注: Microsoft Teams はInternet Explorer 11 2020 年 11 月 30 日からサポート対象外となります。 詳細情報。 Internet Explorer 11 は、サポートされているブラウザーのままになりますので、ご注意ください。 Internet Explorer 11 は Windows オペレーティング システムのコンポーネントであり、インストールされている製品のライフサイクルポリシー に従います。

2022 年 7 月

通話履歴の一覧から通話を削除する

一覧からの通話を非表示にして、通話履歴ビューを簡潔にします。 履歴から通話を削除するには、[通話] Audio call icon > [履歴] に移動します。 削除する呼び出しにマウス ポインターを合わせ、[その他のアクション] その他のアクション アイコン > [ビューから削除] を選択します。

通話履歴から通話を削除すると、すべてのデバイスで表示されなくなります。 管理者は、削除された通話から通話データを引き続き取得できます。 詳細については、「Teams で通話履歴を表示する」を参照してください。

共有チャネルを使用すると、共同作業が容易になります

Microsoft Teams を通じて、組織外のパートナーと安全に共同作業を行うことができます。 共有チャネルを使用すると、組織内外の人々との共同作業が容易になり、拡張されたチームが効果的かつ効率的に作業できるようになります。 共有チャネルを使用すると、テナントを切り替えることなく、会議のスケジュール設定、ファイルの共有、アプリ内での共同作業を行うことができます。

詳細については、「Teams の共有チャネルとは」を参照してください。

ID とパスコードを使用して会議に参加する

これで、会議 ID とパスコードを使用して、Web 上の Teams またはデスクトップ アプリを介して会議に参加できるようになりました。 Teams カレンダーの上部にある [# ID で参加する] を選択します。 会議 ID とパスコードは、[会議の詳細] タブまたは会議出席依頼に表示されます。

詳細については、「Teams で会議に参加する」を参照してください。

2022 年 6 月

自分とチャットする

Teams では、最新のチャット機能、つまり自分と 1 対 1 のチャットで自分自身と話すことをお勧めします。 メッセージ、ファイル、メモ、メディアを自分宛てに送信して、整理整頓に役立ててください。 チャットは、チャット リストの固定されたチャットの上部にあります。 デスクトップ、Web、または電話で Teams を使用している場合でも、自分に送信するすべてのものにすばやくアクセスできるように、固定しておいてください。

Teams 会議で注釈を一緒に使用する

Microsoft Whiteboard を利用した注釈は、Teams 会議で画面を共有しながら、デザインやプレゼンテーションなどで共同作業を行うのに役立ちます。 

会議で全画面を共有しているときに、画面の上部中央領域にある会議コントロールで [アノテーションを開始]  Microsoft Teams の注釈アイコン を選択します。 共有画面の周りの赤い輪郭が青に変わり、すべての参加者に対して共有画面の上部に Microsoft Whiteboard ツールセットが表示されます。 会議のすべてのユーザーがすぐに注釈を付け始めることができ、既定では赤ペン ツールが選択されています。 詳細については、「Teams で画面を共有しながら注釈を使用する」を参照してください

ライブ文字起こしと CART キャプションが Teams on the web で利用可能になりました 

Chrome および Edge ブラウザーでの Microsoft Teams 会議内で、CART プロバイダーからのキャプション (リアルタイム キャプション) を表示できるようになりました。 会議の開催者と参加者は、キャプション プロバイダーにキャプションを Microsoft Teams にストリーミングするように依頼できます。 

同じことがライブ文字起こしにも当てはまります。 これら 2 つの機能の詳細については、「Teams 会議でのライブ文字起こしの表示」および「Microsoft Teams 会議での CART キャプションの使用」を参照してください

更新された会議エクスペリエンスが Teams on the web に提供されます

更新された会議エクスペリエンスが、Chrome および Edge ブラウザーの Teams on the web で利用できるようになりました。 これには、事前参加の改善 (会議に参加する前にマイクとカメラの設定を行う)、参加者とコンテンツの動的な表示、会議コントロールが会議ウィンドウの上部に移動したことが含まれます。

2022 年 5 月

表示方法: Teams

Teams では、会議、プライベートの予定、または休暇をスケジュールするときに、その会議を予定表に表示する方法を選択できます。 Outlook の場合と同様に、 [空き][暫定][ビジー][他の場所で作業中]、または [不在] から選択できます。 この設定を見つけるには、新しい会議ウィンドウの上部にある [表示方法] を探します。

政府のアカウントにボットが追加されました

Teams に政府のアカウントを持っている顧客は、彼らのために特別に構築されたボットを使用できるようになります。 アプリの左側にある [アプリ] 画面の上部にある十字アイコン を選択してボットを名前で検索するか、チャットまたはチャネルに移動してページ上部の 画面の上部にある十字アイコン を選択し、会話にボットを追加します。

Together モード、すべて一緒に

会議の開催者と発表者は、会議の全員に対して Together モードを開始できるようになりました。 すべてのユーザーのビューを変更するには、[表示]  [会議ビューの変更] ボタン[Together モード] > [シーンの変更] を選択します。 シーンを選択するときは、[適用] を選択する前に、必ず [全員に対して Together モードを選択する] チェック ボックスをオンにしてください。

下部にある [全員に Together モードでシーン画面を選択する] チェック ボックスをオンにした画像。

政府のクラウド アカウントで利用可能なウェビナーのスケジュール

会議に使用するのと同じ Teams アプリを使用して、ウェビナーをスケジュールしてホストします。 ウェビナー機能は、登録ページの作成、登録者へのメール確認、出席者のビデオとオーディオのホスト管理、出席の報告、投票、チャット、リアクションのようなインタラクティブな機能が含まれます。

詳細については、「ウェビナーのスケジュール」をご覧ください

@メンション チームの所有者を一度に

チャネルでメッセージ投稿を作成するときに、投稿に "@team owners" を追加することで、チームのすべての所有者に同時に通知できるようになりました。これにより、各人に個別にメンションする必要がなくなります。 Teams は、チームの所有者であるすべての人に、チャネルが参加していることを自動的に通知します。

2022 年 4 月

Teams で LinkedIn 統合を利用できるようになりました 

1 対 1 のチャットで LinkedIn プロファイルを表示できるようになりました。 相手も利用可能な場合、他のユーザーのプロフィールを見るには、チャットの [LinkedIn] タブを選択します。 「Teams での LinkedIn の使用」 に関する詳細情報

Teams チャット。 赤いボックスが [LinkedIn] タブを強調表示し、チャット ウィンドウに表示されるユーザーのプロファイルに関する詳細を示します。

教師が Teams 会議で出席者のビデオを管理できるようになりました

会議の主催者と発表者は、Teams 会議ですべての参加者のカメラを無効にして、会議でビデオを共有しないようにすることができます。 「Teams 会議での出席者の音声とビデオのアクセス許可の管理」 に関する詳細情報

音楽が再生されたときに通知を受け取る (教育機関向け Teams のみ)

Teams では、Teams 会議中に音声以外のサウンドが自動的に抑制されます。 Teams で音楽が再生されていることを検出すると、教師に通知が届くようになりました。 これにより、他の出席者が聞こえないように、音楽を通過させるか、サウンドをブロックし続けるかを選択できます。

Teams on the web の使用時にシステム オーディオを共有する (Chromium ブラウザー)

