同期中に問題が発生して申し訳OneNote。 

この記事のトラブルシューティングの提案に従う前に、まず、使用しているコンピューターで利用可能な更新プログラムを確認Officeインストールしてください。 

以下に示すカテゴリは、アプリのデスクトップ アプリOneNoteユーザー向けWindows。 詳細については、OneNote バージョンとでは何が違うのか?を参照してください。

複数のデバイスで OneNote を使用するときに最近の変更が表示される場合、またはノートブックに同期エラーが表示されている場合は、次の手順を試してください。

  • コンピューターまたはデバイスが適切なインターネット接続を持っている必要があります。 信頼性の高い接続により、デバイス間でノートをすばやく正常に同期できます。

  • ノートブックがクラウドに保存されているOneDrive、サービス正常性の状態ページで障害が発生した場合は確認してください。 現在OneDrive問題が発生している場合、OneNoteも影響を受ける可能性があります。

  • ノートブックが SharePointに保存されている場合は、管理者に連絡して、問題の報告、確認、トラブルシューティングを行う必要があります。

警告: 同期の問題のトラブルシューティングでは、OneNote からのサインインまたはサインアウト (またはアプリの削除と再インストール) は推奨されません。これによりデータが失われる可能性があります。

同期の問題が発生しているノートブックが OneDrive または新しいバージョンの SharePoint に保存されている場合は、www.onenote.com でブラウザーでノートブックを開いてみ www.onenote.com。 これは、特定の PC またはデバイスの問題なのか、それとも他の問題が背後で発生しているのかを判断するのに役立ちます。

次の操作を行います。 

  1. デスクトップ アプリOneNote、[ファイル] をクリックします

  2. [情報 ] タブで、影響を受けるノートブックの名前の直下に表示される URL を右クリックし、[コピー] をクリック します

  3. Web ブラウザーで、[アドレス] ボックス内をクリックし、キーボードの Ctrl キーを押しながら V キーを押して、コピーした URL を貼り付けます。

  4. Enter キーを押して、ノートブックを開 OneNote for the web。

注: ノートブックのサイズと使用しているインターネット接続の種類によっては、すべてのノートブック コンテンツの読み込みと同期に時間がかかる場合があります。

Web ブラウザーでノートブックを開いて表示できる場合は、その内容で最新の変更を確認します。 古いバージョンのノートがまだ表示されている場合は、ノートブックの最新の変更が行われた PC またはデバイスがノートの同期を完全に完了できたか確認します。

次の操作を行います。 

  1. ノートブックのOneNoteを最後に編集した PC またはデバイスで、デスクトップ アプリを開きます。 

  2. [ファイル]、[情報]、[同期状態の表示] の順にクリックします。

  3. 表示された [共有ノートブック の同期] ダイアログ ボックスで、ノートブックに表示されるエラー コードとメッセージを確認し、この記事の他の場所にあるエラー コードの一覧で、一致する結果と推奨される手順を確認します。 

注: 一部のエラー コードでは、エラーの横に [問い合わせ] ボタンが表示される場合があります。 ボタンをクリックして、そのエラーに固有のトラブルシューティング記事を開き、推奨される手順に従います。 

場合によっては、影響を受けるノートブックを閉じてもう一度開くと、アプリとサービス間の同期接続OneNoteリセットOneNoteがあります。

警告: すべてのデバイスで完全に同期されていないノートブックを閉じて再び開く前に、元の PC またはデバイスで同期されていない最近のノートをコピーしてバックアップしてください。

ノートブックを閉じて再度開くには、次の操作を行います。

  1. デスクトップ アプリOneNote、[ファイル] をクリックします

  2. [情報 ] タブで、影響を受けるノートブックの名前の下に表示される URL を右クリックし、[コピー] をクリック します

  3. 影響を受けるノートブックの名前の横にある [ノートブック] ボタン設定、[閉じる] をクリックします

  4. Web ブラウザーで、[アドレス] ボックス内をクリックし、Ctrl キーを押しながら V キーを押して、コピーした URL を貼り付けます。

  5. ノートブックが [OneNote for the web] で開いたら、リボンの [デスクトップ アプリで開く] をクリックして、デスクトップ アプリでノートブックOneNote開きます。

共有ノートブックのセクションまたはページの 1 つを除き、共有ノートブックが正常に同期されている場合があります。 次の操作を実行して検証することができます。

  1. デスクトップ アプリでOneNote、[ファイルと情報] をクリック>、[同期>表示] をクリックします

  2. 表示された [共有ノートブック の同期] ダイアログ ボックスで、黄色の三角形の警告アイコンが表示されているノートブック アイコンをクリックして、同期の問題の原因となっているセクションの名前を表示します。

