Outlook for Mac で共有の [メール]、[予定表]、または [連絡先] フォルダーを開く

Microsoft Outlook ユーザーが、そのユーザーの予定表に対するアクセス権を他のユーザーに付与すると、権限を付与されたユーザーは、その予定表を Outlook で開くことができます。 アクセス権がない場合、権限を要求する電子メール メッセージがそのユーザーに送信されます。

重要:  Microsoft Exchange Server アカウントが必要です。

共有予定表を開く

  1. [ファイル ] メニューの [開く] をポイントし、[その他のユーザーのフォルダー] を選択します。

  2. フォルダーの種類の一覧で、[受信トレイ]、[予定表]、または [アドレス帳] を選択します

    注: 新しい Outlook for Mac では、予定表のみを選択できます。

  3. [検索] ボックスに、アクセスを許可したユーザーの名前を入力し、検索結果でユーザーの名前を選択し、[開く] を選択します

    共有メール フォルダーがフォルダーの下に表示されます。
    共有予定表がフォルダー ウィンドウの [共有予定表] 見出しの下に表示されます。
    共有アドレス帳がフォルダー ウィンドウの [共有連絡先] 見出しの下に表示されます。

注: 

  • "アカウントの新しい設定を取得するために Outlook がサーバー autodiscover-s.outlook.com にリダイレクトされました" というメッセージが表示される場合は、[常にこのサーバーに対する応答を使用する] を選択し、[許可] を選択します。

  • フォルダー ウィンドウで共有フォルダーを選んでいる場合、作成する新しいアイテムは、共有フォルダーに保存されます。

  • フォルダー ウィンドウから別のユーザーの共有フォルダーを削除するには、Control キーを押したままフォルダーを選択し、[共有アカウントの削除]を選択します。

共有メールボックスまたは代理メールボックスを開く

この方法は、他のユーザーのメールボックスの代理人である場合、または共有メールボックス内の複数のフォルダーへのアクセス許可がある場合に使用します。 メールボックスへのフル アクセス許可がある場合にも、この方法を使用できます。

共有メールボックスを開く方法:

  1. [ツール ] メニュー で [アカウント]を選び、メールボックスへのアクセス権を持つアカウントを選びます。

  2. [委任 と共有] を選択する

  3. [自分 と共有] タブを選択する

  4. [+] を選択して、共有メールボックスまたは委任されたメールボックスを追加する

    注:  メールボックス内のカスタム フォルダーに対するアクセス許可を持っているが、トップ レベルのメールボックス フォルダーに対するアクセス許可を持っている場合、カスタム フォルダーはフォルダー一覧に表示されません。 受信トレイ、送信済みアイテム、削除済みアイテム、予定表など、アクセス許可を持つ既定のフォルダーだけが、メールボックス フォルダーのアクセス許可のないフォルダー一覧に表示されます。

  5. または、[共有メールボックスを開く] >に移動>、共有メールボックスまたは委任されたメールボックスを開く方法もあります。

メールボックスが自分と共有されているかどうか、または他のユーザーのメールボックスの代理人であるかどうかに応じて、適切なオプションを選択します。 

注: 

  • これらの方法を使用すると、共有メールボックス アカウントがメールの作成時に [From]フィールドにオプションとして追加されます。 これにより、このアカウントから送信する権限があるかどうかに関係なく、[From] フィールドでアカウントを選択できます。 アカウントに対して "Send As" または "Send OnHalf of" のアクセス許可を持ってない場合、アカウントからのメールは送信されません。

  • Outlook for Mac では、共有メールボックスの自動マッピングはサポートされていません。

フォルダーが自分と共有されている

別のユーザーが受信トレイ、プライマリ予定表フォルダー、またはプライマリ連絡先フォルダーを自分と共有している場合は、この方法を使用してユーザーのフォルダーを開きます。

共有フォルダーを開く方法:

  1. [ファイル] メニューで [開く] をポイントして、[他のユーザーのフォルダー] をクリックします。

  2. [ユーザーの検索] をクリックします。

  3. アクセスが許可されているユーザーの名前を入力し、[検索] をクリックして、そのユーザーの名前をクリックし、[OK] をクリックします。

  4. 複数の Microsoft Exchange アカウントがある場合は、[アカウント] ポップアップ メニューで、他のユーザーのフォルダーを開くのに使用するアカウントをクリックします。

