Microsoft Teams で使用するショートカット キー

Microsoft Teams で使用するショートカット キー

多くのユーザーが、Windows 上で Microsoft Teams のキーボード ショートカットを操作できる外部キーボードを使用すると、より効率的に作業できると感じています。 運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの基本的な代替手段です。 この記事では、PC キーボードを使用した、Windows 上の Microsoft Teams や Web アプリのキーボード ショートカットについて箇条書きで説明します。

注: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります。

  • ショートカットで同時に 2 つ以上のキーを押す必要がある場合、このトピックでは正符号 (+) でキーを区切っています。 あるキーを押した直後に別のキーを押す必要がある場合は、キーが読点 (、) で区切られています。

  • ショートカット キーのリストには Microsoft Teams 内から簡単にアクセスできます。 Ctrl+E キーを押して [検索] フィールドに移動し、[/keys] と入力し、Enter キーを押します。

この記事の内容

全般

操作内容

デスクトップ アプリで押す

Web アプリで押す

ショートカット キーを表示する

Ctrl + ピリオド (.)

Ctrl + ピリオド (.)

検索に移動

Ctrl + E

Ctrl + E

コマンドを表示する

Ctrl + スラッシュ (/)

Ctrl + スラッシュ (/)

移動

Ctrl + G

Ctrl + Shift + G

新しいチャットを開始する

Ctrl + N

左 Alt + N

[設定] を開く

Ctrl + コンマ (,)

Ctrl + コンマ (,)

ヘルプを開く

F1

Ctrl + F1

閉じる

Esc キー

Esc

拡大

Ctrl + 等号 (=)

ショートカットなし

縮小

Ctrl + 負符号 (-)

ショートカットなし

ショートカット キーを表示する

アプリ内から直接キーボードショートカットにアクセスするには、いくつかの方法があります。 以下のメソッドは、デスクトップアプリと Web アプリの両方に適用されます。

  • Ctrl キーを押しながらピリオド (.) キーを押します。

  • Ctrl+E キーを押して [検索] フィールドに移動し、[/keys] と入力し、Enter キーを押します。

  • 右上のイニシャルで [プロファイル] ボタンを選択し、[ショートカットキー] を選択します。

  • スクリーンリーダーを使用してキーボードショートカットに移動するには、"プロファイル、アプリの設定、その他" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。 "キーボードショートカット" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。

ナビゲーション

注: Microsoft Teams デスクトップ アプリケーションで既定のアプリ バーの構成を使用している場合は、次の表のコマンドを使用します。 アプリの順序を変更している場合は、コマンドはアプリ バー上のアプリの順序に依存します。 たとえば、予定表 をアプリ バーの一番上に移動している場合は、 Ctrl + 4 ではなく、Ctrl + 1 を押すと予定表が開きます。

操作内容

デスクトップ アプリで押す

Web アプリで押す

アクティビティを開く

Ctrl + 1

Ctrl + Shift + 1

チャットを開く

Ctrl + 2

Ctrl + Shift + 2

チームを開く

Ctrl + 3

Ctrl + Shift + 3

予定表を開く

Ctrl + 4

Ctrl + Shift + 4

通話を開く

Ctrl + 5

Ctrl + Shift + 5

ファイルを開く

Ctrl + 6

Ctrl + Shift + 6

1 つ前のリストの項目に移動する

左 Alt + ↑ キー

左 Alt + ↑ キー

次のリストの項目に移動する

左 Alt + ↓ キー

左 Alt + ↓ キー

選択したチームを上に移動する

Ctrl + Shift + ↑ キー

ショートカットなし

選択したチームを下に移動する

Ctrl + Shift + ↓ キー

ショートカットなし

1 つ前のセクションに移動する

Ctrl + Shift + F6

Ctrl + Shift + F6

次のセクションに移動する

Ctrl + F6

Ctrl + F6

メッセージング

操作内容

デスクトップ アプリで押す

Web アプリで押す

作成ボックスに移動する

Alt + Shift + C

Alt + Shift + C

作成ボックスを展開する

Ctrl + Shift + X

Ctrl + Shift + X

送信 (展開された作成ボックス)

Ctrl + Enter

Ctrl + Enter

ファイルの添付

Ctrl + O

Ctrl + Shift + O

改行する

Shift + Enter

Shift + Enter

スレッドに返信

Alt + Shift + R

Alt + Shift + R

重要としてマーク

Ctrl + Shift + I

Ctrl + Shift + I

会議と通話

操作内容

デスクトップ アプリで押す

Web アプリで押す

ビデオ通話を受け取る

Ctrl + Shift + A

Ctrl + Shift + A

音声通話を受け取る

Ctrl + Shift + S

Ctrl + Shift + S

通話を拒否する

Ctrl + Shift + D

Ctrl + Shift + D

音声通話を発信する

Ctrl + Shift + C

Ctrl + Shift + C

ビデオ通話を開始する

Ctrl + Shift + U

Ctrl + Shift + U

ミュートの切り替え

Ctrl + Shift + M

Ctrl + Shift + M

ビデオの切り替え

Ctrl + Shift + O

ショートカットなし

現在のリストをフィルター処理する

Ctrl + Shift + F

Ctrl + Shift + F

共有ツールバーに移動する

Ctrl + Shift + Space

Ctrl + Shift + Space

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照、ナビゲートする

このトピックでは、Microsoft Teams on Mac のキーボード ショートカットの一覧を示します。

注: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。 他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります。

