Office for Mac でファイルを保存する

ファイルは、コンピューター上の場所 (ハード ディスク ドライブまたはフラッシュ ドライブなど)、またはオンライン サービス (OneDrive など) に保存することができます。 また、ファイルは別のファイル形式でエクスポートし、別のファイル名で保存することができます。

重要: 自動回復が有効にされている場合でも、予期しない停電またはその他の問題が原因でデータが失われないように、作業中に頻繁にファイルを保存することが必要な場合があります。 自動回復については、このトピックの後の方で説明する「回復用データの自動保存を行う」を参照してください。

ファイルを保存する場合、必要に応じて、ファイル名、格納場所、およびファイル形式を通常はすべて同時に変更することができます。 ただし、これらの一部だけを変更したいという場合もあります。このトピックの手順では、各オプションを個別に説明します。

ファイルを保存する

既定では、Office は既定の作業フォルダーにファイルを保存します。

  1. [ファイル] メニューで、[保存] をクリックするか、または コマンド + S キーを押します。

    ヒント: あるいは、ウィンドウの左上隅にある [保存] アイコン 文書を保存するには、ウィンドウの上部にあるディスク アイコンをクリックします。 をクリックすることができます。

  2. 初めて文書を保存する場合は、ファイル名を入力する必要があります。

関連作業

現在開いているドキュメントを新しいファイル名で、または現在のものと異なるファイル名で保存するには、[名前を付けて保存] を使用します。

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックするか、 コマンド + Shift + S キーを押します。

  2. 現在のフォルダー以外のフォルダーにファイルを保存する場合、そのフォルダーに移動します。

  3. [名前を付けて保存] ボックスに、別のファイル名を入力します。

    [名前を付けて保存] ボックスで、現在のドキュメントのファイル名を入力するか、または変更します。
  4. [保存] をクリックします。

コンピューター上の既定のフォルダー以外の場所にファイルを保存する場合、[名前を付けて保存] を使用します。

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックするか、 コマンド + Shift + S キーを押します。

  2. ダイアログ ボックスに、自分のコンピューター上にあるフォルダーが表示されない場合は、[自分の Mac 上] をクリックします。

    ファイルを OneDrive または SharePoint ではなく自分のコンピューターに保存する場合は、[自分の Mac 上] をクリックします。

    [オンラインの場所] ボタンが表示されている場合、ダイアログ ボックスには、現在、コンピューター上のフォルダーが表示されています。

  3. ファイルを保存するコンピューター上のフォルダーに移動します。

    ヒント: お気に入りを表示し、[検索] で利用できるフォルダーのオプションを表示するには、[名前を付けて保存] ボックスの横にある下向き矢印をクリックします。

    [名前を付けて保存] ボックスの横にある下向き矢印をクリックして、フォルダー ビューを展開し、フォルダーのショートカットを表示して、オプションを表示します。

  4. 現在表示しているフォルダー内に新しいフォルダーを作成する場合は、[新しいフォルダー] をクリックし、フォルダーの名前を入力します。

  5. [名前を付けて保存] ボックスに、必要に応じて別のファイル名を入力します。

  6. [保存] をクリックします。

Office では、OneDrive と SharePoint に指定されたオンライン フォルダーにファイルを保存することができます。 これらのサービスへのアクセスが許可されたアカウントをお持ちの場合は、コンピューターに保存されているファイルの場合と同様に、これらのサービスで保存されているファイルにアクセスすることができます。

SharePoint サービスと 職場または学校の OneDrive は、通常、雇用主または組織によって提供されますが、独自の OneDrive を使用することができます。 これらのサービスの詳細については、関連項目の関連トピックを参照してください。

既定のフォルダー以外のオンラインの場所にファイルを保存するには、[名前を付けて保存] を使用します。 Word、Excel、または PowerPoint からのファイルは、OneDrive サービスおよび SharePoint サービスのフォルダーに直接保存することができます。

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックするか、 コマンド + Shift + S キーを押します。

  2. ダイアログ ボックスにオンライン サービスではなくコンピューター上のフォルダーが表示されている場合は、[オンラインの場所] をクリックします。

    [オンラインの場所] をクリックして、サインインしているオンライン サービスのフォルダーを表示します。

    [自分の Mac 上] ボタンが表示されている場合、ダイアログ ボックスには現在、オンラインの場所が表示されています。

  3. ファイルを保存するフォルダーに移動します。

    目的のフォルダーにアクセスするには、左側にあるサービスの名前をクリックすることが必要な場合があります。 アクセスする必要があるサービスが表示されない場合、プラス記号をクリックしてサービスを追加します。

