Power Pivot でメジャーを作成する

メジャー (計算フィールドとも呼ばれます) は、PowerPivot の最も強力な機能の 1 つで、データ分析でよく使用されます。 分析に関連する他の要因と比較して結果を計測するために作成する計算です。 たとえば、時間、地理、組織、製品などに応じた売上合計を計算します。

集計や平均などの標準の集計を使用する場合や、 PowerPivot ウィンドウのオート Sum 機能を使用して作成されたもの、または単に値の領域にフィールドをドラッグして作成された暗黙的なメジャーの場合など、作成が簡単なものもあります。 他のユーザーは、次のような関係や、DAX を使って作成した数式を必要とする、より複雑な場合があります。

メジャーにはさまざまな種類があり、さまざまな場所で作成できるので、どの種類が最適かを理解することが重要です。 詳細については、「Power Pivot のメジャー」をご覧ください。

Excel で暗黙的なメジャーを作成するには

  1. ピボットテーブルをクリックします。

  2. [ピボットテーブルのフィールド] リストで、[] 領域にフィールドをドラッグします。

暗黙的なメジャーでは標準集計 (SUM、COUNT、MIN、MAX、DISTINCTCOUNT、または AVG) のみを使用でき、その集計で定義されているデータ形式を使用する必要があります。 また、暗黙的なメジャーは、メジャーが作成されたピボットテーブルまたはピボットグラフでのみ使用できます。

[PowerPivot] ウィンドウでオート SUM を使用してメジャーを作成するには

  1. 列をクリックします。

  2. [計算方法]、[オート SUM] の順にクリックして、集計方法を選びます。

[オート Sum] を使用して作成されたメジャーは、[計算] 領域の [データ] 列のすぐ下に表示されます。ただし、同じテーブルの計算領域内の他の空のセルに移動することはできます。 オート Sum を使用して作成されたメジャーは既定の名前を取得しますが、数式バーで名前を変更することができます。 計算領域で作成されたメジャーは明示的です。

[PowerPivot] ウィンドウで計算領域を使用してメジャーを作成するには

  1. [ホーム]、[表示]、[計算領域] の順にクリックします。

  2. 計算領域の空白のセルをクリックします。

  3. テーブルの最上部にある数式バーで、<メジャー名>:<数式> の形式で数式を入力します。

  4. Enter キーを押して数式を確定します。

計算領域で作成されたメジャーは、ソース データ テーブルとともに保存されますが、ピボットテーブル、ピボットグラフ、またはレポートでフィールドとして使用できます。 計算領域で作成されたメジャーは、明示的です。

Excel で [メジャー] ダイアログ ボックスを使用してメジャーを作成するには

  1. Excel ウィンドウで、[PowerPivot]、[計算]、[メジャー]、[新しいメジャー] の順にクリックします。

  2. [メジャー] ダイアログ ボックスの [テーブル名] の下向き矢印をクリックし、メジャーを配置するテーブルを選びます。

    選択したテーブルによって、メジャーの定義を保存する場所が決まります。 必ずしもそのメジャーが参照するテーブルに保存する必要はありません。

  3. [メジャー名] に名前を入力します。

    メジャーの名前は一意でなければならず、他の列と同じ名前にすることはできません。

  4. [式] ボックスで、等号 (=) の後ろにカーソルを置き、数式を入力します。

  5. [数式の確認] をクリックして、検証します。

  6. [カテゴリ] でメジャーの種類を選択します。

    メジャーの種類は、数式の計算方法には影響しません。 単なる情報として使用されます。

  7. 数式が検証されたら、[OK] をクリックします。

Excel の [メジャー] ダイアログ ボックスを使用して作成したメジャーは、選択したテーブルに保存されます。 後で Excel の [メジャーの管理] ダイアログ ボックスまたは [PowerPivot] ウィンドウ内のテーブルの計算領域で、メジャーを表示し、編集できます。 この方法で作成されたメジャーは明示的です。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

お時間を最大限に活用するためのサブスクリプション

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×