Office は、時間を節約し、より優れた結果を出すことができる、クラウド強化の新機能が追加され、日々スマートになっています。 これらの機能を使うと、Word や Outlook でいっそう優れた文書を作成したり、Excel でデータを分析したり、PowerPoint で動的なプレゼンテーションを提供したりすることができます。

注: これらの機能の多くは、サブスクリプションを持っている場合Microsoft 365使用できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office があることを確認してください

Microsoft Office が提供する新しいサービスをいくつか見てみましょう。また、それらを有効および無効にする方法についても説明します。

データの分析 のExcel

データの分析 ではExcel概要、傾向、パターンを通じてデータを理解できます。 データ範囲内のセルをクリックし、[ホーム] タブの[データの分析] ボタンをクリックします。 データの分析でExcelデータを分析し、作業ウィンドウでデータに関する興味深いビジュアルを返します。

Excel のアイデアが実際に動作するアニメーション画像

詳細については、「データ分析の 機能」を参照してください。

PowerPoint デザイナー

PowerPoint デザイナー を使用すると、ワンクリックするだけで見栄えの良いスライドを作成できます。 スライドにコンテンツを配置しているときに、デザイナーはバックグラウンドで動作し、そのコンテンツに適した本格的なレイアウト デザインを生成します。

この機能は、Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちのユーザーに限り使用できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうか確認してください

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

詳細については、「PowerPoint デザイナーについて」を参照してください。

エディター

エディターを使用すると、より洗練された単語や語句を識別Outlook、Word や Web 用のテキストの作成を改善できます。 エディターでは入力時にテキストが分析され、スペルミスや構文の問題が検出されると修正候補が表示されます。

候補カードで 1 つの問題から次の問題に直接移動する

エディターを有効にすると、コンテキスト メニューまたは作業ウィンドウのいずれを使用する場合でも、強化されたスペル チェックと文章校正の修正候補が自動的に利用可能になります。

エディターの詳細については、「Editor is your intelligent writing assistant in documents, mail, and the web 」を参照してください

スマート検索

アプリを終了することなく、Bing を利用したスマート検索ウィンドウで結果を取得できるため、作業に集中できます。 単語または語句を選択したら、それを右クリックし、[スマート検索] を選択します。 [スマート検索の結果] ウィンドウには、定義、トピック、Wikipedia の記事、および Web からの上位の関連検索が表示されます。 [参照]、[リサーチ]、[スマート検索] の順に移動すると、いつでもスマート検索を利用できます。

[スマート検索の結果] ウィンドウ

ヒント: タッチ デバイスを使用している場合は、単語をダブルタップして選び、[スマート検索] をタップします

スマート検索の詳細については、「スマート検索で作業内容の情報を得る」を参照してください。

Translator

Word では、選択した単語、語句、または文書全体を 60 種類の異なる言語に翻訳することができます。

この機能は、Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちのユーザーに限り使用できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうか確認してください

Word の Translator の詳細については、「別の言語にテキストを翻訳する」を参照してください。

プレゼンター コーチ

Web 用 PowerPoint ではプレゼンテーションのリハーサルを行うことができ、プレゼンター コーチによるペース、語句の選択、独創性などに関するアドバイスが提供されます。 プレゼンター コーチは、[スライド ショー] タブにあります。

プレゼンター コーチのリハーサル レポート。

詳細については、「プレゼンター コーチでスライドショーをリハーサルする」を参照してください。

代替テキストの自動生成

Office では画像の代替テキスト (スクリーン リーダーを使用しているユーザーが画像を表示したときに読み上げられる画像のテキスト説明) を提示することで、スクリーン リーダーを使用しているユーザーのドキュメント、メール、プレゼンテーションのアクセシビリティを高めることができます。 画像に応じて、説明テキストの全文が読み上げられる場合もあれば、説明タグが読み上げられる場合もあります。

この機能は、Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちのユーザーに限り使用できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうか確認してください

この機能を有効または無効にするには、[ファイル]、[オプション]、[簡単操作] の順に移動します。設定は [代替テキストの自動生成] セクションの下に表示されます。

