Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

OneNote ノートブックのセクションをパスワードで保護することで、個人的なノートや情報を他のユーザーに見られないように保つことができます。 セクションがパスワードで保護されていると、そのページはすべて正しいパスワードが入力されるまでロックされています。

ノートブックのセクションをパスワードで保護する

ノートブック内のセクションの保護は、2 ステップのプロセスです。 まず、セクションのパスワードを設定します。 次に、セクションをロックします。

注: ノートの安全を守るために、OneNote では、操作しない状態が数分間続くと、パスワードで保護されたセクションが自動的にロックされます。 OneNote がセクションを自動的にパスワードで保護するまでの時間を変更することはできません。

  1. Control キーを押しながら保護するセクションのタブをクリックして、[パスワードによる保護] をポイントし、[このセクションをパスワードで保護] をクリックします。

  2. [パスワード] ボックスに、適用するパスワードを入力します。

  3. 確認のために [検証] ボックスにパスワードを入力し、[パスワードの設定] をクリックします。

    警告: パスワードを慎重に選び、入力してください。 パスワードを忘れた場合、誰もノートのロックを解除することができなくなります (Microsoft テクニカル サポートでも解除できません)。

  4. セクションのパスワードを設定した後、セクションのタブをもう一度 Control キーを押しながらクリックし、[ パスワード保護] をポイントして、[ セクションのロック] をクリックします。

ノートブックで保護されているセクションをロックする

ノートの安全を守るために、OneNote では、操作しない状態が数分間続くと、パスワードで保護された各セクションが自動的にロックされます。 必要に応じて、ノートブックで保護されたすべてのセクションを OneNote を使って一括で強制ロックすることができます (たとえば、Mac から離れたり、Mac を他のユーザーに渡す前など)。

次の操作を行います。

  • Control キーを押しながら、保護されている (ただし現在ロック解除されている) セクションのタブをクリックし、[ パスワード保護] をポイントし、[ すべての保護されたセクションをロック] をクリックします。

    ヒント: 現在のノートブックで、パスワードで保護されたすべてのセクションをすぐにロックするには、Option + Command + L キーを押します。

ノートブックで保護されているセクションのロックを解除する

保護されたノートブック セクションでページを表示する前に、正しいパスワードを入力してロック解除する必要があります。

次の操作を行います。

  1. Control キーを押しながらロックを解除する保護されたセクションをクリックして、[パスワードによる保護] をポイントし、[セクションのロック解除] をクリックします。

  2. [パスワード] ボックスに、セクションの正しいパスワードを入力し、[ロック解除] をクリックします。

    パスワードでは大文字と小文字が区別されます。 パスワードを追加または入力する前に、CapsLock キーがオフになっていることを確認してください。

    ヒント: パスワードで保護されたセクションをすばやくロック解除するには、そのタブをクリックし、Option + Command + U キーを押します。

保護されたノートブック セクションのパスワードを変更する

ノートブックで保護されたセクションのパスワードが安全でなくなった場合 (たとえば、パスワードを入力しているところを他のユーザーに見られてしまったことがわかった)、簡単にパスワードを変更して、そのセクションのノートをが保護された状態に保つことができます。

注: パスワードの変更は、現在いるセクションにのみ適用されます。 ノートブックの他の保護されたセクションのパスワードを変更するには、保護されたセクションごとに上記の手順を行います。

次の操作を行います。

  1. 必要に応じて、最初にパスワードを変更する保護されたセクションのロックを解除します。

  2. Control キーを押しながら保護されたセクションのタブをクリックして、[パスワードによる保護] をポイントし、[パスワードの変更] をクリックします。

  3. [古いパスワード] ボックスに現在のパスワードを入力します。

  4. [新しいパスワード] ボックスに使用する新しいパスワードを入力します。

  5. 確認のために [検証] ボックスに新しいパスワードを入力し、[パスワードの変更] をクリックします。

    警告: パスワードを慎重に選び、入力してください。 パスワードを忘れた場合、誰もノートのロックを解除することができなくなります (Microsoft テクニカル サポートでも解除できません)。

保護されたノートブック セクションからパスワードを解除する

特定のノートブック セクションを保護する必要がなくなった場合は、そのパスワードを解除することができます。

次の操作を行います。

  1. 必要に応じて、最初にパスワードを解除する保護されたセクションのロックを解除します。

  2. Control キーを押しながら保護されたセクションのタブをクリックして、[パスワードによる保護] をポイントし、[パスワードの解除] をクリックします。

  3. [パスワード] ボックスに現在のパスワードを入力して、[パスワードの解除] をクリックします。

注: パスワードを慎重に選び、入力してください。 パスワードを忘れた場合、誰もノートのロックを解除することができなくなります (Microsoft テクニカル サポートでも解除できません)。

パスワードに関する重要な注意事項:

  • パスワードは、1 つ以上のノートブック セクションに一度に 1 つずつ適用できますが、セクション内の個々のページを保護したり、ノートブック全体を一度に保護したりすることはできません。

  • パスワードでは大文字と小文字が区別されます。 パスワードを適用または入力する前に CapsLock キーがオフになっていることを確認してください。

  • OneNote では、暗号化によって、パスワードで保護されたセクションが保護されます。 セクションのパスワードを忘れた場合、誰もノートのロックを解除できなくなります (Microsoft テクニカル サポートでも解除できません)。 このため、ノートブックのセクションのパスワードを追加または変更する場合は、注意が必要です。

  • パスワードで保護され、ロックされたセクションは、ノートブックの検索対象に含まれません。 保護されたセクション内のノートを検索対象に含めるには、最初にセクションのロックを解除する必要があります。

  • ノートの安全を守るために、OneNote では、操作しない状態が数分間続くと、パスワードで保護されたセクションが自動的にロックされます。 OneNote がセクションを自動的にパスワードで保護するまでの時間を変更することはできません。

  • パスワードで保護すると、他のユーザーが許可なしでノートを読むことが難しくなるので個人情報のセキュリティが強化されますが、確実に保護できるわけではありません。 誰かがコンピューターやデバイスに物理的にアクセスして、情報へのアクセス方法を見つける可能性もあります。 このため、機密性の高い情報 (身分証明書番号、銀行口座の暗証番号など) を OneNote に保存しないことをお勧めします。

  • セクション グループ内のセクションをパスワードで保護できます。 ただし、セクション グループ自体を保護することはできません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×