  5. [種類] ポップアップメニューで、[予定表]、[アドレス帳]、または [受信トレイ] をクリックし、[OK]をクリックします。

  6. 共有フォルダーがナビゲーション ウィンドウの [共有] 見出しの下に表示されます。

別のユーザーのメールボックスの代理人である

この方法は、他のユーザーのメールボックスの代理人である場合、または共有メールボックス内の複数のフォルダーへのアクセス許可がある場合に使用します。 メールボックスへのフル アクセス許可がある場合にも、この方法を使用できます。

共有メールボックスを開く方法:

  1. [ツール]メニューの[アカウント] をクリックし、[>代理人>クリックします

  2. [次の追加のメールボックスを 開く] の下にメールボックスを追加する

注: メールボックス内のカスタム フォルダーに対するアクセス許可を持っているが、トップ レベルのメールボックス フォルダーに対するアクセス許可を持っている場合、カスタム フォルダーはフォルダー一覧に表示されません。 受信トレイ、送信済みアイテム、削除済みアイテム、予定表など、アクセス許可を持つ既定のフォルダーだけが、メールボックス フォルダーのアクセス許可のないフォルダー一覧に表示されます。

アカウントの詳細設定の代理人の設定

共有メールボックスに対するフル アクセス許可を持っている

共有メールボックスに対するフル アクセス許可 (Exchange 管理センター (EAC) を介して設定されたメールボックスのフル アクセス許可) がある場合は、自分の資格情報で共有メールボックスを追加できます。

共有メールボックスを開く方法:

  1. [ツール] メニューの [アカウント] を クリックします

  2. プラス記号をクリックして、追加の Exchange アカウントを追加します。

  3. [電子 メール アドレス] フィールド に、共有メールボックスのメール アドレスを入力します。

  4. [ 認証]で、自分の資格情報を入力します。

注: フル アクセス許可を設定する方法については、Office 365 専用の Exchange メールボックスと Outlook メールボックスのアクセス許可を付与する 方法を参照してください

[共有メールボックス の同期] 設定を オンにすると、ユーザーに [送受信] をクリックすることなく、Outlook で共有メールボックス を同期できます。 この設定はバージョン 16.13.411 で追加されました。 この設定を有効にすることを、自分の資格情報を使用して共有メールボックスにアクセスするユーザーに強くお勧めします。

共有メールボックスを同期する

共有フォルダーとメールボックスのアクセス許可

次の表は、共有フォルダーまたはメールボックスで使用できるアクセス許可オプションと、対応するアクセス許可に基づいて共有フォルダーまたはメールボックスを開く最適な方法をまとめた一覧です。

共有フォルダーまたは共有メールボックスに対するアクセス許可のレベル

共有フォルダーまたはメールボックスを開く方法

受信トレイ、予定表、アドレス帳のプライマリ フォルダーに対するフォルダー レベルのアクセス許可

他のユーザーのフォルダーを開く

メールボックスへの代理人アクセス許可

アカウントの詳細設定の [これらの追加のメールボックスを開く] の下にメールボックスを追加する

タスクとメモのプライマリ フォルダーに対するフォルダー レベルのアクセス許可

アカウントの詳細設定の [これらの追加のメールボックスを開く] の下にメールボックスを追加する

トップ レベル のフォルダーや他のカスタム フォルダーにアクセスするための、メールボックス レベルのアクセス許可

アカウントの詳細設定の [これらの追加のメールボックスを開く] の下にメールボックスを追加する

Exchange 上のメールボックスに対する "フル アクセス" アクセス許可

自分の資格情報を使用して追加の Exchange アカウントを追加する

追加のメールボックスを開く

これらの方法の代わりに、追加のメールボックス資格情報を使用して、別の Exchange アカウントを 追加できます。 独自の資格情報を使用して追加のアカウントを追加する場合、この方法は共有メールボックスの追加として認識されません。 追加の Exchange アカウントを開く場合は、次の手順を実行します。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] を クリックします

  2. プラス記号をクリックし、[新しいアカウント] を クリック して追加の Exchange アカウントを追加します。

  3. [電子 メール アドレス] フィールド に、共有メールボックスのメール アドレスを入力します。

  4. [ 認証]で、共有メールボックスの資格情報を入力します。

関連トピック

Outlook 2016 for Mac - ヘルプ ハブ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×