  3. セクションを含むノートブックの横の [今すぐ同期] をクリックします。

ノートブックの各セクションは必要に応じて適切に同期を停止できます。 ページが最新のノートブックの残りの部分と同期していないセクションが 1 つの場合は、次の回避策を試してください。

  1. デスクトップ アプリOneNote、同じノートブック内に新しいセクションを作成します。 

  2. すべてのページを古いセクションから、作成した新しいセクションにコピー (ただし移動しない) します。 これを行うには、各ページを右クリックし、[移動] または [コピー] をクリックします

  3. すべてのページが新しいセクションにコピーされた後、Shift キーを押しながら F9 キーを押してノートブックを手動で同期します。 進行状況バーが表示されたら、完了を待ちます。

これらの手順どおりに作成した新しいセクションのページを正常に同期すると、古いセクションを安全に削除して新しいセクションで作業を続けられます。 古いセクションを削除したら、新しいセクションの名前を削除したセクションと同じ名前に変更できます。

この手順でうまくいかない場合、[ノートブックのごみ箱] にある破損したセクションが原因でセクション同期のエラーまたは問題が発生している可能性もあります。 このセクションが今後必要ない場合は、エラーを停止するため、次のようにしてごみ箱から削除することができます。

  1. OneNote のノートブックで、[履歴] タブをクリックして、[ノートブックのごみ箱] をクリックします。

  2. セクション (またはページ) を右クリックして [移動またはコピー] を選択します。

  3. ページまたはセクションの内容を別のページまたはセクションにコピーして貼り付けることもできます。 完了したら、元のセクションまたはページを削除することができます。

他のユーザーと同時にページの同じ部分の編集を試みると (ノートの同じパラグラフの変更など)、通常、バージョン競合に関するメッセージが表示されます。 この場合、OneNote ではデータの損失を防ぐためにページのコピーを複数作成し、黄色の情報バーにエラー メッセージを表示します。 競合が発生しているページにアイコンが表示されます。

競合の反映を解決するには、次の操作を行います。

  1. ページの上部にある黄色の情報バーをクリックします。競合している変更 (赤色で強調表示) を一覧表示するページが表示されます。

  2. 必要に応じて、そのページから競合の反映エラーに関する情報をコピーし、変更内容をメイン ページに貼り付けます。

  3. 変更内容の取り込みが完了したら、そのページ タブを右クリックし、ショートカット メニューの [削除] をクリックします。

SharePoint、SharePoint Online、または OneDrive for Business にノートブックを保存すると、通常、"サーバーがビジー状態です" エラーが表示されます。 同期エラーが発生しているように見えるかもしれませんが、実際には、ほとんどの場合が認証エラーであり、次のいずれかの方法で解決することができます。

  • OneNote からサインアウトし、再度サインインします。

  • ノートブックを閉じてから再度開きます

  • [オンライン]、または [オンライン] を使用して、OneNote for the web (www.onenote.com)、SharePointノートブックSharePoint確認します。

0xE00015E0 など、一部のエラーは、セクションを同期するための十分な空き領域がデバイスまたはノートブック上にないことを示します。 このエラーの原因として、大きなバックアップ ファイルが考えられます。 このような同期の問題を解決するには、既存のノートブックのバックアップを最適化または削除します。

OneNote ノートブックを最適化する

  1. OneNote で、[ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスで、[保存とバックアップ] をクリックします。

  3. [すべてのファイルを最適化する] をクリックします。 ファイルの最適化には、しばらく時間がかかる場合があります。

同じ [保存とバックアップ] 場所の [保持するバックアップの数] オプションを調整してバックアップ数を減らし、領域を節約することもできます。

既存のバックアップを削除する

  1. エクスプローラーを開きます。

  2. ウィンドウの上部付近にあるナビゲーション バーで、「%localappdata%」と入力し、Enter キーを押します。

  3. [Microsoft] フォルダーを開き、[OneNote] フォルダーを開きます。

  4. OneNote 2016 をご使用の場合は [16.0] フォルダーを、OneNote 2013 をご使用の場合は [15.0] フォルダーを開いてから、[バックアップ] フォルダーを開きます。

  5. [バックアップ] フォルダーに格納する必要のなくなったファイルまたはフォルダーを削除します。

これらのエラーのいずれかが発生した場合は、関連する記事の手順を実行する必要があります。

ここでは、発生する可能性が高い "サービスが利用できません" エラーをいくつか取り上げ、これらのエラーのトラブルシューティング記事へのリンクも示します。

正しく配置されなかったセクションは、OneNote でノートブックのセクションに変更を同期しようとしたがセクションのファイルが見つからないときにノートブックで表示されます。 この問題を解決するには、セクションをノートブックから削除したり、別のノートブックに移動します。 詳細については、次の記事を参照してください。

