注: Microsoft Teams はInternet Explorer 11 2020 年 11 月 30 日からサポート対象外となります。 詳細情報。 Internet Explorer 11 は、サポートされているブラウザーのままになりますので、ご注意ください。 Internet Explorer 11 は Windows オペレーティング システムのコンポーネントであり、インストールされている製品のライフサイクルポリシー に従います。

2021 年 9 月 17 日

レコーディングを開始し、ライブ議事録を自動的に有効にする

会議のレコーディングを開始すると、ライブ議事録も有効にできます。  その他のアクション ボタンの複製会議 の上部の [その他のアクション] を選択し、[レコーディングの開始] を選択します。 議事録が自動的に開始されます。

会議のレコーディングと議事録の詳細については、「Teams における会議のレコーディング」を参照してください。

2021 年 7 月 30 日

通知スタイルを選択する

Mac で Teams を使用している場合は、Teams の (紫色の) 組み込み式デスクトップ通知または macOS の Windows デスクトップ通知のどちらかを選択できるようになりました。 Mac の通知スタイルを使用すると、たとえば [応答不可] モードの時の通知をミュートにするなど、より詳細なコントロールが可能になります。

通知スタイルを変更するには、[設定] > [通知] の順に選択します。 [通知スタイル] の横のメニューで、矢印を選択し、[Mac] を選択します。 詳細については、「Teams で通知スタイルを変更する」を参照してください。

最終更新日: 2021 年 7 月 16 日

マイクの感度を自動的に調整する

マイクの感度の設定を大慌てで調整する必要をなくし、Teams にその作業を任せましょう。 [設定] > [デバイス] を選択し、[マイクの感度を自動調整] トグルをオンにします。

会議の自動記録

二度と会議を記録することを忘れないでください。 会議のオプションで、会議が開始する前に自動的に記録] トグルを[はい]に切り替えます。 会議が開始されると、Teams によって自動的に記録が開始されます。 会議の後、ビデオが会議チャットと Microsoft Stream に表示されます。

注: この設定は IT 管理者によって有効になっており、すべてのユーザーが使用できるわけではありません。

会議中の通話品質を監視する

Teams の会議中または通話中に通話品質を追跡しますか? 会議ウィンドウで、フレーム レート、送受信データ、帯域幅などを表示します。 開くには、[他のアクセス] その他のアクション アイコン> [通話の正常性] の順に選択します。

通話品質情報は、会議ビデオの右側に表示され、15 秒ごとに更新されます。 追跡対象の完全な一覧については 「Teams で通話と会議の品質を監視する」を参照してください。

2021 年 6 月 28 日

スポットライトを当てる

会議の主催者や発表者は、会議に参加している複数のユーザーにスポットを当て、そのユーザーのビデオやプロフィール写真をピン留めしてすべてのユーザーに表示することができるようになりました。 詳細については、「Teams 会議で他のユーザーのビデオをスポットライトする」を参照してください。

2021 年 6 月 1 日

Teams 診断ログの収集の簡略化

システム トレイの Teams アイコンを右クリックし、[サポート ファイルの収集] を選択します。 すべてのデスクトップ ログとデバッグ ログは、[ダウンロード] で 1 つのフォルダーに収集されます。 このオプションには、メディア ログも含まれます([設定] で有効になっている場合)。 詳細については、https://docs.microsoft.com/en-us/microsoftteams/log-files をご覧ください。

2021 年 5 月 28 日

より大きく、より良い絵文字の世界

さまざまな多様性と表現力を使用して、Teams で自分自身を表現します。 Teams の絵文字セットは、新しいカテゴリや特定の絵文字の異なるスキン トーンなど、85 から 800 を超える数の絵文字に拡大しました。

macOS でシステム オーディオを共有する

Mac 上の Teams でデスクトップまたはウィンドウを共有するときに、コンピューターのサウンドを含め、会議に参加したユーザーがそこからの音声を聞くことができるようになりました。 

Teams 会議での共有の改善

PowerPoint スライド デッキ、ウィンドウ、Microsoft Whiteboard、またはデバイス上の特定の画面を共有しますか? 再設計された共有エクスペリエンスにより、必要なときに適切なコンテンツを簡単に見つけることができます。 オーディオも共有する必要がありますか? また、Teams 会議で [コンテンツ コンテンツアイコンを共有する を共有する] を選択すると表示されます。

新しいデザインのスクリーンショットを含む詳細については、「Teamsの会議でコンテンツを共有する」を参照してください。

カメラをオンにできるユーザーを管理する 

会議の出席者が会議中にカメラをオンにできないようにするには、2 つの方法があります。 会議の前に、[会議のオプション] で、[出席者にカメラを許可しますか?] の切り替えスイッチをオフにして、[保存]を選択します。 会議中に、開催者と発表者は、[参加者] の横 にある [その他のオプション] Teams のその他のオプション アイコンを選択して、[出席者のカメラを無効にする] を選択して、すべての出席者または個々の出席者のカメラを無効にすることができます。 

詳細については、「Teams 会議で出席者の音声とビデオのアクセス許可を管理する」を参照してください。

2021 年 5 月 17 日

Teams で不在時を設定する

1 週間の冒険に行く場合も、午後にオフラインで作業を行う場合でも、Teams デスクトップまたは Web アプリから、外出中の状態と自動応答を設定できます。 

プロファイル写真を選び、[ステータス メッセージを設定する] >] > [外出中をスケジュール]の順に選択します。 または、[設定] > [全般] > [外出中] > の順に移動し、[スケジュール] を選択します。 Outlook の場合と同様に、自動応答をカスタマイズし、設定する期間を選択できます。

2021 年 4 月 30 日

通知スタイルを選択する

Windows で Teams を使用している場合は、Teams の (紫色の) 組み込み式デスクトップ通知または PC の Windows デスクトップ通知のどちらかを選択できるようになりました。 Windows の通知スタイルを使用すると、たとえば集中モード の時の通知をミュートにするなど、より詳細なコントロールが可能になります。

通知スタイルを変更するには、[設定] > [通知] の順に選択します。 [通知スタイル] の横のメニューで、矢印を選択し、[Windows] を選択します。

注: Windows の設定で Teams の通知がオンになっていることを確認してください。オンになっていないと、Teams はデスクトップ通知を送信できません。

2021 年 4 月 23 日

招待するユーザーのための新しいロビーの設定

会議に招待されたユーザーが会議のロビーをバイパスできるようにする新しいロビーの設定が追加されました。 この設定は [会議オプション] に表示されます。 [ロビーをバイパスするユーザー] の横のドロップダウンリストで [招待したユーザー] を選択します。

転送された招待メッセージを含め、招待を受け取ったユーザーは、会議に直接参加します。 これには、配布リストは含まれませんので、ユーザーは個別に招待する必要があります。 招待メッセージが転送されないようにするには、会議をスケジュールする際、Outlook の[転送の許可] をオフにします。

会議の設定の詳細については、「Teams 会議の参加者の設定を変更する」を参照してください。

会議の新しい出席者のマイク設定

また、会議の開催者と発表者が出席者のオーディオを管理する方法について、新しく 2 つの更新プログラムがあります。

最初の更新プログラムでは、手を上げなくても参加者の ミュートを解除できます (以前は必須でした)。

2 番目の更新プログラムでは、Teams 会議中に特定の出席者のミュートを解除できないようにして、開催者と発表者が会議に集中できるようにします。 参加者リストを開き、ユーザーの名前の横にある[その他のオプションMicrosoft Teams のその他のオプション アイコン]を選択し、[ミュート解除を許可しない] を選択します。

会議でのオーディオの管理の詳細については、「Teams 会議で出席者のオーディオアクセス許可を管理する」を参照してください。

2021 年 4 月 9 日

Outlook から Teams にメールを共有する

Outlook デスクトップ アプリでメールを表示しているとき。 リボンにある [Teams への共有] を選択します。 Outlook on the web (および新しい Outlook for Mac) で、[その他のアクション] Microsoft Teams のその他のオプション アイコン を選択し、[Teams への共有] を選択します。 「Outlook から Teams にメールを共有する」の詳細を説明します。

