Office 2007 のライセンス認証

Office 2007 のサポートは終了しました

Microsoft 365 にアップグレードすると、あらゆるデバイスでどこでも作業を行うことができ、サポートを引き続き受けることができます。

今すぐアップグレード

重要: 電話で Office をライセンス認証するためのオプションを選択すると、次のエラーが表示されます。電話によるライセンス認証手続きは、この製品ではサポートされていません。 電話で Office をライセンス認証するには、この記事に記載されている特定の国/地域の電話番号にお問い合わせください。

Office 2007 プログラムをインストール後に初めて起動すると、セットアップ時にプロダクトキーを入力するように求められます。

プロダクトキーの詳細については、「 Office 2007 のプロダクトキーを確認 する」を参照してください。その他のトラブルシューティング情報については、 サポート サイトを参照してください。

Office 2007 プログラムのライセンス認証を行う

インターネットまたは電話で Office 2007 のライセンス認証を行う

有効なプロダクトキーを入力すると、ライセンス認証ウィザードが自動的に開始され、次の2つの選択肢が表示されます。

  • インターネットを使ったライセンス認証     ライセンス認証ウィザードは、インターネット接続を介して自動的に Microsoft ライセンスサーバーに接続します。 許可されているインストール数でまだ使用されていない有効なプロダクトキーを使用している場合、製品は直ちにライセンス認証されます。

    インターネット経由でライセンス認証を行うと、(インストールプロダクトキーから派生した) 製品 ID が Microsoft に送信されます。 応答 (確認 ID) がコンピューターに返送され、製品のライセンス認証が行います。 インターネットに接続していない状態で製品のインターネット経由のライセンス認証を選んだ場合は、接続がないことを示す警告がウィザードに表示されます。

  • 電話でライセンス認証を行う     この 記事 に記載されている特定の国/地域の番号を使用して、ライセンス認証専用窓口に電話をかけ、顧客サービス担当者のサポートを利用して製品のライセンス認証を行うことができます。

    電話を使ったライセンス認証では、インターネット経由のライセンス認証よりも時間がかかる可能性があります。 電話をかけるときは、お使いのコンピュータにアクセスして、ソフトウェアプロダクトキーが必要です。

    1. この 記事に記載されている特定の国/地域の番号を使用して、ライセンス認証センターに電話をかけます。

      顧客サービス担当者は、インストール ID (画面に表示される) とその他の関連情報を要求します。 インストール ID の確認が取れたら、確認 ID をお知らせします。

    2. ライセンス認証ウィザードで、画面下部の領域に 確認 ID を入力 し、 enter キーを押します。

    3. 試用版およびサブスクリプション版では、電話によるライセンス認証は使用できません。

    4. 耳の不自由な方のために、Microsoft テキスト電話 (TT/TTY) サービスが用意されています。 米国内にお住まいの方は、TT/TTY モデムを使用して、電話番号 (800) 718-1599 におかけください。 米国以外の国にお住まいの方は、TT/TTY モデムを使用して、電話番号 (716) 871-6859 におかけください。 TT/TTY サービスは、英語でのみ提供されています。

後で Office 2007 のライセンス認証を行うにはどうすればよいですか?

ソフトウェアのインストール時にライセンス認証を行わない場合は、後でライセンス認証することができます。

ライセンス認証で問題が発生した場合は、ウィザードに記載されている電話番号を使用して、顧客サービス担当者にお問い合わせください。

使用している Office 2007 プログラムを選択してください。

Access

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [ リソース] をクリックし、[ アクティブ化] をクリックします。

  3. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Excel

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

  2. [ リソース] をクリックし、[ アクティブ化] をクリックします。

  3. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

InfoPath

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

OneNote

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Outlook

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [ リソース] をクリックし、[ アクティブ化] をクリックします。

  3. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Project

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Publisher

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

SharePoint Designer

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Visio

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Word

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [ リソース] をクリックし、[ アクティブ化] をクリックします。

  3. ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Office 2007 がライセンス認証されているかどうかを確認する方法

使用している Office 2007 プログラムを選択してください。

Access

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [ リソース] をクリックし、[ アクティブ化] をクリックします。

  3. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Excel

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

  2. [ リソース] をクリックし、[ アクティブ化] をクリックします。

  3. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

InfoPath

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

OneNote

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Outlook

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [ リソース] をクリックし、[ アクティブ化] をクリックします。

  3. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Project

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Publisher

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

SharePoint Designer

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Visio

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ 製品のライセンス認証] をクリックします。

  2. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

Word

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [ リソース] をクリックし、[ アクティブ化] をクリックします。

  3. ソフトウェアがライセンス認証されている場合は、次の確認メッセージが表示されます。

    この製品は既にライセンス認証されています。

    ソフトウェアがライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証ウィザードが開始されます。 ライセンス認証ウィザードの指示に従って操作します。

ページの先頭へ

ライセンス認証、猶予期間、および機能制限とは

製品のすべての機能を引き続き使用するには、製品の ライセンス認証 を行う必要があります。 Microsoft 製品のライセンス認証技術は、ソフトウェア製品に正当なライセンスが付与されていることを確認する Microsoft の違法行為防止技術です。

ライセンス認証    このプロセスでは、製品をインストールするために提供する必要があるプロダクトキーが、ソフトウェアライセンスで許可されているコンピューターで使用されていることを確認します。 プロダクトキーを入力するか、見つけます。

猶予期間    有効なプロダクトキーを入力する前に、ソフトウェアを25回実行することができます。これは、猶予期間です。 猶予期間中は、購入した製品に含まれていない特定の機能やプログラムが有効になっている可能性があります。 有効なプロダクトキーを入力すると、購入したプログラムと機能のみが表示されます。

機能制限モード    猶予期間後、有効なプロダクトキーを入力しなかった場合、ソフトウェアは機能制限モードに切り替わります。 機能制限モードでは、ソフトウェアはビューアーと同じように動作します。 ドキュメントへの変更を保存したり、新しいドキュメントを作成したりすることはできません。機能が制限されることがあります。 機能制限モードでは、既存のファイルまたはドキュメントが損なわれることはありません。 プロダクトキーを入力してソフトウェアのライセンス認証を行うと、購入したプログラムと機能のすべての機能が有効になります。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×