Teams on the web 経由で会議に参加すると、画面共有中にシステム オーディオを共有できるようになりました。 「Teams 会議でコンピューターからサウンドを共有する」 に関する詳細情報

2022 年 3 月

他のユーザーのタイム ゾーンを検索する

連絡先情報を見ると、同僚のいる場所がいま何時かを確認できるようになりました。 ユーザーのプロフィール画像をポイントすると[連絡先] の下に、そのユーザーの現地時刻が表示されます。 Microsoft Teams YouTube ビデオを見つけて、他のユーザーの現地時刻を見つける方法を確認してください。

ミュージック モードで Teams でライブ ミュージックをストリーミングする

ミュージック モードでは、Teams は音声設定を最適化して、Teams 会議を介してライブ音楽をストリーミングするときに最高のサウンド忠実度を得ることができます。 Teams は、ネットワークの使用可能な帯域幅に基づいてオーディオ ビットレートを自動的に調整します。

ミュージック モードの詳細については、「高忠実度のミュージック モードを使用して Teams で音楽を再生する」を参照してください。

チャット用の新しいフィルター

会議やボットからのチャットを除外して、探している会話を正確に見つけられるようにできるようになりました。 チャット リストの上部で、[フィルター] Teams チャット フィルター ボタン アイコン[チャット] を選択します。 そこから、ユーザーまたはグループ チャットの名前を入力して、結果をさらにフィルター処理できます。

2022 年 2 月

チャットにメッセージをピン留めする

特定のメッセージをチャットの上部にピン留めして、後で送信されるメッセージの数を無視して、チャットのメンバーに常に表示されるようにします。 メッセージをピン留めまたは固定解除し、ピン留めされたメッセージを選択して元の場所にジャンプします。 現時点では、一度にピン留めできるメッセージは 1 つだけであり、チャット メンバーはチャットで自由にメッセージをピン留めまたは固定 解除できます。 詳細については、「Teams でチャットを非表示、ミュート、またはピン止めする」を参照してください。

一度に表示されるメッセージの数を変更する

より多くのテキストを一度に表示するように最適化する場合でも、より快適なレベルでテキストを少なくする場合でも、Teams ではニーズに合わせてチャットの密度をカスタマイズできます。 既定では、チャットの密度は快適モードに設定されていますが、設定を変更してテキストをさらに多く表示できます。 詳細については、「Teamsでチャット メッセージの間隔を変更する」を参照してください。

ビデオのミラーリングをオフにする

ビデオ プレビューの画像のミラーリングを停止するオプションが追加されました。小さなプレビュー ウィンドウでは、会議中にビデオの外観を確認できます。 そのため、 他の会議参加者に自分がどのように見えるかをビデオ プレビューで確認できます。 これにより、オンライン会議中にディスカッションやレッスンなどを行うときに、発表者の注意を引き付けるのが簡単になります。 詳細については、「Teams 会議でビデオのミラー化をオフにする」を参照してください。

2022 年 1 月

Teams on the web の背景効果

デスクトップ アプリの場合と同じ背景効果を Teams on the web で取得します。 背景をぼかすか、使用する新しい画像をアップロードするかを選択できるようになりました。 詳細については、「 Teams 会議中に背景をカスタマイズする」を参照してください。

2021 年 12 月 7 日

Teams エクスペリエンスの向上

Teams の改善に向けた継続的な取り組みでは、最近のアップグレードにより、チャットとチャネルの切り替えが速くなる場合があります。 これは、アプリのパフォーマンスを向上させる大きな取り組みの一環です。 今後の改善にご期待ください。

2021 年 10 月 22 日

新しいウィンドウで新しいチャットを開始する

設定で、新規チャットを Teams ウィンドウで開始するか、新しいウィンドウで開始するかを選択できるようになりました。 この設定を見つけるには、アプリの上部にある [設定などMicrosoft Teams のその他のオプション アイコン] に移動し、[設定]を選択します。 [新しいチャットを開く] まで下にスクロールして、[新しいウィンドウ] を選択します。 次回、新しいチャットを開始すると、自動的に新しいウィンドウで開かれます。

チャット、チャネル、会議の新しいホワイトボード

Teams の Microsoft Whiteboard が完全に再構築され、豊富なビジュアル コラボレーション ワークスペースを提供します。 新しいテンプレート (41 種類を超えます)、付箋、リアクションなどをご覧ください。 画像や図形の挿入、ボードの背景色やグリッド デザインの変更など、新しいツールを使用してさまざまなコンテンツをより簡単に操作できるようになりました。 その他の改善点の詳細については、「新しいホワイトボードへようこそ! - Microsoft Tech Community」を参照してください。.

2021 年 10 月 8 日

チャット内のメッセージに返信する

チャットで特定のメッセージに返信できるようになりました。 返信するメッセージにカーソルを合わせ、[その他のオプション] Microsoft Teams のその他のオプション アイコン > [返信] の順に選択します。 返信するメッセージのプレビューがメッセージを入力したボックスに表示され、その下に返信を追加できます。

個人使用のための Teams の新しいキーボード ショートカット

個人使用に Teams を使用する場合、チャット用の新しいキーボード ショートカットがいくつかあります。 個人使用のための Teams で利用できるこの機能と他の機能の詳細については、「個人使用のための Microsoft Teams の新機能」をご覧ください。

2021 年 9 月 17 日

レコーディングを開始し、ライブ議事録を自動的に有効にする

会議のレコーディングを開始すると、ライブ議事録も有効にできます。  その他のアクション ボタンの複製会議 の上部の [その他のアクション] を選択し、[レコーディングの開始] を選択します。 議事録が自動的に開始されます。

会議のレコーディングと議事録の詳細については、「Teams における会議のレコーディング」を参照してください。

2021 年 7 月 30 日

通知スタイルを選択する

Mac で Teams を使用している場合は、Teams の (紫色の) 組み込み式デスクトップ通知または macOS の Windows デスクトップ通知のどちらかを選択できるようになりました。 Mac の通知スタイルを使用すると、たとえば [応答不可] モードの時の通知をミュートにするなど、より詳細なコントロールが可能になります。

通知スタイルを変更するには、[設定] > [通知] の順に選択します。 [通知スタイル] の横のメニューで、矢印を選択し、[Mac] を選択します。 詳細については、「Teams で通知スタイルを変更する」を参照してください。

最終更新日: 2021 年 7 月 16 日

マイクの感度を自動的に調整する

マイクの感度の設定を大慌てで調整する必要をなくし、Teams にその作業を任せましょう。 [設定] > [デバイス] を選択し、[マイクの感度を自動調整] トグルをオンにします。

会議の自動記録

二度と会議を記録することを忘れないでください。 会議のオプションで、会議が開始する前に自動的に記録] トグルを[はい]に切り替えます。 会議が開始されると、Teams によって自動的に記録が開始されます。 会議の後、ビデオが会議チャットと Microsoft Stream に表示されます。

注: この設定は IT 管理者によって有効になっており、すべてのユーザーが使用できるわけではありません。

会議中の通話品質を監視する

Teams の会議中または通話中に通話品質を追跡しますか? 会議ウィンドウで、フレーム レート、送受信データ、帯域幅などを表示します。 開くには、[他のアクセス] その他のアクション アイコン> [通話の正常性] の順に選択します。

通話品質情報は、会議ビデオの右側に表示され、15 秒ごとに更新されます。 追跡対象の完全な一覧については 「Teams で通話と会議の品質を監視する」を参照してください。