2021 年 3 月 19 日

今すぐ会議または後で会議する

カレンダー の上部にある、[今すぐ会議] ボタンでインスタント会議を作成できます。 会議を開始して共有可能なリンクを作成するには、[今すぐ会議] を選択します。 会議の名前を設定し (あとで会議のチャットを見つけるのに役立ちます)、[リンクを取得] を選択して共有するか、[会議を開始] を選択します。 [会議を開始] を選択すると、直接会議にジャンプして他のユーザーを招待できます。 詳細については、「Teams でインスタント会議を開始する」を参照してください。

Outlook から Teams のインスタント会議を開始する

Outlook for Windows からもインスタント会議を開始できます。 Teams と同じように、Outlook でカレンダーを開いて、リボンの上部にある [今すぐ会議] を選択します。 選択すると、Teams 会議が表示され、会議のリンクを取得したり参加者を招待したりできます。

要点を振り返りましょう

Teams では、Teams 会議の要約を提供できるようになり、会議の参加者や出席できなかったユーザーが終了した会議を確認できるようになりました。 要約には、会議の記録、トランスクリプト、チャット、共有ファイルなどが含まれます。これらは、[会議チャット] タブで自動的に共有され、会議出席依頼の [詳細] タブで表示できるようになりました。 また、開催者はここで参加者のレポートを確認することもできます。

注: 会議の記録とトランスクリプトは、会議参加者がこの機能をオンにした場合にのみ使用できます。 現在、トランスクリプトは英語でのみ利用できます。

2021 年 3 月 5 日

新しいグリッド ビューで移動する

Teams デスクトップまたは Web アプリから PowerPoint デッキをプレゼンテーションする場合、発表者用の新しいグリッド ビューで特定のスライドをスキップする (または戻る) オプションがあります。 会議でグリッド ビューを使用するには、コンテンツを共有するときに [PowerPoint] オプションを選択します。 プレゼンテーション中に、プレゼンテーションの左下にある [スライドへジャンプ] を選択して (または G と入力して)、各スライドのサムネイル ビューを表示します。 必要なサムネイルを選択すると、その場所に移動します。

Teams 会議でのプレゼンテーションの詳細については、「Teams の会議でコンテンツを共有する」を参照してください。

2021 年 2 月 26 日

履歴を使用できるようになりました

アプリの上部にある戻る矢印 戻る矢印 を使用して、Teams で行ったことのある以前の領域にすばやく戻ります。 矢印にカーソルを合わせると、会話、チャネル、アプリ、アクティビティ、タブ、ファイルの履歴が表示されます。 リストからアイテムを選択すると、すぐに Teams のその場所に戻ります。 詳細については、「履歴を使用して、アクセスしたことのあるところを再度アクセスする」を参照してください。

2021 年 2 月 19 日

気持ちを言葉で表現できない場合

あなたが感じていることをリアクションで示しましょう。今は会議中です。 いいね!、ハート、喝采、笑いから選びます。 「ライブ リアクションを使用して Teams 会議で気持ちを表現する」で、次の会議でリアクションを使用する方法を学びましょう。

会議で使用できる新しいキーボード ショートカット

これらのショートカットを使用して、会議で手を挙げ、他に誰が手を挙げたかを確認します。 Ctrl+Shift+K キー (macOS の場合は Command+Shift+K キー) を押すと、手を挙げたり下げたりできます。 Ctrl+Shift+L キー (macOS の場合は Command+Shift+L キー) を押すと、現在手を挙げている他のユーザーの一覧がスクリーン リーダーで読み上げられます。

2021 年 2 月 12 日

発表者のみなさん 前回終了した位置から再開する

プレゼンテーションを中止してもう一度共有する必要がある場合でも、あなたと同僚が大きなプレゼンテーションをタッグチーム組んで行っている場合でも、Teams があなたをサポートします。 あなた (または会議のファイルにアクセスできる他の人) は、PowerPoint デッキの画面共有を停止して、同じ場所から再開できます。 会議で画面を共有する場合は、表示する PowerPoint ファイルを選択します。 次にその会議で共有するときに、プレゼンテーションを再開するか、最初からやり直すかを選択できます。

最後に表示していたスライドからプレゼンテーションを再開するかどうかを尋ねる Teams 会議バナーの画像。閉じるか再開するためのボタンが付いています。

2021 年 1 月 29 日

あなたのアジェンダを Teams で無料で使用できます

無料バージョンの Teams で会議をスケジュールすると、今後のすべての会議を一覧表示する議題ビューが表示されるようになりました。 この新しいビューを使用すると、招待状をコピーして他のユーザーと共有したり、会議オプション へのショートカットを作成したりすることもできます。 「Teams の無料版で会議を始める」で、詳細情報をご確認ください。

Teams 無料版のアジェンダ カレンダーのスクリーン ショット

2021 年 1 月 22 日

Google Workspace で Teams 会議を使用する

新しい Teams アドオンを使用して、Google Workspace のカレンダーから直接 Teams 会議のスケジュール設定や参加を簡単に行えるようになりました。 ビデオ通話を行い、デジタル ホワイトボードを使ってブレーンストーミングを行い、学校と職場全体でつながりを維持できます。 「Google Workspace 用の Teams 会議アドオンをインストールする」で、Teams を Google Workspace に追加する方法に関する手順を入手してください。

2021 年 1 月 15 日

Together モードを使用してシーンを設定する

Together モードでの次の会議に向けて、新しいシーンを用意しました。 お客様のチームを講堂から 8 ビット ピクセルの世界、冬のワンダーランド、または海底へと連れて行きましょう。 Together モードでシーンを変更するには、会議の左下隅で [シーンの変更]  [編集] アイコン (鉛筆) を選択します。

会社全体のタスク リストを公開

タスク アプリの新しいタスク公開機能を使用して、組織全体の仕事を作成し、追跡しましょう。 管理者や管理職は、「Manage the Tasks app for your organization in Microsoft Teams (Microsoft Teams で組織のタスク アプリを管理する)」でタスク公開に関するすべての詳細情報をご確認いただけます。

承認されました!

Teams の承認アプリを使用して、チームメイトやパートナーとの間で発生する要求や処理を効率化します。 リクエストを作成し、送信されたきたリクエストを表示して、過去のすべてのリクエストに 1 か所からアクセスします。 簡単なビデオを視聴し、その仕組みをすばやく理解しましょう

2021 年 1 月 12 日

ブレイクアウト ルームを利用して小さなグループ ディスカッションを行う

教師や会議の主催者がオンラインでレッスンや大規模な会議を行っているため、ユーザーの皆さんは有意義な議論を促進する方法を探しています。 より楽しく会話を行うために、大規模なグループが小グループに分かれることができるようにする必要があります。

幸いなことに、Teams 会議のブレイクアウト ルームなら、これを実現できます。 開催者は、「Use breakout rooms in Teams meetings (Teams 会議でブレイクアウト ルームを使用する)」で Windows または Mac のデスクトップ アプリを介してブレイクアウト ルームを設定する方法をご確認いただけます。

2021 年 1 月 8 日

チャネルの予定表の追加

新しいチャネルの共有予定表を使用して、チームとして会議をスケジュールしましょう。 チャネルのイベントをすべて 1 か所に表示し、それらを個人用の予定表に追加できるようになりました。 詳細については、「See all your meetings in Teams (Teams ですべての会議を表示する)」を参照してください。

2020 年 12 月 18 日

必要なすべてのチーム

チームを作成してチームのメリットを活かしましょう。 組織で作成可能なチームの数に上限がなくなったので、すべてのユーザーが必要な数だけチームを作成できます。 チーム数無制限という自由を満喫し、自分やチームメイトにとって最適な方法で仕事を整理しましょう。

ライブ イベントで利用可能な言語の追加

より多くの多様なコラボレーションを Teams へと受け入れるための継続的な取り組みとして、ライブ イベントのキャプションや翻訳にさらに多くの言語を追加しました。 ヒンディー語、フランス語、韓国語などが追加されました。 話された言葉のキャプションや、ネイティブ言語へと翻訳された字幕が表示されます。 

