Microsoft Office 製品のコマンド ライン スイッチ

Microsoft Office 製品を起動すると、標準の方法で起動プロセスが実行されます。 たとえば、Microsoft Word では、Word のスプラッシュ画面が表示され、標準テンプレートが読み込まれます。 ただし、スプラッシュ画面を表示せずに Word を起動し、標準テンプレート以外のテンプレートを読み込むとします。 または、アドインを読み込むか、起動時にマクロを実行して、プロセスをさらにカスタマイズする必要があります。 次のようなオプションを追加するには、コマンドラインスイッチと呼ばれるサブコマンドを使用して、Office アプリの起動コマンドに移動します。

カスタマイズを一度限りで使用したい場合は、Microsoft Windows の ([スタート] メニューの) [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスにコマンドとスイッチを入力できます。 特定のスイッチを何度もまたはアプリを起動するたびに使用したい場合は、同じスイッチとパラメーターを使用してプログラムを起動するデスクトップ ショートカットを作成できます。 この記事では、両方の方法について説明します。 また、デスクトップ Office アプリで使うことができるすべてのスイッチとパラメーターのリストも示します。

コマンドラインスイッチを使用しても、コマンドプロンプトでスタートアップコマンド全体を入力する必要はありません。 デスクトップのプログラムアイコンをクリックするか、[スタート] メニューのプログラム名をクリックして、通常どおりに Office アプリを起動できます。 すべてのスタートアップメソッドは基本的に、コマンドを入力していない場合でも、アプリの .exe ファイルを実行します。

コマンド ライン スイッチは、.exe ファイルに追加される修飾子です。 スイッチが付いたスタートアップ ファイルは次のようになります。

 outlook.exe /nopreview

この例では、コマンド ライン スイッチが Microsoft Outlook の .exe ファイルに追加されています。 スイッチは、スラッシュとスイッチのアクションを示す単語または省略形で構成されます。 このスイッチは、閲覧ウィンドウを表示せずに起動するように Outlook に指示しています。

スイッチには、.exe コマンドの実行方法について、プログラムにより詳細な情報を与える、パラメーターと呼ばれる特定の指示が 1 つ以上続く場合があります。 たとえば、次のコマンドでは、起動時に特定のプロファイル名を読み込むように Outlook に指示しています。

outlook exe /profile profilename

スイッチ名は省略することはできず、大文字小文字は区別されません。 ただし、パラメーターには大文字小文字を区別するものもあります。

Office 製品 (Word、Excel、PowerPoint、PowerPoint Viewer、Outlook、Access) のスタートアップ コマンドの名前を以下に示します。

Word

winword.exe

Excel

excel.exe

PowerPoint

powerpnt.exe

PowerPoint Viewer

pptview.exe

Outlook

outlook.exe

Access

msaccess.exe

Office のスタートアップ コマンドのいずれかを使用する場合は、製品の .exe ファイルへのフル パスを指定する必要があります。 お使いのコンピューターでこのファイルの場所を確認してください。 インストール時に既定のフォルダーの場所を受け入れた場合の .exe ファイルの場所を次の表に示します。

Office 2007 の場合

Windows (32 ビット): C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office12\

Windows (64 ビット): C:\Program Files\Microsoft Office\Office12\

Office 2010 の場合

Windows (32 ビット): C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14\

Windows (64 ビット): C:\Program Files\Microsoft Office\Office14\

Office 2013 の場合

Windows (32 ビット): C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15\

Windows (64 ビット): C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\

Office 2016
の場合 & Office 2019

Windows (32 ビット): C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\

Windows (64 ビット): C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\

Office 365 の場合

Windows 32 ビット:C:\Program Files (x86) \Microsoft Office\root\Office16\

Windows (64 ビット): C:\Program の Office\root\Office16\

  1. Windows 10 では、タスク バーの [検索] または [Cortana] のアイコンをクリックして、「Run」と入力し、結果で [コマンド プロンプト] をクリックします。

    Windows 8 では、Windows キーを押し、「Run」と入力してから Enter キーを押します。

    Windows 7 では、[スタート] をクリックし、[すべてのプログラム] をポイントして [アクセサリ] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスで、二重引用符、アプリの .exe ファイルのフルパス、二重引用符を順番に入力します。 または、[参照] をクリックしてファイルを参照し、選択します。 その場合、二重引用符は自動的に付与されます。

