OneDrive Web サイトでのファイルのアップロードに関する問題を修復する

この記事では、OneDriveWeb サイトにファイルをアップロードするときに表示される可能性があるいくつかのエラー メッセージの解決策について説明されています。

次のセクションを展開して、OneDrive Web サイトからファイルをアップロードしようとしたときに表示される可能性のある一般的な問題といくつかのエラー メッセージと、考えられる解決方法を参照します。

自動カメラ アップロードが機能しない場合、または一部の画像しかアップロードされない場合は、次の手順を実行します。

  1. OneDrive アプリの設定でカメラ アップロードをオフにします (手順は、iOS での OneDrive または Android での OneDrive の使い方のガイドに記載されています)。

  2. OneDrive Web サイトに移動し、カメラ ロール フォルダーの名前を変更します。 

  3. Wi-Fi またはモバイル ネットワーク接続が良好であることを確認してください。

  4. カメラ アップロードをオンにして、モバイル デバイスからクラウドへのカメラ ロール画像のアップロードを再開します。

    ヒント:  OneDrive では、OneDrive は iCloud 用に最適化された写真をアップロードできません。 最適化をオフにするには、[設定]、[iCloud]、[写真] の順にタップし、[ストレージの最適化] をオフにします。

このメッセージは、次のいずれかの理由で表示される可能性があります。

  • OneDrive で問題が発生しました。 もう一度ファイルをアップロードしてください。

  • ファイルの転送中に OneDrive への接続が切断されたか、OneDrive にサインインしていませんでした。 Microsoft アカウントで OneDrive にサインインして、もう一度ファイルをアップロードしてください。

  • ファイルにアクセスする権限はありません (職場または学校アカウントの場合のみ)。 ファイルがサーバー上にある場合、ファイルを開くことができることを確認してから、もう一度ファイルをアップロードしてください。 ファイルへのアクセス許可の取得の詳細については、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

  • 選んだフォルダーにファイルをアップロードするためのアクセス許可がありません。 編集するためのアクセス許可を持つフォルダーを選んでから、もう一度ファイルをアップロードしてください。

  • ファイルの種類はサポートされていません。

    • 写真の一般的な形式は、JPEG、JPG、TIF、TIFF、GIF、PNG、RAW です。
      またはそれ程一般的ではない形式としては、BMP、DIB、JFIF、JPE、JXR、EDP、PANO、ARW、CR2、CRW、ERF、KDC、MRW、NEF、NRW、ORF、PEF、RAF、RW2、RWL、SR2、SRW の形式の写真も利用可能です。

      ヒント:  OneDrive では、OneDrive は iCloud 用に最適化された写真をアップロードできません。 最適化をオフにするには、[設定]、[iCloud]、[写真] の順にタップし、[ストレージの最適化] をオフにします。

    • ビデオは、AVI、MOV、WMV、ASF、MP4 といった一般的な形式で使用できます。
      または、以下のそれほど一般的ではない形式でも使用できます。3G2、3GP、3GP2、3GPP、M2T、M2TS、M4V、MP4V、MTS、WM、LRV。 「OneDrive Web サイトで再生できるビデオ形式」に関する詳細情報を参照してください。

OneDrive で新しいフォルダーにファイルをアップロードするには、最初にフォルダーを作成してから、そこにファイルをアップロードしてください。 サイズが 0 バイトのファイルは OneDrive Web サイトからアップロードできません。

ヒント:  OneDrive アプリを使用すれば、OneDrive の Web サイトにアクセスすることなく、フォルダー全体を OneDrive にアップロードすることができます。

フル パス (ファイル名を含む) が長すぎます。 パスの長さは 442 文字より短くする必要があります。 OneDrive 内のファイルまたはサブフォルダーの名前を短くするか、トップ レベル フォルダーに近いサブフォルダーを選んでから、もう一度ファイルをアップロードしてください。

特定のフォルダーにアップロードするにはアップロード先フォルダーを選択し、[アップロード] を選択します。

ファイルをアップロードする前に、Personal Vault のロックが解除されていることを確認してください。

Microsoft 365 サブスクリプションを持っていない場合、Personal Vault に追加できるファイルは 3 つまでです。 サブスクリプションを持っている場合は、追加できるファイルの数に制限はありません (ストレージの上限まで)。

