Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

人物

このセクションでは、アイテムにアクセスできるユーザーを示します。 Peopleは、次のようなさまざまな方法でアクセスできます。 

  • 他のユーザーが他のユーザーとリンクを共有しました。

  • ユーザーが自分のために機能する共有リンクをクリックした (たとえば、組織のメンバーが、組織内のユーザーのみが機能するリンクをクリックした)

  • ユーザーに直接アクセス権が付与されました。

ユーザーの詳細

"アクセスの概要" は、ユーザーがファイルまたはフォルダーで実行できる操作の概要であり、他のユーザーが付与された可能性のある最高レベルのアクセス権を示します。 例: 他のユーザーに "表示のみ" アクセス許可を付与するリンクを共有し、後で "編集" アクセス権を付与するリンクを送信した場合、編集アクセスはユーザーが持つ最高レベルのアクセス権になるため、アクセスの概要セクションに表示されます。 

"このユーザーがアクセス権を持つ方法" には、他のユーザーがファイルまたはフォルダーにアクセスした可能性があるさまざまな方法がすべて表示されます。 例外には、アクセス権を持つグループの一部である場合、またはユーザーがこの特定のアイテムを含むフォルダーへのリンクにアクセスできる場合が含まれます。この情報はこのセクションには表示されません。 いずれかのシナリオが他のユーザーに追加のアクセス権を与えている可能性があるかどうかを確認するには、"グループ" ビューまたは "リンク" ビューを確認してください。 

直接アクセス 

ユーザーは、アイテムのアクセス許可または ACL (Access Control List) に直接一覧表示されると、直接アクセスに表示されます。 ユーザーに直接アクセスを許可する最も一般的な方法は、"アクセスの許可" または [高度なアクセス許可] ページを使用することです。 ユーザーが直接アクセス権を持っている場合は、アクセス許可を変更するか、完全に削除することで、アクセスレベルを直接変更できます。 

アクセス許可の変更 (ODC) 

他のユーザーのアクセス権を "表示のみ" から "編集" にアップグレードする: 他のユーザーのアイテムに対するアクセス権をアップグレードするには、2 つの方法があります。

  1. 編集アクセス権を持つ新しいリンクを共有します。

  2. 編集への直接アクセス権を付与します。

ユーザーのアクセス権を "編集" から "表示のみ" にダウングレードします。ユーザーが持つアクセス手段によっては、アクセスをダウングレードすると、より多くの手順が実行される場合があります。 完全に共有を停止するには、2 つの方法があります。 

  1. 編集できる新しいリンクを共有します。

  2. 編集への直接アクセスを許可します。

招待 (ODC) 

[共有] ダイアログを使用してユーザーに [すべてのユーザー] リンクを電子メールで送信すると、そのリンクは元の電子メール アカウントに関連付け、管理 UI に "招待" として表示されます。 このリンクは、すべてのユーザーに対して機能するため、受信者が共有先とは異なる Microsoft アカウントを持っている場合でも、アイテムにアクセスできるようになります。 受信者が必要な場合は、他のユーザーに転送することもできます。 入力した元の電子メールは、今後の参照のために Access の管理で追跡されます。

代替テキスト

アクセス許可の変更 (ODB)  

他のユーザーのアクセス権を "表示のみ" から "編集" にアップグレードする: 他のユーザーのアイテムに対するアクセス権をアップグレードするには、2 つの方法があります。

  1. 編集アクセス権を持つ新しいリンクを共有します。

  2. 編集への直接アクセス権を付与します。

ユーザーのアクセス権を "編集" から "表示のみ" にダウングレードする: ユーザーが持つアクセス手段によっては、アクセス権をダウングレードすると、より多くの手順が実行される場合があります。

ユーザーが特定のユーザー リンクを介して編集アクセス権を持っている場合は、次の 2 つのオプションがあります。

  1. リンクからユーザーを削除し、表示アクセスのみを許可する新しいリンクを共有します。

  2. リンクを完全に削除し、表示アクセスのみを許可する新しいリンクを共有します。 他のユーザーがリンクにアクセスした場合は、新しいリンクを他のユーザーと共有し、付与するアクセス権を付与することもできます。

ユーザーが会社の共有可能なリンクを介して編集アクセス権を持っている場合は、1 つのオプションしかありません。

  1. 会社の共有可能なリンクは、リンクを与えられた会社の誰にもアクセス権を与えます。そのため、同僚がこの種類のリンクを使用してアイテムにアクセスすることを削除またはブロックすることはできません。 アクセス権をダウングレードするには、リンクを削除し、表示アクセスのみを許可する新しいリンクを共有する必要があります。 他のユーザーがリンクにアクセスした場合は、新しいリンクを共有したり、新しいリンクを共有したりしたくない場合があります。アクセス権を付与する場合は、そのリンクを付与します。

Groups

ファイルまたはフォルダーをグループと共有すると、このセクションにグループが表示されます。 グループから個別にアクセス権が付与されていない限り、グループのメンバーは "People" ビュー (ユーザーの一覧) に表示されません。 

グループのアクセス許可の変更は、ユーザーと同じ手順に従います。 

代替テキスト

リンク

リンクの種類: 

  • 会社の共有可能なリンク (ODB のみ)

  • 特定のユーザーのリンク

  • このリンクを持つすべてのユーザー

  • 既存のアクセス権を持つPeople

ほとんどの場合、リンクを作成して共有すると、リンク設定を変更することはできません。 リンクの設定を変更する場合は、リンクを削除し、目的の設定を含む新しい設定を作成する必要があります。 共有とリンクの種類の詳細については、「OneDrive のファイルとフォルダーを共有する」を参照してください。

注: "このリンクを持つすべてのユーザー" リンクの種類を使用しているユーザーのアクセス権を削除する場合は、リンクを削除して、そのリンク経由でアクセス権を取得したすべてのユーザーのアクセス権を削除します。 次に、アクセス権を持つ他のユーザーと新しいリンクを共有します。 個々のアクセス許可を管理し、後でアクセスする場合は、特定のユーザーのリンクを使用することをお勧めします。

その他のリンク シナリオ 

アイテムの共有グループのリンク (ODC のみ) 

  • 共有する場合は、1 つのリンクを使用して複数のファイルとフォルダーを選択し、それらを一度に共有できます。 このリンクは、個々のアイテムのアクセスの管理エクスペリエンスに表示されます。

  • グループからアイテムを削除して、リンクから個々のアイテムへのアクセスを削除できます。

  • リンクを削除すると、個々のアイテムごとに削除され、リンクが共有されたすべてのユーザーのアイテムグループへのアクセスが削除されます。

代替テキスト

共有フォルダーのリンク  

  • アクセスを管理しているアイテムは、アイテム自体が共有していたのとは異なる対象ユーザーと共有されたフォルダー内にある可能性があります。 この場合、アイテムを含む任意のフォルダーにアクセスできるユーザーは、本質的にアイテム自体にアクセスできるようになります。

  • アイテム自体がアイテムを含むフォルダーにアクセスできるユーザーと直接共有されていない場合、それらのユーザーは個々のアイテムのアクセスの管理エクスペリエンスの "People" ビューで確認できません。

  • フォルダーのリンクは、フォルダー内にあり、このエクスペリエンスで削除される可能性がある個々のアイテムのアクセスの管理エクスペリエンスに表示されます。

    注: リンクを削除すると、このリンクを使用するすべてのユーザーのフォルダーとフォルダー内のすべてのアイテムへのアクセス権が削除されます。

    代替テキスト

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×