LAMBDA を適用して、指定された行と列のサイズの計算された配列を返します。

Office Insider のみが利用できる機能 この機能は現在 Office Insider のみが利用できます。

構文

= MAKEARRAY(行、列、lambda(行、列))

MAKEARRAY 関数の構文には、次の引数とパラメーターがあります:

  • 行      配列内の行数。 ゼロより大きい値にする必要があります。

  • 列      配列内の列数。 ゼロより大きい値にする必要があります。

  • lambda       配列を作成するために呼び出される LAMBDA。 LAMBDA は 2 つのパラメーターを取ります: 

    • 行      配列の行インデックス。

    • 列      配列の列インデックス。

エラー

無効な LAMBDA 関数または誤った数のパラメーターを指定すると、#VALUE! が返されます 「不正なパラメーター」と呼ばれるエラー。

またはの引数を 1 未満の値または数値以外に設定すると、#VALUE! が返されます。 防ぎます。

例 1:単純な九九を表す 2D 配列を作成する

セル C2 に次の数式をコピーします。

=MAKEARRAY(3, 3, LAMBDA(r,c, r*c))

最初の MAKEARRAY 関数の例

例 2:値のランダムなリストを作成する

サンプル データをセル D1:E3 に入力し、数式をセル D4 にコピーします。

=MAKEARRAY(D2,E2,LAMBDA(row,col,CHOOSE(RANDBETWEEN(1,3),"Red","Blue","Green")))

2 番目の MAKEARRAY 関数の例

関連項目

LAMBDA 関数 

MAP 関数

REDUCE 関数

SCAN 関数

BYCOL 関数

BYROW 関数

ISOMITTED 関数

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×