サポートされている言語のすべての一覧については、「Use live captions in a live event (ライブ イベントでライブ キャプションを使用する)」を参照してください。

残り 5 分

スケジュールされている会議の残り時間が 5 分に達すると、会議の一番上にバナーが表示され、もうすぐ会議が終了することをすべてのユーザーに知らせます。

2020 年 12 月 10 日

会議に参加したときの新しい外観

Teams での会議に参加すると、オーディオとビデオの設定の新しい外観が表示されます。 右側には、オーディオ設定があります。 コンピューターのスピーカー (既定)、会議室、電話、あるいはオーディオを無効にする、のいずれかを選択します。

左側には、ビデオのプレビューや、背景効果を有効にする設定が表示されます。 特定のマイクやカメラを検索する必要がある場合は、 [ビデオのプレビュー] で、 設定 (歯車アイコン) を選択してデバイスの設定を開きます。 右側のドロップダウン メニューを使って、探しているものを見つけます。

チャネルの投稿をピン留めする

ピン留めすることで、自分やチームメイトがチャネル内の重要な投稿に簡単にアクセスできます。  すべてのユーザーが参照する必要がある会社の指示がありますか? それらをピン留めします。 オンラインでパーティーを開催しますか? すべての詳細にすばやくアクセスするには、招待をピン留めします。 メッセージが何であれ、メッセージの上にマウス ポインターを置き、[その他のオプション] [その他のオプション] アイコン を選択して [メッセージを固定する] 固定 >ピン留めする。

チャネルにピン留めされているすべてのアイテムは、[チャネル情報] ウィンドウに表示されます。 チャネルの右にある最上部に表示されます。 [チャネル情報の表示] チャネル情報のボタン を選択すると、ピン留めされた投稿が、最近チャンネルに投稿したメンバー リストの下に表示されます。

2020 年 12 月 9 日

一足早く Teams に参加する

Teams の新機能を最初に試したい場合は、Teams パブリック プレビュー プログラムに参加します。 今月、新しくなっています。 参加するには、管理者がアクセスを許可している必要があることに注意してください。 プレビューをオンにする方法については、「Teams の新機能への一足早くアクセスする」をご覧ください。

初めてのプレビューに使用できる最初の機能セットの詳細については、ブログの投稿をご覧ください。

2020年12 月 8 日

昼休みが終わるまでは応答不可。

Teams で状態の期間を設定できるようになりました。 アプリの上部にあるプロフィール写真を選択し、名前の下に表示されるステータス([利用可能]、[応答不可]など)を選択してから、[期間]を選択するだけです。 そこから、状態と表示したい期間を選びます。

背景の雑音を取り除く 

Teams の最上部にあるプロフィール写真に移動し、[設定]> [デバイス]> [ノイズ抑制] に移動します。 メニューで [] を選択すると、背景音がさらに強く抑制されます。 それで、ルームメイトが郵便配達員に大きな声で返事した場合でも、ドアの外で体操をしている場合でも、Teams は静けさという毛布であなたを包みこみます。

2020 年 11 月 20 日

プライベートの生活のための Teams をデスクトップで使用できるようになりました 

新しいプライベートの生活のための Teams デスクトップ アプリケーションで家族や友人とつながります。 外出先や使用中のコンピューターからでも、プランをグループとして整理したり、個人情報を保存したり、メモリを共有したりできるようになりました。 詳細については、「プライベートの生活のための Microsoft Teams の導入」をご利用いただけます。

アプリを使用してさらに多くのことを会議で行う

アプリを使用してオンライン会議のエクスペリエンスを快適にします。 チャットやチャネルにタブを追加する場合と同じように、招待状を送信した後で、会議の詳細を開き、上部にある プラス記号のアイコン を選択して、アプリを選択し、[追加] を選択します。 詳細については、「会議でアプリを使う」をご覧ください。

2020 年 11 月 17 日

多言語コミュニケーションが改善される

Windows デスクトップ アプリでは、Teams のスペルチェッカーが、言語を切り替えた際、またそれに応じて調整を加えた際に、それを検出します。 また、スペルチェックは既定でオペレーティング システムのキーボードの言語になり、キーボードの言語を切り替えるたびに調整されます。

トップ メッセージの結果

より関連性の高い結果を提供するための継続的な取り組みにより、今では検索をすると [メッセージ] タブの上部に、最も関連性の高い 3 つのメッセージが表示されるようになりました。 Teams の上部にあるコマンド ボックスに語句を入力して、Enter キーを押します。 [メッセージ] タブを選択すると、の 3 つの上位の結果の後に、すべての結果が表示されます。

2020 年 10 月 29 日

秘密を保持して、安全を維持する

さらにプライバシーを提供するために、Teams ではデスクトップ通知のメッセージプレビューをオフにできるようになりました。 メッセージのプレビューは既定でオンになっています。 オフにするには、プロフィール画像に移動し、[設定] > [通知] > [メッセージプレビューを表示] を選択します。 ここから、トグルをオフに切り替えます。

Teams でのオフライン表示

Teams のステータスでオフライン表示を設定できるようになりました。メッセージが届いた場合は通知を受け取りながら、他の人に見えない状態で Teams 上の作業ができます。 まるで魔法のようです。

通知設定に大幅な変更が加えられました

新しくシンプルになった通知設定の構成をご確認ください。 アクセスするには、プロフィール写真から、[設定] > [通知] の順に選択します。 

通知のプロになり、「Teams での通知の管理」で変更の詳細を確認してください。

新しい業界ベースのチーム テンプレート 

業界専用に作成されたチーム テンプレートを使用して、作業方法に最適化されたチームを作成できます。 プロジェクト管理、従業員の採用などのためのいくつかの新しいテンプレートもあります。

テンプレートを使用する方法については、「テンプレートからチームを作成する」を参照してください。

デバイス間で会議を転送する

Teams 会議でデバイスをシームレスに切り替えます。 それで、誰にも気づかれずに、朝のコーヒーをいれながらスマートフォンで会議に参加し、デスクに着いたらコンピューターに転送できます。

2020 年 10 月 16 日

InVision によるフリーハンドは、新しい会議環境にホワイトボードを導入します

InVision アプリによるフリーハンドを使用して、新しい Teams 会議環境における会議で共同作業できるようになりました。 Teams 会議の快適さと安全性から、新しいアイデアのスケッチとブレインストーミングを楽しんでください。

2020 年 10 月 9 日

会議をすばやく確認する

会議を開かずに、予定表から会議の詳細を表示します。 予定表のイベントの上にカーソルを置くだけで詳細の概要が表示され、読むことができます。

発表者の名前がライブ キャプションに追加されました 

ライブ キャプションは、会議中にキャプションを生成する場合に発表者の名前に属性を設定できるようになりました。 現在、ライブ キャプションは英語でのみご利用いただけます。

新しいキーボード ショートカット キー

Teams のアクセシビリティを高めるために、2 つの新しいショートカットが用意されています。 新しい会話を始めるには、PC の場合は Alt キーを押しながら Shift キーと C キーを押し、Mac の場合はOpt キーを押しながら Shift キーと C キーを押します。 スレッドに返信するには、PC の場合は Alt キーを押しながら Shift キーと R キーを押し、Mac の場合はOpt キーを押しながら Shift キーと R キーを押します。

会議用の新しい出席者オーディオ オプション

会議の開催者は、出席者のマイクを無効にして、会議中にミュート解除できないようにすることができます。 会議のオプションでは、[出席者にミュート解除を許可する] に移動し、トグルを [はい] の位置に切り替えます。

2020 年 9 月 25 日

会議のメモに簡単にアクセス

会議のメモは、一度に最大 100 人の会議参加者をサポートするようになりました。 メモにアクセスできる参加者は、会議が終了した後も引き続き会議のメモにアクセスできるようになります。 また、会議がスケジュールされた後で会議に参加し、メモにアクセスできない場合は、メモの所有者にアクセスを要求できるようになりました。 「Teams で会議のメモを取る」で最新情報を入手できます。

スポットライトを共有する

ビデオにスポットライトを当てると、会議全員のビデオを1つに固定されます。 主催者または発表者の場合は、誰のビデオでも (自分のビデオも含む)、みんなが見るメインのビデオとして選択できます。 特定の人に全員の注目を集める方法については、「Teams 会議で誰かのビデオにスポットライトを当てる」を参照してください。

