Microsoft Edge ブラウザーで Microsoft Translator を使用する

Microsoft Edge ブラウザーで Microsoft Translator を使用する

新しい Microsoft Edge では、60言語以上の翻訳がサポートされています。 開こうとしているページが [設定] の [優先する言語] の下に表示されていない言語の場合、ブラウザーは web ページを翻訳するかどうかを自動的に確認します。

  1. Microsoft Edge で web ページを開きます。 ブラウザーはページの言語を自動的に検出し、ページの翻訳を確認するように求めるメニューを表示します。

    翻訳の確定パネル

  2. 次のいずれかの操作を実行します。

    • [翻訳先] の一覧で、ページの翻訳先の言語を選択します。 既定では、Microsoft Edge で設定した言語が使用されます。

    • ページを翻訳するには、[翻訳] をクリックします。

    • 常にソース言語から翻訳するには、[常に [言語] から翻訳する]チェックボックスをオンにします。

    • 翻訳をスキップするには、右下の一覧で [翻訳をスキップする] または[言語]オフにして、その言語を使用しているページに移動したときにパネルが表示されないようにします。

      [翻訳しない] を選択
       

      注: [翻訳しない] オプションを選択した場合でも、後で手動でパネルを開くことができます。

  3. アドレスバーの横には、ページが翻訳されたことを示すステータスが表示されます。

    検索バーの翻訳された状態

    アドレスバーにある [翻訳] アイコン Translator 選択すると、表示されるメニューにも状態が表示されます。

    翻訳の状態が表示された Microsoft Translator パネル。

Web ページを手動で翻訳する

Microsoft Edge で特定の言語を翻訳しないように設定した場合でも、いつでも翻訳することができます。 アドレスバーにある [翻訳] アイコン Translator を選ぶだけで、メニューが表示されます。

ページを翻訳した後、もう一度ページを別の言語に翻訳するか、ページを元の言語に戻すことができます。

ページを別の言語に再翻訳するには、次の操作を行います。

  1. アドレスバーで、[翻訳] アイコン Translator を選択します。

  2. [翻訳先] メニューで、目的の言語を選択します。

    翻訳する言語を選択してください

  3. [翻訳] を選択します。

Web ページを元の言語に復元する

  1. アドレスバーで、[翻訳] アイコン Translator を選択します。

  2. [元の表示] を選択します。

    [元に表示] をクリックする

Microsoft Edge で翻訳を有効にする

Microsoft Edge は既定で翻訳を提供するように設定されていますが、何らかの理由でこの設定がオフになっている場合は、もう一度設定する必要があります。 Microsoft Edge に翻訳を提供するかどうかを設定します。

  1. ブラウザーの上隅で、[設定]、[その他<null> >設定] の順に選択します。

  2. [言語] を選択します。

  3. 表示されていないページを翻訳するためのプランを有効にします。

既定では、Microsoft Edge はシステムと同じ言語を使用します。 Microsoft Edge の言語の設定方法については、「別の言語で Microsoft edge を使用する」を参照してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×