2021 年 6 月 28 日

スポットライトを当てる

会議の主催者や発表者は、会議に参加している複数のユーザーにスポットを当て、そのユーザーのビデオやプロフィール写真をピン留めしてすべてのユーザーに表示することができるようになりました。 詳細については、「Teams 会議で他のユーザーのビデオをスポットライトする」を参照してください。

2021 年 6 月 1 日

Teams 診断ログの収集の簡略化

システム トレイの Teams アイコンを右クリックし、[サポート ファイルの収集] を選択します。 すべてのデスクトップ ログとデバッグ ログは、[ダウンロード] で 1 つのフォルダーに収集されます。 このオプションには、メディア ログも含まれます([設定] で有効になっている場合)。 詳細については、https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/log-files をご覧ください。

2021 年 5 月 28 日

より大きく、より良い絵文字の世界

さまざまな多様性と表現力を使用して、Teams で自分自身を表現します。 Teams の絵文字セットは、新しいカテゴリや特定の絵文字の異なるスキン トーンなど、85 から 800 を超える数の絵文字に拡大しました。

macOS でシステム オーディオを共有する

Mac 上の Teams でデスクトップまたはウィンドウを共有するときに、コンピューターのサウンドを含め、会議に参加したユーザーがそこからの音声を聞くことができるようになりました。 

Teams 会議での共有の改善

PowerPoint スライド デッキ、ウィンドウ、Microsoft Whiteboard、またはデバイス上の特定の画面を共有しますか? 再設計された共有エクスペリエンスにより、必要なときに適切なコンテンツを簡単に見つけることができます。 オーディオも共有する必要がありますか? また、Teams 会議で [コンテンツ コンテンツアイコンを共有する を共有する] を選択すると表示されます。

新しいデザインのスクリーンショットを含む詳細については、「Teamsの会議でコンテンツを共有する」を参照してください。

カメラをオンにできるユーザーを管理する 

会議の出席者が会議中にカメラをオンにできないようにするには、2 つの方法があります。 会議の前に、[会議のオプション] で、[出席者にカメラを許可しますか?] の切り替えスイッチをオフにして、[保存]を選択します。 会議中に、開催者と発表者は、[参加者] の横 にある [その他のオプション] Teams のその他のオプション アイコンを選択して、[出席者のカメラを無効にする] を選択して、すべての出席者または個々の出席者のカメラを無効にすることができます。 

詳細については、「Teams 会議で出席者の音声とビデオのアクセス許可を管理する」を参照してください。

2021 年 5 月 17 日

Teams で不在時を設定する

1 週間の冒険に行く場合も、午後にオフラインで作業を行う場合でも、Teams デスクトップまたは Web アプリから、外出中の状態と自動応答を設定できます。 

プロファイル写真を選び、[ステータス メッセージを設定する] >] > [外出中をスケジュール]の順に選択します。 または、[設定] > [全般] > [外出中] > の順に移動し、[スケジュール] を選択します。 Outlook の場合と同様に、自動応答をカスタマイズし、設定する期間を選択できます。

2022 年 4 月

会議でのシステム アラートの展開と折りたたみ

Teams からのシステム メッセージが、会議ウィンドウの上部にグループ化されるようになりました。 通知を展開してすべてのメッセージをプレビューし、1 回のタップですべての通知を折りたたんでクリアします。

2022 年 2 月

コードを使用してサインインする

パスワードを覚えられませんか? 心配ありません。 無料でセカンダリメールまたは電話番号を設定するTeams アカウントを使用すると、短いコードを使用してサインインできます。 新しい電話番号アカウントでは、パスワードなしでアカウントを作成することもできます。

2022 年 1 月

任意の電話番号またはメールでチャットする

Teams を使用していない場合でも、メール アドレスまたは電話番号のみを使用して他のユーザーとチャットできます。 新しいチャットを開始し、ユーザーの名前を追加する場所に、代わりに番号またはメールを入力します。 その後、通常と同様にメッセージを送信できます。

Loops を使用してメッセージ内のライブ コンポーネントを共有する

ライブ コンポーネントを使用すると、チャット内のすべてのユーザーがインラインで編集し、変更をすぐに確認できるメッセージを送信できるようになりました。 これは、会議を減らしながら、長いチャット スレッドの必要性を最小限に抑えながら、一緒にアイデアを立て、作成し、決定する新しい方法です。 詳細については、「Teams チャットで Loop コンポーネントを送信する」を参照してください。

2021 年 9 月

適切な絵文字を見つける

自分を完璧な方法で表現しましょう。 探している正確な絵文字を検索できるようになりました。 メッセージを入力するボックスで [スマイル絵文字アイコン] をタップすると、名前と説明で絵文字を検索できる検索ボックスが表示されます。

2021 年 6 月

スポットライトを当てる

スマートフォンまたはタブレットから会議で最大 7 人のユーザーにスポットライトを設定することができるようになりました。 参加者の一覧または画面上のビデオから、ユーザーの名前またはビデオを長押しし、[スポットライト]タップします (または既に追加されている場合は、[スポットライトを追加する] をします)。

イマーシブ リーダーを使用する

メッセージが音声で読み上げられるのを聞きます。 詳細については、「Microsoft Teams でイマーシブ リーダーを使用する」を参照してください。

ウェビナーに参加する

出席者は、スマートフォンまたは iPad からウェビナーに参加できるようになりました。

検索結果の改善と高速化

検索語句を入力して、自動提案と 上位ヒット を取得します。

すべてオンラインです

すべての会議 (予定も含む) が自動的にオンライン会議になり、リンクをすばやく他のユーザーと共有できるようになりました。

検索結果の並べ替え

メッセージを検索するときに、関連性または最近送信された方法で結果を並べ替えることができます。

会議の添付ファイルとその他のファイルを表示する

[会議の詳細] タブから、開催者が会議に追加した添付ファイルと、会議に関連する可能性のある他のファイルに関する Teams によって生成された提案を表示できるようになりました。

2021 年 5 月

スピード ダイヤルの提供開始

通話で、スピード ダイヤルと通話履歴を切り替えることができるようになりました。

2021 年 4 月

ピン留めされたチャットにアクセスする

スマートフォンまたは iPad のチャット リストの上部には、デスクトップからピン留めされたすべてのチャットが表示されます。 左右にスクロールしてすべてのチャットを表示するか、チャットを長押ししてピン留めされたチャットのピン留めを解除または順序を変更します。

アプリ間を自由に移動できるようになりました

PiP (ピクチャ イン ピクチャ) を使用すると、Teams でマルチタスクを実行しながら、会議や通話で何が起こっているかを確認できるようになりました。 [戻る] ボタンをタップして Teams の別の部分に移動するだけで、会議ビデオは画面の隅で小さな画像に最小化されます。 画像をタップすると、いつでも会議に戻ることができます。

より大きく、より良い絵文字の世界

さまざまな多様性と表現力を使用して、Teams で自分自身を表現します。 Teams の絵文字セットは、新しいカテゴリや特定の絵文字の異なるスキン トーンなど、85 から 800 を超える数の絵文字に拡大しました。

独自の背景を使用してシーンを設定する

通話や会議中に背景を変更できるようになりました。 Teams イメージの一覧から選択するか、独自の画像をアップロードします。 詳細については「Teams 会議の背景を変更する」を参照してください。