    オンライン サービスを追加するには、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの左側の列の下部にあるプラス記号をクリックします。
  4. 現在表示しているフォルダー内に新しいフォルダーを作成する場合は、[新しいフォルダー] をクリックし、フォルダーの名前を入力します。

  5. [名前を付けて保存] ボックスに、必要に応じて別のファイル名を入力します。

  6. [保存] をクリックします。

Office for Mac を持っていない誰か、またはそれより古いバージョンを持つ誰かとファイルを共有する必要がある場合、異なるアプリケーションまたはより古いアプリケーションで読み取り可能な形式でドキュメントを保存できます。 その他の設定として、PDF ファイルまたは HTML ファイルとしてドキュメントをエクスポートすることもできます。

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  2. ファイル名を変更する場合は、[名前を付けて保存] ボックスで名前を変更します。

  3. [ファイル形式] の一覧で、使用するファイル形式をクリックします。

    たとえば、[Word 97-2004 文書 (.doc)] をクリックして、XML ベースのファイル形式 (.docx) を使用しない Word 97 以降の Word のバージョンと互換性があるファイルを作成します。

  4. [保存] をクリックします。

自動回復を使用すると、ファイルの編集中に停電などの問題が発生して中断された後でも、編集していたファイルを容易に回復することができます。 自動回復でファイル情報を保存する頻度が高ければ高いほど、障害発生後の回復がより完全になります。

ただし、自動回復を使用した場合、一定間隔でのファイルの保存、またはファイル編集終了時のファイルの保存は置き換えられません。 必要に応じて、前のバージョンを確認したり、前のバージョンに戻れるようにファイルの複数のバージョンをそれぞれ異なるファイル名で保存する (たとえば、それぞれ大きな変更の後で) ことが役に立つ場合があります。

エラー発生後に、ファイルの復元バージョンを開いてからそれを保存しないように選択すると、ファイルは削除され、未保存の変更は失われます。 回復用ファイルを保存する場合、そのファイルは、新しいファイル名を指定しない限り、元のファイルと置き換わります。

  1. WordPowerPoint、または Excel のメニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [出力および共有] で [保存] をクリックします。

  3. [回復用データの自動保存] を選択します。

    [保存] ダイアログ ボックスで、[自動回復用データを保存する] を選択し、[分ごと] ボックスで分数を指定して間隔を設定します。
  4. [保存間隔] ボックスで、自動回復情報の保存間隔として希望する分数を入力します。

    アプリケーションは自動回復情報を保存するたびに、ここで指定された分数が経過するのを待って、自動回復情報をもう一度保存します。

ファイルを保存する

既定では、Office は既定の作業フォルダーにファイルを保存します。

  1. [ファイル] メニューで、[保存] をクリックするか、または コマンド + S キーを押します。

    ヒント: あるいは、ウィンドウの左上隅にある [保存] アイコン をクリックすることができます。

  2. 初めて文書を保存する場合は、ファイル名を入力する必要があります。

関連作業

現在開いているドキュメントを新しいファイル名で、または現在のものと異なるファイル名で保存するには、[名前を付けて保存] を使用します。

  1. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  2. 現在のフォルダー以外のフォルダーにファイルを保存する場合、そのフォルダーに移動します。

  3. [名前を付けて保存] ボックスに、別のファイル名を入力します。

  4. [保存] をクリックします。

Office では、OneDrive と SharePoint に指定されたオンライン フォルダーにファイルを保存することができます。 これらのサービスへのアクセスが許可されたアカウントをお持ちの場合は、コンピューターに保存されているファイルの場合と同様に、これらのサービスで保存されているファイルにアクセスすることができます。

SharePoint サービスと 職場または学校の OneDrive は、通常、雇用主または組織によって提供されますが、独自の OneDrive を使用することができます。 これらのサービスの詳細については、関連トピックを参照してください。

既定のフォルダー以外のオンラインの場所にファイルを保存するには、[共有] を使用します。 Word、Excel、または PowerPoint からのファイルは、OneDrive サービスおよび SharePoint サービスのフォルダーに直接保存することができます。