  3. 右側の二重引用符の後ろにスペースを 1 つ入力してから、スイッチを入力します。 たとえば、次のように入力します。

    "c:\program files\microsoft office\office15\outlook.exe" /nopreview
    

次回このアプリを起動するとき、アプリは通常どおりに起動します。 ユーザー設定の起動を繰り返し使用できるようにするには、次のセクションを参照してください。

コマンド ライン スイッチの使用については、次の点に注意してください。

  • 一度に利用できるスイッチは 1 つだけです。 複数のスイッチを使用して Office アプリを起動することはサポートされていません。

  • パラメーターがお使いのコンピューター上の場所を示すパスの場合、または空白を含むファイル名の場合、二重引用符でそれを囲みます (例: /t "Monthly Report.dotx")。

  • スイッチとパラメーターでは、大文字と小文字は区別されません。 たとえば、/RO は /ro と同じように機能します。

  • 各スイッチの前と、各パラメーターの前には、それぞれ 1 つの空白スペースを含めます。

  1. Windows デスクトップを右クリックし、[新規作成] をクリックし、ショートカット メニューの [ショートカット] をクリックします。

  2. [ショートカットの作成] ウィザードの [アイテムの場所を入力してください] ボックスに二重引用符 (") を入力し、アプリの .exe ファイル (ファイル名を含む) の完全なパスを入力して、別の二重引用符を入力します。 (または、[参照] をクリックしてファイルを見つけて選択します。 この場合、二重引用符が自動的に追加されます。)

  3. 右側の二重引用符の後ろにスペースを 1 つ入力してから、スイッチとパラメーターを入力します。 パラメーターがコンピューター上の場所へのパスで、なおかつスペース文字を含んでいる場合は、それも二重引用符で囲む必要があります。 次に例を示します。

    "c:\program files\microsoft office\office15\excel.exe" /r "c:\My Folder\book1.xlsx"
    
  4. [次へ] をクリックします。

  5. [このショートカットの名前を入力してください] ボックスにショートカットの名前を入力し、[完了] をクリックします。

    これでショートカットが作成され、デスクトップ上に配置されます。

ショートカットを使用してアプリを起動する場合は、常にショートカットをダブルクリックします。

デスクトップ ショートカットを Windows の [スタート] メニューに追加するには、ショートカットを右クリックし、[[スタート] メニューにアイコンを追加] をクリックします。

Office 製品のコマンド ライン スイッチのリスト

各 Office 製品には、コマンド ライン スイッチのさまざまなセットがあります。

注意: これらの一覧には、Office 2007 以降に追加されたすべてのスイッチは含まれません。 コマンドラインスイッチを使用していて、使用可能な新しいスイッチに関する情報が必要な場合は、このトピックの最後にある「この情報は役に立ちました」の質問に回答してください。 次に、表示されるボックスに、目的の Office 製品とバージョンをご確認ください。

スイッチとパラメーター

説明

/safe

セーフ モードで Word を起動します。

/q

Word のスプラッシュ スクリーンを表示せずに Word を起動します。

/ttemplatename

標準テンプレート以外のテンプレートに基づく新しい文書で Word を起動します。

    C ドライブに保存されている Myfax.dotx というテンプレートを基にした文書で Word を起動するには、コマンド プロンプトで次を入力します。

/tc:\Myfax.dotx

注: スイッチとテンプレート ファイル名の間にスペースを含めないでください。

セキュリティ メモ: テンプレートにはマクロにはウイルスが含まれていることがあるので、テンプレートを開いたり、新しいテンプレートを基にしてファイルを作成する場合は十分に注意してください。 実行する場合は、コンピューターで最新のウイルス対策ソフトウェアを実行する、マクロのセキュリティ レベルを高に設定する、[組み込み済みのアドインとテンプレートをすべて信頼する] チェック ボックスをオフにする、デジタル署名を使用する、信頼できるソースのリストを保持するという予防策を講じてください。