[置き換える] を選択して既存のファイルを置き換えるか、[両方残す] を選択してアップロード中のファイルの名前を変更してください。

OneDrive Web UI で [ファイル名が既に存在します] エラーが表示される

注: 拡張子のないファイルは、同じ名前のフォルダーがある場所にアップロードできません。

置き換えるファイルを閉じます。 場合によっては、新しいファイル名でファイルを保存またはダウンロードし、元のファイルを削除して、新しいファイルの名前を元のファイル名に変更する方が簡単な場合があります。

Microsoft Edge または他の一般的な Web ブラウザーの最新バージョンを使っている場合、250 GB までのファイルを OneDrive にアップロードすることができます。 古い Web ブラウザーを使用する場合、最大のファイル サイズは 300 MB です。

OneDrive に保存する OneNote ノートブックは、2 GB に制限されています。

ヒント: 

  • OneDrive アプリを使用すれば、250 GB のサイズまでのファイルをアップロードすることができます。

  • 大きなファイルや大量のファイルを転送する場合は、Web サイト上の [アップロード ] ボタンを使用するよりも、OneDrive デスクトップ アプリにファイルを追加することをお勧めします。

使用可能な記憶領域に収まらない場合、ファイルをアップロードできません。 残りの容量を確認するか、ストレージ容量を増やすには、[ディスク容量] ページにアクセスしてください。

ファイル名に使用できない文字が含まれています。 先頭と末尾がスペースではなく、末尾にピリオドが使用されず、次の文字が含まれないように、ファイル名を変更してください: /、\、<、>、:、*、"、?、 |

次の名前は、ファイルまたはフォルダーに使用できません: AUX、PRN、NUL、CON、COM0、COM1、COM2、COM3、COM4、COM5、COM6、COM7、COM8、COM9、LPT0、LPT1、LPT2、LPT3、LPT4、LPT5、LPT6、LPT7、LPT8、LPT9

保存またはアップロードする前にファイルやフォルダーの名前を変更するには、ファイルまたはフォルダーを選んで F2 キーを押します。 Mac ユーザーの場合は、ファイルまたはフォルダーを選択して return キーを選択することで、名前を変更する必要があります。

アップロードする前に、ファイルの移動、名前の変更、または削除が行われた可能性があります。 ファイルを確認してから、もう一度アップロードしてください。

ファイルが別のプログラムで開かれている可能性があります。 ファイルに加えた変更を保存して、プログラムを閉じてから、もう一度ファイルをアップロードしてください。

ファイルが CD や USB フラッシュ デバイスなどのリムーバブル メディア デバイスに保存されている場合、ファイルを利用できない可能性があります。 リムーバブル メディア デバイスがコンピューターに正しく接続されていることを確認してから、もう一度ファイルをアップロードしてください。

以前のバージョンの Excel からファイルを開く場合は、まず、Excel を開いて、そこからファイルを開きます。

または、以前のバージョンの Excel を既定として設定する必要がある場合があります。

  1. タスク バーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力して、結果の一覧から選択するか、[Enter] ボタン を選択します。

  2. [プログラム] > [既定のプログラムの選択] > [既定のプログラムを設定する] の順に選択します。

  3. 以前のバージョンの Excel (Excel 2016 など) を選択し、[このプログラムを既定のバージョンに設定する] を選択し、[OK] を選択します。

補足説明

サポートへのお問い合わせアイコン

サポートに問い合わせ
Microsoft アカウントとサブスクリプションに関するヘルプについては、「Account & Billing Help 」を参照してください

テクニカル サポートについては、「Microsoft サポートに問い合わせ」 にアクセスし、問題を入力し、[ヘルプ]を選択します。 それでもサポートが必要な場合は、[サポートに問い合わせ] を選択して、最適なサポート オプションに導きます。

職場または学校のバッジ

管理者
管理者は、管理者、OneDriveのヘルプを表示するか、OneDrive 技術Community、Microsoft 365のサポートにお問い合わせください

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×