Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

更新日: 2019 年 6 月

この記事では、フォントの変更、リンクの埋め込み、段落記号の表示と非表示、メール メッセージへのテキストや画像の貼り付けなど、より一般的な書式設定タスクの一部を実行する方法について説明します。

フォントを変更する

既定のフォントは Calibri (Body) 11 ですが、これを変更できます。

  1. フォントを変更するテキストを強調表示します。

  2. ドロップダウン リストから、フォントとフォント サイズを選びます。

    Outlook for Mac のフォントとフォント サイズ

  3. [フォントの色] から色を選び、色を追加します。

    Outlook for Mac のフォントの色

フォント サイズの変更については、「フォント サイズを変更する」を参照Outlook for Mac。

リンクを埋め込む

ハイパーリンクテキストには下線が引かされ、青色のフォントで表示されますが、フォント、サイズ、色、スタイルを編集できます。

  1. リンクに変換する単語または単語を強調表示します。

  2. [リンク] をクリックします

  3. 使用する URL を入力し 、[OK]をクリックします。 前に選択したテキストは、受信者が Web ページに直接移動するために選択したハイパーリンクになります。

    Outlook for Mac のハイパーリンク ダイアログ

  4. URL を編集するには、ハイパーリンクテキストを右クリックするか Ctrl キーを押しながらクリックし、[ハイパーリンク] >を選択します

    ハイパーリンクメニューの [ハイパーリンクの編集] オプションを表示する

  5. ハイパーリンクの書式を編集するには、ハイパーリンクテキストを選択し、これらのボタンをクリックして書式設定を適用します。

    テキストの書式設定オプションを表示する

テキストと画像をメッセージに貼り付ける

  1. メッセージに追加するコンテンツを選んでコピーします。

    コピーする部分を選択した Web ページのスクリーン ショット

  2. メール メッセージに移動して、[編集]、[貼り付け] の順に選びます。

  3. 貼り付けたテキストの下に、貼り付けコントロールのアイコンが表示されます。 それをクリックして貼り付けオプションを表示する

    • [元の書式を保持 ] を選択すると、元の書式設定と画像はすべて保持されます。

    • [コピー先の書式設定 と一致] では、メッセージで使用しているフォントと一致するフォントが変更されます。 画像は変更されません。

      ヒント: テキストをメッセージに貼り付けるときにフォントが拡大する場合は、この貼り付けオプションを使用して、問題を解決します。

    • [テキストのみ保持] をクリックすると、すべての書式設定と画像が削除され、テキストだけが残ります。

  4. 希望するものを選びます。

リストを追加する

リボンのリスト ボタンを使用して、行頭文字または番号の書式を選択します。 インデント ボタンを使用してリストのセクションを昇格または降格して、入れ子になったリストを作成することもできます。

  1. 箇条書きが必要な場所にカーソルを置きます。

  2. [メッセージ] タブで、[行頭文字] または [段落番号] の横の矢印をクリックします。

  3. 行頭文字または段落番号のスタイルを選んで、入力を開始します。 行頭文字で使用できるスタイルの例は、次のとおりです。

  4. Enter キーを押して新しい箇条書きを挿入するか、Enter キーを 2 回押して箇条書きを終了します。

ヒント: 段落をアスタリスクとスペース (*) で始めるか、番号 1 とピリオド (1.) で始めると、Outlook には、[オートコレクションのオプション] が表示され、箇条書きまたは段落番号の作成が開始されます。 箇条書きまたは番号付きリストが不要な場合は、[オートコレクトのオプション] ボタンをクリックし、[箇条書きの自動作成を停止] または [番号付きリストの自動作成を停止] をクリックします

段落番号の自動設定が表示されるオートコレクト ボタン

ユーザー設定の行頭文字を作成する

画像からユーザー設定の行頭文字を作成できます。

  1. 箇条書きを作成します。

  2. 箇条書きを右クリックし、[ ユーザー設定] で [箇条書き> 選択します

  3. 箇条書きとして使用する画像を選択します。

表を挿入する

行と列の数を指定することで、テーブルを挿入できます。 ユーザー設定の幅の動作を使用して、より大きなテーブルまたはテーブルを挿入することもできます。

表を挿入する最も基本的な方法を次に示します。

  1. 表の場所にカーソルを置く。

  2. [メッセージ ] タブ の [表] をクリックし、テーブルの行数と列数を選択します。

  3. をクリックすると、メッセージにテーブルが表示されます。

大きなテーブルの場合、または列を詳細に制御するには、代わりに [テーブルの 挿入 ] コマンドを使用します。

  1. [メッセージ ] タブの [表] をクリックし、[表の挿入] をクリックします

    ユーザー設定テーブルを作成する設定が表示される
  2. [表のサイズ] で、行と列の数を入力します。

  3. [自動調整のオプション] には、列幅の決定方法について 3 つのオプションが用意されています。

    • 初期列幅: 自動でOutlook列の幅を自動的に設定したり、すべての列に特定の幅を設定したりすることができます。

    • [文字列の幅に合わせる]: 初めに最小の列幅で作成され、内容を追加すると、それに合わせて拡張されます。

    • [ウィンドウ サイズに合わせる]: 文書のサイズに合わせて表全体の幅が自動的に調整されます。

  4. 作成している表を、今後作成する表の手本にしたい場合は、[既定値として設定する] をオンにします。

  5. [OK] をクリックします。

表内でクリックすると、[テーブル デザイン] タブと [レイアウト] タブが表示されます。 [テーブル デザイン] タブで、さまざまな色や表スタイルを選び、表の罫線を追加または削除します。 [レイアウト ] タブ では、行または列を追加または 削除したりセルを結合したり、テーブルのサイズ を変更したりできます

ある場所から書式をコピーして別の場所に適用する

同じ書式 (色、フォント のスタイルとサイズ、罫線のスタイルなど) を、1 つの場所から別の場所の複数のテキストやグラフィックにすばやく適用できます。

  1. コピーする書式が適用されている文字列または図を選択します。

  2. [メッセージ] タブで 、[書式のコピー/ 書式のコピー/貼り付けアイコン] をクリックします。

    ヒント: 文書内の複数の選択範囲の書式を変更するには、 をダブルクリック 書式のコピー/貼り付けアイコン

  3. ブラシを使って、選択した文字列または図に書式を貼り付けて適用できます。

    コピーされた書式を適用するためのテキスト上でのドラッグ

段落記号を表示または非表示にする

メール メッセージを作成するときに、テキスト内にいくつかの記号が表示されることがあります。 これらは、実際には、スペースのドットや矢印 (タブ文字の場合) などの書式設定Outlook。 書式設定マークは、テキストレイアウトを支援します。 印刷されたメッセージには表示されません。

注: このセクションのスクリーン ショットは、 で撮影 Outlook 2016。 ビューが若干異なる場合がありますが、特に指定しない限り、機能は同じです。

これらは、電子メール メッセージで使用可能な文字書式の設定です。

注: 書式設定マークのオンとオフを切り替える場合、作成、返信、または転送する後続のすべてのメッセージに対して、選択が有効なままです。

段落記号をすばやく表示または非表示に切り替える場合は、[メッセージ] タブで [段落記号] を 段落記号のアイコン

関連項目

Office for Mac で画像を挿入する

メール メッセージの画像のサイズを変える

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×