/t filename

Word を起動し、既存のファイルを開きます。

    Word を起動し、C ドライブに保存されているテンプレート ファイル Myfax.dotx を開くには、コマンド プロンプトで次を入力します。

/t c:\Myfax.dotx

    Word を起動し、C ドライブに保存されている複数のファイル (たとえば MyFile.docx と MyFile2.docx) を開くには、コマンド プロンプトで次を入力します。

/t c:\MyFile.docx c:\MyFile2.docx

/f filename

既存のファイルに基づく新しい文書で Word を起動します。

    Word を起動し、デスクトップに保存されているファイル MyFile.docx に基づいて新しい文書を作成するには、コマンド プロンプトで次を入力します。

/f "c:\Documents and Settings\All Users\Desktop\MyFile.docx"

/h http://filename

Word を起動し、Microsoft Windows SharePoint Services サイトに保存されている文書の読み取り専用のコピーを開きます。 このサイトは、Word 2007 以降、または Windows SharePoint Services 2.0 以降を実行しているコンピューター上にある必要があります。

    Word を起動し、URL http://MySite/Documents にあるドキュメント ライブラリに保存されているファイル MyFile.docx のコピーを開くには、コマンド プロンプトで次を入力します。

/h http://MySite/Documents/MyFile.docx

注: ドキュメントが自分にチェックアウトされている場合、/h スイッチには何の影響もありません。 編集できるように、ファイルは Word で開かれます。

/pxslt

Word を起動し、指定した XSLT (拡張スタイルシート言語変換) に基づいて既存の XML ドキュメントを開きます。

    Word を起動して、C ドライブに保存されている XSLT MyTransform を、同じく C ドライブに保存されている XML ファイル Data.xml に適用するには、コマンド プロンプトで次を入力します。

/pc:\MyTransform.xsl c:\Data.xml

/a

Word を起動し、アドインとテンプレート (標準テンプレートを含む) が自動的に読み込まれるのを防止します。 /a スイッチも設定ファイルをロックします。

/ladd-in

Word を起動し、特定の Word のアドインを読み込みます。

    Word を起動し、C ドライブに保存されているアドイン Sales.dll を読み込むには、コマンド プロンプトで次を入力します。

/lc:\Sales.dll

注: スイッチとアドイン名の間にスペースを含めないでください。

セキュリティ メモ: 実行可能なファイルやコードをマクロやアプリケーションで実行する場合は注意が必要です。 実行可能なファイルやコードは、使用しているコンピューターとデータのセキュリティを侵す危険性のあるアクションを実行するために使用されることがあります。

/m

どの AutoExec マクロも実行せずに Word を起動します。

/mmacroname

Word を起動し、特定のマクロを実行します。 /m スイッチも、Word が AutoExec マクロを実行するのを防止します。

    Word を起動し、マクロ Salelead を実行するには、コマンド プロンプトで次を入力します。

/mSalelead

注: スイッチとマクロ名の間にスペースを含めないでください。

マクロにはウイルスが含まれていることがあるので、実行する場合は十分に注意してください。 実行する場合は、コンピューターで最新のウイルス対策ソフトウェアを実行する、マクロのセキュリティ レベルを高に設定する、[組み込み済みのアドインとテンプレートをすべて信頼する] チェック ボックスをオフにする、デジタル署名を使用する、信頼できる発行元のリストを保持するという予防策を講じてください。

/n

文書を開かずに、Word の新しいインスタンスを開始します。 Word の各インスタンスで開かれた文書は、他のインスタンスの [ウィンドウの切り替え] リストに選択肢として表示されません。