注: オンラインの場所に保存できない場合は、インターネットに接続していて、SharePoint または OneDrive にサインインしていることを確認してください。 企業ネットワークを使用している場合は、ネットワーク接続が機能していることを確認してください。

OneDrive に保存

  1. コンピューターで、[ファイル]、[共有]、[OneDrive に保存] の順にクリックします。

  2. 初めて OneDrive にアクセスする場合は、Microsoft アカウントとパスワードを入力し、[サインイン] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ボックスに、ドキュメントの名前を入力します。

  4. [個人用フォルダー] または [共有フォルダー] で、ドキュメントを保存するフォルダーをクリックし、[保存] をクリックします。

SharePoint に保存する

  1. コンピューターで、[ファイル]、[共有]、[SharePoint に保存] の順にクリックします。

  2. SharePoint サイトを追加するには、[場所の追加場所の追加 をクリックし、SharePoint ライブラリへの URL を入力して [追加] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ボックスに、ドキュメントの名前を入力します。

  4. [最近使用した場所] または [保存した場所] で、ドキュメントを保存する SharePoint ライブラリをクリックし、[保存] をクリックします。

ブックを作成して保存すると、Word、Excel、および PowerPoint は自動的にファイルを Open XML 形式で保存します。 ただし、別の形式で保存することや、既定のファイル形式を変更することができます。

Open XML 形式でファイルを保存する (既定)

ファイルを Office 2004 for Mac 形式で保存する

ファイルを PDF 形式で保存する

ファイルが保存される既定のファイル形式を変更する

ファイルを Web ページとして保存する (Word および Excel のみ)

ファイルを書式なしで保存する (Word のみ)

ファイルを JPEG として保存する (PowerPoint のみ)

ファイルを動画として保存する (PowerPoint のみ)

ファイルを Open XML 形式 (Office for Mac 2011 における既定のファイル形式) で保存する

  1. ファイルを作成するか、または、保存し直すファイルを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ボックスに、ファイルの名前を入力します。

  4. [書式設定] ポップアップ メニューで、Word 文書 (.docx)PowerPoint プレゼンテーション (.pptx)、または Excel ブック (.xlsx) は、使用している Office プログラムに応じて選択されます。

  5. [保存] をクリックします。

ファイルを Office 2004 for Mac 形式で保存する

重要: Office 2004 for Mac 以前のファイル形式で保存した場合、Office for Mac 2011 の機能を利用して作成したアイテムが異なった動作をする可能性があります。 互換性チェックを実行して、以前のバージョンの Office とは動作が異なる新しい Office 機能は使用しないようご注意ください。

  1. ファイルを作成するか、または、保存し直すファイルを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ボックスに、ファイルの名前を入力します。

  4. [書式設定] ポップアップ メニューで、使用している Office プログラムに応じて、[Word 97-2004 文書 (.doc)]、[PowerPoint 97-2004 プレゼンテーション (.ppt)]、または [Excel 97-2004 ブック (.xls)] をクリックします。

    注: Office 2004 for Mac 以前で作成されたファイルを開いて保存する場合、そのファイルは自動的に正しいファイル形式で保存されます。

  5. [保存] をクリックします。

ファイルを PDF 形式で保存する

ドキュメントを PDF として保存して、ドキュメントの書式設定を維持し、ドキュメントを読み取り可能にするが編集はできないようにすることができます。 このファイル形式で保存したドキュメントを表示するには、Adobe Reader を使用する必要があります。

注: Office 2011 で作成される PDF は、プリント可能なコンテンツに限定されます。 つまり、プリントしたときに表示されないコンテンツは、PDF には表示されません。

  1. ファイルを作成するか、または、保存し直すファイルを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ボックスに、ファイルの名前を入力します。

  4. [フォーマット] ポップアップ メニューで [PDF] をクリックします。

  5. [保存] をクリックします。

ファイルが保存される既定のファイル形式を変更する

Office for Mac で常にドキュメントが保存されるファイル形式を変更することができます。 たとえば、通常、Office for Mac の古いバージョンを使用する他の人とドキュメントを共有する場合、古いバージョンのファイル形式で常に保存することがあります。

Word、PowerPoint の場合:

  1. ファイルを開くか、または新しいファイルを作成します。

  2. [ファイル] メニューの [別名で保存] をクリックします。

  3. [オプション] をクリックし、[[プログラム] ファイルとして保存] ポップアップ メニューで、目的のファイル形式をクリックします。

Excel の場合:

  1. ファイルを開くか、または新しいファイルを作成します。

  2. [Excel] メニューで [環境設定] をクリックします。

  3. [共有とプライバシー] で、[互換性] ( Excel の [環境設定] の [互換性] ボタン ) をクリックします。

  4. [切り替え] で、[ファイルの保存形式] ポップアップ メニューから、目的のファイル形式をクリックします。

    既定のファイル形式を変更して Office 2004 for Mac 以前のバージョンで使用できるようにする場合、[Excel 97-2004 文書 (.xls)] をクリックします。

ファイルを Web ページとして保存する (Word および Excel のみ)

ファイルを Web ページとして保存すると、Web ブラウザーで読み取り可能なファイル形式に変換できます。 ただし、変換の結果はファイルの内容で異なります。 Office for Mac では、一番近い Web フォーマットに変換されます。 したがって、Web ページで表示すると元のファイルと表示が異なることがあります。 たとえば、アニメーション、浮き出し、中抜きなどのテキスト効果がなくなったり、網かけになることがあります。

注: ファイルを Web ブラウザーでプレビューし、結果を確認することをお勧めします。 そのためには、[ファイル] メニューの [ブラウザーでプレビュー] をクリックします。

  1. ファイルを作成するか、または、保存し直すファイルを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [Web ページとして保存] をクリックします。

  3. [別名で保存] ボックスに、ファイルの名前を入力します。

  4. [保存] をクリックします。

ファイルを書式なしで保存する (Word のみ)

ドキュメントをテキスト形式で保存して、多くのテキスト編集プログラムでドキュメントを開くことができます。 ただし、文書をテキスト形式で保存しても、文書の書式設定、レイアウト、その他の設定が保持されないことがあります。

  1. ファイルを作成するか、または、保存し直すファイルを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ボックスに、ファイルの名前を入力します。

  4. [フォーマット] ポップアップ メニューで [書式なし (.txt)] をクリックします。

  5. [保存] をクリックします。

ファイルを JPEG として保存する (PowerPoint のみ)

プレゼンテーションを JPEG 形式で保存する場合、各スライドは画像になります。 そして、Web サイトにプレゼンテーションをポストすると、簡単にプレゼンテーションを表示できます。

  1. ファイルを作成するか、または、保存し直すファイルを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [画像として保存] をクリックします。

  3. [別名で保存] ボックスに、ファイルの名前を入力します。

  4. [保存] をクリックします。

ファイルを動画として保存する (PowerPoint のみ)

PowerPoint がインストールされていないコンピューターでプレゼンテーションを実行するため、プレゼンテーションをムービー (.mov) ファイルとして保存できます。 このムービーは、QuickTime ムービーをサポートしている任意のアプリケーションで再生できます。

  1. ファイルを作成するか、または、保存し直すファイルを開きます。

  2. [ファイル] メニューの [ムービーとして保存] をクリックします。

  3. [別名で保存] ボックスに、ファイルの名前を入力します。

  4. [保存] をクリックします。

自動回復を使用すると、ファイルの編集中に停電などの問題が発生して中断された後でも、編集していたファイルを容易に回復することができます。 自動回復でファイル情報を保存する頻度が高ければ高いほど、障害発生後の回復がより完全になります。

ただし、自動回復を使用した場合、一定間隔でのファイルの保存、またはファイル編集終了時のファイルの保存は置き換えられません。 必要に応じて、前のバージョンを確認したり、前のバージョンに戻れるようにファイルの複数のバージョンをそれぞれ異なるファイル名で保存する (たとえば、それぞれ大きな変更の後で) ことが役に立つ場合があります。

エラー発生後に、ファイルの復元バージョンを開いてからそれを保存しないように選択すると、ファイルは削除され、未保存の変更は失われます。 回復用ファイルを保存する場合、そのファイルは、新しいファイル名を指定しない限り、元のファイルと置き換わります。