2021 年 3 月 

社内会議に参加する

会議が最大定員に達した場合でも、閲覧限定の出席者として参加できます。

配布リストと最新のグループを招待する

Teams 会議をスケジュールするときは、配布リストまたは最新のグループの名前を入力して、すべてのメンバーを会議に追加します。 

2021 年 2 月

絵文字を使って発言

スマートフォンまたはタブレットから参加すると、Teams 会議でライブ リアクションを利用できるようになりました。 ライブ リアクションを使用して Teams 会議で自分を表現するのに、会議で「いいね!」(いいね)、「愛」(ハート)、「拍手」、「笑い」などのアニメーション リアクションを送信する方法の詳細をご覧ください。

iPad でライブ イベントでプレゼンテーションを行う

発表者は、iPad からライブ イベントに参加して実行できるようになりました。 詳細については、[Teams のライブ イベントでプレゼンテーションを行う] に進み、ページ上部の [iOS] タブを選択してください。

発表者として参加するためのボタンが付いたライブ イベントの事前参加画面

Teams のアカウント情報を削除する

アカウント情報を消去するには、サインイン画面に移動し、削除するアカウントを左にスワイプします。 これにより、モバイル デバイスからアカウントと関連データが削除されますが、ライセンスからアカウントが削除されることはありません。 

2021 年 1 月

友人や家族とのオンラインでの集まり

プライベートの生活のための Microsoft Teams を使用すると、ユーザーは個人やグループとのイベントをスケジュールしたり参加したりできます。 プライベートの生活のための Microsoft Teams での会議についての詳細情報。

会議の転送

会議の開催者ではない場合でも、会議出席依頼を他のユーザーに転送できます。 会議を開き、[詳細] をタップします。 参加者の一覧の下に、[会議の転送] があります。 受信者の名前またはメール アドレスを入力し、[完了] をタップします。 

2020 年 12 月

会議のオプションは詳細にあります

これで、会議の詳細タブから会議オプション (ロビー、出席者のマイク制御などをバイパスできるユーザー) を制御できるようになりました。 会議を開き、[詳細] タブをタップする必要があります。 [参加者] セクションのすぐ下に、 設定アイコン[会議のオプション] があります。

会議の検索結果の改善

アクティビティチャットTeamsカレンダーのいずれを使用していても、アプリの上部にある検索バーで会議を検索できます。 「次の会議」「戦略会議」などのフレーズを検索すると、結果のリストが表示されます。

スマートフォンからブレイクアウト ルームに参加する

会議の開催者は、Teams デスクトップ アプリからブレイクアウト ルームを設定します。 開催者が会議室を開くとすぐに、割り当てられたブレイクアウト ルームに移動します。 それ以外の場合は、ルームに参加するための招待状を受け取ります。 詳細については、Teams 会議のブレイクアウト ルームに参加するをご覧ください。

Teams がデバイスのテーマに準拠します

ライト モードの明るさとダーク モードのムードのどちらを選んでも、Teamsは、アプリのテーマをデバイス用に選択したものに既定で設定するようになりました。 アプリのテーマを変更するには、プロフィール写真 > [設定] > [外観] をタップします。

2020 年 11 月

Teams アカウントからの着信

今後、アクティブなアカウントであるかどうかに関係なく、モバイル アプリでサインインしている任意の Teams アカウントから電話を受けることができます。 

2020 年 10 月

新しい状態

Teams の状態をオフラインに設定して、Teams での作業中に状態を非表示にしましょう。 通常の通知は引き続き受け取れますが、他のユーザーすべてに対してはオフラインとして表示されます。 状態を設定するには、プロファイル画像をタップします。 お客様の状態は名前のすぐ下にあり、"利用可能""取り込み中" などと表示されます。状態をタップして、"オフライン" を選択します。

新しい通知の設定

通知の設定に大幅な変更が加えられ、新しい外観とともに、いつ、何のために通知を受けるかを制御する方法がいくつか追加されました。 会議中に通知をブロックし、スケジュールされた穏やかな時間帯に特定の通知が届くようにする機能が追加されました。 また、チャネル通知を 1 か所で簡単に管理できるように変更しました。

通知にアクセスするには、アプリの上部に移動し、プロファイル画像、[通知] の順にタップします。

会議をすぐに開始する

チャットやチャネルからすぐに会議を開始できるようになりました。 アプリの右上隅にある [今すぐ会議] を見つけます。 チャットから、チャット内にいるすべてのユーザーとの会議を開始します。 チャネルから、チャネル メンバーなら誰でも参加可能な会議を開始します。

左にスワイプしてアカウントを削除する

モバイル アプリに追加されたアカウントの一覧を表示するには、アプリの上部に移動し、プロファイル画像をタップします。 そこから、アカウント上で左にスワイプし、キャッシュされた情報を削除して、アカウントの一覧からアカウントを削除します。

注: これによってアカウントの使用が停止されることはありません。モバイル アプリに表示されなくなるだけです。 

2020 年 9 月

機密情報を保護する

Intune アプリを使用して、通知のプレビューを非表示にできるようになりました。

あなたの話し方を検索する

検索での自然言語サポートにより、「マーケティングに関する Daniela からのメッセージ」などのフレーズを使用して、メッセージやファイルなどを検索できます。

スペルのヘルプを使用する

Teams は、スペルが間違っている可能性のある検索用語のスペル候補を提供するようになりました。

誰が電話したかを確認する

ボイスメールには、電話番号の代わりに、新しい発信者 ID で発信者の名前が表示されるようになります。

スポットライトを共有する

主催者がデスクトップ アプリを介してユーザーのビデオにスポットライトを当てると、モバイルの参加者は自分のデバイスからそのビデオを表示できるようになります。

満員の会議室で他の会議参加者 2 人と話している Teams のオンライン会議の画像。

常に通話制御を確認する

会議や通話中は、画面に通話制御 (ミュート、電話を切るなど) をいつでも表示できるようになります。

2020 年 8 月

Cortana の音声アシスタントを Teams で使用できるようになりました (米国のみ)

手がふさがっているときでも、常に接続を維持します。 マイクをタップし、音声を使用してメッセージの送信、通話、会議への参加、ファイルの共有などを行います。 現在、米国で使用可能で、将来的には他の市場にも展開されます。

詳細については、「Teams で Cortana の音声アシスタントを使用する」を参照してください

Cortana のモバイルクエリ画面

2020 年 7 月 

予定一覧ビューは無料です

無料バージョンの Teams を使用している場合は、毎日の予定一覧が表示されます。 その日の予定を表示し、連絡先と共有したり、参加、編集したりできます。   

会議でのその他の顔

新たに追加されたビデオを使用して、通話や会議でより多くのユーザーのビデオを表示させることができます。 iPhone では2x4ビデオ、iPad では3x3ビデオを取得します。

Teams でのデータの使用を減らす

会議や通話に使用するデータ量を減らします。 [設定]> [データとストレージ]> [データ使用量を減らす]の順に移動します。  

番号を選びます。

複数の電話番号を持つ組織の連絡先にダイヤルする番号を選択します。

もう一度サインインして準備完了です。

Teams にサインインしている場合は、Teams に追加したボットやツールにも、組織のログイン資格情報を使用して、自動的にサインインしています。  

2020 年 6 月

無料バージョンの Teams で利用できる会議

無料の会議はこちら! 共有リンクを使用して会議出席依頼を送信します。 参加するには、Teams アカウントは必要ありません。 

チャットとチャネルの検索

チャット メッセージとチャネル投稿の両方の結果を取得します。 [メッセージ検索] アイコン をタップして、検索語句を入力します。 結果の一覧を表示するには、Enter キーを押します。

