この記事では、PHONETIC 関数の構文と使用法について説明Microsoft Excel。

注: PHONETIC 関数を使用するには、地域の設定が極東言語 (日本語、中国語、韓国語) の 1 つである必要があります。 詳細については、「地域の書式設定を変更する」を参照Excel for the web。

説明

文字列からふりがなを抽出します。

書式

PHONETIC(参照)

PHONETIC 関数の書式には、次の引数があります。

  • 対象範囲    必ず指定します。 ふりがなの文字列を含む 1 つまたは複数のセル参照を指定します。

解説

  • 範囲に複数のセルを指定した場合は、セル範囲の左上隅に指定されているふりがなが返されます。

  • 範囲に隣接しない複数のセルを指定した場合は、エラー値 #N/A が返されます。

使用例

セル C4 に " 東京 東京 東京"、セル B7 に " 大阪 大阪 大阪" が含まれている場合は、次の条件が満たされます。

=PHONETIC(C4) equals " 東京 東京 東京 東京#x80 "

=PHONETIC(B7) equals " 大阪 大阪 大阪 大阪 大阪"

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×