Outlook でグループを作成する

接続を維持し、スケジュールどおりに利用する

ライフ オーガナイザーである Outlook を使用して、時間どおりに整理し、ボタンを押すことができます。

Microsoft 365 を入手

Microsoft 365 グループは、連絡先グループ (旧称 "配布リスト") とは異なります。 連絡先グループは、連絡先のすべてのユーザーに同時にメール メッセージ、または会議への招待を送信することができるメール アドレスのセットです。 連絡先グループを作成するには、「連絡先グループを作成する」を参照してください。

会社のメール アドレスとして使用するグループの作成に関する短いビデオをご覧ください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

  1. Outlook for Windows を開きます。

  2. [ホーム]、[新しい電子メール] の順に選択します。

    メインの Outlook リボンのグループ オプション

    疑問符はヘルプ コンテンツを示します リボンに [新しいグループ] が表示されない場合 IT 部門が組織に対してグループを有効にしていない可能性があります。 IT 部門にお問い合わせください。

  3. グループ情報を入力します。

  • [グループ名]: グループの趣旨が伝わる名前を付けます。

    名前を入力すると、候補のメール アドレスが提供されます。 "利用不可" は、グループ名が既に使用されているため、別の名前を入力する必要があることを意味します。 グループ名は選択後に変更できないことに注意してください。

  • [説明]: 他のユーザーがグループの目的を理解できるような説明を入力することができます。 他のユーザーがグループに参加すると、この説明が招待メールに含まれます。

  • [分類]:分類を選択します。 利用可能なオプションは、組織の設定によって異なります。

  • [プライバシー]: 既定では、グループはプライベートとして作成されます。 つまり、組織内の承認されたメンバーのみが、グループ内の内容を確認できるということです。 組織内の承認されていない他のユーザーは、グループの内容を確認することはできません。

    • 組織内の全員がコンテンツを閲覧し、メンバーになれるグループを作成するには、[パブリック] を選択します。

    • メンバーシップによる承認が必要となり、メンバーだけがグループ コンテンツを閲覧できるグループを作成するには、[プライベート] を選択します。

  • メンバーの受信トレイにグループのすべての会話やイベントを送信します 必要に応じて、このボックスを選択すると、別のグループ ワークスペースに移動することなく受信トレイのすべてのグループの会話とイベントをメンバーが確認できるようになります。 メンバーは、自分のメールボックスのこの設定を変更することができます。

  • [作成] を選びます。

グループを作成する

注: この機能は、Microsoft 365 のサブスクリプションをお持ちの Office Insider の参加者が利用できます。 Microsoft 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、最新バージョンの Office があることをご確認ください

  1. Outlook for Mac を開きます。

  2. [ファイル]、[新規]、[グループ] の順に選択します。

    疑問符はヘルプ コンテンツを示します メニューに [グループ] が表示されない場合 IT 部門が組織に対してグループを有効にしていない可能性があります。 IT 部門にお問い合わせください。

  3. 次のグループ情報を入力します。

    • [グループ名]: グループの趣旨が伝わる名前を付けます。

      名前を入力すると、候補のメール アドレスが提供されます。 "利用不可" は、グループ名が既に使用されているため、別の名前を入力する必要があることを意味します。 グループ名は選択後に変更できないことに注意してください。

    • [説明]: 他のユーザーがグループの目的を理解できるような説明を入力することができます。 他のユーザーがグループに参加すると、この説明が招待メールに含まれます。 [次へ] をクリックします。

    • メンバーのメール アドレスを入力するか、連絡先リストからメンバーを選択してグループに追加します。 グループには、学校または組織外のゲストを追加することができます。

    • [プライバシー]: 既定では、グループはプライベートとして作成されます。 つまり、組織内の承認されたメンバーのみが、グループ内の内容を確認できるということです。 組織内の承認されていない他のユーザーは、グループの内容を確認することはできません。

      • 組織内の全員がコンテンツを閲覧し、メンバーになれるグループを作成するには、[パブリック] を選択します。

      • メンバーシップによる承認が必要となり、メンバーだけがグループ コンテンツを閲覧できるグループを作成するには、[プライベート] を選択します。

    • [分類]:分類を選択します。 利用可能なオプションは、組織の設定によって異なります。

    Mac でのグループ UI の作成を表示

  4. [作成] をクリックします。 新しく作成されたグループの受信トレイに招待のメールが表示されます。

注: 指示が表示と一致しない場合は、古いバージョンのOutlook on the webを使用している可能性があります。 「従来の Outlook on the web 用の手順」を試してみてください。

  1. Outlook on the web を開く

  2. 左側のウィンドウで、[グループ] で、[新しいグループ] を選択するか、[グループ] を右クリックし、[新しいグループ] を選択します。

    [新しいグループ] ボタンのスクリーンショット

    注: 左側のウィンドウに [グループ] が表示されない場合は、組織がグループをオンにしていない可能性があります。

  3. グループ情報を入力します。

    • [グループ名]: グループの趣旨が伝わる名前を付けます。

      名前を入力すると、候補のメール アドレスが提供されます。 "利用不可" は、グループ名が既に使用されているため、別の名前を入力する必要があることを意味します。 グループ名は選択後に変更できないことに注意してください。

    • [説明]: 他のユーザーがグループの目的を理解できるような説明を入力することができます。 他のユーザーがグループに参加すると、この説明が招待メールに含まれます。

