IsNull 関数

式に無効なデータ (Null 値) が含まれているかどうかを調べ、結果をブール型 (Boolean) で返します。

構文

IsNull ( expression )

必須の expression引数 は、数値式または文字列式を含む Variant です。

解説

Nullの場合、 IsNullTrueを返します。それ以外の場合、 IsNullFalseを返します。 が複数の 変数で構成されている場合、任意の構成要素のNullは、式全体に対してTrueを返します。

Null値は、バリアントに有効なデータが含まれていないことを示します。 Nullは 空と同じではありません。これは、変数がまだ初期化されていないことを示します。 また、長さ0の文字列 ("") とは異なります。これは、null 文字列と呼ばれることもあります。

重要:  式に Null 値が含まれているかどうかを判断するには、IsNull 関数を使用します。 If Var = NullIf Var <> Null など、状況によっては True に評価されることがある式は、常に False になります。 これは、Null を含む式は Null であり、そのため False になるためです。

クエリの例

結果

ProductSales から Expr1 として、ProductID、isNull (割引) を選択します。

"ProductID" フィールドの値を返します。 "割引" フィールドの値が Null の場合は、列 Expr1 で-1 (True) と 0 (False) が返されます。

ProductSales からの NullStatus として、ProductID、isNull (割引) を選択します。

"ProductID" フィールドの値を返します。 "割引" フィールドの値が Null の場合は、列 NullStatus で-1 (True) と 0 (False) が返されます。

VBA の例

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、変数に Null が含まれているかどうかを判断するために、IsNull 関数を使用します。

Dim MyVar, MyCheck
MyCheck = IsNull(MyVar) ' Returns False.
MyVar = ""
MyCheck = IsNull(MyVar) ' Returns False.
MyVar = Null
MyCheck = IsNull(MyVar) ' Returns True.

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×