Microsoft Stream の権限とプライバシー

Microsoft Stream を使用すると、ビデオは、グループのビデオレベル、グループメンバーシップ、および設定に対するアクセス許可を組み合わせてセキュリティで保護することができます。

ビデオのアクセス許可

[ビデオ] レベルのアクセス許可を使うと、自分のビデオを見ることができるユーザーを制御することができます。だれが自分のビデオを表示できるか、だれがどのグループとチャネルが表示されるかを制御できます。

このビデオを社内の全員に表示させる

オンにすると、組織内のすべてのユーザーにビデオが表示され、グループとチャネルにそのビデオを追加できます。 これにより、ビデオが全社的に表示されるようになります。 全社的なチャネルにビデオを追加できるようにするには、このチェックボックスをオンにする必要があります。

共有相手

[ 共有相手 ] フィールドでは、自分のビデオを表示したり、所有しているユーザーを指定したりすることができます。

[検索] ドロップダウンリストを使って、検索範囲を絞り込み、ビデオを共有する相手を選びます。

  • [マイグループ -検索範囲] では、投稿可能なグループにビデオを追加できます。

  • チャネル-組織 内のチャネルを含むチャネルにビデオを直接追加する検索範囲

  • [連絡先-検索範囲]: 個人のユーザー、AD セキュリティグループ、または Office 365 グループに対して、投稿権限を持たないユーザーのアクセス許可を付与します。

閲覧者

ビデオのアクセス許可に対し て [共有 相手] に追加したすべてのユーザーまたはグループには、ビデオへの表示アクセス許可が自動的に付与されます。

グループまたは AD のセキュリティグループをビューアーにすると、そのグループのすべてのメンバーがビデオを見ることができるようになります。

所有者

[ 所有者 ] 列のボックスをオンにすると、ビューアーもビデオの所有者になります。

ビデオの所有者は次の機能を利用できます。

  • ビデオ設定を編集する

  • ビデオを削除する

  • 他のグループやチャネルにビデオを追加する

Microsoft Stream groups

(広告セキュリティグループではなく) ストリームグループがビデオの所有者になった場合、グループからのユーザーが所有者になるかどうかを判断するために、グループの設定とメンバーシップが尊重されます。

[ストリームグループの設定] で、次の操作を行います。

  • [ 投稿の投稿を許可する]: グループのメンバーは作成者であるため、グループの所有者とメンバーにはビデオの所有権があります。

  • [メンバーへのメンバーの参加を許可する] がオフ: グループのメンバーは閲覧者のみのため、そのグループの所有者のみがビデオの所有権を持ちます。

AD セキュリティグループ

広告セキュリティグループがビデオの所有者である場合、そのセキュリティグループ内のすべてのユーザーにビデオの所有権が与えられます。

表示

[ 表示 ] チェックボックスに、自分が投稿者であるストリーミンググループが表示されます。 これは、ビデオがストリーム内のグループのページに表示されるかどうかを制御します。 オンになっていない場合は、そのグループがリンクを送信した場合、または検索でビデオが見つかったが、グループのページに直接表示されないことを意味します。

ビデオをアップロードするときの既定値

ビデオをアップロードするには、いくつかのオプションがあります。 アップロードを開始した場所によっては、ビデオに異なる既定のアクセス許可が設定されますが、後でいつでも変更することができます。

任意のページからアップロードする

Microsoft Stream または [マイビデオ] ページの上部にあるナビゲーションバーからビデオをアップロードすると、ビデオには次の既定値が自動的に設定されます。

  • [ 社内のすべてのユーザーにこのビデオの表示を許可 する] チェックボックスがオンになっています。ビデオは、誰でも表示して、グループやチャネルに含めることができます。

  • ビデオの所有者になります。

グループまたはチャネルに直接アップロードする

ビデオをグループまたはチャネルに直接アップロードすると、グループまたはチャネルの種類に応じて、ビデオの既定値が異なります。

全社的なチャネルの場合、次の既定値が設定されます。

  • [ 社内のすべてのユーザーにこのビデオの表示を許可 する] チェックボックスがオンになっています。ビデオは、誰でも表示して、グループやチャネルに含めることができます。

  • ビデオは、アップロードするチャンネルに自動的に含まれます。

  • ビデオの所有者になります。

グループまたはグループチャネルでは、次の既定値が設定されます。

  • [社内のすべてのユーザーにこのビデオの表示を許可する] チェックボックスはオンにして、ビデオの表示アクセス許可をグループに制限します。

  • ビデオは、アップロード先のグループまたはチャネルに自動的に含まれ、表示されます。

  • 自分とグループはビデオの所有者になります。つまり、グループの投稿者であればだれでもビデオを変更できます。

グループの権限

グループには、次のようなアクセス権とプライバシーの特徴があります。

  • 組織全体に公開することも、グループのメンバーに対してのみプライベートにすることもできます。

  • 所有者とメンバーで構成されている

  • メンバーが閲覧者または投稿者であるかどうかを制御するための設定があります。

このように、Microsoft Stream グループをビデオのビューアーまたは所有者として設定すると、そのビデオへのアクセス権を取得するユーザーを決定するために上記のすべてが考慮されます。

詳細については、「 グループアクセスの設定」を参照してください。

チャネルのアクセス許可

チャネルは、ビデオのための組織の方法であり、アクセス許可の方法ではありません。 チャネルには、グループに含まれていない限り、自分に対して権限がありません。 グループに含まれている場合は、グループのアクセス許可とアクセス設定を継承します。

詳細については、「 チャネル」を参照してください。

関連項目

グループとチャネルの概要

グループの作成

チャネルを作成する

お時間を最大限に活用するためのサブスクリプション

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×