  1. WordPowerPoint、または Excel のメニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [保存] をクリックします。

  3. [自動回復] ボックスで、自動回復情報の保存間隔として希望する分数を入力します。

    アプリケーションは自動回復情報を保存するたびに、ここで指定された分数が経過するのを待って、自動回復情報をもう一度保存します。

Word for Mac または Word for Windows のいずれかの以前のバージョンの Word で作成された文書を Word for Mac 2011 で開くと、互換モードがオンになります。 文書ウィンドウのタイトル バーに [互換モード] が表示されます。 文書が互換モードである場合、その文書は以前のバージョンの Word で作成されたか、以前のファイル形式で保存されたことを示しています。 互換モードでは、Word 2011 の新機能や改善された機能はありません。 ただし、ユーザーは以前のファイル形式と互換性のある機能を使用して文書を編集できます。

互換モードで作業することもできますが、文書を Word 2011 ファイル形式に変換することもできます。 Word 2011 形式で保存すると、文書のレイアウトが Word 2011 で作成されたように表示され、ファイル形式が .doc から .docx に変わります。 この形式では Word 2011 の新しい機能や強化された機能を利用できます。 ただし、以前のバージョンの Word を使用しているユーザーが、新しい機能や強化された機能を使って作成された部分を編集できなくなったり、編集時に問題が起きたりする場合があります。

互換モードで動作が異なる文書パーツ

次の表に示すパーツは、互換モードで作業すると完全に変換される可能性があります。 後で文書を Word 2011 形式に変換しても、Word 2011 パーツに変換し直すことはできません。

Word 2011 パーツ

互換モードでの動作

文献目録

固定テキストに変換されます。

ブロックされた作成者

他の作成者が文書を編集した位置に関する情報は完全に失われます。

引用文献

固定テキストに変換されます。

高度な体裁の機能

文書を .doc ファイル形式で保存すると、すべてのフォントでサポートされる高度な体裁の機能 (合字など) が削除されます。

Open XML 埋め込みオブジェクト

完全に固定内容に変換されます。

コンテンツ コントロールのプレースホルダー テキスト

固定テキストに変換されます。

相対位置で指定したテキスト ボックス

絶対位置に変換されます。

テキスト ボックスの文字の配置

上揃えでない文字はすべて上揃えに変換されます。

テキスト効果

反射、光彩、3-D 書式、3-D 回転などのテキスト効果は失われます。

表の代替テキスト

表の代替表示テキストは完全に削除されます。

テーマ、テーマの色、テーマのフォント、テーマの効果

スタイルに完全に変換されます。 後から Word 2011 でこのファイルを開いても、テーマを使用してスタイルを自動的に変更することはできません。

移動の履歴

削除や挿入に変換されます。

ワードアート

固定テキストに変換されます。

次の表に示す文書パーツは、互換モードで作業すると変換されます。 ただし、後で文書を Word 2011 形式に変換すると、Word 2011 パーツに変換できます。

Word 2011 パーツ

互換モードでの動作

SmartArt グラフィック

画像に変換され、編集できなくなります。

図表とグラフ

画像に変換され、編集できなくなります。

図形とテキスト ボックス

.doc ファイル形式で使用できる効果に変換されます。

数式

互換モードの文書では画像として表示され、編集できません。 文書を Word 2011 形式で保存すると、数式を編集できるようになります。

互換モードを有効にする

互換モードを使用することで、以前のバージョンの Word と互換性のある新しい文書を作成できます。

  1. 新しい文書を開きます。

  2. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [名前] ボックスに文書の名前を入力します。

  4. [フォーマット] ポップアップ メニューで [Word 97-2004 文書 (.doc)] を選び、[保存] をクリックします。

    タイトル バーの文書名の後に [互換モード] と表示されます。

文書を互換モードから変換する

[ドキュメントの変換] コマンドを使用すると、互換性オプションが解除され、Word 2011 で作成した場合と同じ文書レイアウトになります。 ファイルが .doc 形式の場合は、[ドキュメントの変換] コマンドによってファイルが .docx 形式にアップグレードされます。 文書を変換した後は、Word 2011 の新しい機能と強化された機能を使用できるようになります。 ただし、以前のバージョンの Word を使用しているユーザーが、Word 2011 の新しい機能や強化された機能を使用して作成された文書パーツを編集できなくなったり、編集で問題が起きたりする場合があります。

  • [ファイル] メニューの [ドキュメントの変換] をクリックします。

関連項目

OneDrive とは

OneDrive for Business とは

SharePoint とは

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×