2020 年 9 月 11 日

大きなボタンを押す

チャネルにアップデータされた 新規会話 ボタンの導入。 新しいボタンの外観で、スレッドに返信するのではなく、新しい会話をしていることが確実に確認できます。 以前と同じキーボドショートカットを使用できますが、Microsoft Teams 用キーボードショートカットでも確認できます。

新しいボタンはチャネルの下部にあります。 新規会話 を選択して、メッセージを書くボックスを開きます。 以前と同じ様に、メッセージを素早く入力して Enter キーを押せば送信できます。または フォーマット  [展開] ボタン を選択して、ボックスを拡大してから、フォーマット ツールを使用します。  拡大モードで 送信  [送信]アイコン を選択して、メッセージを送信します。 

2020 年 9 月 4 日

SharePoint リストが Teams で使用可能になりました

チームで作業を管理したり、在庫を追跡したりするためのリストを作成できます。  [タブの追加]を選択してチャネルにリストを追加し、次に[リスト]を選択します(アプリを名前で検索する必要がある場合があります)。 リストを最初から作成するか、既存のテンプレートとチームリストから選択します。 Teams でのリストの使用を開始する。

Microsoft Whiteboard を使用して、オンラインでより多くの共同作業を行う

先月、Microsoft Whiteboard は、Teams でオンライン会議をしながらクリエイティブな作業をこれまで以上に簡単に行えるようにする新機能をリリースしました。 付箋、テキストオブジェクトなどを使用して、ホワイトボードをより適切に整理できます。 Microsoft Tech Community のすべてのニュースをチェックしましょう。.

2020 年 8 月 21 日

Teams でのリアルタイムステータスの更新

Teams がすべてのユーザーのステータスの更新ができるようになったことをお知らせします。 これはどういう意味ですか ? Outlook での外出中など(別名 自動返信)のオン/オフを含め、Teams のステータス(連絡可能、電話中など)が変更された場合、より信頼性が高く、迅速な更新が可能になります。 また、予定表のイベントの更新も、速くなります。

2020 年 7 月 31 日

デスクトップ上での新しい会議や通話環境をプレビューする

新しい環境はどんなものでしょう? Teams のデスクトップ アプリで通話や会議に参加すると、サブウィンドウに別表示されます。 [メイン] ウィンドウを使用することで、会議や通話のスペースを失うことなく、Teams 内を移動しつづけることが可能です。

この設定のプレビューを有効にする方法の詳細については、「新しい会議機能のプレビューを入手する」 を参照してください。 また、「Microsoft コミュニティ」 については、「最新情報とお知らせ」 をご覧ください。

2021 年 6 月

スポットライトを当てる

スマートフォンまたはタブレットから会議で最大 7 人のユーザーにスポットライトを設定することができるようになりました。 参加者の一覧または画面上のビデオから、ユーザーの名前またはビデオを長押しし、[スポットライト]タップします (または既に追加されている場合は、[スポットライトを追加する] をします)。

イマーシブ リーダーを使用する

メッセージが音声で読み上げられるのを聞きます。 詳細については、「Microsoft Teams でイマーシブ リーダーを使用する」を参照してください。

ウェビナーに参加する

出席者は、スマートフォンまたは iPad からウェビナーに参加できるようになりました。

検索結果の改善と高速化

検索語句を入力して、自動提案と 上位ヒット を取得します。

すべてオンラインです

すべての会議 (予定も含む) が自動的にオンライン会議になり、リンクをすばやく他のユーザーと共有できるようになりました。

検索結果の並べ替え

メッセージを検索するときに、関連性または最近送信された方法で結果を並べ替えることができます。

会議の添付ファイルとその他のファイルを表示する

[会議の詳細] タブから、開催者が会議に追加した添付ファイルと、会議に関連する可能性のある他のファイルに関する Teams によって生成された提案を表示できるようになりました。

2021 年 5 月

スピード ダイヤルの提供開始

通話で、スピード ダイヤルと通話履歴を切り替えることができるようになりました。

2021 年 4 月

ピン留めされたチャットにアクセスする

スマートフォンまたは iPad のチャット リストの上部には、デスクトップからピン留めされたすべてのチャットが表示されます。 左右にスクロールしてすべてのチャットを表示するか、チャットを長押ししてピン留めされたチャットのピン留めを解除または順序を変更します。

アプリ間を自由に移動できるようになりました

PiP (ピクチャ イン ピクチャ) を使用すると、Teams でマルチタスクを実行しながら、会議や通話で何が起こっているかを確認できるようになりました。 [戻る] ボタンをタップして Teams の別の部分に移動するだけで、会議ビデオは画面の隅で小さな画像に最小化されます。 画像をタップすると、いつでも会議に戻ることができます。

より大きく、より良い絵文字の世界

さまざまな多様性と表現力を使用して、Teams で自分自身を表現します。 Teams の絵文字セットは、新しいカテゴリや特定の絵文字の異なるスキン トーンなど、85 から 800 を超える数の絵文字に拡大しました。

独自の背景を使用してシーンを設定する

通話や会議中に背景を変更できるようになりました。 Teams イメージの一覧から選択するか、独自の画像をアップロードします。 詳細については「Teams 会議の背景を変更する」を参照してください。

2021 年 3 月 

社内会議に参加する

会議が最大定員に達した場合でも、閲覧限定の出席者として参加できます。

配布リストと最新のグループを招待する

Teams 会議をスケジュールするときは、配布リストまたは最新のグループの名前を入力して、すべてのメンバーを会議に追加します。 

2021 年 2 月

絵文字を使って発言

スマートフォンまたはタブレットから参加すると、Teams 会議でライブ リアクションを利用できるようになりました。 ライブ リアクションを使用して Teams 会議で自分を表現するのに、会議で「いいね!」(いいね)、「愛」(ハート)、「拍手」、「笑い」などのアニメーション リアクションを送信する方法の詳細をご覧ください。

iPad でライブ イベントでプレゼンテーションを行う

発表者は、iPad からライブ イベントに参加して実行できるようになりました。 詳細については、[Teams のライブ イベントでプレゼンテーションを行う] に進み、ページ上部の [iOS] タブを選択してください。

発表者として参加するためのボタンが付いたライブ イベントの事前参加画面

Teams のアカウント情報を削除する

アカウント情報を消去するには、サインイン画面に移動し、削除するアカウントを左にスワイプします。 これにより、モバイル デバイスからアカウントと関連データが削除されますが、ライセンスからアカウントが削除されることはありません。 

2021 年 1 月

友人や家族とのオンラインでの集まり

プライベートの生活のための Microsoft Teams を使用すると、ユーザーは個人やグループとのイベントをスケジュールしたり参加したりできます。 プライベートの生活のための Microsoft Teams での会議についての詳細情報。

会議の転送

会議の開催者ではない場合でも、会議出席依頼を他のユーザーに転送できます。 会議を開き、[詳細] をタップします。 参加者の一覧の下に、[会議の転送] があります。 受信者の名前またはメール アドレスを入力し、[完了] をタップします。 

2020 年 12 月

会議のオプションは詳細にあります

これで、会議の詳細タブから会議オプション (ロビー、出席者のマイク制御などをバイパスできるユーザー) を制御できるようになりました。 会議を開き、[詳細] タブをタップする必要があります。 [参加者] セクションのすぐ下に、 設定アイコン[会議のオプション] があります。

会議の検索結果の改善

アクティビティチャットTeamsカレンダーのいずれを使用していても、アプリの上部にある検索バーで会議を検索できます。 「次の会議」「戦略会議」などのフレーズを検索すると、結果のリストが表示されます。

スマートフォンからブレイクアウト ルームに参加する

会議の開催者は、Teams デスクトップ アプリからブレイクアウト ルームを設定します。 開催者が会議室を開くとすぐに、割り当てられたブレイクアウト ルームに移動します。 それ以外の場合は、ルームに参加するための招待状を受け取ります。 詳細については、Teams 会議のブレイクアウト ルームに参加するをご覧ください。