/w

白紙の文書で Word の新しいインスタンスを開始します。 Word の各インスタンスで開かれた文書は、他のインスタンスの [ウィンドウの切り替え] リストに選択肢として表示されません。

/r

もう一度 Windows レジストリに Word を登録します。 このスイッチは、Word を起動し、Office のセットアップを実行し、Windows レジストリを更新してから閉じます。

/x

Word が 1 つの動的データ交換 (DDE) 要求 (たとえば、プログラムを使用して文書を印刷するなど) だけに応答するように、オペレーティング システムのシェルから Word を起動します。

/ztemplatename

視覚的に /t スイッチと同じような動作をします。 ただし、Word で /z スイッチを使用すると、スタートアップ イベントと新しいイベントの両方が生成できるのに対し、/t スイッチはスタートアップ イベントのみを生成します。

スイッチとパラメーター

説明

ブックのパス | ファイル名

このパラメーターにはスイッチは必要ありません。

Excel を起動し、指定されたファイルを開きます。

excel.exe "c:\My Folder\book1.xlsx"

または

excel.exe http://MySite/Book1.xlsx

/r ブックのパス | ファイル名

指定されたブックを読み取り専用で開きます。

excel.exe /r "c:\My Folder\book1.xlsx"

または

excel.exe /r http://MySite/Book1.xlsx

/t ブックのパス | ファイル名

Excel を起動し、指定されたファイルをテンプレートとして開きます。

excel.exe /t "c:\My Folder\book_name.xlsx".

または

excel.exe /t http://MySite/book_name.xlsx

/n ブックのパス | ファイル名

/t と同様に Excel を起動し、指定されたファイルをテンプレートとして開きます。

excel.exe /n "c:\My Folder\book_name.xlsx".

または

excel.exe /n http://MySite/book_name.xlsx

/e または /embed

Excel が起動画面を表示せず、新しい空のブックも開かないようにします。

excel.exe /e

/p ブックのパス

フォルダーをアクティブな作業フォルダー (たとえば、[名前を指定して保存] ダイアログ ボックスで表示されるフォルダー) として指定します。

excel.exe /p "c:\My Folder"

/s または /safemode

Excel または Microsoft Office がインストールされているディレクトリ内にある既定の XLStart フォルダーなどのスタートアップ ディレクトリ内に保存されているすべてのファイルが、強制的にスキップされるようにします。

excel.exe /s

/m

単一の XLM マクロ シートを含む新しいブックを作成します。

excel.exe /m

/a progID

Excel を起動し、アドインの progID で指定されるオートメーション アドインを読み込みます。

excel.exe /a MyProgId.MyProgID2.1

/x

Excel の新しいインスタンスを (別プロセスで) 起動します。

excel.exe /x "c:\My Folder\book1.xlsx"

または

excel.exe /x http://MySite/Book1.xlsx

PowerPoint で利用可能なコマンド ライン スイッチを以下に示します。

スイッチまたはパラメーター

操作

/B

空の新しいプレゼンテーションで PowerPoint を起動します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\POWERPNT.exe" /B

/C

指定されたファイルを開いた状態で PowerPoint を起動し、Windows NetMeeting 会議も開始します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\POWERPNT.exe" /C NetMeetingPresentation.pptx

注: ファイルを指定せずにこのスイッチを使用すると、PowerPoint はプレゼンテーションを開かずに起動し、NetMeeting 会議は開始されません。

/EMBEDDING

Office PowerPoint 2007 プログラム ウィンドウを表示せずに PowerPoint を起動します。 開発者はアドインをテストするとき、このスイッチを使用します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\POWERPNT.exe" /EMBEDDING

/M MACRO

指定のプレゼンテーションでマクロを実行します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\POWERPNT.exe" /M myfile.pptm "MyMacro"

"MyMacro" はファイル myfile.pptm のマクロです。

/N

PowerPoint を起動し、新しいプレゼンテーションを作成します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\POWERPNT.exe" /N "Path\templatename.potx"