  • ショートカットで同時に 2 つ以上のキーを押す必要がある場合、このトピックでは正符号 (+) でキーを区切っています。 あるキーを押した直後に別のキーを押す必要がある場合は、キーが読点 (、) で区切られています。

  • ショートカット キーのリストは、Microsoft Teams on Mac アプリで開くことができます。 Command + E を押して画面上部の検索フィールドにフォーカスを移動し、[/keys] と入力して Return キーを押します。 一覧を閉じるには、Esc キーを押します。

この記事の内容

全般

操作内容

Mac

Web

ショートカット キーを表示する

Command + ピリオド (.)

Command + ピリオド (.)

検索に移動

Command + E

Command + E

コマンドを表示する

Command + スラッシュ (/)

Command + スラッシュ (/)

移動

Command + G

Command + Shift + G

新しいチャットを開始する

Command + N

Option + N

設定を開く

Command + コンマ (,)

Command + Shift + コンマ (,)

ヘルプを開く

F1

Command + F1

閉じる

Esc キー

Esc

拡大

Command + 等号 (=)

ショートカットなし

縮小

Command + 負符号 (-)

ショートカットなし

既定のズームに戻す

Command + 0

ショートカットなし

ショートカット キーを表示する

アプリ内から直接キーボードショートカットにアクセスするには、いくつかの方法があります。 以下のメソッドは、デスクトップアプリと Web アプリの両方に適用されます。

  • Command + ピリオド (.) キーを押します。

  • Command + E キーを押して [検索] フィールドに移動し、「/keys」と入力して、Return キーを押します。

  • 右上のイニシャルで [プロファイル] ボタンを選択し、[ショートカットキー] を選択します。

  • スクリーンリーダーを使用してキーボードショートカットに移動するには、"プロファイル、アプリの設定、その他" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。 "キーボードショートカット" と読み上げられるまで Control + Option + 下方向キーを押し、Return キーを押します。

ナビゲーション

注: Microsoft Teams on Mac で既定のアプリ バーの構成を使用している場合は、次の表のコマンドを使用します。 アプリの順序を変更している場合は、コマンドはアプリ バー上のアプリの順序に依存します。 たとえば、予定表 をアプリ バーの一番上に移動している場合は、 Command + 4 ではなく、Command + 1 を押すと予定表が開きます。

操作内容

Mac

Web

アクティビティを開く

Command + 1

Command + Shift + 1

チャットを開く

Command + 2

Command + Shift + 2

チームを開く

Command + 3

Command + Shift + 3

予定表を開く

Command + 4

Command + Shift + 4

通話を開く

Command + 5

Command + Shift + 5

ファイルを開く

Command + 6

Command + Shift + 6

1 つ前のリストの項目に移動する

左 Option + ↑ キー

左 Option + ↑ キー

次のリストの項目に移動する

左 Option + ↓ キー

左 Option + ↓ キー

選択したチームを上に移動する

Command + Shift + ↑ キー

ショートカットなし

選択したチームを下に移動する

Command + Shift + ↓ キー

ショートカットなし

1 つ前のセクションに移動する

Command + Shift + F6

Command + Shift + F6

次のセクションに移動する

Command + F6

Command + F6

メッセージング

操作内容

Mac

Web

作成ボックスに移動する

Option + Shift + C

Option + Shift + C

作成ボックスを展開する

Command + Shift + X

Command + Shift + X

送信 (展開された作成ボックス)

Command + Enter

Command + Enter

ファイルを添付する

Command + O

Command + Shift + O

改行する

Shift + Enter

Shift + Enter

スレッドに返信

Option + Shift + R

Option + Shift + R

会議と通話

操作内容

Mac

Web

ビデオ通話を受け取る

Command + Shift + A

Command + Shift + A

音声通話を受け取る

Command + Shift + S

Command + Shift + S

通話を拒否する

Command + Shift + D

Command + Shift + D

音声通話を発信する

Command + Shift + C

Command + Shift + C

ビデオ通話を開始する

Command + Shift + U

Command + Shift + U

ミュートの切り替え

Command + Shift + M

Command + Shift + M

ビデオの切り替え

Command + Shift + O

ショートカットなし

フルスクリーンの切り替え

Command + Shift + F

Command + Shift + F

共有ツールバーに移動する

Command + Shift + Space

Command + Shift + Space

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照、ナビゲートする

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×