予定、計画、予算の管理 - Microsoft 365 では簡単に行うことができます

Office をライセンス認証できませんでした

[このアカウントの Office 製品が見つかりませんでした] エラーが表示される場合、サインインしている Microsoft アカウントがデバイスにインストールされている Office バージョンと関連付けられていないことを意味します。

このエラーが Office で発生する一般的な原因は以下のとおりです。 すべての解決方法を表示するには、下にスクロールしてください。

Microsoft 365サブスクリプションが期限切れです

サブスクリプションの状態を確認し、必要に応じてMicrosoft 365を更新します。

解決方法: サブスクリプションの状態を確認する

Microsoft HUP を通じて Office を購入した

Office Professional Plus、Visio Professional、および Project Professional にはプロダクト キーが必要です。 サインインでは動作しません。

解決方法: HUP プロダクト キーを使用してライセンス認証する

メール アドレスが Office に関連付けられていない

Office に関連付けたメール アカウントを忘れてしまった可能性があります。 別のアカウントでサインインしてみてください。

解決方法: 別のアカウントで試してみる

Office をまだ所有していません

Office がプレインストールされている場合は、Microsoft 365 の試用版を開始するか、Office を購入する必要があります。

解決方法: Office を購入する

購入または更新プロセスを完了する

数分待ってから、購入の状態を確認することが必要な場合があります。

解決方法: 購入または更新プロセスを完了する

プランの期限切れ

Microsoft 365のプランを受け取った場合、プランの有効期限が切れる前に Office をアクティブ化するための猶予が 180 日間あります。

解決方法: プランの期限が切れている場合の対処方法

Office 2007 または Office 2010 をインストールしようとしている場合

Office のコピーをインストールする前に、Microsoft 365をアンインストールすることをお勧めします。

解決方法:Microsoft 365 をアンインストールする

Office のライセンス (Microsoft 365 for business) がありません

Office のライセンス認証を行う前に、管理者からライセンスを割り当ててもらうことが必要な場合があります。

解決方法: ライセンスを確認する

Microsoft 365 for businessサブスクリプションの期限切れ

管理者は、サブスクリプションの状態を確認し、必要に応じて更新することができます。

解決方法: サブスクリプションを確認する

サブスクリプションの状態を確認する

このエラーは、家庭向けMicrosoft 365のサブスクリプションが有効期限切れのときにも発生する場合があります。 「サービスとサブスクリプション」のページに移動して、サブスクリプションの状態を確認します。 [キャンセルされたサブスクリプション] に自分のサブスクリプションが表示された場合は、「サービスとサブスクリプション」ページの [更新] リンクを使用して更新する必要があります。 https://office.com/renew にアクセスして更新することもできます。

Microsoft HUP ユーザーの場合: プロダクト キーを使用してライセンス認証する

雇用主の Microsoft HUP 特典を通じて Office Professional Plus、Visio Professional、または Project Professional を購入した場合、プロダクト キーを使用してライセンス認証する必要があります。 メール アドレスを使用してサインインしても動作しません。 HUP プロダクト キーをお持ちでない場合は、「HUP プロダクト キーを取得する」を参照してください。

  1. すべての Office アプリを閉じます。

  2. いずれかの Office アプリを起動し、次のいずれかを実行します。

    [サインインして Office をセットアップする] が表示される場合は、[サインインもアカウントの作成もしない] (ウィンドウ下部の小さいリンク) を選択します。

    リンクが表示されます。このリンクをクリックし、Microsoft HUP プロダクト キーを入力します

    [こんにちは。アカウントを確認してください] が表示される場合は、[別のアカウントを使用する] を選択し、[サインインまたはアカウントを作成しない] を選択します。

    [アカウントの確認] ページに [別のアカウントを使う] リンクが表示されます
  3. [プロダクト キーを入力する] 画面で、プロダクト キーを入力し、Office のライセンス認証を行います。

    Office プロダクト キーを入力する画面が表示されます。
  4. [承諾して Word を開始] を選択し、ライセンス条項に同意します。

注: お使いの HUP プロダクト キーが Office 2013 以前のものである場合は、この PC の Office 365 をアンインストールしてから、Office 製品をインストールまたは再インストールすることをお勧めします。

別のアカウントで試してみる

別のメール アドレスで Office を購入している場合のために、個人用のメール アドレスをすべて使用してサインインを試してください。 職場または学校にいる場合は、個人用メール アカウントではなく、職場または学校のアカウントを使用してログインすることが必要な場合があります。

Microsoft アカウントが Office に関連付けられているかどうかを確認するには、サービスとサブスクリプションにサインインします。 そこに Office 製品または Microsoft 365 サブスクリプションの一覧が表示されます。 表示されていない場合、そのメール アドレスでは Office にサインインできません。

購入または更新プロセスを完了する

最近の購入または更新を検出するには、数分かかることがあります。 Microsoft 365を購入または更新したばかりの場合は、トラブルシューティングを開始する前に、数分間お待ちください。

それでも Office の購入が認識されない場合、購入とメール アドレスを関連付ける処理が終了していない可能性があります。 Office Home & Student など、パッケージ版の Office を Microsoft Store から購入した場合は、次の手順で購入を確認し、Microsoft アカウントと関連付けてください。

  1. www.microsoftstore.com に進み、Office を購入する際に使用した Microsoft アカウントでサインインします (右上隅)。

  2. サインインした後、右上隅の自分の名前を選択し、[注文履歴] を選択します。

  3. Office 永続ライセンスまたは Office の各アプリを探し、[Office のインストール] を選択してプロダクト キーを表示します (実際に Office をインストールするのではありません)。

  4. プロダクト キーが表示されたウィンドウで、[Office のインストール] をもう一度選択します。

  5. [さあ、Office を取得しましょう] ページで、 指示に従ってもう一度サインインし、プロダクト キーをお使いの Microsoft アカウントと関連付けます。

Microsoft 365のサブスクリプションを更新したばかりで、そのサブスクリプションが 「サービスとサブスクリプション」に表示されているにもかかわらず Office をライセンス認証ができない場合には、Microsoft サポートにサポートを依頼してください。

プランの期限が切れている場合の対処方法

Microsoft 365で 1 年間のサブスクリプション プランを使用している場合、Windows のライセンス認証後 180 日で有効期限が切れます。 このメッセージは更新前にMicrosoft 365のプランの期限が切れた場合に表示されます。 サポートについては、Microsoft サポートにお問い合わせください。

Office 2007 または Office 2010 をインストールする前にMicrosoft 365をアンインストールする

Office 2010 または Office 2007 を所有していて、コンピューターにMicrosoft 365がプレインストールされている場合、この PC から Office 365 をアンインストールし、Office 2010 をインストールするか、Office 2007 をインストールすることをお勧めします。

ライセンスを確認してください (Microsoft 365 for business)

管理者が Office のライセンスを割り当てていないか、Office のライセンスを取り消している場合があります。 https://aka.ms/office-install にアクセスしたときに、[管理者によって Office のインストールが無効にされています] のエラーが表示される場合には、管理者に問い合わせて Office のライセンスを取得してください。 管理者は、「一般法人向け Office 365 ライセンスをユーザーに割り当てる」を参照してください。

サブスクリプションを確認してください (Microsoft 365 for business)

組織のMicrosoft 365 for businessサブスクリプションがキャンセルされたか、更新されていない可能性があります。 管理者は、「サブスクリプション ページ」ページに進み、サブスクリプションの状態を確認できます。 ヘルプが必要な場合は、「一般法人向け Office 365 サブスクリプションの更新またはライセンスの再認証をする」を参照してください。

ヘルプを表示

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×