    • [プライバシー]: 既定では、グループはプライベートとして作成されます。 つまり、組織内の承認されたメンバーのみが、グループ内の内容を確認できるということです。 組織内の承認されていない他のユーザーは、グループの内容を確認することはできません。

      • 組織内の全員がコンテンツを閲覧し、メンバーになれるグループを作成するには、[パブリック] を選択します。

      • メンバーシップによる承認が必要となり、メンバーだけがグループ コンテンツを閲覧できるグループを作成するには、[プライベート] を選択します。

    • [分類]:分類を選択します。 利用可能なオプションは、組織の設定によって異なります。

    • メンバーの受信トレイにグループのすべての会話やイベントを送信します 必要に応じて、このボックスを選択すると、別のグループ ワークスペースに移動することなく受信トレイのすべてのグループの会話とイベントをメンバーが確認できるようになります。 メンバーは、自分のメールボックスのこの設定を変更することができます。

    • [作成] を選びます。

従来の Outlook on the web 用の手順

  1. Outlook on the web を開きます。

  2. 左側のウィンドウで、[グループ] の横にある [ + ] ボタンを選択します。 ([ + ] ボタンが表示されない場合、左側のウィンドウの上にカーソルを合わせてください。)

    Outlook on the web の左のナビゲーション ウィンドウ。[作成] ボタンが強調されています。

    注: 左側のウィンドウに [グループ] が表示されない場合は、組織がグループをオンにしていない可能性があります。

  3. グループ情報を入力します。

  • [グループ名]: グループの趣旨が伝わる名前を付けます。

    名前を入力すると、候補のメール アドレスが提供されます。 "利用不可" は、グループ名が既に使用されているため、別の名前を入力する必要があることを意味します。 グループ名は選択後に変更できないことに注意してください。

  • [説明]: 他のユーザーがグループの目的を理解できるような説明を入力することができます。 他のユーザーがグループに参加すると、この説明が招待メールに含まれます。

  • [プライバシー]: 既定では、グループはプライベートとして作成されます。 つまり、組織内の承認されたメンバーのみが、グループ内の内容を確認できるということです。 組織内の承認されていない他のユーザーは、グループの内容を確認することはできません。

    • 組織内の全員がコンテンツを閲覧し、メンバーになれるグループを作成するには、[パブリック] を選択します。

    • メンバーシップによる承認が必要となり、メンバーだけがグループ コンテンツを閲覧できるグループを作成するには、[プライベート] を選択します。

  • [分類]:分類を選択します。 利用可能なオプションは、組織の設定によって異なります。

  • メンバーの受信トレイにグループのすべての会話やイベントを送信します 必要に応じて、このボックスを選択すると、別のグループ ワークスペースに移動することなく受信トレイのすべてのグループの会話とイベントをメンバーが確認できるようになります。 メンバーは、自分のメールボックスのこの設定を変更することができます。

  • [作成] を選びます。

すべての情報が入力された [グループの作成] ウィンドウ

  1. Outlook Mobile アプリを開きます。

  2. フォルダー ウィンドウから [グループ] を選択します。

    ナビゲーション ウィンドウのグループ フォルダー

    疑問符はヘルプ コンテンツを示します グループがフォルダー ウィンドウに表示されない場合 IT 部門が組織に対してグループを有効にしていない可能性があります。 IT 部門にお問い合わせください。

  3. グループ ヘッダーで、[+] をタップします。

    グループを作成するには画面の右上隅にあるプラス記号をタップします

  4. [新しいグループ] ページで、グループの名前を入力して、[次へ] を選択します。

  5. [設定] ページに、プライバシー レベル ([パブリック] または [プライベート])、分類、グループ メンバーが個人用受信トレイ内のグループ会話やイベントをフォローする必要があるかどうかなど、必要な情報を入力します。

  6. [作成] をタップします。

  7. メンバーのメール アドレスを入力するか、連絡先リストからメンバーを選択してグループに追加します。 グループにはゲストを追加することができます。

  8. [追加] をタップします。 新しく作成されたグループの受信トレイに招待のメールが表示されます。

Outlook で PLC グループを作成する (Office 365 Education)

Professional Learning Community (PLC) グループは、教師が共同作業に使用する共有スペースを提供する Microsoft 365 グループの一種です。 PLC は、Microsoft 365 Education プランで利用することができます。

PLC は、他の Microsoft 365 グループによく似ています。 共有メールボックス、予定表、共有ドキュメント ライブラリ、および OneNote ノートブックが用意されています。 ノートブックは教師用に設計され、テンプレートと、アイデアやサポートを提供するさまざまなリソースが含まれています。

注: 

  • PLC グループの作成は、新しい Outlook on the web でサポートされていません。 Teams で PLC グループを作成できるようになりました

  • PLC グループの作成は、Teams でも可能です。または、使用可能な場合、以前のバージョンの Outlook on the web に切り替えることができます。

  • 既存の PLC グループは影響を受けません。通常どおりに Outlook on the web からアクセスでき、いつでも使用できます。 この変更は、新しい PLC グループにのみ影響します。 Teams で PLC グループを作成する方法の詳細については、「Microsoft Teams で PLC のチームを作成する」を参照してください。

関連項目

Outlook.com グループを作成してメンバーを追加する

Outlook でグループ メンバーを追加および削除する

Outlook でグループに参加する

Outlook のグループ予定表で会議をスケジュールする

Outlook でグループを削除する

ヘルプを表示

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×