Outlook on the web で自動転送を有効にする

Outlook on the web で受信トレイのルールを設定すると、メール メッセージを自動的に転送またはリダイレクトできます。 この機能は、別のメール アカウントでメールを読んで返信したい場合や、自分の不在時に他の誰かにメールを受信して返信してもらいたい場合に便利です。

注: 指示が表示と一致しない場合は、古いバージョンのOutlook on the webを使用している可能性があります。 「従来の Outlook on the web 用の手順」を試してみてください。

  1. ページの最上部で、 [設定 設定 ] > [Outlook のすべての設定を表示]を選択。

  2. [メール]、[転送] の順に選びます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 転送を有効にするには、 転送を開始する を選び、転送メールアドレスを入力して、 保存 を選びます。

      注: 元のメッセージのコピーをメールボックスに残す場合は、 転送されたメッセージのコピーを保持する チェックボックスをオンにします。

    • 転送を無効にするには、 転送を停止する を選び、 保存 を選びます。

従来の Outlook on the web 用の手順

  1. ページ上部で、[設定] 設定 、[メール] の順に選びます。

  2. [オプション] メニューで、[メール]、[アカウント]、[転送] の順に選びます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 転送を有効にするには、 転送を開始する を選び、転送メールアドレスを入力して、 保存 を選びます。

      注: 元のメッセージのコピーをメールボックスに残す場合は、 転送されたメッセージのコピーを保持する チェックボックスをオンにします。

    • 転送を無効にするには、[転送を停止する] を選び、[保存] を選びます。

関連項目

Outlook on the web でメール メッセージの作成、返信、転送を行う

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×