安全キーを管理する

これで、Microsoft が安全キーを管理することができます。 [設定] でこの設定を変更します。

通話のショートカット

Teams アプリを長押しすると、Teams を呼び出すショートカットが表示されます。

オンデマンド翻訳

メッセージを目的の言語にすばやく翻訳します。 メッセージの [翻訳] アイコン をタップして、メッセージをすばやく翻訳します。

仕事のための Teams、生活のための Teams

友人や家族と連絡を取り、プライベートな Teams を プレビューで 試してください。

  • 最初のグループを家族にする

  • タスクリストと共有予定表を使用して、重要なアイテムとイベントを追跡する

  • 共有場所を使用して、家族に現在地を知らせる

  • Safe で機密情報を安全に保存し共有する

Teams の Safe アプリのスクリーンショット。

Skype の連絡先との接続を維持する

Teams の仕事用アカウントから Skype を使用する連絡先に電話やメッセージを送信できるようになりました。

会議のその他のプライバシー

社外の人には、電話から会議にダイヤルインする人の電話番号は表示されません。

手を挙げる 

会議中に仮想ハンドを挙げて、発言することを他のユーザーに知らせます。

2020 年 4 月 3 日

タグはこちら!

グループ、役割、部門などを @メンションできるように、タグを作成し、そのタグにユーザーを割り当てます。チーム所有者は、自分で試してみてください。 チームに移動し、[その他のオプション ボタン] > [タグの管理] をタップします。 タグが存在すると、チーム メンバーは、[チャット] > [新しいチャット[Teams] の新しいチャット アイコン] に移動して、[宛先] フィールドにタグの名前を入力し、グループ チャットを開始できます。 詳細については、「Teams でタグを使用する」を参照してください。

これをキャプションする

会議またはグループ通話中にライブ キャプションをオンにして、全員が話す内容を読み上げます。 会議中にアクセスするには、[その他のオプション ボタン] > [ライブ キャプションをオンにする] をタップします。

会議で共有コンテンツを表示する

携帯電話から会議にダイヤルすると、共有されているコンテンツ (PowerPoint など) が表示されます。 ユーザーが発表を開始すると、通知が表示されます。 通知をタップすると、コンテンツが表示されます。

通話キューのオプトアウト

お客様が通話キューに入っていて、モバイル デバイスでこれらの通話を受信しないようにしたい場合は、こちらをご覧ください。 [メニューMobile OWA の [その他のアクション] ボタン] > [設定[設定] ボタン] > [通話] に移動し、下部でそれらをオフに切り替えることができます。

注: 一部の管理者はこのオプションを無効にします。これは、オプトアウトができない通話キューに表示されます。

また、通知や会議の信頼性を改善しました。

私たちのお気に入りの一部です

Microsoft では、Teams モバイル アプリの更新を行い、機能を追加してきました。 以下のビデオで使用方法を参照し、ご自分で試してみてください。

Teams 会議で携帯電話からプレゼンテーション​​を行う

[その他のオプション ボタン] > [共有] > [PowerPoint を共有] の順にタップするか、その他のメディア オプションから選択します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

アプリの並べ替えと下部のバーのカスタマイズ

アプリの下部から上へスワイプ > [並べ替え] > 好みの順序にアイテムをドラッグします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

通知オフ時間を設定して通知をミュートする

アプリの左上で、[[その他] ボタン] > [通知] > [通知オフ] の順にタップし、[毎日通知オフ] を切り替えます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

2020 年 2 月 6 日

ビューを入れ替えてピン留めする

Teams 会議中に、コンテンツ (PowerPoint プレゼンテーションなど) と参加者ビデオを切り替えます。 または、特定のユーザーのビデオをピン留めし、積極的に話していなくても、常に見ることができるようにします。

画面の右下隅にあるアクティブなスピーカー タイルをタップして、コンテンツを最小化し、参加者のビデオに焦点を合わせます。 特定のユーザーのビデオをピン留めするには、そのタイルの 3 つの点をタップして、[ピン留め] を選択します。

エコーしない

同じ会議に参加している会議室で電話で会議に参加するたびに、Teams はエコーを防ぐためにマイクとスピーカーを自動的にミュートします。

2019 年 11 月 20 日 

  • 秘密度ラベルをチームに割り当てることにより、データを分類および保護する

  • E911 は、通話プラン、ダイレクト ルーティング、およびセキュリティ デスクで利用可能

  • 会議チャットは、ユーザーが参加するまで既定でミュートされる

  • 参加者に役割を割り当てることで、会議でできることを選択する

2019 年 10 月 8 日

  • お気に入りのチャネルをピン留めする

  • ピン留めチャネルと最近使用したチャットを 1 つのリストで参照してください。 これを [設定]、[メッセージング] の順に選択して有効にします。

  • ボイスメールのサポート

  • 1 対 1 およびグループ チャットにタブを追加する

2019 年 9 月 30 日

  • チャット内の特定のメッセージに引用して返信します。

  • 複数の Teams のアカウント間で切り替えます。

  • 不要な呼び出し元をブロックします。

  • すべての着信通知をオフにします。

  • 教育機関:課題の採点をサポートします。

2019 年 7 月 29 日

  • 絵文字を使用してメッセージにリアクトし、愛情や驚きなどを表現しましょう。

  • 検索機能が改善され、すべての検索結果の種類が 1 つのビューに表示されるようになりました。

  • チャネルでお知らせ投稿を表示する。

  • プライベート チームを検索結果で検出可能にするかどうかを選択する。

  • @メンションの候補の強化。

  • アクセシビリティ: VoiceOver およびローター機能の改善

2019 年 6 月 15 日

  • Teams の通知の警告音を選択します。 アプリの左上にある [その他] ボタン をタップしてから [設定] ボタン [設定]、 [アクティビティ] ボタン [通知] の順にタップするだけで、警告音を選択することができます。

  • Messaging の拡張機能がモバイルに登場しました。

  • VoiceOver ローターを使用して、メッセージ内のリンクやメンションにアクセスします。

  • 会議中や電話中は、スピーカーを完全にオフにします。

  • 添付ファイルが完全にアップロードされる前に、添付ファイル付きのメッセージを送信します。

2019 年 5 月 16 日

  • 設定に移動せずに、会議中に画面を共有する (iOS 12 のみ)。

  • 会議中の場合、近くにある会議室を検索し追加します。 [ユーザーをチームに追加] ボタン > 会議室の追加の順にタップするだけで、必要な会議室を選択します。

  • チャネル会議をカレンダーに追加します。

  • チャットから参加者を削除します。

2019 年 4 月 16 日

  • 新しいアプリの光るアイコンがあります。

  • チーム会議中に、Microsoft Whiteboard をモバイル デバイスで使用できます。

  • 話題になっているメッセージを、アクティビティ フィード に表示できるようになりました。

  • 称賛は、お互いに仕事へのやる気を高める新しい方法です。 チャネルまたはチャットで同僚へのプラスの評価を送信します。 [称賛] を検索するには、メッセージを入力する場所の下にある [その他のオプションその他のオプション ボタン] アイコンをタップします。