OneNote の正しく配置されなかったセクションを解決する

SharePoint 上に OneNote ノートブックがある場合、ノートブックは通常ドキュメント ライブラリに保存されていることがわかります。 使用している SharePoint ライブラリで特定のプロパティが有効になっている場合、同期エラーが発生する可能性があります。 詳細については、次の記事を参照してください。

共同作業スペースの同期に関する問題は、大勢の学生が同じページの場所を同時に編集しようとしている場合、または編集されたページに大きな添付ファイルが追加された場合に発生する可能性があります。 これらの同期の問題を回避するためのベスト プラクティスがいくつかあります。

  • 学生を最大 6 名の小規模なグループに分ける。

  • 学生のグループごとに個別の "セクション タブ" を作成する。 たとえば、6 名の学生のグループが 4 つある場合は、4 つのタブを作成します。

  • 学生に各自のページを作成させる、またはページ上の異なる場所で編集させる。

  • 大きな添付ファイルを追加しないようにする。

OneNote ノートブックを同期するためのベスト プラクティス

サポート チームでは、将来的に同期エラーを回避するために役立つヒントの一覧を保持しています。

詳細については、「OneNote のノートを同期するためのベスト プラクティス」を参照してください。

OneNote 診断ツール

OneNote 診断ツール を使用すると、インストールされている OneNote 2016 for Windows のバージョンに関する診断情報を収集し、トラブルシューティングを目的として情報を安全に Microsoft に送信することができます。

注: OneNote 診断ツールは、現在、英語のみでのご提供となります。 他の言語が利用可能になった場合には、このページを更新する予定です。

以下の選択は、macOS 上の OneNoteユーザー向けです。 

同期しないノートブックが OneDrive または新しいバージョンの SharePoint に保存されている場合は、OneNote for the web (www.onenote.com) でノートブックを開い www.onenote.com。 これは、サーバーまたは OneNote のいずれが問題を引き起こしたのかを判断するうえで役立ちます。

  1. OneNote for Mac のツール バーで、[ノートブック]、[ノートブック]、[ノートブックにリンクをコピー] の順にクリックします。

  2. Web ブラウザーで、[アドレス] ボックスをクリックし、Command キーを押しながら V キーを押してコピーした URL を貼り付けます。

  3. Enter キーを押してノートブックを読み込 OneNote for the web。

ノートブックをOneNote for the web で正常に開き、変更が表示される場合は、問題が原因で発生OneNote for Mac。 通常、ノートブックを閉じてもう一度開くと、接続が解除されて正常にリセットされます。 以下の手順を実行してください。

  1. OneNote for Mac のメニュー バーで、[ノートブック]、[ノートブック]、[このノートブックを閉じる] の順にクリックします。

  2. Web ブラウザーでノートブックに戻OneNote for the web し、リボンの [開く] OneNoteクリックします

重要: ノートブックのサイズと使用しているインターネット接続の種類によっては、ノートブックのコンテンツが OneNote for Mac に完全に同期するまでしばらく時間がかかる場合があります。

ノートブックを OneNote for the webで開いて表示できない場合は、同期の問題のソースがサーバーにある可能性があります。 ノートブックが OneDrive に格納されている場合、既知の中断または停止がないかを「サービスの状態」のページでご確認ください。 ノートブックが SharePoint に格納されている場合、管理者に問い合わせ、問題を報告してトラブルシューティングを行う必要があります。

ノートブックを OneNote for the webで開いて表示できるが、変更を表示できない場合、情報はまだ同期されていません。 以下の手順を実行することで、特定のエラーについて、同期ステータスを確認することができます。

  1. [ノートブックを表示] ボタン [ノートブックを表示します] ボタン をクリックして、ノートブックの一覧を表示します。

  2. 一覧の任意のノートブックの名前の横に表示される警告の三角形アイコンの上にマウス ポインターを移動し、表示されるヒントに表示されるすべてのエラー コードを書き留めます。 この記事では、他の場所で既知のエラーに関するその他のドキュメントを検索したり、このページの最後までスクロールして、文書化されていない問題のヘルプについて、OneNote 製品チームに連絡する方法の詳細を参照できます。

