Outlook Web App でメール署名を作成、追加する

接続を維持し、スケジュールどおりに利用する

ライフ オーガナイザーである Outlook を使用して、時間どおりに整理し、ボタンを押すことができます。

Microsoft 365 を入手

メールの署名は、すべての送信メッセージに自動的に追加できます。また、特定のメッセージのみに署名を追加することもできます。

Outlook Web App と Outlook の両方を使っている場合、それぞれに署名を作成できます。 Outlook でメール署名を作成、使用する方法については、「電子メール メッセージの署名を作成して追加する」を参照してください。

この記事は、Exchange Server 2013 または 2010 を実行しているメール サーバーを管理する組織で使用されている Outlook Web App を対象としています。 Microsoft 365 または Exchange Server 2016 を使用している場合、メール プログラムは Outlook on the web です。 Outlook on the web に関するヘルプについては、「Outlook on the web に関するヘルプを参照する」を参照してください。

  1. Web ブラウザーで、組織のメールを管理する担当者から提供された URL を使用して、Outlook Web App にサインインします。 ユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン] を選択します。

  2. ナビゲーション バーで、[設定] 設定アイコン 、[オプション] の順にクリックします。

  3. [オプション] で、[設定]、[メール] の順にクリックします。

  4. [電子メールの署名] で、使用する署名をテキスト ボックスに入力します。 [書式設定] ミニ ツール バーを使って、署名の外観を変更します。

  5. 返信や転送を含むすべての送信アイテムの下部に署名を表示したい場合は、[送信メッセージに自動的に署名を追加する] をオンにします。 このオプションが選択されていない場合は、任意のメッセージに手動で署名を追加することができます。 詳細については、「新しいメッセージに手動で署名を追加する」を参照してください。

  6. [保存] をクリックします。

署名を作成したが、すべての送信メッセージに署名を追加するオプションが選択されていない場合は、特定のメッセージに手動で署名を追加することができます。

  1. Web ブラウザーで、組織のメールを管理する担当者から提供された URL を使用して、Outlook Web App にサインインします。 ユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン] を選択します。

  2. フォルダー一覧の上にある [ 新しいメール ] を選択します。 新しいメッセージ フォームが閲覧ウィンドウに表示されます。

  3. メッセージの上部で、 挿入 [挿入]、[署名] の順に選びます。

  4. メッセージを送信する準備ができたら、 送信 [送信] をクリックします。

署名を作成したら、返信や転送を含むすべての送信メッセージに署名を追加するかどうかを指定できます。

  1. Web ブラウザーで、組織のメールを管理する担当者から提供された URL を使用して、Outlook Web App にサインインします。 ユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン] を選択します。

  2. ナビゲーション バーで、[設定] 設定アイコン 、[オプション] の順にクリックします。

  3. [オプション] で、[設定]、[メール] の順にクリックします。

  4. [メールの署名] で、次のいずれかの操作を行います。

    • すべての送信メッセージの下部に署名を含めるには、[送信メッセージに自動的に署名を追加する] チェック ボックスをオンにします。

    • すべての送信メッセージで下部に署名を表示しない場合は、[送信メッセージに自動的に署名を追加する] チェック ボックスをオフにします。

  5. [Save] を選びます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×