  • 新しい言語のサポートを追加しました:ヒンディー語、フィリピノ語、ベンガル語、テルグ語

2019 年 3 月 13 日

  • ダーク テーマが登場しました! スタイリッシュで、目に優しく、デバイスのバッテリーの寿命を向上させる場合もあります。 一般設定に移動して有効にします。  

    Teams iOS ダークモード

  • Teams の会話で音声メッセージを送信することができるようになりました。 記録を開始するには、マイク ボタンをタップして長押しします。 他のユーザーと共有する前に、オーディオ クリップをプレビューすることができます。 

    Teams の音声メッセージ GIF

  • 向上した iPhone XS と XR デバイスのサポート。

  • 会議に参加する前に、オーディオ、ビデオ、携帯電話の環境を設定できます。

  • すべてのチャネル タブにモバイル デバイスでアクセスできるようになりました。

  • 会議出席依頼に返信するときに、メモを追加できます。

2019 年 1 月 15 日

  • 会議のレコーディングの開始と停止をモバイル アプリで行えるようになりました。

  • 通話のパーク機能で、通話を保留状態にして別のデバイスでその通話を受けることができます (電話システムのライセンスが必要)。

  • 上司の代理として通話を発信します (電話システムのライセンスが必要)。

  • モバイル アプリを使用して、チャネルの会議を予約します。

  • コードでチームに参加します。

2018 年 11 月 20 日

  • すべてのチャネルにわたるファイルを検索する。

  • リンクでチームに参加する

  • ライブ イベント中に Yammer ディスカッションに参加する。

2018 年 10 月 8 日

  • 指定した期間、プッシュ通知をオフに設定する。

  • アプリで会議のレコーディングを再生する。

  • 個人のイベントをスケジュール設定する。

  • 通話の一覧で誰が話しているかを表示する。

  • 自分の組織図を表示する。

  • Teams がセルビア語 (ラテン) とラトビア語で利用できるようになりました。

2018 年 9 月 14 日

  • 送信前に画像をトリミングしたり注釈を付ける。

  • [通話] タブから新規の 1 対 1 またはグループ通話を開始する。

  • 通話を転送する前に受信者と相談する。

  • 新しい会議の詳細ページを使用して会議のチャットを退出したりミュートにする。

  • ライブ イベント中に Q&A に参加する。

  • リッチなリンクのプレビューに対応。

2018 年 8 月 13 日

  • チームを参照、検索して、チームに参加する。

  • Microsoft Stream を介してライブ イベントのブロードキャストを視聴する。

  • ホワイトボードで会議の出席者と共同作業を行う。

  • チャネル会議用の会議ノートを表示する。

2018 年 7 月 11 日

  • モバイル アプリで、チャネルのメール アドレスをコピーしてメールを直接チャネルに転送することができるようになりました。

  • モバイル デバイスからライブ イベントに参加する。

  • 通話中または会議中に PowerPoint ファイルを共有する。

  • チャットやチャネル メッセージ内のデバイスの写真ギャラリーからビデオを共有する。

  • モバイル デバイスで会議のノートを表示する。

  • 通話キューと自動応答のサポート。

  • Teams および PSTN の参加者による、1 対 1 からグループ通話への展開 (電話システムのライセンスが必要)。

  • 着信通話を自分の通話グループに転送する。

  • 通話を即座に転送する、または先にチャットで受信者と相談する。

2018 年 6 月 19 日

  • 通話中または会議中に写真を共有する。

  • 通話中または会議中にビデオを共有する。

  • 通話中または会議中に自分の画面を共有する。

  • 会議中に電話機から追加のコンテンツを共有するためのコンパニオン モードを使用する。

2022 年 4 月

会議でのシステム アラートの展開と折りたたみ

Teams からのシステム メッセージが、会議ウィンドウの上部にグループ化されるようになりました。 通知を展開してすべてのメッセージをプレビューし、1 回のタップですべての通知を折りたたんでクリアします。

2022 年 2 月

コードを使用してサインインする

パスワードを覚えられませんか? 心配ありません。 無料でセカンダリメールまたは電話番号を設定するTeams アカウントを使用すると、短いコードを使用してサインインできます。 新しい電話番号アカウントでは、パスワードなしでアカウントを作成することもできます。

2022 年 1 月

任意の電話番号またはメールでチャットする

Teams を使用していない場合でも、メール アドレスまたは電話番号のみを使用して他のユーザーとチャットできます。 新しいチャットを開始し、ユーザーの名前を追加する場所に、代わりに番号またはメールを入力します。 その後、通常と同様にメッセージを送信できます。

Loops を使用してメッセージ内のライブ コンポーネントを共有する

ライブ コンポーネントを使用すると、チャット内のすべてのユーザーがインラインで編集し、変更をすぐに確認できるメッセージを送信できるようになりました。 これは、会議を減らしながら、長いチャット スレッドの必要性を最小限に抑えながら、一緒にアイデアを立て、作成し、決定する新しい方法です。 詳細については、「Teams チャットで Loop コンポーネントを送信する」を参照してください。

2021 年 9 月

適切な絵文字を見つける

自分を完璧な方法で表現しましょう。 探している正確な絵文字を検索できるようになりました。 メッセージを入力するボックスで [スマイル絵文字アイコン] をタップすると、名前と説明で絵文字を検索できる検索ボックスが表示されます。

2021 年 6 月

スポットライトを当てる

スマートフォンまたはタブレットから会議で最大 7 人のユーザーにスポットライトを設定することができるようになりました。 参加者の一覧または画面上のビデオから、ユーザーの名前またはビデオを長押しし、[スポットライト]タップします (または既に追加されている場合は、[スポットライトを追加する] をします)。

イマーシブ リーダーを使用する

メッセージが音声で読み上げられるのを聞きます。 詳細については、「Microsoft Teams でイマーシブ リーダーを使用する」を参照してください。

ウェビナーに参加する

出席者は、スマートフォンまたはタブレットからウェビナーに参加できるようになりました。

すべてオンラインです

すべての会議 (予定も含む) が自動的にオンライン会議になり、リンクをすばやく他のユーザーと共有できるようになりました。

2021 年 5 月

スピード ダイヤルの提供開始

通話で、スピード ダイヤルと通話履歴を切り替えることができるようになりました。

2021 年 4 月

ピン留めされたチャットにアクセスする

スマートフォンまたは iPad のチャット リストの上部には、デスクトップからピン留めされたすべてのチャットが表示されます。 左右にスクロールしてすべてのチャットを表示するか、チャットを長押ししてピン留めされたチャットのピン留めを解除または順序を変更します。

より大きく、より良い絵文字の世界

さまざまな多様性と表現力を使用して、Teams で自分自身を表現します。 Teams の絵文字セットは、新しいカテゴリや特定の絵文字の異なるスキン トーンなど、85 から 800 を超える数の絵文字に拡大しました。

独自の背景を使用してシーンを設定する

通話や会議中に背景を変更できるようになりました。 Teams イメージの一覧から選択するか、独自の画像をアップロードします。 詳細については「Teams 会議の背景を変更する」を参照してください。

2021 年 3 月

社内会議に参加する

会議が最大定員に達した場合でも、閲覧限定の出席者として参加できます。

配布リストと最新のグループを招待する

Teams 会議をスケジュールするときは、配布リストまたは最新のグループの名前を入力して、すべてのメンバーを会議に追加します。

2021 年 2 月

絵文字を使って発言

スマートフォンまたはタブレットから参加すると、Teams 会議でライブ リアクションを利用できるようになりました。 ライブ リアクションを使用して Teams 会議で自分を表現するのに、会議で「いいね!」(いいね)、「愛」(ハート)、「拍手」、「笑い」などのアニメーション リアクションを送信する方法の詳細をご覧ください。