Teams がデバイスのテーマに準拠します

ライト モードの明るさとダーク モードのムードのどちらを選んでも、Teamsは、アプリのテーマをデバイス用に選択したものに既定で設定するようになりました。 アプリのテーマを変更するには、プロフィール写真 > [設定] > [外観] をタップします。

2020 年 11 月

Teams アカウントからの着信

今後、アクティブなアカウントであるかどうかに関係なく、モバイル アプリでサインインしている任意の Teams アカウントから電話を受けることができます。 

2020 年 10 月

新しい状態

Teams の状態をオフラインに設定して、Teams での作業中に状態を非表示にしましょう。 通常の通知は引き続き受け取れますが、他のユーザーすべてに対してはオフラインとして表示されます。 状態を設定するには、プロファイル画像をタップします。 お客様の状態は名前のすぐ下にあり、"利用可能""取り込み中" などと表示されます。状態をタップして、"オフライン" を選択します。

新しい通知の設定

通知の設定に大幅な変更が加えられ、新しい外観とともに、いつ、何のために通知を受けるかを制御する方法がいくつか追加されました。 会議中に通知をブロックし、スケジュールされた穏やかな時間帯に特定の通知が届くようにする機能が追加されました。 また、チャネル通知を 1 か所で簡単に管理できるように変更しました。

通知にアクセスするには、アプリの上部に移動し、プロファイル画像、[通知] の順にタップします。

会議をすぐに開始する

チャットやチャネルからすぐに会議を開始できるようになりました。 アプリの右上隅にある [今すぐ会議] を見つけます。 チャットから、チャット内にいるすべてのユーザーとの会議を開始します。 チャネルから、チャネル メンバーなら誰でも参加可能な会議を開始します。

左にスワイプしてアカウントを削除する

モバイル アプリに追加されたアカウントの一覧を表示するには、アプリの上部に移動し、プロファイル画像をタップします。 そこから、アカウント上で左にスワイプし、キャッシュされた情報を削除して、アカウントの一覧からアカウントを削除します。

注: これによってアカウントの使用が停止されることはありません。モバイル アプリに表示されなくなるだけです。 

2020 年 9 月

機密情報を保護する

Intune アプリを使用して、通知のプレビューを非表示にできるようになりました。

あなたの話し方を検索する

検索での自然言語サポートにより、「マーケティングに関する Daniela からのメッセージ」などのフレーズを使用して、メッセージやファイルなどを検索できます。

スペルのヘルプを使用する

Teams は、スペルが間違っている可能性のある検索用語のスペル候補を提供するようになりました。

誰が電話したかを確認する

ボイスメールには、電話番号の代わりに、新しい発信者 ID で発信者の名前が表示されるようになります。

スポットライトを共有する

主催者がデスクトップ アプリを介してユーザーのビデオにスポットライトを当てると、モバイルの参加者は自分のデバイスからそのビデオを表示できるようになります。

満員の会議室で他の会議参加者 2 人と話している Teams のオンライン会議の画像。

常に通話制御を確認する

会議や通話中は、画面に通話制御 (ミュート、電話を切るなど) をいつでも表示できるようになります。

2020 年 8 月

Cortana の音声アシスタントを Teams で使用できるようになりました (米国のみ)

手がふさがっているときでも、常に接続を維持します。 マイクをタップし、音声を使用してメッセージの送信、通話、会議への参加、ファイルの共有などを行います。 現在、米国で使用可能で、将来的には他の市場にも展開されます。

詳細については、「Teams で Cortana の音声アシスタントを使用する」を参照してください

Cortana のモバイルクエリ画面

2020 年 7 月 

予定一覧ビューは無料です

無料バージョンの Teams を使用している場合は、毎日の予定一覧が表示されます。 その日の予定を表示し、連絡先と共有したり、参加、編集したりできます。   

会議でのその他の顔

新たに追加されたビデオを使用して、通話や会議でより多くのユーザーのビデオを表示させることができます。 iPhone では2x4ビデオ、iPad では3x3ビデオを取得します。

Teams でのデータの使用を減らす

会議や通話に使用するデータ量を減らします。 [設定]> [データとストレージ]> [データ使用量を減らす]の順に移動します。  

番号を選びます。

複数の電話番号を持つ組織の連絡先にダイヤルする番号を選択します。

もう一度サインインして準備完了です。

Teams にサインインしている場合は、Teams に追加したボットやツールにも、組織のログイン資格情報を使用して、自動的にサインインしています。  

2020 年 6 月

無料バージョンの Teams で利用できる会議

無料の会議はこちら! 共有リンクを使用して会議出席依頼を送信します。 参加するには、Teams アカウントは必要ありません。 

チャットとチャネルの検索

チャット メッセージとチャネル投稿の両方の結果を取得します。 [メッセージ検索] アイコン をタップして、検索語句を入力します。 結果の一覧を表示するには、Enter キーを押します。

安全キーを管理する

これで、Microsoft が安全キーを管理することができます。 [設定] でこの設定を変更します。

通話のショートカット

Teams アプリを長押しすると、Teams を呼び出すショートカットが表示されます。

オンデマンド翻訳

メッセージを目的の言語にすばやく翻訳します。 メッセージの [翻訳] アイコン をタップして、メッセージをすばやく翻訳します。

仕事のための Teams、生活のための Teams

友人や家族と連絡を取り、プライベートな Teams を プレビューで 試してください。

  • 最初のグループを家族にする

  • タスクリストと共有予定表を使用して、重要なアイテムとイベントを追跡する

  • 共有場所を使用して、家族に現在地を知らせる

  • Safe で機密情報を安全に保存し共有する

Teams の Safe アプリのスクリーンショット。

Skype の連絡先との接続を維持する

Teams の仕事用アカウントから Skype を使用する連絡先に電話やメッセージを送信できるようになりました。

会議のその他のプライバシー

社外の人には、電話から会議にダイヤルインする人の電話番号は表示されません。

手を挙げる 

会議中に仮想ハンドを挙げて、発言することを他のユーザーに知らせます。

2020 年 4 月 3 日

タグはこちら!

グループ、役割、部門などを @メンションできるように、タグを作成し、そのタグにユーザーを割り当てます。チーム所有者は、自分で試してみてください。 チームに移動し、[その他のオプション ボタン] > [タグの管理] をタップします。 タグが存在すると、チーム メンバーは、[チャット] > [新しいチャット[Teams] の新しいチャット アイコン] に移動して、[宛先] フィールドにタグの名前を入力し、グループ チャットを開始できます。 詳細については、「Teams でタグを使用する」を参照してください。

これをキャプションする

会議またはグループ通話中にライブ キャプションをオンにして、全員が話す内容を読み上げます。 会議中にアクセスするには、[その他のオプション ボタン] > [ライブ キャプションをオンにする] をタップします。

会議で共有コンテンツを表示する

携帯電話から会議にダイヤルすると、共有されているコンテンツ (PowerPoint など) が表示されます。 ユーザーが発表を開始すると、通知が表示されます。 通知をタップすると、コンテンツが表示されます。

通話キューのオプトアウト

お客様が通話キューに入っていて、モバイル デバイスでこれらの通話を受信しないようにしたい場合は、こちらをご覧ください。 [メニューMobile OWA の [その他のアクション] ボタン] > [設定[設定] ボタン] > [通話] に移動し、下部でそれらをオフに切り替えることができます。

注: 一部の管理者はこのオプションを無効にします。これは、オプトアウトができない通話キューに表示されます。

また、通知や会議の信頼性を改善しました。

私たちのお気に入りの一部です

Microsoft では、Teams モバイル アプリの更新を行い、機能を追加してきました。 以下のビデオで使用方法を参照し、ご自分で試してみてください。

Teams 会議で携帯電話からプレゼンテーション​​を行う

[その他のオプション ボタン] > [共有] > [PowerPoint を共有] の順にタップするか、その他のメディア オプションから選択します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

アプリの並べ替えと下部のバーのカスタマイズ

アプリの下部から上へスワイプ > [並べ替え] > 好みの順序にアイテムをドラッグします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

