予定、計画、予算の管理 - Microsoft 365 では簡単に行うことができます

Microsoft エディターは、ドキュメント、メール、Web の文法などをチェックします

Microsoft エディター は AI を利用したサービスで、Word 文書の作成、電子メール メッセージの作成、LinkedIn や Facebook といった Web サイトへの投稿などを問わず、20 以上の言語で使える最高のライターです。

エディターは検出した問題に下線を引きます。 下線が引かれた単語またはフレーズを選択して、提案を受け入れるかどうか決めます。

お知らせで大きなインパクトを与える

エディターは、Edge と Chrome のブラウザ拡張機能として利用可能で、Word と Outlook のアプリに追加されています。 この無料のサービスで、文法とスペルの基礎を固めることができます。 さらに、Microsoft 365 サブスクリプションでは、エディターは、明確さ、簡潔さ、形式、ボキャブラリの提案、など多くの高度な文法とスタイルの改善方法を提供しています。

Microsoft エディターのブラウザー拡張

Edge または Chrome のブラウザ拡張機能としてエディターを使用すると、Gmail メッセージ、ソーシャル メディアの投稿、および Web 上の文章を作成、修正できます。 無料の Microsoft アカウントでサインインすると、基本的なスペル チェックと文章校正ができます。 または、Microsoft 365 アカウントでサインインして、さらなる改善を図ることもできます。

ブラウザー拡張機能の詳細については、「Microsoft エディター ブラウザー拡張機能を使ってスペル チェックと文章校正を行う」を参照してください。

Web 用 Word

エディターは Web 用 Word に含まれています。 無料の Microsoft アカウントでサインインすると、基本的なスペル チェックと文章校正ができます。 または、Microsoft 365 アカウントでサインインして、読みやすさの統計を含むさらなる改善を図ります。

Microsoft 365 アカウントでサインインしている方は、エディターはすぐに表示されます。 エディター がすべてのユーザー アカウントにロール アウトするには、数週間かかります。

Web 用 Word エディターの詳細については、「Word for the web で文法、スペル などをチェックする」を参照してください。

Word for Microsoft 365

エディターは、Word 2016 および 2019 よりも多くの問題をチェックするため、Windows バージョンの Microsoft 365 用 Word で更新されました。 新しいユーザー インターフェイスは、Web 用 Word に合わせてより調整されています。 [ホーム] タブから [エディター] を探します。

Word for Microsoft 365 用エディターの詳細については、「Word で文法、スペル などをチェックする」を参照してください。

Outlook.com および Outlook on the web 

Microsoft 365 アカウントでサインインすると、エディターは、Outlook on the web および Outlook.com に含まれています。 すぐにエディターが表示されない場合は、後でもう一度ご確認ください。エディターがすべてのユーザー アカウントで使用できるようになるまで、数週間かかります。

Outlook on the web と Outlook のエディターの詳細については、「Outlook on the web と Outlook でスペル、文法、および明確さを確認する」を参照してください。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×