OneNote を同期しようとしたときに、"< セクション名> または <ノートブック名> を同期できません" のようなエラーが表示されるか、ノートブック名の横にエラー アイコンがある場合は、問題を解決するために次の手順を試してください。

  1. [ノートブックを表示] ボタン [ノートブックを表示します] ボタン をクリックして、ノートブックの一覧を表示します。

  2. 同期の問題があるノートブックの名前をクリックして開きます。

  3. 同じノートブックに新しいセクションを作成します。

  4. 作成した新しいセクションに、前のセクションからすべてのページをコピー (移動ではありません) します。

  5. 新しいセクションにすべてのページがコピーされたら、[ファイル]、[すべてのノートブックの同期] の順にクリックします。

次に、コピーしたノートにも同期の問題があるか、または元のセクションのみが引き続き影響を受けているかを確認します。

次の手順でうまくいかない場合、[削除済みノート] に置かれている破損しているノートが原因で同期エラーも発生している可能性があります。 このようなノートが不要になったことが明らかな場合は、ごみ箱から削除してエラーを解消することができます。

  1. 同期の問題がある OneNote ノートブックで、[表示] タブをクリックし、[削除済みノート] をクリックします。

  2. このビュー内の各項目で、Control キーを押しながらノートの名前をクリックし、[復元先] をクリックします。

  3. 削除したノートの復元先のノートブックを選択し、[復元] をクリックします。

  4. 別のノートブックにノートがコピーされた後で、[削除済みノート] ビューで、Control キーを押しながらノートの名前をクリックし、[完全に削除] をクリックして元のノートを削除することができます。

他のユーザーと同時にページの同じ部分の編集を試みると (ノートの同じパラグラフの変更など)、通常、バージョン競合に関するメッセージが表示されます。 この場合、OneNote ではデータの損失を防ぐためにページのコピーを複数作成し、黄色の情報バーにエラー メッセージを表示します。 競合が発生しているすべてのページに警告アイコンが表示されます。

競合の反映を解決するには、次の操作を行います。

  1. 差し込み印刷の競合エラーがあるページに移動し、ページの任意の場所をクリックして、メニュー バーの [編集]、[すべて選択] の順にクリックします。

  2. キーボードで、Command キーを押しながら C キーを押して、選択範囲をコピーします。

  3. ページのメイン バージョンに移動し、情報を追加する場所をクリックし、Command キーを押しながら V キーを押してコピーした内容を貼り付けます。

  4. 同期の競合の確認が終了し、必要な変更を加えたら、黄色の情報バーの [バージョンの削除] ボタンをクリックしてエラーのあるページを削除することができます。

SharePoint、SharePoint Online、または OneDrive for Business にノートブックを保存すると、通常、"サーバーがビジー状態です" エラーが表示されます。 同期エラーが発生しているように見えるかもしれませんが、実際には、ほとんどの場合が認証エラーであり、次のいずれかの方法で解決することができます。

  • OneNote からサインアウトしてから、再びサインインします。 メニュー バーで、[OneNote]、[サインアウト] の順にクリックします。 正常にサインアウトしたら、[OneNote]、[サインイン] の順にクリックします。

  • ノートブックを閉じてから再度開きます。 メニュー バーで、[ファイル]、[このノートブックを閉じる] の順にクリックします。 ノートブックを再度開くには、[ファイル]、[最近使ったファイルを開く] の順にクリックし、もう一度開きたいノートブックをクリックします。

または、ノートブックを使用してノートブックにアクセスOneNote for the web。 次の操作を行います。

  1. メニュー バーで、[ノートブック]、[ノートブック]、[ノートブックにリンクをコピー] の順にクリックします。

  2. Web ブラウザーで、[アドレス] ボックスをクリックし、Command キーを押しながら V キーを押してコピーした URL を貼り付けます。

  3. Enter キーを押してノートブックを読み込 OneNote for the web。

OneNote for the web でノートブックを正常に開き、最新の変更が表示される場合は、Mac バージョンの OneNote が原因で問題が発生している可能性があります。 通常、影響を受けたノートブックを閉じてもう一度開くと、接続が解除されて正常にリセットされます。