通知オフ時間を設定して通知をミュートする

アプリの左上で、[[その他] ボタン] > [通知] > [通知オフ] の順にタップし、[毎日通知オフ] を切り替えます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

2020 年 2 月 6 日

ビューを入れ替えてピン留めする

Teams 会議中に、コンテンツ (PowerPoint プレゼンテーションなど) と参加者ビデオを切り替えます。 または、特定のユーザーのビデオをピン留めし、積極的に話していなくても、常に見ることができるようにします。

画面の右下隅にあるアクティブなスピーカー タイルをタップして、コンテンツを最小化し、参加者のビデオに焦点を合わせます。 特定のユーザーのビデオをピン留めするには、そのタイルの 3 つの点をタップして、[ピン留め] を選択します。

エコーしない

同じ会議に参加している会議室で電話で会議に参加するたびに、Teams はエコーを防ぐためにマイクとスピーカーを自動的にミュートします。

2019 年 11 月 20 日 

  • 秘密度ラベルをチームに割り当てることにより、データを分類および保護する

  • E911 は、通話プラン、ダイレクト ルーティング、およびセキュリティ デスクで利用可能

  • 会議チャットは、ユーザーが参加するまで既定でミュートされる

  • 参加者に役割を割り当てることで、会議でできることを選択する

2019 年 10 月 8 日

  • お気に入りのチャネルをピン留めする

  • ピン留めチャネルと最近使用したチャットを 1 つのリストで参照してください。 これを [設定]、[メッセージング] の順に選択して有効にします。

  • ボイスメールのサポート

  • 1 対 1 およびグループ チャットにタブを追加する

2019 年 9 月 30 日

  • チャット内の特定のメッセージに引用して返信します。

  • 複数の Teams のアカウント間で切り替えます。

  • 不要な呼び出し元をブロックします。

  • すべての着信通知をオフにします。

  • 教育機関:課題の採点をサポートします。

2019 年 7 月 29 日

  • 絵文字を使用してメッセージにリアクトし、愛情や驚きなどを表現しましょう。

  • 検索機能が改善され、すべての検索結果の種類が 1 つのビューに表示されるようになりました。

  • チャネルでお知らせ投稿を表示する。

  • プライベート チームを検索結果で検出可能にするかどうかを選択する。

  • @メンションの候補の強化。

  • アクセシビリティ: VoiceOver およびローター機能の改善

2019 年 6 月 15 日

  • Teams の通知の警告音を選択します。 アプリの左上にある [その他] ボタン をタップしてから [設定] ボタン [設定]、 [アクティビティ] ボタン [通知] の順にタップするだけで、警告音を選択することができます。

  • Messaging の拡張機能がモバイルに登場しました。

  • VoiceOver ローターを使用して、メッセージ内のリンクやメンションにアクセスします。

  • 会議中や電話中は、スピーカーを完全にオフにします。

  • 添付ファイルが完全にアップロードされる前に、添付ファイル付きのメッセージを送信します。

2019 年 5 月 16 日

  • 設定に移動せずに、会議中に画面を共有する (iOS 12 のみ)。

  • 会議中の場合、近くにある会議室を検索し追加します。 [ユーザーをチームに追加] ボタン > 会議室の追加の順にタップするだけで、必要な会議室を選択します。

  • チャネル会議をカレンダーに追加します。

  • チャットから参加者を削除します。

2019 年 4 月 16 日

  • 新しいアプリの光るアイコンがあります。

  • チーム会議中に、Microsoft Whiteboard をモバイル デバイスで使用できます。

  • 話題になっているメッセージを、アクティビティ フィード に表示できるようになりました。

  • 称賛は、お互いに仕事へのやる気を高める新しい方法です。 チャネルまたはチャットで同僚へのプラスの評価を送信します。 [称賛] を検索するには、メッセージを入力する場所の下にある [その他のオプションその他のオプション ボタン] アイコンをタップします。

  • 新しい言語のサポートを追加しました:ヒンディー語、フィリピノ語、ベンガル語、テルグ語

2019 年 3 月 13 日

  • ダーク テーマが登場しました! スタイリッシュで、目に優しく、デバイスのバッテリーの寿命を向上させる場合もあります。 一般設定に移動して有効にします。  

    Teams iOS ダークモード

  • Teams の会話で音声メッセージを送信することができるようになりました。 記録を開始するには、マイク ボタンをタップして長押しします。 他のユーザーと共有する前に、オーディオ クリップをプレビューすることができます。 

    Teams の音声メッセージ GIF

  • 向上した iPhone XS と XR デバイスのサポート。

  • 会議に参加する前に、オーディオ、ビデオ、携帯電話の環境を設定できます。

  • すべてのチャネル タブにモバイル デバイスでアクセスできるようになりました。

  • 会議出席依頼に返信するときに、メモを追加できます。

2019 年 1 月 15 日

  • 会議のレコーディングの開始と停止をモバイル アプリで行えるようになりました。

  • 通話のパーク機能で、通話を保留状態にして別のデバイスでその通話を受けることができます (電話システムのライセンスが必要)。

  • 上司の代理として通話を発信します (電話システムのライセンスが必要)。

  • モバイル アプリを使用して、チャネルの会議を予約します。

  • コードでチームに参加します。

2018 年 11 月 20 日

  • すべてのチャネルにわたるファイルを検索する。

  • リンクでチームに参加する

  • ライブ イベント中に Yammer ディスカッションに参加する。

2018 年 10 月 8 日

  • 指定した期間、プッシュ通知をオフに設定する。

  • アプリで会議のレコーディングを再生する。

  • 個人のイベントをスケジュール設定する。

  • 通話の一覧で誰が話しているかを表示する。

  • 自分の組織図を表示する。

  • Teams がセルビア語 (ラテン) とラトビア語で利用できるようになりました。

2018 年 9 月 14 日

  • 送信前に画像をトリミングしたり注釈を付ける。

  • [通話] タブから新規の 1 対 1 またはグループ通話を開始する。

  • 通話を転送する前に受信者と相談する。

  • 新しい会議の詳細ページを使用して会議のチャットを退出したりミュートにする。

  • ライブ イベント中に Q&A に参加する。

  • リッチなリンクのプレビューに対応。

2018 年 8 月 13 日

  • チームを参照、検索して、チームに参加する。

  • Microsoft Stream を介してライブ イベントのブロードキャストを視聴する。

  • ホワイトボードで会議の出席者と共同作業を行う。

  • チャネル会議用の会議ノートを表示する。

2018 年 7 月 11 日

  • モバイル アプリで、チャネルのメール アドレスをコピーしてメールを直接チャネルに転送することができるようになりました。

  • モバイル デバイスからライブ イベントに参加する。

  • 通話中または会議中に PowerPoint ファイルを共有する。

  • チャットやチャネル メッセージ内のデバイスの写真ギャラリーからビデオを共有する。

  • モバイル デバイスで会議のノートを表示する。

  • 通話キューと自動応答のサポート。

  • Teams および PSTN の参加者による、1 対 1 からグループ通話への展開 (電話システムのライセンスが必要)。

  • 着信通話を自分の通話グループに転送する。

  • 通話を即座に転送する、または先にチャットで受信者と相談する。

2018 年 6 月 19 日

  • 通話中または会議中に写真を共有する。

  • 通話中または会議中にビデオを共有する。

  • 通話中または会議中に自分の画面を共有する。

  • 会議中に電話機から追加のコンテンツを共有するためのコンパニオン モードを使用する。

2021 年 6 月

スポットライトを当てる

スマートフォンまたはタブレットから会議で最大 7 人のユーザーにスポットライトを設定することができるようになりました。 参加者の一覧または画面上のビデオから、ユーザーの名前またはビデオを長押しし、[スポットライト]タップします (または既に追加されている場合は、[スポットライトを追加する] をします)。

