Outlook メールヒントのオプション

Outlook には、メールヒントが含まれており、一般的ではありませんが、コストや恥ずかしいの間違いを防ぐことができます。 メールヒントの警告は、[全員に 返信 ] をクリックして、機密情報を組織外のユーザーに送信したり、外出中のユーザーにメッセージを送信したりするなど、アクションによってトリガーされます。

メールヒント警告

注: この機能を有効にするには、 Microsoft Exchange Server アカウントが必要です。 詳細については、「 アカウントが接続する Microsoft Exchange Server のバージョンを確認する」を参照してください。

メールヒントのオプションを変更するか、オフ/オンにする

既定では、メールヒントは有効になっています。 これらのオプションをオフにするか、または変更するには、次の操作を行います。

  1. Outlook を開き、[メール] > [ファイル>オプション] を選択します。

  2. [ メールヒント] で [ メールヒント のオプション] をクリックします。

  3. 注: アカウントでメールヒントが利用できない場合は、[ メールヒント ] セクションは表示されません。

  4. Outlook プロファイルに複数の Exchange Server アカウントがある場合は、[ このアカウントに適用する] でアカウントをクリックします。

  5. [ 表示するメールヒントを選択してください] で、目的のオプションをオンまたはオフにします。

  6. [ メールヒントバーの表示オプション] で、メールヒントを表示する方法を選択します。 たとえば、この機能を無効にする場合は、[ メールヒントを表示しない] を選択します。

    Outlook のメール ヒントのオプション

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×