正しく配置されなかったセクションは、OneNote でノートブックのセクションに変更を同期しようとしたがセクションのファイルが見つからないときにノートブックで表示されます。 この問題を解決するには、セクションを別のノートブック移動するか、現在のノートブックからセクションを削除します。

正しく配置されなかったセクションを別のノートブックに移動するには、次の操作を行います。

  1. 正しく配置されなかったセクションの名前を Ctrl キーを押しながらクリックし、[セクションの移動先] をクリックします。

  2. セクションの移動先のノートブックをクリックし、[移動] をクリックします。

正しく配置されなかったセクションをノートブックから削除するには、次の操作を行います。

  • Ctrl キーを押しながら削除するセクションの名前をクリックし、[セクションの削除] をクリックします。

注意: セクションを削除すると、元に戻すことができません。 セクションを削除すると、セクションに含まれているすべてのページも完全に削除されます。 これを実行する必要があるかどうかわからない場合は、代わりに正しく配置されなかったセクションをノートブックの別の部分に移動してみます。

SharePoint 上に OneNote ノートブックがある場合、ノートブックは通常ドキュメント ライブラリに保存されていることがわかります。 使用している SharePoint ライブラリで特定のプロパティが有効になっている場合、同期エラーが発生する可能性があります。

詳細については、次の記事を参照してください。

共同作業スペースの同期に関する問題は、大勢の学生が同じページの場所を同時に編集しようとしている場合、または編集されたページに大きな添付ファイルが追加された場合に発生する可能性があります。

これらの種類の同期の問題を回避するためのベスト プラクティスがいくつかあります。

  • 学生を最大 6 名の小規模なグループに分ける。

  • 学生のグループごとに個別のセクションを作成する。 たとえば、6 名の学生のグループが 4 つある場合は、4 つのセクションを作成します。

  • 学生に各自のページを作成させる、またはページ上の異なる場所で編集させる。

  • 大きな添付ファイルを追加しないようにする。

ここでは、発生する可能性があるその他の同期エラーを示します。

0xE0000021:OneNote を同期するためのパスワードが必要

最初に Mac App Store から最新のバージョンの OneNote をインストールしていることを確認します

  1. アップル メニュー、[ソフトウェア アップデート] の順に選択します。

  2. App Store が開き、インストールしている macOS アプリのアップデートがあれば表示されます。

  3. アップデートのリストから OneNote for Mac のアップデートを探し、[アップデート] をクリックします。

次に、macOS で、iCloud キーチェーンをリセットしてみてください。

  1. Finder ウィンドウで、[移動]、[ユーティリティ] の順にクリックし、[キーチェーン アクセス] をクリックします。

  2. [キーチェーン アクセス] メニューから、[環境設定] を選びます。

  3. [一般]、[自分のデフォルト キーチェーンをリセット] をクリックします。

  4. macOS アカウントにサインインします。

  5. キーチェーン アクセスを終了し、Mac を再起動します。

  6. OneNote を開き、ノートブックを同期してみます。 メッセージが表示されたら、Microsoft アカウント名とパスワードを入力します。

0xE000002E: OneNote の 0xE000002E (ストアと同期していない) エラーを解決する

OneNote で更新が必要であるが、自動的に更新できないことを示しています。 これは通常、一時的な問題であり、次回に完全同期が行われたときに解決されます。 次回の自動同期まで待てない場合、すべての開いているノートブックの完全同期を強制的に行うには、OneNote for Mac の実行中に Shift キーと Command キーを押しながら S キーを押してください。

0xE40105F9: OneNote の 0xE40105F9 (サポート対象外のクライアント ビルド) エラーを解決する

OneNote for Mac を最新のアップデートに更新することによって、このエラーを解決することができます。 詳細については、「更新プログラムを自動的にチェックする」を参照してください。

0xE000005E: OneNote の 0xE000005E (ReferencedRevisionNotFound) エラーを解決する

このエラーは通常、一時的な問題であり、次回に完全同期が行われたときに解決されます。 次回の自動同期まで待てない場合、すべての開いているノートブックの完全同期を強制的に行うには、OneNote for Mac の実行中に Shift キーと Command キーを押しながら S キーを押してください。

OneNote の同期の問題を OneNote チームに報告する

まだ同期に関する問題が解決されない場合、お詫び申し上げます。

OneNote の同期機能の改善に常に取り組んでおります。 より速やかに新しい問題を特定して解決できるように、同期に関する問題を「Microsoft Answers の OneNote フォーラム」に報告することをお考えいただけると幸いです。

ありがとうございます。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×