あなたは自由に歩き回ることができます

ピクチャ イン ピクチャ (PiP) のおかげで、スマートフォンやタブレットからライブ イベントを見ながら、Teams アプリ内を移動できるようになりました。 

2021 年 1 月

友人や家族とのオンラインでの集まり

プライベートの生活のための Microsoft Teams を使用すると、ユーザーは個人やグループとのイベントをスケジュールしたり参加したりできます。 プライベートの生活のための Microsoft Teams での会議についての詳細情報。

会議の転送

会議の開催者ではない場合でも、会議出席依頼を他のユーザーに転送できます。 会議を開き、[詳細] をタップします。 参加者の一覧の下に、[会議の転送] があります。 受信者の名前またはメール アドレスを入力し、[完了] をタップします。 

2020 年 12 月

会議のオプションは詳細にあります

これで、会議の詳細タブから会議オプション (ロビー、出席者のマイク制御などをバイパスできるユーザー) を制御できるようになりました。 会議を開き、[詳細] タブをタップする必要があります。 [参加者] セクションのすぐ下に、 設定アイコン[会議のオプション] があります。

会議の検索結果の改善

アクティビティチャットTeamsカレンダーのいずれを使用していても、アプリの上部にある検索バーで会議を検索できます。 「次の会議」「戦略会議」などのフレーズを検索すると、結果のリストが表示されます。

スマートフォンからブレイクアウト ルームに参加する

会議の開催者は、Teams デスクトップ アプリからブレイクアウト ルームを設定します。 開催者が会議室を開くとすぐに、割り当てられたブレイクアウト ルームに移動します。 それ以外の場合は、ルームに参加するための招待状を受け取ります。 詳細については、Teams 会議のブレイクアウト ルームに参加するをご覧ください。

2020 年 11 月

Teams アカウントからの着信

今後、アクティブなアカウントであるかどうかに関係なく、モバイル アプリでサインインしている任意の Teams アカウントから電話を受けることができます。 

2020 年 10 月

新しい状態

Teams の状態をオフラインに設定して、Teams での作業中に状態を非表示にしましょう。 通常の通知は引き続き受け取れますが、他のユーザーすべてに対してはオフラインとして表示されます。 状態を設定するには、プロファイル画像をタップします。 お客様の状態は名前のすぐ下にあり、"利用可能""取り込み中" などと表示されます。状態をタップして、"オフライン" を選択します。

新しい通知の設定

通知の設定に大幅な変更が加えられ、新しい外観とともに、いつ、何のために通知を受けるかを制御する方法がいくつか追加されました。 会議中に通知をブロックし、スケジュールされた穏やかな時間帯に特定の通知が届くようにする機能が追加されました。 また、チャネル通知を 1 か所で簡単に管理できるように変更しました。

通知にアクセスするには、アプリの上部に移動し、プロファイル画像、[通知] の順にタップします。

会議をすぐに開始する

チャットやチャネルからすぐに会議を開始できるようになりました。 アプリの右上隅にある [今すぐ会議] を見つけます。 チャットから、チャット内にいるすべてのユーザーとの会議を開始します。 チャネルから、チャネル メンバーなら誰でも参加可能な会議を開始します。

2020 年 9 月

機密情報を保護する

Intune アプリを使用して、通知のプレビューを非表示にできるようになりました。

あなたの話し方を検索する

検索での自然言語サポートにより、「マーケティングに関する Daniela からのメッセージ」などのフレーズを使用して、メッセージやファイルなどを検索できます。

検索のスペル候補

Teams は、スペルが間違っている可能性のある検索用語のスペル候補を提供するようになりました。

誰が電話したかを確認する

ボイスメールには、電話番号の代わりに、新しい発信者 ID で発信者の名前が表示されるようになります。

Picture in Picture 拡張機能を取得する

PiP 拡張機能を使用して、Teams の会議や通話でビデオを作成します。

今すぐ集合!

集合モード大ギャラリー モード で最大 49 人の会議参加者を表示します。

スポットライトを共有する

主催者がデスクトップ アプリを介してユーザーのビデオにスポットライトを当てると、モバイルの参加者は自分のデバイスからそのビデオを表示できるようになります。

満員の会議室で他の会議参加者 2 人と話している Teams のオンライン会議の画像。

2020 年 8 月

Cortana の音声アシスタントを Teams で使用できるようになりました (米国のみ)

手がふさがっているときでも、常に接続を維持します。 マイクをタップし、音声を使用してメッセージの送信、通話、会議への参加、ファイルの共有などを行います。 現在、米国で使用可能で、将来的には他の市場にも展開されます。

詳細については、「Teams で Cortana の音声アシスタントを使用する」を参照してください

2020 年 7 月 

予定一覧ビューは無料です

無料バージョンの Teams を使用している場合は、毎日の予定一覧が表示されます。 その日の予定を表示し、連絡先と共有したり、参加、編集したりできます。   

会議でのその他の顔

新たに追加されたビデオを使用して、通話や会議でより多くのユーザーのビデオを表示させることができます。 iPhone では2x4ビデオ、iPad では3x3ビデオを取得します。

Teams でのデータの使用を減らす

会議や通話に使用するデータ量を減らします。 [設定]> [データとストレージ]> [データ使用量を減らす]の順に移動します。  

番号を選びます。

複数の電話番号を持つ組織の連絡先にダイヤルする番号を選択します。

もう一度サインインして準備完了です。

Teams にサインインしている場合は、Teams に追加したボットやツールにも、組織のログイン資格情報を使用して、自動的にサインインしています。  

連絡先に電話をかける

Teams を使用して、Android 連絡先アプリで電話する。 通話に移動して、アプリ上部にある電話帳をタップして、デバイスの連絡先にアクセスします。

2020 年 6 月 30 日

無料バージョンの Teams で利用できる会議

無料の会議はこちら! 共有リンクを使用して会議出席依頼を送信します。 参加するには、Teams アカウントは必要ありません。 

チャットとチャネルの検索

チャット メッセージとチャネル投稿の両方の結果を取得します。 [メッセージ検索] アイコン をタップして、検索語句を入力します。 結果の一覧を表示するには、Enter キーを押します。

2020 年 6 月 26 日

仕事のための Teams、生活のための Teams

友人や家族と連絡を取り、プライベートな Teams を プレビューで 試してください。

  • 最初のグループを家族にする

  • タスクリストと共有予定表を使用して、重要なアイテムとイベントを追跡する

  • 共有場所を使用して、家族に現在地を知らせる

  • Safe で機密情報を安全に保存し共有する

Skype の連絡先との接続を維持する

Teams の仕事用アカウントから Skype を使用する連絡先に電話やメッセージを送信できるようになりました。

会議のその他のプライバシー

社外の人には、電話から会議にダイヤルインする人の電話番号は表示されません。

手を挙げる 

会議中に仮想ハンドを挙げて、発言することを他のユーザーに知らせます。

作業用の Walkie Talkie (プレビュー)

Walkie Talkie を使用した、プッシュして話しかけるコミュニケーション。

2020 年 4 月 3 日

タグはこちら!