この例では、新しいテンプレートの基礎になるテンプレートの名前、templatename.potx が指定されます。

テンプレート名が指定されない場合、PowerPoint は空のテンプレートに基づいて新しいプレゼンテーションを開始します (テンプレート名なしで /N スイッチを使用することと同じになります)。

/O

PowerPoint を起動し、開くファイルのリストを指定します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\POWERPNT.exe" /O File name1.pptx, File name2.pptx

/P

既定の設定を使用して、既定のプリンターにプレゼンテーションを印刷します。

/P スイッチを使用するとき、PowerPoint では、印刷前に [印刷] ダイアログ ボックスが表示されます。 オプションを選択し、[OK] をクリックすると、ダイアログ ボックスが閉じられ、PowerPoint がファイルを印刷し、閉じられます。 PowerPoint を表示しない場合、代わりに /PT (Print To) スイッチを使用します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\POWERPNT.exe" /P "MyFile.pptx"

/PT

既定の設定を使用して、指定されたプリンターにプレゼンテーションを印刷します。

PowerPoint を表示しない場合は、/PT (Print To) スイッチを使用します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\POWERPNT.exe" /PT "PrinterName" "" "" "MyFile.pptx"

PrinterName は、[印刷] ダイアログボックスの [プリンター ] の下の [名前] ボックスに表示されるプリンターの名前です。 空の引用符が必要です。PrinterName を囲む引用符と .PPTX ファイルへのパスは、いずれかの名前にスペースがある場合にのみ必要ですが、常に使用することをお勧めします。

/PWO

指定のファイルを印刷しますが、[印刷] ダイアログ ボックスが表示されます。

/P スイッチを使用するとき、PowerPoint では、印刷前に [印刷] ダイアログ ボックスが表示されます。 オプションを選択し、[OK] をクリックすると、ダイアログ ボックスが閉じられ、PowerPoint がファイルを印刷し、閉じられます。 PowerPoint を表示しない場合、代わりに /PT (Print To) スイッチを使用します。

例: "c:\program fiL/microsoft office\office12\POWERPNT.exe"/PWO "myfile.txt"

/RESTORE

プログラムが異常終了する前の状態に PowerPoint を戻します。 PowerPoint が再起動すると、いくつかの点で、終了する前のプログラムまたはプレゼンテーションの状態が復元されます。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\POWERPNT.exe" /RESTORE

/S

指定のプレゼンテーションをスライド ショーとして開きます。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\POWERPNT.exe" /S "Presentation1.pptx"

PowerPoint Viewer で利用可能なコマンド ライン スイッチを以下に示します。

スイッチまたはパラメーター

操作

/D

プレゼンテーションが終了したとき、[開く] ダイアログ ボックスを表示します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\PPTVIEW.exe" /D

/L

テキスト ファイル内に含まれる PowerPoint プレゼンテーションのプレイリストを読み込みます。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\PPTVIEW.exe" /L "Your_Play_List.txt "

注: プレイリスト ファイルは、プレゼンテーション ファイル名の一覧です (必要に応じて、パスが先に付きます)。 プレイリスト内で、ここのプレゼンテーションにコマンドライン スイッチを追加することはできません。

/N#

スライド 1 ではなく、指定したスライド番号からプレゼンテーションを開始します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\PPTVIEW.exe" /N5 "Presentation.pptx"

この例では、スライド 5 から Presentation.pptx が開始します。

/S

スプラッシュ スクリーンを表示せずに Viewer を起動します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\PPTVIEW.exe" /S

/P

プレゼンテーションをプリンターに送信し、ファイルを印刷します。

例: "c:\program files\microsoft office\office12\PPTVIEW.exe" /P "Presentation.pptx"

この例では、Presentation.pptx ファイルが印刷されます。

スイッチ

説明

/a

指定のファイルを添付したアイテムを作成します。

例:

  • "c:\program files\microsoft office\office15\outlook.exe" /a "c:\my documents\labels.doc"

