macOS をアップグレードして、Microsoft 365 および Office for Mac の更新プログラムを引き続き受信する

最適な操作性を実現するために、Office for Mac は Apple のmacOSの 3 つの最新バージョンをサポートしています。 MacOS 10.15 Catalina のリリースでは、現在、Microsoft 365 for Mac と Office 2019 for Mac で MacOS 10.15、10.14、および 10.13* がサポートされています。

注: * MacOS の新しい主要バージョンが一般に入手できるようになると、Microsoft は最も古いバージョンのサポートをやめて、MacOS の最新バージョンとその前の 2 つのバージョンをサポートするようになります。

Office for Mac 製品の最新の MacOS については、次のバージョンを選択してください。

2020 年 11 月時点の Microsoft 365 for Mac または Office 2019 for Mac の (ビルド 16.43) 更新プログラムで、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote の更新プログラムを受信するには、MacOS 10.14 Mojave 以降が必要です。 最も古いバージョンの MacOS を引き続き使用している場合、Office アプリは引き続き動作しますが、セキュリティ更新プログラムなどの更新プログラムを受信できなくなります。

オペレーティングシステムを MacOS 10.14 以降にアップグレードすると、Office の更新プログラムがアプリに配信されます。 また、Microsoft 365 for Mac または Office 2019 for Mac の新しいインストールには、MacOS 10.14 以降も必要です。

重要: 2020 年の秋に予定されている Apple の次世代の MacOS がリリースされるまでは、Microsoft 365 for Mac および Office 2019 for Mac で MacOS 10.13 High Sierra はまだサポートされます。

新しい MacOS がリリースされると、Microsoft 365 for Mac または Office 2019 for mac で、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote の更新プログラムを受信するには、MacOS 10.14 Mojave 以降が必要です。

最新の MacOS のリリースに関する詳細情報について

macOS をサポートされているバージョンに更新しない場合はどうすればよいですか?

サポートされていないバージョンの macOS を使用している場合、Office アプリは引き続き動作しますが、セキュリティ更新プログラムなどの更新プログラムを受信できなくなります。 たとえば、MacOS 10.13 を使用しているが、MacOS 10.13 がサポートされなくなったときに、MacOS をサポートされているバージョンに更新しないと、あらゆる種類の更新プログラムを受け取れなくなります。

MacOS の新しい主要バージョンがリリースされ、以前のバージョンはサポートされなくなるため、(Microsoft 365 for Mac サブスクライバーの場合) セキュリティ更新プログラムや新機能などのメインストリーム サポートを受けるために、引き続き MacOS をサポートしているバージョンに更新することを強くお勧めします。 これは、Microsoft 365 for Mac と Office 2019 for Mac ユーザーの両方に適用されます。

Office for Mac に対するフィードバックを送信する

Office for Mac を改善するためのご協力のお願い。 Office を使用していて問題が発生した場合は、Microsoft が対処できるように、フィードバックを送信してください。 操作手順は次の通りです。

  • Word、Excel、PowerPoint、および OneNote: アプリの右上隅にある [フィードバック] アイコンを選択します。

  • Outlook:[ヘルプ] メニューから [サポートに問い合わせる] を選択します。

  • OneDrive: [ヘルプ & 設定] タブの [フィードバックの送信] を選択します。

Office 2016 for Mac のサポートは、2020 年 10 月 13 日に終了します。 すべての Office 2016 アプリを引き続きご利用いただけますのでご安心ください。Mac から表示されなくなったり、データが失われたりすることはありません。 Office 2016 for Mac のサポートが終了した場合についての詳細情報

OS X 10.10 Yosemite 以降に、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、および OneNote をインストールして実行します。

10.15 Catalina で最適な操作性を実現するには、Office アプリを最新の状態にしてください。 Mac 上にバージョン 16.16 より前の Office をインストールしていて、更新プログラムが適用されていない場合は、最新の Office for Mac スイートのインストーラーをダウンロードできます。 「使用している Office のバージョンを確認する方法」を参照してください。

重要: Office for Mac 2016 のセキュリティ更新プログラムを含むソフトウェア更新プログラムは2020 年 10 月 13 日に終了します。

Office for Mac に対するフィードバックを送信する

Office for Mac を改善するためのご協力のお願い。 10.14 Mojave 上で Office を使用していて問題が発生した場合は、Microsoft が対処できるように、フィードバックを送信してください。 操作手順は次の通りです。

  • Word、Excel、PowerPoint、および OneNote: アプリの右上隅にある [気に入った機能] アイコンを選択します。

  • Outlook: [ヘルプ] メニューから [サポートに問い合わせる] を選択します。

関連項目

Office のシステム要件

お時間を最大限に活用するためのサブスクリプション

ヘルプを表示

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×