Office for Mac でファイルを回復する

自動回復機能は、一部の Office アプリケーションで利用可能な機能で、アプリケーションまたはシステムがクラッシュした場合に、ファイルを自動的に回復しようとします。 これは、ファイルのコピーをバックグラウンドで定期的に保存することで行われます。  既定では、自動回復機能により、10分ごとに回復ファイルが保存されます。

重要: 自動保存機能 (以下を参照) を使用してファイルを定期的に保存するか、[ [保存] ボタン保存] をクリックして、自動回復機能を使用しないでください。 作業内容が失われるのを防ぐには、ファイルを頻繁に保存することが最良の方法です。

場合によっては、自動回復用ファイルの保存頻度を設定することができます。 たとえば、自動保存を5分ごとに保存するように設定した場合、電源断などの予期しないシャットダウンが発生した場合に、10分または15分ごとに保存するように設定されている場合よりも多くの情報を復元することができます。

手動でファイルを保存した場合、変更を保存したので、以前の自動回復ファイルは削除されます。

自動保存は、ファイルを手動で保存する場合と同じように、作業中に自動的にファイルを保存する機能です。この機能を使うと、外出先でも保存を心配する必要はありません。 Mac では、自動保存機能は、Excel、Word、 PowerPoint for Microsoft 365 for Mac のサブスクライバーで利用できます。 自動保存が有効になっている場合は、自動回復ファイルが必要になることはほとんどありません。

詳細については、「自動保存機能とは」を参照してください。

自動回復機能で保存されたファイルを復元する

通常、アプリは、次回、電源障害またはその他の予期しないシャットダウンの後にアプリを開いたときに、自動回復ファイルが存在し、自動的に開くようになったときに、自動的に作業を回復します。  回復されたファイルを残しておく場合は、ファイルを閉じたり編集したりする前に、すぐに保存する必要があります。

コンピューター上で残すファイルを検索するには、Finder に切り替えて、 [移動 ] をクリックし > フォルダーに移動 します (または、 SHIFT + COMMAND + G) を選び、次の表から適切なフォルダパスを入力します。 ユーザ名 > <ユーザ名に置き換えます。

Excel

/Library/Containers/com.microsoft.Excel/Data/Library/Application のユーザー名> Support/Microsoft <

PowerPoint

/ユーザー/ ユーザー名>/ユーザー名<Microsoft. Powerpoint/Data/Library/設定/自動回復

Word

/ユーザー/ ユーザー名>/ユーザー名<Microsoft/Data/Library/設定/自動回復

注: 

  • 自動回復フォルダーは隠しフォルダーであるため、Finder でそのフォルダーに移動しようとすると、おそらく表示されません。 [フォルダーへ移動] ツールを使用して、この操作を実行するための完全なパスを入力します。

  • ファイルを閉じて [保存し ない] をクリックした場合、Office はすべて正常であると判断され、自動回復ファイルが必要ではないため、自動回復ファイルが削除されます。

Word または PowerPoint で自動回復用ファイルを自動保存する間隔を変更する

注: Excel のバージョン16.38 以降では、自動保存の保存間隔を設定することはできません。 Excel では、ファイルを保存せずに復元できるように、時間が自動的に最適化されるため、作業の妨げになることがよくあります。 

  1. WordまたはPowerPointのメニューで、[環境設定] をクリックします。

  2. [ Save [保存] アイコン ] をクリックします。

  3. [次の間隔で回復用データの自動保存を行う] ボックスに、プログラムで文書を保存する間隔を入力します。

Word で自動回復用ファイルを保存する場所を変更する

注: Excel または PowerPoint で自動回復用ファイルの場所を変更することはできません。 これらのアプリケーションの場合、自動回復ファイルは、上に示したフォルダーに保存されます。

  1. [Word] メニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [ 個人設定] で、[ ファイルの場所 [ファイルの場所] アイコン をクリックします。

  3. [既定のフォルダー] の [自動バックアップ ファイル] をクリックし、[変更] をクリックします。

  4. ファイルを自動保存する場所を検索し、[開く] をクリックします。

Word で破損したファイルからテキストを回復する

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [ 作成および校正ツール] の [ 全般 [全般] アイコン ] をクリックします。

  3. [文書を開くときにファイル変換形式を確認する] チェック ボックスをオンにして [全般] ダイアログ ボックスを閉じます。

  4. [ファイル]、[開く] をクリックします。

  5. 右下にある [開く] メニューで、[ファイルの修復] を選択します。

    [開く]、[ファイルの修復] の順にクリックし、破損した文書を開いて修復します。
  6. 文書を開きます。

自動保存または自動回復されたファイルを見つける

アプリケーションを次に開くときは、自動バックアップ フォルダー内のファイルが [最近使った項目] リストに含まれています。 または、 「> 移動 」をクリックして「 フォルダに移動 」をクリックするか、「」を押します。 SHIFT + COMMAND + g) と入力して、「/ユーザー/ユーザー名/library/application support サポート/Microsoft/Office/Office 2011 自動回復」と入力します。

注: ファイルを閉じるときに [保存しない] をクリックすると、そのファイルは自動バックアップ フォルダーから削除されます。

Word

次のいずれかの操作を実行します。

ファイルの自動保存の間隔を変更する

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [ 出力および共有] の [ [保存環境設定] ボタン保存] をクリックします。

  3. [次の間隔で自動保存または自動バックアップを行う] ボックスに、Word で文書が保存される間隔を入力します。

ファイルの自動保存場所を変更する

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [ 個人設定] で、[ ファイルの場所 [ファイルの保存場所の設定] ボタン をクリックします。

  3. [既定のフォルダー] の [自動バックアップ ファイル] をクリックし、[変更] をクリックします。

  4. ファイルを自動保存する場所を検索し、[選択] をクリックします。

破損ファイルからテキストを回復する

  1. [Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [ 作成および校正ツール] の [ 全般 [全般] ボタン ] をクリックします。

  3. [文書を開くときにファイル形式を確認する] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[OK] をクリックします。

  4. [ 標準 ] ツールバーの [ [開く] ボタン開く] をクリックします。

  5. [選択対象] ポップアップ メニューの [ファイル修復コンバーター] をクリックします。

  6. 文書を開きます。 

PowerPoint

次のいずれかの操作を実行します。

ファイルの自動保存の間隔を変更する

  1. [PowerPoint] メニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [ PowerPoint の保存環境設定ボタン保存] をクリックし、[自動保存] または [自動回復 ] チェックボックスをオンにして、PowerPoint でプレゼンテーションを保存する間隔を入力します。

Excel

次のいずれかの操作を実行します。

ファイルの自動保存の間隔を変更する

  1. [Excel] メニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [ 共有とプライバシー] の [ [保存環境設定] ボタン保存] をクリックします。

  3. [次の間隔で自動保存または自動バックアップを行う] チェック ボックスをオンにして、Excel でブックが保存される間隔を入力します。

関連項目

自動保存とは

ヘルプを表示

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×