アイテムの種類を指定しないと、IPM.Note と見なされます。 Outlook に基づくメッセージ クラスのみを使用できます。

/altvba otmfilename

%appdata%\microsoft\outlook\vbaproject.otm の代わりに otmfilename に指定された VBA プログラムを開きます。

/c messageclass

指定したメッセージ クラスの新しいアイテムが作成されます (Outlook フォームまたはその他の有効な任意の MAPI フォーム)。

例:

  • /c ipm.activity は履歴エントリを作成します。

  • /c ipm.appointment は予定を作成します。

  • /c ipm.contact は連絡先を作成します。

  • /c ipm.note は電子メール メッセージを作成します。

  • /c ipm.stickynote はメモを作成します。

  • /c ipm.task はタスクを作成します。

/checkclient

電子メール、ニュース、および連絡先の既定のマネージャーを指定します。

/cleanautocompletecache

オートコンプリートリストからすべての名前と電子メールアドレスを削除します。 (Outlook 2013、2016 のみ)

/cleancategories

ユーザー設定のカテゴリ名を作成してある場合は、それをすべて削除します。 カテゴリを既定の名前に戻します。

/cleanclientrules

Outlook を起動してクライアント ベース ルールを削除します。

/cleanconvongoingactions

スレッド操作テーブル (CAT) を削除します。 会話スレッドの CAT エントリは、アクティビティがなくなってから30日後に期限切れになります。 コマンドラインスイッチを有効にすると、すべての会話のタグ付け、無視、移動のルールがすべて削除され、追加の操作はすべて停止されます。 (Outlook 2013、2016 のみ)

/cleandmrecords

管理者または代理人が会議を辞退したときに保存されたログ記録を削除します。

/cleanfinders

最初に開かれるプロファイルについてのみ、Microsoft Exchange メールボックスのすべての検索フォルダーをリセットします。

/cleanfromaddresses

手動で追加した [差出人] のエントリをプロファイルからすべて削除します。

/cleanmailtipcache

キャッシュからすべての MailTips を削除します。 (Outlook 2013、2016 のみ)

/cleanreminders

アラームを削除して再生成します。

/cleanroamedprefs

今までにローミングされたすべての基本設定が削除され、このスイッチが使用されたコンピューター上のローカル設定から再コピーされます。 これには、アラーム、空き時間情報グリッド、稼働時間、予定表公開、および RSS ルールに関するローミング設定が含まれます。

/cleanrules

Outlook を起動してクライアント ベース ルールとサーバー ベース ルールを削除します。

大事な Outlook プロファイルに複数の、または追加のメールボックスがある場合は、/cleanrules コマンド ライン スイッチを実行することで接続しているすべてのメールボックスからルールが削除されます。 そのため、このコマンドは Outlook プロファイルにターゲット メールボックスが 1 つだけ含まれている場合にのみ実行することをお勧めします。

/cleanserverrules

Outlook を起動してサーバー ベース ルールを削除します。

/cleansharing

アカウント設定からすべての RSS、インターネット予定表、および SharePoint の購読を削除しますが、今までコンピューターにダウンロードしたコンテンツはすべて残されます。 これは、これらの購読のいずれかを Outlook 2013 で削除できないときに有効です。

/cleansniff

会議アイテムを処理するコンピューターを決定するプログラム ロックアウトを上書きします (Outlook を同時に実行している場合)。 ロックアウト処理は、アラーム メッセージの重複を防ぐためのものです。 このスイッチは、スイッチを使用したコンピューター上のロックアウトを削除します。 これで、Outlook は会議アイテムを処理できるようになります。

