Office for Mac でスクロールバーの表示/非表示を切り替える

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

Office for Mac を構成して、垂直スクロールバーまたは水平スクロールバーの表示と非表示を切り替えることができます。 新しいバージョンでは、Mac システム環境設定でこれらの設定を構成します。 Office for Mac 2011 では、各アプリの設定を構成します。

既定では、文書、ブック、ノートブック、スライドの端にカーソルを移動すると、横方向と縦方向のカーソルが表示され、内容をスクロールすることができます。 ただし、スクロール バーが常に表示されるようにする場合は、スクロール バーをオンにすると、すべてのプログラムで表示されるようにすることができます。

すべてのアプリケーションでスクロール バーが表示されるタイミングを変更する

注: スクロール バーの設定を変更すると、Office だけでなく Mac 上のすべてのアプリケーションで該当する設定が変更されます。

  1. アップル メニューの [システム環境設定] を選びます。

  2. [全般] を選びます。

  3. [スクロール バーの表示] セクションで、必要なオプションを選びます。

Word

垂直スクロール バーを上下にドラッグして、文書の表示されていない部分を表示することができます。 また、水平スクロール バーを左右にドラッグすることもできます。 あるいは、文書の表示部分を増やしたい場合、スクロール バーを非表示にすることもできます。 既定では、垂直スクロール バーと水平スクロール バーの両方が表示されます。 表示/非表示の設定内容は、新規に作成するすべての Word 文書に適用されます。

次のいずれかの操作を実行します。

垂直スクロール バーの表示と非表示を切り替える

  1. [Word] メニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [作成および校正ツール] の [ [環境設定] ボタンの表示表示] をクリックします。

  3. [ウィンドウ] で、[垂直スクロール バー] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

水平スクロール バーの表示と非表示を切り替える

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [作成および校正ツール] の [ [環境設定] ボタンの表示表示] をクリックします。

  3. [ウィンドウ] で、[水平スクロール バー] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

関連項目

リボンとツール バーをカスタマイズする

Excel

垂直スクロール バーを上下にドラッグして、文書の表示されていない部分を表示することができます。 また、水平スクロール バーを左右にドラッグすることもできます。 あるいは、文書の表示部分を増やしたい場合、スクロール バーを非表示にすることもできます。 既定では、垂直スクロール バーと水平スクロール バーの両方が表示されます。 表示/非表示の設定内容は、作業中のブックにのみ適用され新しいブックには適用されません。

次のいずれかの操作を実行します。

垂直スクロール バーの表示と非表示を切り替える

  1. [Excel] メニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [作成] の [ [環境設定] ボタンの表示表示] をクリックします。

  3. [ウィンドウ オプション] で、[垂直スクロール バーを表示する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

水平スクロール バーの表示と非表示を切り替える

  1. [Excel] メニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [作成] の [ [環境設定] ボタンの表示表示] をクリックします。

  3. [ウィンドウ オプション] で、[水平スクロール バーを表示する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

関連項目

リボンとツール バーをカスタマイズする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×