追加機能を使用するには、条件を満たした Microsoft 365 サブスクリプションに関連付けられた Microsoft アカウントまたは職場や学校のアカウントでサインインする必要があります。 iPad Pro を使用している場合、特定のデバイスで何らかの編集を行うには、条件を満たしたプランも持っている必要があります。 「iOS または Android デバイス上の Office アプリで実行できる操作」を参照 Microsoft 365してください。

関連項目

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×