/cleansubscriptions

購読メッセージおよび購読機能のプロパティを削除します。

/cleanweather

天気予報バーに追加された市区町村の場所を削除します。

/cleanviews

既定のビューを復元します。 作成したユーザー設定のビューはすべて失われます。

/embedding

標準的な OLE の共同作成には、コマンド ライン パラメーターなしで使用します。

/f msgfilename

指定のメッセージ ファイル (.msg)、または保存された Microsoft Office 検索ファイル (.oss) を開きます。

/finder

[高度な検索] ダイアログ ボックスを開きます。

/hol holfilename

指定の .hol ファイルを開きます。

/ical icsfilename

指定の .ics ファイルを開きます。

/importNK2

自動名前チェックとオートコンプリート機能の両方で使用されるニックネーム リストを含む、.nk2 ファイルの内容をインポートします。

/importprf prffilename

Outlook を起動し、定義済みの MAPI プロファイル (*.prf) を開いてインポートします。 Outlook が既に起動している場合は、次回の通常起動の際にインポートするようにプロファイルをキューに入れます。

/launchtraininghelp assetid

ヘルプ ウィンドウを開き、assetid に指定したヘルプ トピックを表示します。

/m emailname

アイテムに電子メールの名前を付けることができます。 /c コマンド ライン パラメーターと共に使用する必要があります。

例:

  • Outlook.exe /c ipm.note /m emailname

  • Outlook.exe/c ipm. 注:/m user@contoso subject = Test&body = Hello

/noextensions

コンポーネント オブジェクト モデル (COM) アドイン (ネイティブとマネージの両方) が無効になります。

/nopreview

閲覧ウィンドウを無効にした状態で Outlook が起動されます。

/p msgfilename

指定のメッセージ (.msg) を印刷します。

/profile profilename

指定のプロファイルを読み込みます。 スペースが含まれているプロファイル名は、二重引用符 (" ") で囲みます。

/profiles

[ツール] メニューの [オプション] の設定にかかわらず、[プロファイルの選択] ダイアログ ボックスを開きます。

/promptimportprf

/importprf と同じですが、プロンプトが表示されるのでユーザーはインポートをキャンセルできる点が異なります。

/recycle

既に Outlook のウィンドウが存在する場合は、それを使用して Outlook を起動します。 /explorer または /folder と組み合わせて使用します。

/remigratecategories

Outlook を起動して、既定のメールボックスに対して次のコマンドを実行します。

  • 色付きのフラグを Outlook 2013 の色分類項目に変更します。

  • 予定表ラベルを Outlook 2013 の色分類項目に変更します。

  • メール以外のアイテムに使用されているすべての分類項目を分類項目マスターに追加します。

注: これは、Outlook の各メールボックスのプロパティ ダイアログ ボックスの [色分類項目に変更] と同じコマンドです。

/resetfolders

失われたフォルダーを、既定の配信場所で復元します。

/resetfoldernames

既定のフォルダー名 ([受信トレイ]、[送信済みアイテム] など) を、現在の Office ユーザー インターフェイス言語での既定の名前に初期化します。

たとえば、初めて Outlook のメールボックスに接続するときにロシア語のユーザー インターフェイスを使用すると、既定のフォルダー名はロシア語になり、この名前を変更することはできません。 日本語から英語へなど、既定のフォルダー名を別の言語に変更するには、ユーザー インターフェイスの言語を変更するか別の言語バージョンの Outlook をインストールしてから、このスイッチを使用して既定のフォルダー名をリセットします。

/resetformregions

フォーム領域のキャッシュを空にして、Windows レジストリからフォーム領域の定義を再ロードします。

/resetnavpane

現在のプロファイルの フォルダー ウィンドウ を削除して再生成します。

/resetquicksteps

既定のクイック操作を復元します。 ユーザーが作成したすべてのクイック操作は削除されます。

/resetsearchcriteria

クイック検索の条件がすべてリセットされ、各モジュールで既定の条件のセットが表示されるようになります。

/resetsharedfolders

すべての共有フォルダーが フォルダー ウィンドウ から削除されます。

/resettodobar

現在のプロファイルの To Do バーのタスクリストを削除して再生成します。

/restore

異常な Outlook シャットダウンの前に開いていたのと同じプロファイルとフォルダーを開こうとします。 (Outlook 2013、2016 のみ)

