Microsoft 365 のリストとは

Microsoft 365 リストのリストは、ユーザーと同僚が柔軟に情報を整理できるデータのコレクションです。 Microsoft SharePoint、Microsoft 365 のリスト アプリ、または Teams でリストを作成できます。 詳細については、「リスト アイテムを追加する」を参照してください。 Microsoft Teams のリストの使用を開始する方法について説明します

テキスト、 通貨 、複数選択など、さまざまな種類のデータに列を追加できます。 データを効果的に表示するビューを作成します。 リストを並べ替え、グループ化、書式設定、フィルター処理して、最も重要な情報を強調表示します。 リストには、ユーザー、リンク、画像、日付などの情報を含めることができます。 バージョンを使用してリスト アイテムの履歴を時間の中で追跡し、Power Automate を使用してプロセスを自動化します。

ドキュメント SharePoint とは異なり、サイトを作成する場合、既定ではリストは作成されません。 必要な場所に追加します。

リストを自動化する

このSharePoint、コマンド バーから Power App を作成するオプションがあります。 Microsoft Power Apps は、カスタム ソフトウェア開発の時間と費用を使わずに、データに接続し、Web やモバイルで動作するカスタム ビジネス アプリを構築するためのサービスです。 詳細については 、「Microsoft Power Apps の紹介」を参照してください

また、Power Automate を使用して、アプリとサービス間のワークフローを自動化して、通知の取得、ファイルの同期、データの収集、その他のタスクの収集を行うことができます。 詳細については、「Microsoft Power Automate の使用 を開始する」を参照してください

チームと作業している場合は、リストとデータについて 通知を作成 して、何かが変更されたときに通知を受け取ることができます。

[通知] メニュー、[通知] が選択されている

情報ウィンドウで、プロパティ、最近のアクティビティ、共有方法など、アイテムに関する情報を表示し、編集することができます。 情報ウィンドウの表示と非表示を切り替える場合は、ファイルまたはフォルダーを選択し、メイン メニューの右側にある [詳細 ドキュメント ライブラリの [詳細] ウィンドウ ウィンドウを開く] を選択します。 ファイルまたはフォルダーを右クリックし、[詳細] を選択する方法でも情報ウィンドウを表示できます。 詳細ウィンドウを閉じるには、[詳細ウィンドウを開く] を 選択 ドキュメント ライブラリの [詳細] ウィンドウ します。

強調表示された [詳細ウィンドウを開きます] ボタン

リストの左上のメニューは、リストのコンテキストによって変更されます。 何も選択されていない場合、Excel へのエクスポート、新しいリスト アイテムの作成など、リストで処理できるアクションが表示されます。 リスト アイテムを選択すると、そのアイテムについて実行できるアクションにメニューが変更されます。 複数のアイテムを選択すると、もう一度メニューが変更されます。 いずれかのメニューに省略記号 (...) が表示されている場合、これをクリックするとその他の操作が表示されます。

1 つのリストの [リスト] メニュー

別のバージョンのリスト メニューを表示するには、ファイル名を右クリックするか、[詳細]ビューまたは[すべてのアイテム] ビューの場合は、ファイル名の横にある省略記号(...)を選択します。 このメニューには、通知の設定や新しい Power App の作成などの SharePointオプションが含まれている。

作業を始める準備をする

以下は、使用を開始するために役立つ記事へのリンクです。

リストを作成する

リスト設定の編集

リストを削除する

リストまたはライブラリで列を作成する

リストまたはリスト アイテムが変更された場合に通知を受け取る

リストまたは個々のリスト アイテムにアクセスできるユーザーを制御する

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×