Outlook on the web で共有メールボックスを開いて使用する

共有メールボックスは、 ユーザーのグループが info@contoso.com などのパブリック メール アドレスを監視したり、そのようなアドレスからメールの送信をしたりすることを簡単にします。 共有メールボックスに送信されたメッセージにグループ内のユーザーが返信した場合、その返信は、個々のユーザーからではなく、共有アドレスから送信されたように見えます。 共有メールボックスをチームの共有予定表として使うこともできます。

お知らせで大きなインパクトを与える

ヒント: 共有メールボックスを使うには、組織のMicrosoft 365 管理者が共有メールボックスを作成し、ユーザーをグループに追加する必要があります。 詳細については、管理者に、「共有メールボックスを作成する」を参照してください。管理者が行う必要がある操作を説明します。

プライマリ メールボックスと共有メールボックスのメールを同時に監視する必要がある場合は、この方法を使います。 この作業を完了すると、 Outlook on the webを開くたびに、共有メールボックスとそのフォルダーが左側のナビゲーションウィンドウに表示されます。

  1. Outlook on the web でアカウントにサインインします。

  2. Exchange Online のメールボックスの場合は、左側のナビゲーションウィンドウで [フォルダー ] を右クリックし、[共有フォルダーの追加] を選択します。 Exchange のオンプレミスのメールボックスの場合は、左側のナビゲーションウィンドウのプライマリメールボックス (Molly Miura など) の名前を右クリックし、[共有フォルダーの追加] を選択します。

  3. [共有フォルダーの追加] ダイアログ ボックスに、共有メールボックスをお客様と共有したユーザーの名前またはメール アドレスを入力し、[追加] をクリックします。 または、お客様がメンバーになっている共有メールボックスの名前 (“info@contoso.com” など) を入力します。

Outlook on the web でフォルダーの一覧に共有メールボックスが表示されます。 プライマリ メールボックスでの操作と同様に、共有メールボックスのフォルダーを展開したり、折りたたんだりできます。 また、フォルダー リストから共有メールボックスを削除できます。 削除するには、共有メールボックスを右クリックし、[共有フォルダーの削除] をクリックします。

共有メールボックスの受信トレイで新着メッセージの通知を受信するには、別のブラウザーウィンドウで共有メールボックスを開く必要があります。

独自のブラウザー ウィンドウで共有メールボックスのメールを表示および管理する場合は、この方法を使用します。 この方法では、共有メールボックスの受信トレイで新しいアイテムの通知を受信することもできます。

  1. Outlook on the web でアカウントにサインインします。

  2. Outlook on the web のナビゲーション バーで、名前をクリックします。 一覧が表示されます。

  3. [別のメールボックスを開く] をクリックします。

  4. 開きたい他のメールボックスのメールアドレスを入力し、[開く] をクリックします。 新しい Outlook on the web のセッションが別のウィンドウで開き、そのメールボックスにアクセスできるようになります。

ヒント: メールボックスのメール アドレスをミスタイプした場合、結果は「一致が見つかりませんでした」です。 メールアドレスをもう一度入力してみてください。

  1. フォルダー一覧の上にある [新しいメール] を選択します。 新しいメッセージ フォームが閲覧ウィンドウに表示されます。

  2. メッセージの上部で、[ その他のアクション ] > 選択します

    [差出人の表示] オプションのスクリーンショット

    このオプションを使用すると、メール メッセージは、ユーザーのメール アカウントからではなく共有メールボックスからのメッセージとして受信者に表示されるようになります。

  3. 共有メールボックスを初めて使用するときは、[差出人] ボックスの一覧で利用可能なオプションにアドレスを追加する必要があります。

    1. [差出人] アドレスを右クリックし、[削除] を選択します。

      [削除] オプションのスクリーンショット

    2. 共有アドレスを入力します。 次回、共有メールボックスから返信すると、そのアドレスは [差出人] ドロップダウンリストにオプションとして表示されます。

  4. 受信者を追加するには、連絡先フォルダーまたは組織のアドレス一覧に含まれているユーザーの名前を入力するか、[宛先] または [CC] ボックスにメール アドレスを入力します。 ユーザーの名前を初めて入力すると、Outlook on the web によりそのユーザーのアドレスが検索されます。 その後は、名前がキャッシュされるため、すばやく見つけることができます。

  5. 件名を入力します。

  6. 送信するメッセージを入力します。

  7. メッセージを送信する準備ができたら、[送信] をクリックします。

共有メールボックスに送信されたメッセージに初めて返信するときは、[差出人] ドロップダウンボックスに共有アドレスを追加する必要があります。 その手順は次のとおりです。

  1. Outlook on the web を開き、共有メールボックスに移動します。

  2. 共有アドレスに送信されたメッセージを開きます。

  3. [返信] をクリックします。

  4. メッセージの上部で、[ その他のアクション ] > 選択します

    [差出人の表示] オプションのスクリーンショット

  5. [差出人] アドレスを右クリックし、[削除] を選択します。

    [削除] オプションのスクリーンショット

  6. 共有アドレスを入力し、メッセージを送信します。 次回、共有メールボックスから返信すると、そのアドレスは [差出人] ドロップダウンリストにオプションとして表示されます。

共有メールボックスを使う利点の 1 つとして、共有メールボックスにアクセスできるユーザーは、予定表にも完全にアクセスできることがあります。 予定表のイベントを作成、編集、削除できます。 独自の予定表と同様に、共有予定表を使うことができます。 次に簡単に示すように、共有メールボックスの予定表では、そのほかの用途にも使用できます。

  • 休暇や外出をチームに知らせる

  • チーム会議を作成する

  • 他の人が作成した予定表イベントを編集する

  • 他の人が作成した会議をキャンセルする

共有の予定表にアクセスするには、次の操作を行います。

  1. Outlook on the webを使用してメールボックスにサインインし、[予定表] を選びます。

  2. [その他の予定表] を右クリックし、[予定表を開く] をクリックします。

    [予定表を開く] オプションのスクリーンショット

  3. [ディレクトリから] で、開こうとしている共有予定表を検索します。 開く共有メールボックスを選び、[開く] をクリックします。

  4. 予定表フォルダー一覧に共有の予定表が表示されます。

モバイルデバイスで共有メールボックスにアクセスするには、ブラウザーを開いて Microsoft 365にサインインし、 Outlook on the webに移動します。 Outlook on the webから、共有メールボックスにアクセスできます。

モバイル デバイスにインストールされている Outlook アプリからは共有メールボックスにアクセスできません。 この機能は必要ですか? Outlook エンジニア リング チームにお知らせください。 ここで投票してください。

Microsoft 365 管理者のみが、共有メールボックスから自動応答を送信する機能を設定する権限を持っています。 手順については、管理者に、「共有メールボックスを作成する」を参照してください。

関連項目

共有メールボックスにルールを追加する

Outlook 2016 および Outlook 2013 で共有メールボックスを開いて使用する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×