/rpcdiag

Outlook が起動され、リモート プロシージャ コール (RPC) の接続状態ダイアログ ボックスが表示されます。

/safe

閲覧ウィンドウを表示せず、ツール バーのユーザー設定を使用せずに Outlook が起動されます。 コンポーネント オブジェクト モデル (COM) アドイン (ネイティブとマネージの両方) が無効になります。

/safe:1

閲覧ウィンドウを無効にした状態で Outlook が起動されます。

/safe:3

コンポーネント オブジェクト モデル (COM) アドイン (ネイティブとマネージの両方) が無効になります。

/select foldername

Outlook が起動され、指定されたフォルダーが新しいウィンドウで開きます。 たとえば、Outlook を起動して既定の予定表を表示するには、"c:\program files\microsoft office\office15\outlook.exe" /select outlook:calendar とします。

/share feed://URL/filename

/share stssync://URL

/share web://URL/filename

Outlook に接続するための URL を共有するように指定します。 たとえば、stssync://URL とすると、SharePoint リストが Outlook に接続されます。

/sniff

Outlook を起動し、受信トレイの新しい会議出席依頼を検出して、予定表に追加します。

/t oftfilename

指定の .oft ファイルを開きます。

/v vcffilename

指定の .vcf ファイルを開きます。

/vcal vcsfilename

指定の .vcs ファイルを開きます。

スイッチ

パラメーター

説明

なし

データベース

指定したデータベースまたは Access プロジェクトを開きます。 必要に応じて、パスを含めることができます。 パスにスペースが含まれている場合は、引用符で囲みます。

/excl

なし

排他的アクセス用に指定した Access データベースを開きます。 マルチ ユーザー環境で共有目的でデータベースを開くには、このスイッチを省略します。 Access データベースのみに適用されます。

/ ro

なし

指定した Access データベースまたは Access プロジェクトを読み取り専用で開きます。

/runtime

なし

実行時バージョン オプションを使用して Access が起動するように指定します。

/profile

ユーザー プロファイル

Access のインストール時に作成した Windows レジストリの標準設定ではなく、指定したユーザー プロファイルのオプションを使用して Access を起動します。 これは、Access 95 以前のバージョンの Access で使用されていた /ini スイッチを置き換えて初期化ファイルを指定します。

/compact

ターゲット データベースまたは Access プロジェクト

/compact スイッチの前に指定された Access データベースを圧縮して修復するか、または Access プロジェクトを圧縮してから Access を閉じます。 /compact スイッチの後のターゲット ファイル名を省略すると、ファイルは元の名前とフォルダーに圧縮されます。 別の名前に圧縮するには、ターゲット ファイルを指定します。 スペースを含むパスを含める場合は、パスを引用符で囲みます。

target database または target Access project パラメーターにファイル名を指定したにもかかわらず、パスを含めない場合は、Access で指定した既定のデータベース フォルダーにターゲット ファイルが作成されます。 この設定は、[Access のオプション] ダイアログ ボックスで変更できます。

Access プロジェクトでは、このオプションで Access プロジェクト (.mdb) ファイルは圧縮されますが、Microsoft SQL Server データベースは圧縮されません。

/x

マクロ

/x スイッチの前に指定した Access データベースを開いてから、指定したマクロを実行します。 データベースを開いたときにマクロを実行する別の方法は、AutoExec という名前のマクロを作成することです。

マクロにはウイルスが含まれている可能性があるため、実行には注意が必要です。 実行する場合は、コンピューターで最新のウイルス対策ソフトウェアを実行する、セキュリティ センターを使用して、すべてのマクロ (デジタル署名されているものを除く) を無効にする、マクロの信頼できるソースのリストを保持するという予防策を講じてください。

/ cmd

なし

コマンド ラインの後に続くものが Command 関数によって返される値になるように指定します。 このオプションは、コマンド ラインの最後のスイッチにする必要があります。 /cmd の代わりにセミコロン (;) を使用できます。

このスイッチを使用して、Visual basic for Applications (VBA) コードに使用できるコマンド ライン引数を指定します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×