Microsoft Teams と無料版の Microsoft Teams の相違点

Microsoft Teams と無料版の Microsoft Teams の相違点

組織にファイル ストレージをさらに追加したい場合があるかもしれません。 管理者が制御できる範囲をもう少し広げる必要もあるかもしれません。 こちらでは、無料版の Teams と、通常版の Teams との主な違いを説明します。

Microsoft Teams (無料)

Microsoft Teams

機能

メンバーの最大数

組織あたり 500,000 ユーザー

エンタープライズ ライセンスでは無制限にすることも可能

ファイル ストレージ

1 ユーザーあたり 2 GB と、共有ストレージ 10 GB

1 ユーザーあたり 1 TB

ゲスト アクセス

チェックマーク

チェックマーク

1:1 およびグループで行う、音声およびビデオによるオンライン通話

チェックマーク

チェックマーク

チャネル会議

チェックマーク

チェックマーク

画面の共有

チェックマーク

チェックマーク

予約された会議

チェックマーク

チェックマーク

Exchange 予定表と統合する

会議の記録

チェックマーク

Microsoft Stream で利用可能

電話および音声会議

チェックマーク

最大1万のオンラインイベントをホストする

チェックマーク

Firstline worker の機能 (シフト、トランシーバーでの Ie の移動など)

チェックマーク

管理

ユーザーとアプリを管理するための管理ツール

チェックマーク

Microsoft 365 サービスの使用状況レポート

チェックマーク

99.9% の SLA アップタイム (返金制度あり)

チェックマーク

構成可能なユーザー設定とポリシー

チェックマーク

コラボレーションを促進する Microsoft 365

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×