その他

Microsoft の機能のポートフォリオは、毎月拡大しています。 その他に、次のようなサービスが追加されています。

これらの機能を有効および無効にする

デスクトップ アプリケーションを初 Microsoft 365 開く場合は、これらの機能を有効にするかどうかを選択できるウィンドウが表示されます。

どちらを選択しても、いつでも変更できます。 Windows で任意の Microsoft 365 デスクトップ アプリケーションを開き、[ファイル]、[アカウント] (または Outlook では [Office アカウント]) の順に移動し、[アカウントのプライバシー] で [設定の管理] を選択します。 

アカウント プライバシー、設定の管理ボタンが表示されたアカウントパネル

データの分析 のExcel

データの分析 ではExcel概要、傾向、パターンを通じてデータを理解できます。 データ範囲内のセルをクリックし、[ホーム] タブの[データの分析] ボタンをクリックします。 データの分析でExcelデータを分析し、作業ウィンドウでデータに関する興味深いビジュアルを返します。

Excel のアイデアが実際に動作するアニメーション画像

詳細については、「データ分析の 機能」を参照してください。

PowerPoint デザイナー

PowerPoint デザイナー を使用すると、ワンクリックするだけで見栄えの良いスライドを作成できます。 スライドにコンテンツを配置しているときに、デザイナーはバックグラウンドで動作し、そのコンテンツに適した本格的なレイアウト デザインを生成します。

デザイン アイデアを選択すると、すぐにフルサイズでスライドに表示されます

詳細については、「PowerPoint デザイナーについて」を参照してください。

これはサブスクライバーのみの機能です この機能を使用できるのは、Windows デスクトップ クライアントのMicrosoft 365 サブスクライバーのみです。

Translator

Word では、選択した単語、語句、または文書全体を 60 種類の異なる言語に翻訳することができます。

Word の Translator の詳細については、「別の言語にテキストを翻訳する」を参照してください。

これはサブスクライバーのみの機能です この機能を使用できるのは、Windows デスクトップ クライアントのMicrosoft 365 サブスクライバーのみです。

スマート検索

アプリを終了することなく、Bing を利用したスマート検索ウィンドウで結果を取得できるため、作業に集中できます。 単語または語句を選択して、右クリックし、[スマート検索] を選ぶと、[スマート検索] ウィンドウには定義、トピック、Wikipedia の記事、関連度が高い Web 検索結果が表示されます。 [参照]、[スマート検索] の順に移動すると、いつでもスマート検索を利用できます。

スマート検索の詳細については、「スマート検索で作業内容の情報を得る」を参照してください。

Word と PowerPoint での代替テキストの自動生成

Office では画像の代替テキスト (スクリーン リーダーを使用しているユーザーが画像を表示したときに読み上げられる画像のテキスト説明) を提示することで、スクリーン リーダーを使用しているユーザーのドキュメント、メール、プレゼンテーションのアクセシビリティを高めることができます。 画像に応じて、説明テキストの全文が読み上げられる場合もあれば、説明タグが読み上げられる場合もあります。

Office Insider のみが利用できる機能 この機能は現在 Office Insider のみが利用できます。

その他

Microsoft の機能のポートフォリオは、毎月拡大しています。 その他に、次のようなサービスが追加されています。

これらの機能を有効および無効にする

デスクトップ アプリケーションを初 Microsoft 365 開く場合は、これらの機能を有効にするかどうかを選択できるウィンドウが表示されます。

どちらを選択しても、いつでも変更できます。 Mac で任意の Microsoft 365 デスクトップ アプリケーションを開き、[アプリケーション] メニューに移動し ([Word] や [PowerPoint] など)、[環境設定]、[プライバシー] の順に選択し、[Office のインテリジェント サービス] で [サービスを有効にする] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

Mac でインテリジェントな機能を有効にする

Office について質問がある場合

Microsoft Answers Communityにアクセスして、他のユーザーが投稿した質問と回答を確認したり、自分の質問に対する回答を取得したりします。

関連項目

Microsoft におけるプライバシー

Office でのコネクテッド エクスペリエンス

Office Insider で利用できる新機能

アクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×