Office ドキュメントが期待どおりにレンダリングされない

最終更新日:2020 年 6 月 10 日

問題

Office for Mac バージョン 15 かそれ以前のバージョン (ビルド < 16.16.xxxx) を使用していて、Office for Mac バージョン 16 ドキュメント (builds >= 16.16.xxxx) を開こうとした場合、正常に表示されなかったり、レイアウトの問題が発生することがある。

この予期しないレンダリングは、最新バージョンの Office for Mac で、ファイルにフォント名を保存する方法が変更されたことが原因です。 この変更により、クロスプラットフォーム エクスペリエンスが向上し、すべてのオペレーティング システムでテキストを同じようにレンダリングできるようになります。

技術的な詳細

Office では、フォントをコンテンツに適用すると、文書にフォントの名前が保存されます。 フォント テーブルにフォント作成者が定義した値が原因で、macOS と macOS 以外のアプリの間でフォント名が異なることがあります。 アプリは別のプラットフォームに保存されている名前を使用してフォントを読み込もうとします (たとえば、Microsoft Windows では、Word for Mac で作成された名前を使用してフォントを読み込もうとします)。これにより、クロス プラットフォームのファイル共有や共同編集においてフォントの置換の問題が発生する可能性があります。

Office for Mac は、OS に関係なくテキストが正しく表示されるように、フォント名を統一された方法で作成します。 以前は、Office for Mac では、「macOS」のフォント名が記述されていましたが、現在では、macOS 以外の Office アプリの動作に合わせて、「Win」のフォント名を記述します。 こうすることで、すべての新しいコンテンツがプラットフォーム間で一貫性のある方法で保存されるようになります。

注: この変更は、Office for Mac アプリの Word および PowerPoint にのみ影響します。

iOS などのその他のプラットフォームでは、フォント名の入力に既に「Win」形式が使用されています。 ユーザーがこの変更を利用するために必要な操作はありません。 16.38.530 以降のビルドに更新すると、Office によって変更されます。 Office は、保存されているすべての「macOS」フォント名を「Win」のフォント名に置き換えます。これにより、すべてのフォントを再適用する必要がなくなります。 ドキュメント内で macOS のフォント名が Win のフォント名に変換されるため、これは 1 回限りの変更になります。 こういったドキュメント内の完全なフォント名の置換は、変更のない時にドキュメントが改変されないようにするために、ドキュメントに編集内容を適用した後にのみ実行されます。

この変更により、旧バージョンの Office for Mac クライアント (つまり、ビルド 16.16.xxx 以前) と共有する場合、旧バージョンでは従来の「macOS」のフォント名を保持しているため、これらの更新されたドキュメントが正しく表示されないことがあります。 コンテンツの閲覧と編集を続けることはできます。ただし、コンテンツは代替フォントを使用してレンダリングされます。

状態修正済み

問題を解決するには、Office for Mac version 16 にアップデートしてください。 

その他のリソース

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の Word のニュース、更新プログラム、ベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

Word Tech Community

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、その他の Word ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の Word フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご意見ご感想をお待ちしております。 ご意見をお聞かせください。 すべてのコメントに必ず目を通しています。

Word UserVoice

関連項目

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×