イマーシブ リーダーを使用する

メッセージが音声で読み上げられるのを聞きます。 詳細については、「Microsoft Teams でイマーシブ リーダーを使用する」を参照してください。

ウェビナーに参加する

出席者は、スマートフォンまたはタブレットからウェビナーに参加できるようになりました。

すべてオンラインです

すべての会議 (予定も含む) が自動的にオンライン会議になり、リンクをすばやく他のユーザーと共有できるようになりました。

2021 年 5 月

スピード ダイヤルの提供開始

通話で、スピード ダイヤルと通話履歴を切り替えることができるようになりました。

2021 年 4 月

ピン留めされたチャットにアクセスする

スマートフォンまたは iPad のチャット リストの上部には、デスクトップからピン留めされたすべてのチャットが表示されます。 左右にスクロールしてすべてのチャットを表示するか、チャットを長押ししてピン留めされたチャットのピン留めを解除または順序を変更します。

より大きく、より良い絵文字の世界

さまざまな多様性と表現力を使用して、Teams で自分自身を表現します。 Teams の絵文字セットは、新しいカテゴリや特定の絵文字の異なるスキン トーンなど、85 から 800 を超える数の絵文字に拡大しました。

独自の背景を使用してシーンを設定する

通話や会議中に背景を変更できるようになりました。 Teams イメージの一覧から選択するか、独自の画像をアップロードします。 詳細については「Teams 会議の背景を変更する」を参照してください。

2021 年 3 月

社内会議に参加する

会議が最大定員に達した場合でも、閲覧限定の出席者として参加できます。

配布リストと最新のグループを招待する

Teams 会議をスケジュールするときは、配布リストまたは最新のグループの名前を入力して、すべてのメンバーを会議に追加します。

2021 年 2 月

絵文字を使って発言

スマートフォンまたはタブレットから参加すると、Teams 会議でライブ リアクションを利用できるようになりました。 ライブ リアクションを使用して Teams 会議で自分を表現するのに、会議で「いいね!」(いいね)、「愛」(ハート)、「拍手」、「笑い」などのアニメーション リアクションを送信する方法の詳細をご覧ください。

あなたは自由に歩き回ることができます

ピクチャ イン ピクチャ (PiP) のおかげで、スマートフォンやタブレットからライブ イベントを見ながら、Teams アプリ内を移動できるようになりました。 

2021 年 1 月

友人や家族とのオンラインでの集まり

プライベートの生活のための Microsoft Teams を使用すると、ユーザーは個人やグループとのイベントをスケジュールしたり参加したりできます。 プライベートの生活のための Microsoft Teams での会議についての詳細情報。

会議の転送

会議の開催者ではない場合でも、会議出席依頼を他のユーザーに転送できます。 会議を開き、[詳細] をタップします。 参加者の一覧の下に、[会議の転送] があります。 受信者の名前またはメール アドレスを入力し、[完了] をタップします。 

2020 年 12 月

会議のオプションは詳細にあります

これで、会議の詳細タブから会議オプション (ロビー、出席者のマイク制御などをバイパスできるユーザー) を制御できるようになりました。 会議を開き、[詳細] タブをタップする必要があります。 [参加者] セクションのすぐ下に、 設定アイコン[会議のオプション] があります。

会議の検索結果の改善

アクティビティチャットTeamsカレンダーのいずれを使用していても、アプリの上部にある検索バーで会議を検索できます。 「次の会議」「戦略会議」などのフレーズを検索すると、結果のリストが表示されます。

スマートフォンからブレイクアウト ルームに参加する

会議の開催者は、Teams デスクトップ アプリからブレイクアウト ルームを設定します。 開催者が会議室を開くとすぐに、割り当てられたブレイクアウト ルームに移動します。 それ以外の場合は、ルームに参加するための招待状を受け取ります。 詳細については、Teams 会議のブレイクアウト ルームに参加するをご覧ください。

2020 年 11 月

Teams アカウントからの着信

今後、アクティブなアカウントであるかどうかに関係なく、モバイル アプリでサインインしている任意の Teams アカウントから電話を受けることができます。 

2020 年 10 月

新しい状態

Teams の状態をオフラインに設定して、Teams での作業中に状態を非表示にしましょう。 通常の通知は引き続き受け取れますが、他のユーザーすべてに対してはオフラインとして表示されます。 状態を設定するには、プロファイル画像をタップします。 お客様の状態は名前のすぐ下にあり、"利用可能""取り込み中" などと表示されます。状態をタップして、"オフライン" を選択します。

新しい通知の設定

通知の設定に大幅な変更が加えられ、新しい外観とともに、いつ、何のために通知を受けるかを制御する方法がいくつか追加されました。 会議中に通知をブロックし、スケジュールされた穏やかな時間帯に特定の通知が届くようにする機能が追加されました。 また、チャネル通知を 1 か所で簡単に管理できるように変更しました。

通知にアクセスするには、アプリの上部に移動し、プロファイル画像、[通知] の順にタップします。

会議をすぐに開始する

チャットやチャネルからすぐに会議を開始できるようになりました。 アプリの右上隅にある [今すぐ会議] を見つけます。 チャットから、チャット内にいるすべてのユーザーとの会議を開始します。 チャネルから、チャネル メンバーなら誰でも参加可能な会議を開始します。

2020 年 9 月

機密情報を保護する

Intune アプリを使用して、通知のプレビューを非表示にできるようになりました。

あなたの話し方を検索する

検索での自然言語サポートにより、「マーケティングに関する Daniela からのメッセージ」などのフレーズを使用して、メッセージやファイルなどを検索できます。

検索のスペル候補

Teams は、スペルが間違っている可能性のある検索用語のスペル候補を提供するようになりました。

誰が電話したかを確認する

ボイスメールには、電話番号の代わりに、新しい発信者 ID で発信者の名前が表示されるようになります。

Picture in Picture 拡張機能を取得する

PiP 拡張機能を使用して、Teams の会議や通話でビデオを作成します。

今すぐ集合!

集合モード大ギャラリー モード で最大 49 人の会議参加者を表示します。

スポットライトを共有する

主催者がデスクトップ アプリを介してユーザーのビデオにスポットライトを当てると、モバイルの参加者は自分のデバイスからそのビデオを表示できるようになります。

満員の会議室で他の会議参加者 2 人と話している Teams のオンライン会議の画像。

2020 年 8 月

Cortana の音声アシスタントを Teams で使用できるようになりました (米国のみ)

手がふさがっているときでも、常に接続を維持します。 マイクをタップし、音声を使用してメッセージの送信、通話、会議への参加、ファイルの共有などを行います。 現在、米国で使用可能で、将来的には他の市場にも展開されます。

詳細については、「Teams で Cortana の音声アシスタントを使用する」を参照してください

2020 年 7 月 

予定一覧ビューは無料です

無料バージョンの Teams を使用している場合は、毎日の予定一覧が表示されます。 その日の予定を表示し、連絡先と共有したり、参加、編集したりできます。   

会議でのその他の顔

新たに追加されたビデオを使用して、通話や会議でより多くのユーザーのビデオを表示させることができます。 iPhone では2x4ビデオ、iPad では3x3ビデオを取得します。

Teams でのデータの使用を減らす

会議や通話に使用するデータ量を減らします。 [設定]> [データとストレージ]> [データ使用量を減らす]の順に移動します。  

番号を選びます。

複数の電話番号を持つ組織の連絡先にダイヤルする番号を選択します。

もう一度サインインして準備完了です。

Teams にサインインしている場合は、Teams に追加したボットやツールにも、組織のログイン資格情報を使用して、自動的にサインインしています。  

連絡先に電話をかける

Teams を使用して、Android 連絡先アプリで電話する。 通話に移動して、アプリ上部にある電話帳をタップして、デバイスの連絡先にアクセスします。

2020 年 6 月 30 日

無料バージョンの Teams で利用できる会議

無料の会議はこちら! 共有リンクを使用して会議出席依頼を送信します。 参加するには、Teams アカウントは必要ありません。 

チャットとチャネルの検索

チャット メッセージとチャネル投稿の両方の結果を取得します。 [メッセージ検索] アイコン をタップして、検索語句を入力します。 結果の一覧を表示するには、Enter キーを押します。

2020 年 6 月 26 日

仕事のための Teams、生活のための Teams

友人や家族と連絡を取り、プライベートな Teams を プレビューで 試してください。

  • 最初のグループを家族にする

  • タスクリストと共有予定表を使用して、重要なアイテムとイベントを追跡する

  • 共有場所を使用して、家族に現在地を知らせる

  • Safe で機密情報を安全に保存し共有する

Skype の連絡先との接続を維持する

Teams の仕事用アカウントから Skype を使用する連絡先に電話やメッセージを送信できるようになりました。

会議のその他のプライバシー

社外の人には、電話から会議にダイヤルインする人の電話番号は表示されません。

手を挙げる 

会議中に仮想ハンドを挙げて、発言することを他のユーザーに知らせます。

作業用の Walkie Talkie (プレビュー)

Walkie Talkie を使用した、プッシュして話しかけるコミュニケーション。

2020 年 4 月 3 日

タグはこちら!