グループ、役割、部門などを @メンションできるように、タグを作成し、そのタグにユーザーを割り当てます。チーム所有者は、自分で試してみてください。 チームに移動し、[その他のオプション ボタン] > [タグの管理] をタップします。 タグが存在すると、チーム メンバーは、[チャット] > [新しいチャット[Teams] の新しいチャット アイコン] に移動して、[宛先] フィールドにタグの名前を入力し、グループ チャットを開始できます。 詳細については、「Teams でタグを使用する」を参照してください。

通話キューのオプトアウト

お客様が通話キューに入っていて、モバイル デバイスでこれらの通話を受信しないようにしたい場合は、こちらをご覧ください。 [メニューMobile OWA の [その他のアクション] ボタン] > [設定[設定] ボタン] > [通話] に移動し、下部でそれらをオフに切り替えることができます。

注: 一部の管理者はこのオプションを無効にします。これは、オプトアウトができない通話キューに表示されます。

また、通知や会議の信頼性を改善しました。 

2020 年 2 月 6 日

ビューを入れ替えてピン留めする

Teams 会議中に、コンテンツ (PowerPoint プレゼンテーションなど) と参加者ビデオを切り替えます。 または、特定のユーザーのビデオをピン留めし、積極的に話していなくても、常に見ることができるようにします。

画面の右下隅にあるアクティブなスピーカー タイルをタップして、コンテンツを最小化し、参加者のビデオに焦点を合わせます。 特定のユーザーのビデオをピン留めするには、そのタイルの 3 つの点をタップして、[ピン留め] を選択します。

エコーしない

同じ会議に参加している会議室で電話で会議に参加するたびに、Teams はエコーを防ぐためにマイクとスピーカーを自動的にミュートします。

2019 年 11 月 20 日

  • 秘密度ラベルをチームに割り当てることにより、データを分類および保護する

  • 会議チャットは、ユーザーが参加するまで既定でミュートされる

  • 参加者に役割を割り当てることで、会議でできることを選択する

2019 年 10 月 8 日

  • チャット内の特定のメッセージへの引用と返信

  • チャットまたはチャネルにメッセージを転送する

  • 複数の Teams のアカウント間での切り替え

  • 不要な呼び出し元をブロックする

  • すべての着信通知をオフにする

  • 教育機関:課題の採点のサポート

2019 年 7 月 29 日

  • 絵文字を使用してメッセージにリアクトし、愛情や驚きなどを表現しましょう。

  • 検索機能が改善され、すべての検索結果の種類が 1 つのビューに表示されるようになりました。

  • チャネルでお知らせ投稿を表示する。

  • プライベート チームを検索結果で検出可能にするかどうかを選択する。

  • @メンションの候補の強化。

2019 年 6 月 15 日

  • Messaging の拡張機能がモバイルに登場しました。

  • 添付ファイルが完全にアップロードされる前に、添付ファイル付きのメッセージを送信します。

2019 年 5 月 16 日

  • 会議中の場合、近くにある会議室を検索し追加します。 [ユーザーをチームに追加] ボタン > 会議室の追加の順にタップするだけで、必要な会議室を選択します。

  • チャネル会議をカレンダーに追加します。

  • チャットから参加者を削除します。

2019 年 4 月 16 日

  • 新しいアプリの光るアイコンがあります。

  • チーム会議中に、Microsoft Whiteboard をモバイル デバイスで使用できます。

  • 話題になっているメッセージを、アクティビティ フィード に表示できるようになりました。

  • 称賛は、お互いに仕事へのやる気を高める新しい方法です。 チャネルまたはチャットで同僚へのプラスの評価を送信します。 [称賛] を検索するには、メッセージを入力する場所の下にある [その他のオプションその他のオプション ボタン] アイコンをタップします。

  • 新しい言語のサポートを追加しました:ヒンディー語、フィリピノ語、ベンガル語、テルグ語

2019 年 3 月 13 日

  • ダーク テーマが登場しました! スタイリッシュで、目に優しく、デバイスのバッテリーの寿命を向上させる場合もあります。 一般設定に移動して有効にします。

    Teams Android Teams ダーク モード

  • Teams の会話で音声メッセージを送信することができるようになりました。 記録を開始するには、マイク ボタンをタップして長押しします。 他のユーザーと共有する前に、オーディオ クリップをプレビューすることができます。

    Teams の音声メッセージ GIF

  • 向上した PDF の閲覧エクスペリエンス。

  • 向上したファイルのアップロード機能。

  • すべてのチャネル タブにモバイル デバイスでアクセスできるようになりました。

  • 会議に参加する前に、オーディオ、ビデオ、携帯電話の環境を設定できます。

  • 会議出席依頼に返信するときに、メモを追加できます。

2019 年 1 月 15 日

  • リンクをコピーして送信することで、チャネルのメッセージを共有します。

  • 会議のレコーディングの開始と停止をモバイル アプリで行えるようになりました。

  • 通話のパーク機能で、通話を保留状態にして別のデバイスでその通話を受けることができます (電話システムのライセンスが必要)。

  • 上司の代理として通話を発信します (電話システムのライセンスが必要)。

  • モバイル アプリでチャネル会議を予約します。

  • コードでチームに参加します。

2018 年 11 月 20 日

  • すべてのチャネルにわたるファイルを検索する。

  • リンクでチームに参加する

  • 送信前に画像をトリミングしたり注釈を付ける。

2018 年 10 月 8 日

  • 指定した期間、プッシュ通知をオフに設定する。

  • ライブ イベント中に Yammer ディスカッションに参加する。

  • アプリで会議のレコーディングを再生する。

  • 個人のイベントをスケジュール設定する。

  • 通話の一覧で誰が話しているかを表示する。

  • 自分の組織図を表示する。

  • Teams がセルビア語 (ラテン) とラトビア語で利用できるようになりました。

2018 年 9 月 14 日

  • より多くの種類のファイルをプレビュー表示する。

  • [通話] タブから新規の 1 対 1 またはグループ通話を開始する。

  • 通話を転送する前に受信者と相談する。

  • 新しい会議の詳細ページを使用して会議のチャットを退出したりミュートにする。

  • ライブ イベント中に Q&A に参加する。

2018 年 8 月 13 日

  • チームを参照、検索して、チームに参加する。

  • Microsoft Stream を介してライブ イベントのブロードキャストを視聴する。

  • ホワイトボードで会議の出席者と共同作業を行う。

  • チャネル会議用の会議ノートを表示する。

2018 年 7 月 11 日

  • モバイル アプリ上で会議を作成することができるようになりました。

  • モバイル デバイスからライブ イベントに参加する。

  • 通話中または会議中に PowerPoint ファイルを共有する。

  • チャットやチャネル メッセージ内のデバイスの写真ギャラリーからビデオを共有する。

  • モバイル デバイスで会議のノートを表示する。

  • 通話キューと自動応答のサポート。

  • Teams および PSTN の参加者による、1 対 1 からグループ通話への展開 (電話システムのライセンスが必要)。

  • 着信通話を自分の通話グループに転送する。

  • 通話を即座に転送する、または先にチャットで受信者と相談する。

2018 年 6 月 19 日

  • 通話中または会議中にビデオを共有する。

  • 会議中に電話機から追加のコンテンツを共有するためのコンパニオン モードを使用する。

IT 管理者や、Teams の卓上電話、Android 用 Teams ミーティング、または Teams ディスプレイの機能更新プログラムを探しているユーザーは、 Microsoft Teams デバイスの新機能 でリリース ノートを確認できます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×