注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

Microsoft Lens は、OneNote for iPad または iPhone に組み込みの新しいカメラです。ホワイトボードや印刷されたドキュメントの写真を撮影し、トリミング、シャープ化、まっすぐにすることで写真を強化し、スキャンした画像のように見えます。 画像がノートに追加され、後で取得できます。

Microsoft Lens を使うには、次の手順を実行します。

  1. ノートを作成するか既存のノートを開き、画像を挿入するノートをタップします。

  2. iPad で、[挿入] をタップし、[カメラ] をタップします。

    Office Lens を使って画像をノートブックに挿入する

    iPhone では、キーボード上部にあるリボンの [カメラ] アイコンをタップします。

  3. [ホワイトボード]、[写真]、[ドキュメント] から撮影モードを選び、写真を撮ります。

    モードを選ぶ

  4. 写真のトリミングは Microsoft Lens によって自動的に行われます。ただし、 [トリミング] アイコン をクリックし、円をドラッグしてトリミング領域を変更すると、トリミングされる画像を変更できます。

    画像をトリミングする

  5. 作業が終わったら、 完了アイコン をタップします。Microsoft Lens によって写真がノートに追加されます。

ヒント: 組み込みの iOS カメラ アプリに戻すには、[設定]、[OneNote]、[カメラの設定] の順に移動して、[Office Lens を使う] をオフにします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×