グループ、役割、部門などを @メンションできるように、タグを作成し、そのタグにユーザーを割り当てます。チーム所有者は、自分で試してみてください。 チームに移動し、[その他のオプション ボタン] > [タグの管理] をタップします。 タグが存在すると、チーム メンバーは、[チャット] > [新しいチャット[Teams] の新しいチャット アイコン] に移動して、[宛先] フィールドにタグの名前を入力し、グループ チャットを開始できます。 詳細については、「Teams でタグを使用する」を参照してください。

通話キューのオプトアウト

お客様が通話キューに入っていて、モバイル デバイスでこれらの通話を受信しないようにしたい場合は、こちらをご覧ください。 [メニューMobile OWA の [その他のアクション] ボタン] > [設定[設定] ボタン] > [通話] に移動し、下部でそれらをオフに切り替えることができます。

注: 一部の管理者はこのオプションを無効にします。これは、オプトアウトができない通話キューに表示されます。

また、通知や会議の信頼性を改善しました。 

2020 年 2 月 6 日

ビューを入れ替えてピン留めする

Teams 会議中に、コンテンツ (PowerPoint プレゼンテーションなど) と参加者ビデオを切り替えます。 または、特定のユーザーのビデオをピン留めし、積極的に話していなくても、常に見ることができるようにします。

画面の右下隅にあるアクティブなスピーカー タイルをタップして、コンテンツを最小化し、参加者のビデオに焦点を合わせます。 特定のユーザーのビデオをピン留めするには、そのタイルの 3 つの点をタップして、[ピン留め] を選択します。

エコーしない

同じ会議に参加している会議室で電話で会議に参加するたびに、Teams はエコーを防ぐためにマイクとスピーカーを自動的にミュートします。

2019 年 11 月 20 日

  • 秘密度ラベルをチームに割り当てることにより、データを分類および保護する

  • 会議チャットは、ユーザーが参加するまで既定でミュートされる

  • 参加者に役割を割り当てることで、会議でできることを選択する

2019 年 10 月 8 日

  • チャット内の特定のメッセージへの引用と返信

  • チャットまたはチャネルにメッセージを転送する

  • 複数の Teams のアカウント間での切り替え

  • 不要な呼び出し元をブロックする

  • すべての着信通知をオフにする

  • 教育機関:課題の採点のサポート

2019 年 7 月 29 日

  • 絵文字を使用してメッセージにリアクトし、愛情や驚きなどを表現しましょう。

  • 検索機能が改善され、すべての検索結果の種類が 1 つのビューに表示されるようになりました。

  • チャネルでお知らせ投稿を表示する。

  • プライベート チームを検索結果で検出可能にするかどうかを選択する。

  • @メンションの候補の強化。

2019 年 6 月 15 日

  • Messaging の拡張機能がモバイルに登場しました。

  • 添付ファイルが完全にアップロードされる前に、添付ファイル付きのメッセージを送信します。

2019 年 5 月 16 日

  • 会議中の場合、近くにある会議室を検索し追加します。 [ユーザーをチームに追加] ボタン > 会議室の追加の順にタップするだけで、必要な会議室を選択します。

  • チャネル会議をカレンダーに追加します。

  • チャットから参加者を削除します。

2019 年 4 月 16 日

  • 新しいアプリの光るアイコンがあります。

  • チーム会議中に、Microsoft Whiteboard をモバイル デバイスで使用できます。

  • 話題になっているメッセージを、アクティビティ フィード に表示できるようになりました。

  • 称賛は、お互いに仕事へのやる気を高める新しい方法です。 チャネルまたはチャットで同僚へのプラスの評価を送信します。 [称賛] を検索するには、メッセージを入力する場所の下にある [その他のオプションその他のオプション ボタン] アイコンをタップします。

  • 新しい言語のサポートを追加しました:ヒンディー語、フィリピノ語、ベンガル語、テルグ語

2019 年 3 月 13 日

  • ダーク テーマが登場しました! スタイリッシュで、目に優しく、デバイスのバッテリーの寿命を向上させる場合もあります。 一般設定に移動して有効にします。

    Teams Android Teams ダーク モード

  • Teams の会話で音声メッセージを送信することができるようになりました。 記録を開始するには、マイク ボタンをタップして長押しします。 他のユーザーと共有する前に、オーディオ クリップをプレビューすることができます。

    Teams の音声メッセージ GIF

  • 向上した PDF の閲覧エクスペリエンス。

  • 向上したファイルのアップロード機能。

  • すべてのチャネル タブにモバイル デバイスでアクセスできるようになりました。

  • 会議に参加する前に、オーディオ、ビデオ、携帯電話の環境を設定できます。

  • 会議出席依頼に返信するときに、メモを追加できます。

2019 年 1 月 15 日

  • リンクをコピーして送信することで、チャネルのメッセージを共有します。

  • 会議のレコーディングの開始と停止をモバイル アプリで行えるようになりました。

  • 通話のパーク機能で、通話を保留状態にして別のデバイスでその通話を受けることができます (電話システムのライセンスが必要)。

  • 上司の代理として通話を発信します (電話システムのライセンスが必要)。

  • モバイル アプリでチャネル会議を予約します。

  • コードでチームに参加します。

2018 年 11 月 20 日

  • すべてのチャネルにわたるファイルを検索する。

  • リンクでチームに参加する

  • 送信前に画像をトリミングしたり注釈を付ける。

2018 年 10 月 8 日

  • 指定した期間、プッシュ通知をオフに設定する。

  • ライブ イベント中に Yammer ディスカッションに参加する。

  • アプリで会議のレコーディングを再生する。

  • 個人のイベントをスケジュール設定する。

  • 通話の一覧で誰が話しているかを表示する。

  • 自分の組織図を表示する。

  • Teams がセルビア語 (ラテン) とラトビア語で利用できるようになりました。

2018 年 9 月 14 日

  • より多くの種類のファイルをプレビュー表示する。

  • [通話] タブから新規の 1 対 1 またはグループ通話を開始する。

  • 通話を転送する前に受信者と相談する。

  • 新しい会議の詳細ページを使用して会議のチャットを退出したりミュートにする。

  • ライブ イベント中に Q&A に参加する。

2018 年 8 月 13 日

  • チームを参照、検索して、チームに参加する。

  • Microsoft Stream を介してライブ イベントのブロードキャストを視聴する。

  • ホワイトボードで会議の出席者と共同作業を行う。

  • チャネル会議用の会議ノートを表示する。

2018 年 7 月 11 日

  • モバイル アプリ上で会議を作成することができるようになりました。

  • モバイル デバイスからライブ イベントに参加する。

  • 通話中または会議中に PowerPoint ファイルを共有する。

  • チャットやチャネル メッセージ内のデバイスの写真ギャラリーからビデオを共有する。

  • モバイル デバイスで会議のノートを表示する。

  • 通話キューと自動応答のサポート。

  • Teams および PSTN の参加者による、1 対 1 からグループ通話への展開 (電話システムのライセンスが必要)。

  • 着信通話を自分の通話グループに転送する。

  • 通話を即座に転送する、または先にチャットで受信者と相談する。

2018 年 6 月 19 日

  • 通話中または会議中にビデオを共有する。

  • 会議中に電話機から追加のコンテンツを共有するためのコンパニオン モードを使用する。

IT 管理者や、Teams の卓上電話、Android 用 Teams ミーティング、または Teams ディスプレイの機能更新プログラムを探しているユーザーは、 Microsoft Teams デバイスの新機能 でリリース ノートを確認できます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×