Office ファイル内の画像の場合は、背景を削除して件名にアクセントを付けるか、気が散る詳細を削除できます。

以下で説明するように、バックグラウンドの自動削除から始めます。 その後、必要に応じて線を描画して、保持および削除する領域を示すことができます。

スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG)、Adobe Vector Graphics (AI)、Windows Metafile Format (WMF)、ベクター描画ファイル (DRW) などのベクター グラフィック ファイルの場合、バックグラウンドの削除は不可能であるため、[背景の削除] オプションは淡色表示になります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、 [クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

背景に緑の葉がある紫の花

元の図

背景を削除した花

同じ図の背景を削除したもの

  1. 背景を削除する画像を選択します。

  2. ツール バーで、[図の書式] > [背景の削除] または [背景の削除] >選択します。

    ツール バー リボンの [図の形式] タブで、[背景の削除] オプションを選択します。

    [背景の削除] が表示されない場合は、画像が選択されていることを確認します。 図をダブルクリックして選択し、[図の形式] タブを開く必要がある場合があります。 

  3. 既定の背景領域は、削除を示すためにマゼンタで色づけされ、前景はその本来の色を保持します。

  4. 既定の領域が正しくない場合は、[ 背景の削除 > 図ツール] に移動し、次のいずれかの操作を行います。

    • 保持する画像の一部がマゼンタ (削除用としてマーク) の場合は、[ 領域をマーク] を選択して保持する 自由形式の鉛筆 表を描くための鉛筆 を使用して、保持する画像の領域をマークします。

    • 図の他の部分を削除するには、[ 削除する領域をマーク ] を選択し、描画鉛筆 表を描くための鉛筆 を使用してそれらの領域をマークします。

      背景の削除オプションを使用すると、保持または削除する画像の特定の領域をマークできます。
  5. 完了したら、[ 変更の保持 ] または [ すべての変更の破棄] を選択します。

    後で使用できるように画像を別のファイルに保存するには、画像を右クリックし、[ 図として保存] を選択します。

アーティスティック効果を適用したり、背景を削除した後に残っている画像に画像効果を追加したりできます。

背景を削除するための別のオプション

イメージが Office ファイルに格納されていない場合は、Windows ペイント 3Dと同様のプロセスを使用できます。 詳細については、「ペイント 3Dで写真の背景を削除する」を参照してください。

  1. 背景を削除する画像を選択します。

  2. [ 図ツール] の [ 書式 ] タブの [ 調整 ] グループで、[ 背景の削除] を選択します。

    [図ツール] の [書式] タブの [調整] にある [背景の削除] ボタン
  3. マーキーの線上のハンドルのいずれかをクリックし、図の保持する部分を囲んで、削除する部分のほとんどを除外するように、線をドラッグします。

    背景に葉がある花

    マーキー線の位置とサイズを試すことで、追加の作業なしで必要な結果を得ることができる場合があります。

    ヒント: マークされた領域を元に戻すには、[ マークの削除 ] を選択し、行を選択します。

  4. 既定の領域が正しくない場合は、[ 背景の削除 > 図ツール] に移動し、次のいずれかの操作を行います。

    [背景の削除] グループ
    • [ 保持する領域にマークを付ける ] を選択し、描画鉛筆 表を描くための鉛筆 を使用して、保持する画像の領域をマークします。

    • [ 削除する領域にマークを付ける] を選択し、描画鉛筆 表を描くための鉛筆 を使用して削除する領域をマークします。

  5. 完了したら、[ 変更の保持 ] または [ すべての変更の破棄] を選択します。

    後で使用できるように画像を別のファイルに保存するには、画像を右クリックし、[ 図として保存] を選択します。

アーティスティック効果を適用したり、背景を削除した後に残っている画像に画像効果を追加したりできます。

  1. 図を選びます。

  2. [図の形式] リボンのタブで、[背景を削除] を選択します。

    [図の削除] オプションは、Office アプリの [図の形式] タブにあります。

    [背景の削除] タブまたは [図の形式] タブが表示されない場合は、画像が選択されていることを確認します。 図をダブルクリックして選択し、[図の形式] タブを開く必要がある場合があります。

  3. 既定の背景領域は、削除用にマークするためにマゼンタに色が付けられますが、前景は自然な色を保持します。

  4. 既定の領域が正しくない場合は、[ 図ツール] の [ 背景の削除 ] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    • [ 保持する領域をマーク] を選択し、自由形式の鉛筆 表を描くための鉛筆 を使用して、保持する画像の領域をマークします。

    • [ 削除する領域にマークを付ける] を選択し、描画鉛筆 表を描くための鉛筆 を使用して削除する領域をマークします。

      背景の削除オプションを使用すると、保持または削除する画像の特定の領域をマークできます。
  5. 完了したら、[ 変更の保持 ] または [ すべての変更の破棄] を選択します。

    後で使用できるように画像を別のファイルに保存するには、画像を右クリックし、[ 図として保存] を選択します。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×