Microsoft エディターのブラウザー拡張機能で文法とスペルをチェックする

エディター ブラウザー拡張機能は、文法とスペルの間違いをチェックし、消極的な表現やくどい言い回しを指摘するなど、文章を洗練させるための候補を提示します。 下線が引かれた単語をクリックすると、修正候補の一覧が表示されます。

エディターは、Edge または Chrome の拡張機能として動作します。 ブラウザーのアプリ ストアから入手できます。

スペルミスのある単語をクリックして、エディターから正しいスペルを取得します。

Office アプリのエディターを入手する

Microsoft 365 のサブスクライバーは Word、Outlook.com、Outlook for the web でプレミアム エディター機能を利用できます。 Microsoft 365 でエディターをさらに活用する方法について説明します

その他の機能が追加されます

エディターの文章校正と表現や表記上の考慮点は、20 を超える言語に対応しています (スペル チェックは 89 言語に対応しています)。 エディターがさまざまな言語でチェックする問題については、「エディターのスペルチェック、文章校正、および表現や表記上の考慮点の各国語対応状況」を参照してください。

このブラウザー拡張機能はほとんどのサイトで機能しますが、機能しないサイトも存在します。 特に Google ドキュメントは、まだサポートされていません。 Gmail を使用している場合は、Gmail の設定 でスペル チェックと文章校正をオフにする必要があります。 エディターブラウザー拡張機能は今後数か月のうちに更新され、多くの機能が追加される予定です。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×