Lync Online がインストールされていないコンピューターからの参加

Lync Online または Microsoft Lync 2010 Attendee 通信ソフトウェアをインストールしていないコンピューターから Microsoft Lync Online 通信ソフトウェアの会議に参加できます。

Lync がインストールされていないコンピューターで電子メールの会議招待状を開き、[オンライン ミーティングへの参加] リンクをクリックすると、各自の組織または会議を予約したユーザーの組織の構成に基づいて、次のような選択肢が 1 つ以上表示されます。

参加オプション

代替の会議クライアント

[Web ブラウザーを使用して会議に参加]

Microsoft Lync Web App

重要: Lync Web App には、Microsoft Silverlight の最新版が必要です。Silverlight がインストールされていない場合は、インストールするために管理者特権が必要です。

[Lync Attendee のダウンロードとインストール]

Microsoft Lync 2010 Attendee

注: Lync Online または Lync 2010 Attendee がリモート コンピューターに既にインストールされている場合は、組織のネットワークに直接接続されていない場合であっても、会議への参加リンクをクリックするとすぐに、Lync が自動的に開きます。

次の表に、各代替会議クライアントの機能と要件を示します。

機能または要件

Lync Web App

Lync 2010 Attendee (Windows のみ)

Web アプリケーション

使用可能

使用不可

インストール要件

Silverlight が必要。ない場合は、インストールするために管理者特権が必要。

管理者特権なしでインストールでき、Silverlight の別個のインストールを必要としない。

統合された音声とビデオ

使用不可 (以下の注記を参照)

使用可能

各自のネットワーク資格情報を使用して会議に参加

不可

不可

注: 

  • Lync Web App には、統合された音声とビデオ機能はありません。Microsoft PowerPoint プレゼンテーションのグラフィックス プログラムを使用して作成されたファイルのアップロードを除く Lync Online の会議機能をすべてサポートします。さらに、デスクトップまたはアプリケーションの共有には、Microsoft ActiveX コントロールのインストールが必要です。Web App を使用して会議に参加した場合、参加者リストにゲストとして表示されます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×